「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

8月17日(金) 「紫微斗数雑話 武曲の夫妻宮について」

f0201297_1571050.jpg



「紫微斗数雑話 武曲の夫妻宮について」

みなさま、今晩は!

今日も、暑かったですね。

早く涼しい秋にならないかな~。


今日は、新百合と新宿でタロットと紫微斗数の個人教授を行いました。


紫微斗数とタロットの組み合わせもなかなか使いやすい占術ですね。

タロットは西洋占術・東洋占術どちらとも相性の良い卜占です。

東洋占いで、鑑定が固くなりすぎる時、

タロットの絵と色調のもたらす、イメージの世界が、

問題解決の糸口を教えてくれるのです。


さてと、本題に入りますかね。

今日は紫微斗数のまたまた、夫妻宮についての雑話です。


「武曲が夫妻宮にある場合」

武曲は、元々紫微斗数の正曜のなかでも、財の星と言われています。

太陰も財の星と言われておりますが、こちらは田宅宮である所の

人から得る遺産や受け継ぐ富を示します。


武曲の財は、汗水たらして労働で手にする財や

実際の行動においてお金を得る事や、現実的な利益となる財帛を示します。


この財の星である武曲が夫妻宮に入ると、同宮する星や加会する星にもよりますが

財の所得に熱心で、ハングリーで頑固な性質の配偶者を得る事となります。

その為、夫妻宮の持ち主が女性であるならば、頑固で融通が利かないが

働き者のパートナーを得る事になります。

逆に夫妻宮の持ち主が、男性であるならば頑固で働き者の気の強い妻を持つ事となります。

その為、どちらかと言えば女性の命盤に有利な配置となります。

ただ、これも武曲と相性の良い吉星が同宮したり加会することが条件なのですが。。。


例えは、武曲は鋼の様な性質を持つ為に、柔らかく情緒があった方が良い

夫妻宮にはあまりそぐわない星とも言えます。

そして、武曲は「寡宿の星」の性質を持っている為、天刑といるのは好ましくありません。

また、孤辰や寡宿のような雑曜といっしょに夫妻宮に入る事も良くなく、孤独を強めます。

そして、夫婦お互いのの習慣にさらに差が出てきてしまいます。


武曲は、その他の雑星との関係をみる事がとても重要です。

武曲が夫妻宮にいる時は、刑剋を意味する場合があります。

ただしそれは、配偶者の事を意味するのではなく自分自身を意味します。

その為、凶星とあっている時は自分自身の配偶者への対応に注意して行きましょう。


天哭と天虚の雑用に武曲の入る夫妻級が挟まれていると良くありません。

これらの剋に害されていると悲しく涙を流す性質が強められます。


また、武曲は財の星ので、天空と地劫に挟まれていたり、会っていたり

同宮する事を恐れます。

このような場合は財気がはがされ、失われやすいのです。


武曲は必ず、太陽と天同に挟まれています。

その為、太陽が入廟の宮位いれば武曲の刑剋も弱めれれます。


そして、武曲は文昌・文曲をみても助力に成らず、

逆に優柔不断・短慮・動きが鈍くなります。

これは、破軍・七殺と文昌・文曲の組み合わせもやや同じ事が言えるようです。

これは、前にも進めない。後ろにも戻れない。

文にも、武にもなれない事となり成功しません。


武曲は化科が好きで、夫妻宮で武曲が化科に会うと配偶者が富を得られ

学歴や地位も持っている事となります。

もし、台輔・封誥をみれはさらにこれによくあてはまります。


武曲は財の星ですが、禄存と一緒にいる時やや不吉です。

挫折や、動きに鈍さに繋がります。

また、武曲の夫妻宮で、破軍・七殺が加会し凶星からの刑剋を受ける時

3度結婚するとの昔からの言い伝えがあると、ある文献にありました。

これはちょっとオバーですが、かなり夫妻宮の象意が激しいものとなる事は

言うまでもありません。


以上。


次回の「紫微斗数雑話」もお楽しみに~♪


以上。
[PR]
トラックバックURL : http://sanrueru.exblog.jp/tb/17875153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2012-08-17 00:57 | 紫微斗数雑話 | Trackback | Comments(0)