ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

カテゴリ:四柱推命雑話( 63 )


f0201297_07311834.jpg


みなさま、こんにちは☆

今日も、なんだか寒そうですね。

いかがお過ごしでしょうか。


昨日、やっと新月が来て。

これからはちょっと、

元気になるかな~♪(笑)

…の今日この頃☆


今日は、夜にある場所に、

4人で押しかける予定でおりますので、
(*^^)v

押しかけるみなさま、

押しかけられるお方…

お忙しいところ、

お邪魔を致しまして、

申し訳ございませんが。
(/・ω・)/

どうぞよろしくお願い致します。(笑)

たぶん夜の19時前後となります。
<(_ _)>


今日のお題は、

「四柱推命雑話
~外格と内格のボーダーの方の見分け方~」

です。


四柱推命の外格とは、

命式の五行がとても偏った生まれで、

尚且つその偏りが尋常ではないのに、

なんだか変わっていて元気で、

パワフルなお方を…

内格の範疇に入らない、

「外格」の生まれと

定義しています。


四柱推命はバランスが良い命を、

貴命としバランスが崩れている命と、

落命としていますが、

この外格の方々は、

偏りが激しく完璧に偏っている方が、

変わっている事が才能となり、

「貴命」となります。


ただ、外格の方の運が、

悪い時は、内格の数倍、

凶意も強くなるとも、

言えるのです。


それは、偏っている為に、

整っていた命式が、

一気に壊れるからです。


時折、外格と内格のボーダの方を

お見かけいたしますが、

その見分け方は簡単です。


外格と内格では、喜忌の

五行がほぼ反対になるため、

その方が、外格の喜忌の悪い時、

または内格で取ってみて、

喜忌の悪い時の状態を

観察いたします。


例えば、甲で火方合会局があり、

身弱か?従児格なのか?

迷った場合、今の「丁」の

この時期は格好の観察時期と言えます。


もし、日干甲の従児格であるならば、

「丁」の傷官&月運「卯」この時期は、

木・火の組み合わせとなり、

外格にとっては、

大変な喜神の時期となります。


その為、元気に溌溂と活動し

しているはずです。


でも、もしその方が、

節入りを空けて、怪我が多かったり、

元気がなかったり、

風邪を引いて高熱を出す、

などの…


日干甲の身弱洩旺の、

忌神凶現象が出ていたならば…

その方を内格と取ると、

最大の忌神の時期となります。


その為、凶現象が出ていたならば、

その方は「内格」の生まれと

位置付ける事が出来ます。


大運・流年・月運が忌に偏った時は、

先祖がとても信心深く、

人を助け陰徳の強い

豊かな家に生まれていても…

その影響力は大きいと言えます。


その為、もしそうでない

家に生まれていた場合は、

その忌凶現象の猛威は、

とても強いと言えるのでは、

ないでしょうか。


四柱推命にて、季節を、

捉えていますと…。


一寸の狂いなく、

その方の運の乱高下が、

一目でわかり…。


本当に人は、運命に導かれるままに、

右往左往する「儚い存在」なのだな。

と、言う…

ちょっと、切ない思いが致します。


今、羽振りが良い人達も、

「死」や「運命の落下」には、

逆らえませんし…。


逆に今…。

「けちょん・けちょんなボロボロの運勢」でも。(笑)


運勢が上がり、

貴人や仲間に引き立てられれば、

帝王や女王になれるかも・・・

しれません。(笑)


だた、人間は悲しいかな。

幼い頃からの、

運勢を引きづって生きて

います。


その為、子供の頃に

運が良くなくて…

その屈折した「負け癖」を、

心の中から、排除しないと、

せっつかくのビックウエーブが

来ても、乗り損なったり。


心の悪い癖が発動し、

物事を、「自分には出来ない。」と

決めつけて本当に叶えたい「夢」を

叶える為の大事なアイテムを

捨ててしまいう…

または、自分でダメにして

しまったり致します。

そうならないように、

「自分は、やれば絶対にできるんだ!」

と自信を持つ事が大切です。(笑)


そして・・・

命術を学んでいると、

そんな人間の駄目さ加減も。(笑)


冷静に観察することが出来るので、

吉運・強運の過ごし方も、

少しは上手に、なって。


壊れる運の時は・・・

「どうでも良い物を破壊」して、

「大切なもの」を

壊さないように「大事に守る」

裏技が使えるようになるので、

重宝です。(笑)


ただ、四柱推命の「喜忌が取れない」と、

その技も頓珍漢な事になりますが…。(笑)
~( ̄ー ̄)~


貴命の方だけでなく、平命や落命の

方にも是非四柱推命を学んで頂き、

少しでも、貴命に近づくように、

生きる。

(※照葉も、とても偏った命なので、
それを存分に実践しています。笑)


タロットや易の「卜」の

言葉を真摯に受け止め、

自分の進道をシッカリ判断する。


また、時には旅して、

環境を変え、自然の中に飛びみ…

本来の自然体の自分を

見つめてみる。


そして、運命を握る季節や、

大気を操る、大自然の神と、

繋がる事。


自分の「心と体」を

生み出した先祖に、

愛着を持ち、感謝する事。

(※体が弱く生まれた場合は、
先祖の生い立ちに寄り添う考え方は、
今の現状を変える為にとても、
大事なのではないかと思われます。)


それが自然に運よく生きる為の、

日本人の古くからの、

「智慧」なのではないでしょうか。


時に、旅して吉方位へ行ったり、

自然の神と繋がって、

運勢が落ちている状態から、

運勢の上がる状態になる事を、

いつも経験していると。


どんな時でも、自分が

今立っている場所が、

どんな場所か。


または、相手が立っている場所が、

どんな所で、この方はこれから、

上がるのか、下がるのかが

良く見えて来るようになります。


それは、とても私にとって、

興味深い経験となっています。


「四柱推命雑話
~外格と内格のボーダーの方の見分け方~」

以上であります。


明日も元気に!

お会いいたしましょう~♪
























[PR]
by sanrueru | 2017-03-29 08:42 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「四柱推命雑話」

f0201297_19294833.jpg

みなさま、こんばんは!

今日は寒い雨ですね。

春の花が寒そうに雨に打たれ、

うつむいて咲いていますね。

いかがお過ごしでしょうか。


本日やっと、ず~とお待たせしていた、

PC作業の役割を終えて、

ホッと一息です。


夜遅くまでかかるかな。

と思っていましたが、

今さっき終わって。

やっと肩の荷が、

もう一つ、おりましたね。


3月は色々と大変でありました。

やっぱり、身強には、

比劫的な作業や、集団作業は、

あまり向かない性質ですね。(笑)


四柱推命で見た場合、

身強の方は、2人三脚か、

単独の仕事の方が、

吉だと言えますね。


身中や身弱の方は、

集団や横並びで肩を並べる

事やスクラムを組むことは吉と

なります。


身強の二人三脚の仕事の場合は、

身中以上の方と組むほうがよいですね。


干の性質によっては、身弱と身強の

組み合わせですと、身弱側が

弱くて潰れてしまう場合があります。


身強と組む場合は、

そこそこ強くないと、

そのダンプカーの様な

その機動力についていけない

ところがあります。


特に陽干の丙・壬・戊の身強は、

規模的にも大きいので、

印や比劫の強い、

身強は、パワフルですし、

エネルギーが入りすぎる、

大運や年運が重なると、

動かなくなる方は、

病気が出やすくなります。


また、動きすぎる方は、

止まっていられないほど

忙しくなるパターンを

よくみかけます。


身弱は運が落ちた時は、

じっとして身のエネルギーを

蓄えたり、友人や、

組織に頼る(比劫・印)のが良く。


身強が運が落ちた時は、

沢山動く・運動する・働く(官)

喋る・書く・表現する(食傷)

遊ぶ・ちょっと贅沢する(財)
(※これは財がたくさんある方専用。笑)


のが良いかもしれませんね。


照葉は、陰干の身強なので、

陽干の身強よりは、エネルギーは

無いけれど、やっぱり、


丁の火のエネルギーが入る、

2017年前半は、

喋る・書く・表現する(食傷)

にエネルギーを抜くのが良いかな。


なので、照葉には…

ブログ・Twitter・Facebookとか、

写真を撮ってUpしている、

Instagramなどは、

絶好のエネルギ-抜きの、

息抜きなのであります~。(笑)


あ。

そして、嫌なことを

思い出してしまいました。


なぜだか…。

六月にある…検定試験を、

受ける事になってしまって。(汗)

勉強しなければ…。(笑)


怖いので、タロットしてないですが。

4月も忙しそうなので、

5月から、1か月頑張るかな。(笑)


検定試験=印の分野は本来、

余り得意ではないので、

本来資格とか、

あまり興味がないのですが、

丁=偏印が回ると、

このように印に関する事が、

運勢的にやって来ますね。


確かに、秋のやや寒い畑には、

少しの暖は必要ともいえますし、

官の木を切ってしまう、

金が多い秋の土多は、

木を守るために火で、

少々鋭い金を、丸くした方が、

良いのかもしれませんね。


火は、天干の用神の辛には、

使えませんが、蔵干に埋まっている、

錆びている庚を磨くには、

とても丁度良く、陰陽の異なる、

性別の目下運が上がるのは、

丁の時期なのかもしれませんね。


家の…

今は土に埋まり、

少々錆びている庚君の運勢は、

やはり大器晩成ですし、

天干に輝く用神のピカピカの

辛ちゃんは、どちらかというと、

若いことに才能を発揮して、

中晩年は若い頃築いた、

地位を保って吉の生まれ。


母の己の運の晩年は、

火が回り、きっと晩年は、

今はまだ埋まっている、

庚君の方が色々と才能が、

伸びてくるのかも知れないと、

今からとても楽しみにして

います。


本当に四柱推命の、

命を見ていると、

周りにある人やモノの、

配置がその命式にあるままの

状態で出てくるので、

面白いですね。


四柱推命を学び出して、

10年と少し。


四柱推命は、本当に、

毎年毎年、目で見える形が

変わって来るように、

深く深く成熟していく、

とても魅力的な研究学問で、

飽きっぽい照葉の心を、

いつまでも、逸らしせんね。(笑)


お婆さんになる頃には、

どの様なものが命式中に、

見えてくるのかな…

とても楽しみな、今日この頃です。


今日の「四柱推命雑話」は、

以上です。


明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪




















[PR]
by sanrueru | 2017-03-26 20:19 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)


f0201297_21340593.jpg


f0201297_22215665.jpg



みなさま、こんばんは!

昨日今日と冷たい雨が降っていますね。

あたたかい春を待つ植物には、

一斉に若葉と花芽をつける為の、

恵の雨となりますね。


今日は、一日年末から、

溜めてしまっていた

PC作業に追われ…


家族はみんなで日帰り温泉に、

行ってしまいましたが。(笑)


黙々とやっていましたら、

いつの間にか…夜ですね。


そして、やっと落ち着いて、

ゆっくりと本も読めました。


年末から、なんだか落ち着かづ、

家にゆっくりいられる

気分ではなくて…

色々と飛び回っておりましたので。


本当に今日は…心から、

ゆっくりできた気がします。
(*^^)v



出版されてから、

ずっとゆっくり読みたかった、

鈴木基弦先生の「三命通会」を

本日、少し読んでみましたので、

読書感想文を書かせていただきました。


鈴木基弦先生は、易学全般に精通され、

四柱推命学の全学派を

実践研究されたそうです。


その他の著作には、

・見る見るわかる「四柱推命術」東洋書院

・「劉基著 滴天髄全訳精解」東洋書院

などがあります。


この本は、日本では初めてになります、

中国明王朝の時代に

書かれております四柱推命の

古典書「三命通會」を

日本語訳され貴重な書籍です。


最初から順番にゆっくりと

読みたいのですが…。


【巻八】の…

日干と時干支の組み合わせによる

喜忌の占断が、とても気になっていて

よい勉強になりますので、

自分のところを読んでみました。


私は、「己丑」の日干で、

時干支は、「壬申」の

時間に生まれています。


その為、【巻八】の

「六己日壬申時斷」のところを

読んでみると自分にはどんな、

五行の干や十二支が必要なのか

がわかり、四柱推命の実践に

とても有効に、用いる事が出来ます。


みなさまも、この書籍を購入され

ぜひ自分の命式の、日干と時間の干支の

所を楽しみに読んでみて下さいね。


喜忌のよい学習となり、自分の生まれが、

貴命なのか、平命なのか…

いやいや~。(^-^;

貧命なのか…?が、

よくわかりますよ。(笑)


私の己の日干は、とても崩れやすい

柔らかな土を意味します。


土に力があり(地支に通恨し)

甲や乙の木と出会うと、

良く緑を生育し、

木によりよく剋された土は、

金より水を得てさらに木を大きく育て、


木はやがて火出会い…燃えて、

燃料になることで、

土の力となり、良い循環が保たれた

場合は…

「富貴にて礼節を好為し正義感の人物となる」

(『明朝版 萬民英著 三命通会』鈴木基弦先生著参照)


これは、あくまでも己日・壬申刻の、

バランスの良い命の場合です。(笑)


己の日干で壬申の時干支に

生まれた場合は、

日干の己に根がなく水が強すぎたりと

土が弱いのが一番体が弱くなったり、

体力が無く損耗の激しい命となると、

書かれておりました。


月に「戊戌」のを持つ、

月令を得た土多の私の命でも、

年中にも辛亥を持つ為、

幼少期から青年期にあたる

体運で水が回っていた時は、

胃腸が弱く体力が無く、

気が弱く、今以上に周りの環境の

影響を受けやすい性質が

強かったように思います。


やはり、崩れやすい己で

金・水が強すぎる命は、

「体が弱く、非長寿」

とありました。


確かに、「己土濁壬」と言って、

水が多すぎで、抑えの無い命は、

病弱にて力なく、周りの協力も得づらく、

一番つらい命となりやすいと言えます。


23歳で大運が、木の春周りに

移ってからは、体はだいぶ丈夫になって

今のように、パワフルになって参りました。
(^_^)/


ただ土多で戌月は、陽木の最大の

用神である甲がきても、干合し

戊に化すため用神無力となり、

あまり良い命とは言えませんがね。
(^-^;

また、丑と戌は刑となり、

中年期は不利となります。
(/・ω・)/

ただ、己日干・壬申時生まれに、

火の大運が回る場合は

強すぎる金・水を抑えて、

木を育てる為、火はそれほど

忌と取らない様ですね。


確かに、「丁」が回る、

2月4日を過ぎて、

自分の周りの方の運勢も徐々に

上がって来られた兆候が見え始め

ました。


周囲の影響力を受けやすい

己日・壬申刻生まれと致しましては、

穏やかにコツコツと役割を、

果たしていく事で、2017年前半は、

順調に物事が進むのではないかと

思っています。


「読書感想文」というよりは、

日干と時間の干支における、

いつもの自分の命式判断に、

なってしまいましたね。


どうぞ、この四柱推命の素敵なバイブルが、

たくさんの四柱推命研究家の

目に触れまして、高い学びの

助けとなることを心から祈っております。


「読書感想文~『明朝版 萬民英著 三命通会』鈴木基弦先生著~」


以上でございます。


明日も、元気にお会いいたしましょ~♪














[PR]
by sanrueru | 2017-03-02 23:40 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「四柱推命雑話」

f0201297_09313997.jpg

「四柱推命雑話」

みなさま、おはようございます。

今日は暖かくなると、言って

いましたが、やっぱり寒いですね✨

いかがお過ごしでしょうか。


昨日の日中は、四柱推命

タロットなどの個人授業へ

行ってまいりました。


四柱推命を初歩の方に

お教えする時に大切なのは、

見やすい教材を使う事ですかね。


四柱推命は、命式を出す過程や、

判断の過程で、十二支の法則など、

細かい表や、図を確認する作業が

入って来ますので、その作業が

スムーズに出来やすい、教科書が

あると、四柱推命の学びは一段と

楽になる様な気がします。


私も初歩の頃は、

十二支と十干を横に書いて

干合・方合・三合・支合、

冲・形・害・破などを、

全てしたに並べて書いて

覚えていたかな。


ただ、この法則を命式中に、

探す目を肥やすまでに少々、

お時間がかかるので、

なるべく毎日命式を眺めて、

欲しいなと思います。


目が慣れて、法則探しがうまく

出来る様になると、後は

判断のコツを覚えれば、

バズルを解くみたいに、

楽しく四柱推命を判断出来る様に、

なります。


初めの学び出しはきついのですが、

長く学べば学ぶほど、四柱推命は

判断の的中率が上がり、

独立自営の占い師さんの、

強い味方になる占術と、

言えるでしょう。


今日は、以上です。

明日も元気に、

お会いいたしましょう〜♬





[PR]
by sanrueru | 2017-02-15 09:32 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「四柱推命雑話」

f0201297_14535742.jpg
「プリンター猫のお昼寝🌸」


みなさま、こんにちは❀

東京方面への移動〜♫

の電車の中からUPでございます!


昨日✩今日と、なんだかすごく

冷え込んでいますね。


寒いので風邪など引かないように、

気をつけたいですね。(笑)


照葉は…先日風邪を

うつされまして。(泣)


喉が痛くて…咳がひどくなり…

薬を飲みました。(-_-メ)


(2時間睡眠&車内昼寝の日々が
3~4日続いているので、
そのせいなのかもしれませんね。
でもその割には、体調が良いので
不思議です。)


きっと…うつした方は、

その日から体調が、すっきり✩

と、良かったのではないのかな?
(^^♪

とか思います。(笑)


照葉も一日で復活⭐

したので大丈夫ですが。
(^_^)

良いものも、悪いものも、

もらってしまうのが、

7ハウスの太陽の?

良いところでもあり、

悪いところでもありますかね。


なんだか、色々と…。

嫌な予感がしたんだよな~。(笑)
(T . T)

そういう時は出かけずに、

日を改める方が、

良いですね。


今日は占術雑話です。

先日は四柱推命雑話で、

自分の秋の土用生まれの

身強の己(自分)の命式の

今年後半から、来年の2月4日の

節入りまでの運勢を

解説いたしました。


なので本日は、「己の身弱」の方の、

今年後半から、来年にかけての、

半年の運勢の考えていきたいと

思います。


まず、己から申を見ると、

金となります。


土から金をみると、食神と傷官が

出てきますので、見弱の己の

方の今年後半の課題は、

目下運にあると言えますね。


基本的に、身弱の方は、

身が弱いため目下運は、

難ありで振り回されやすい、

運勢にあると言えます。


また食神と傷官は、喜神ですと、

表現や口福をの運を司りますが、

忌神になりますと、口の災いや、

あまり良く考えずに、

とった行動や言動からの、

失敗や誤解・良くない噂など

マイナスを生みやすく注意です。


なので、来年の2月4日までは、

行動や言動を重々気負つけて、

されるのが吉運を呼ぶ、

秘訣なのかもしれませんね。


また、身弱の己は、金で

少ない土が崩されますので、

ふらふらと遊び過ぎたり、

人に騙されやすいことや、

浪費にも注意です。


もし、身弱の己でも、

やや強めの身中に近い方は、

その凶の象意が少し和らぎ、

良い利益の話や、遊びや会合から、

人気が出たり、新しい仕事が

舞い込むなどの吉現象もあります。


特に、命式中に土が弱めでも、

夏の月と、土用月は、

そこそこ力があり申が来ても、

酉がなければ、金を恐れません。


春月生まれは、木が切られ、

仕事運の変化があり、

吉凶混濁となりやすい。


秋月生まれは、金強まり柔らかい

土が崩れ体調注意てす。


冬月生まれは己土濁壬を強め、

土が崩れますので一番凶ですね。


命式の中の干支によっても

細かく運勢の動きが異なります。


四柱推命は、本当に…

パズルのように面白い、

占術だと照葉は、

思います〜♫


今日は以上です!

明日も元気にお会い

いたしましょう。







[PR]
by sanrueru | 2016-12-08 14:09 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「四柱推命雑話」

f0201297_9495065.jpg



みなさま、こんにちは!

今日は昨日ほどではないけれど、

曇り、雨の天気ですね。


本日は、新宿にて午後〜夜まで、

お仕事です。
(≧∇≦)


新宿は仕事でずっと使っていて、

美味しい中華や餃子の

お店などがあります。


仕事の合間にご飯を食べるのて、

タクシー運転手さんのように、

美味しいお店をあっちこっち、

行くうちに覚えてしまいますね。
^_−☆


小さい歳頃から衣・食・住には、

あまり困らない運のようで。

特に、水・金が回り出すと、

太るので気をつけていますが、

今は、癸卯という大運にいるため、

癸は月干の戊と干合し、化さない

けれど水を弱めるし、旺支の卯は、

土を剋年支の亥も月支の戌も、

木に変えてしまうので、

たぶんこれから死ぬまでは、

あまり太らない体質で行く

予定であります。(笑)


50代の甲辰が、嫌なのですね〜。

甲はかならず、私の日干の己と

干合してくっつくのですが、

甲は甲の木のままいてくれず、

戊に変化して、私にとっては、

いらない忌神になり変わります。

戊は水を剋す障害となります。


かならず、命式にあるものは、

人生には繰り返し、でてくるので、

慣れているのですが。(笑)


次こそは「大丈夫!」と思っても、

やっぱり、戊に変化していて、

なんだか…

がっかりですね。(笑)


まあ、どうせ毎度の事ですが。

自分の命式の運命なので

仕方ありませんね。

でも、大運で10年も来ると、

辛いので。


この時期は、今までの、

経験を糧に賢い選択を

していきたいですね。


身が強まるのでエネルギー料は

全然問題ないので。

大丈夫です。


なので、晩年に忌神が回る

パターンは、身弱よりは、

身強の方が有利ですね。


甲辰の大運では、なるべく

うっかりと…

干合しないで、注意深く進んで

いきたいですね。(笑)


「うっかりちゃん」なので〜♬
(⌒▽⌒)??


今日は以上です。

明日も元気に、

お会いいましましょう〜♬
[PR]
by sanrueru | 2016-10-18 09:50 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「四柱推命雑話」

f0201297_15543731.jpg



みなさま、こんにちは!

今日は一日雨ですかね。

雨が上がったら・・・

暑くなるから、このままでもいいかな。


とか、暑がりの「火」がやや忌神の照葉は

思うのです~。


でも、8月の節いりを超えれば、

四柱推命では、秋の季節の到来です!


やっと、3年の夏回りと、

空亡の年が明けて、金・水回りが、

やってきますね。(笑)


昨日は他県へ出張授業で、

いつもながら、例題満載のとても、

私自身勉強になったプチ講座で、

ございました。


私自身あまりお会いしていない、

化気格の格が綺麗にそろった例題に、

出会い。

「これはすごいな~。」

とか。


外格は本当に、干支の芸術作品☆

と思いますね。(笑)


家にも、一人完璧な従殺格が、

おりますが。

ほんとに話していて・・・

不思議ちゃん。(笑)


穏やかな照葉2号と、

いったところでしょうか。


いや、従殺なのでやはり結構、

こだわりは強いですね。



そして、本日は朝早くから、

品川のお寺におじいちゃん、

おばあちゃんとその家族の、

お墓参りに行ってきました。


雨だったので、

びちょびちょになりながらの、

お墓参りとなりました。


夜はこれからまた、セミナーハウスにて

お仕事になりました~。


今まで、あっちこっちと移動が

多かったので、セミナーハウスで

お仕事できるのは、とても楽で、

もっと早くにこうすればよかったな。

とか思っています。(笑)


でも、地方出張に行ってくると、

楽しくて・・・

また西方面にも行きたいな~。

とか。(笑)


四柱推命は命の占の中でも、

お教えしていて、とても楽しい

占術ですね。


また、結果もとても顕著に

出る占いなので、鑑定でも、

すごく使いやすいです。


ただ、レベルの高い四柱推命は、

学ぶ過程も、結構じっくりが良いですね。


自分でも四柱推命は一生勉強だな~♪

とか思っています。


早く、8月にならないかな~♪


8月までは、未の空亡月なので、

おとなしくしているのだな~。(笑)


こないだも・・・

食欲なくてあまり、

食べられるなかった日の、

帰り道で。


疲れていたからか…

ちょっと悲しい顔を、

していたからなのか。(汗)


31歳の若いお兄さん。

「どうしたのですか?」と、

優しくお声をかけていただいたので、

新宿までご一緒して、

楽しくお話をしていました。(笑)


なんだか、照葉は電車の中とか、

新幹線の中とか…道端とか、

危なっかしいと思われるのか、

人にお声をかけていただくことが多く。(笑)


みなさん、やさしいな~。

とか、思います。


31歳の関西から最近東京に

出てきた、チャキチャキの、

大阪弁のおにいさん。


お顔のちょっと、微妙なところに、

ほくろがおありで。

(その辺はいつも、占術の

事例研究心が、旺盛なのでございます~。)


居酒屋さんに努めていらして、

将来は独立したいので、

頑張っているのだそうです。

ダックス君2匹買っているの、

いいな~。(笑)

照葉は犬を飼ったことが、

実はないのであ〜る⭐︎


そして、若いのに、

偉いな~。

生年月日を聞きたいのを・・・

(うずうず~。)

何とか我慢して。(笑)


お酒が大好きで、「ざる」だそうで。

飲みに行きたそうでしたが。


終電まじかだったので。

(鑑定が長引いたりと、

いつもの事ですが…)


新宿で「またね~♪」と、

(いつ、「また」なんだか。笑)

帰ってきました~。

お兄さん、優しさと元気を!

ありがとうね☆


空亡の月は、こんなんが多いかな。(笑)

いろいろな方に、出会えて楽しいけど。


でも、申に入るまでは。

おとなしく~していますかね。(笑)


さすがに、食神・傷官満載の、

照葉桜子なので、「表現」できないと、

死にそうになるので。

息抜きも含めた

このブログ&白猫Tweetは、

もはや、照葉の趣味とかしています。
(笑)


7月末はとても忙しので、

8月になったら…

ちょっとは、余裕が出てきて、

元気になれるかな~。


ということで、

だいぶ脱線した「四柱推命雑話」ですが、

今日は以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪

























[PR]
by sanrueru | 2016-07-22 15:49 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「四柱推命雑話」

f0201297_19500427.jpg
            「アマリリスが、今年もたくさんさきました❀」



みなさま、こんばんは!

今日は暑かったですね。

いかがお過ごしでしょうか。


今日は久々に、家族と車で

自然の中にお出かけでした。


日焼けしたかな。☀

ちょっと疲れて、

夕方寝てしまいました。(笑)


今日は「四柱推命雑話」です。

四柱推命は十干の性質と、

生まれた季節及び、

命式中の五行のバランスで、

人の一生を見て行く占術です。


十干の性質と調候に於ける用神が、

命式中にあり、

命と大運のバランスがよい方は、

貴命と言われ、

自分の周りに助けがあり、

才能も豊となり、

性質の強弱が少なく、

人生自体も、とても、

バランスの良い生まれとなります。


逆に、命のバランスの偏りが多く、

また調候用神も命にない方は、

やや大運でまわっても、

上手く使えないパターンに

なりがちです。


その場合は、自分の命を

熟知し、忌神の難をさけ、

喜神の吉を広げ、

人や物事の中にその、

現象を見てとって、

自分に有用なものを残し、

無用にありすぎる物を減らします。


そのようにすると、

人生的にもバランスが、

取れてくると言えます。


本当に命を見ていて、

高命だな。

と思う方は、命式中の

特に日干の近くの天干に、

用神が寄り添うように1~3つあって

その干も強く状態がよく、

日干を豊かに援助しています。


もし、第1~3までの用神が

ない場合でも、日干の状態を

援助するの干が横い在れば、

人生上でもその干は、

とても良い動きを致します。


また、逆に命式中の忌干は、

人生上でも、悪い働きや、

現象として出る為、

扱いが難しいと言えます。


その場合は、その干が

日干に悪影響を与えないような

スタイルで人生のバランスを

取るようにするとよいです。


ただ、用神であっても、

命式の中に

その干を入れた時に、

用神が弱くつぶれてしまう

様ですと。


用神無力となり、

せっかくのチャンスを逃します。

ただ、それも命の通りに出ているので

四柱推命は面白いです。


逆に命が余り良好でない場合は、

そこそこのラインで、

バランスを取ると

生きやすくなります。


そこを考えないで、

突き抜けすぎると、

後で違った支障が出てきます


命式中で、ゆるぎない吉作用の

用神やそれに準ずる干を

どう使うかが、四柱推命では、

一番重要とするところでしょう。


今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪





[PR]
by sanrueru | 2016-06-05 20:02 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「四柱推命雑話」

f0201297_09452956.jpg


みなさま、おはようございます!

朝からちょっと曇り空ですね。

いかがお過ごしでしょうか。


今日は「四柱推命雑話」です。

私が鑑定の中で、

運勢の推移や未来予測を

をする上でとても

頼りにしているのは、

四柱推命です。


それは、もし大地震が

来たとしましょうね。


PCも、電気も止まって、

懐中電灯だけで鑑定しろと

言われて、命式が正確に、

しかも早く出せるのは、

四柱推命です。


紫微斗数も手書きで、

出すことが可能ですが、


やや時間がかかります。

またホロスコープなどは、

やはり手書きで出せますが、

正確に出すにはとっても時間が

かかります。


ホロスコープも、

ハウスが少しずれていても

良いならば、

簡単に5分で大雑把に

できますが…


今の方はPCを使うため、

0‘01‘‘00でもずれていると、

これ違いますよ!

とか…。(笑)


昔はみんな手書きて、

大ざっぱにホロスコープを

出して神業のように

当てていたけどな。


では、PCがなくなったら、

どうするのだろう・・・。

と思います。(笑)


要はどんな状況でも、

人を見る事を真剣にする、

ことが大事なのでは

ないでしょうか。


その人にとって、一番大事な答を

出せる事が占術家の

使命なのではないかと私は思います。


きっと、大地震が来ても。

(※今年東京は
大丈夫と思いますが、
私のタロットリィデーングの
ホロスコープスプレッドや、
年運断易の官鬼占が
大丈夫だったから…。)

…私は懐中電灯を照らしながら、

命式を出しているのだろうな。


その時はもちろん、

紫微斗数の旧暦の暦と、

西洋占星術の天文暦と猫3匹を

リュックに入れて

天使2匹と母の手を引いて…

それを一番大切に

持って行くんだろうな。(笑)



という事で、今日は

四柱推命雑話です。(笑)


今年は丙申ですね。

「戌月生まれ」の「己」の私の命は、

調候だと、「甲・丙・癸」

が用神となります。


「丙」は本来、戌月己の用神の一つで、

しかも、秋深まる十月の末の

寒い晩秋の生まれなので、

火が強ければ、身を助け

「癸」の雨と一緒に、官の「甲」を育てます。


そして、更に一点の「壬」が命にあれば、

富貴の命にして才能を有します。


「丙」の年運は「己」の私の命にとっては、

運気上昇の良い運となる、

ハズなのですが。(笑)


私は月令を得た身強で、

土が強すぎる、

更に巨大な忌神の戊が隣にいます。


「戊」と「丙」の相性はあまりよく無く。

「丙」が「己」の畑を照らそうと思っても、

高い山が邪魔して、

太陽さえぎります。


また、「甲も丙も癸」も…ない私の命は、

「辛と壬」を用神とし、

食神の才能と正財二つで偏財的な、

財を味方に生きて行く

生まれとなります。


その時に、大事な「辛」と干合するのが、

「丙」です。


そして、仕事である「甲は己」と干合すると、

戌月なため、化して戊となり

財の争いを生みます。


なので、用神といえども、

「丙」と甲は私にとっては、

「丙」は吉凶混濁にて、

「甲」は逆に、ない方が良い位なのです。(笑)


なので、後半の8月まではちょっと

吉と凶の現象も、

大きくなるかもしれませんね。


申に入ると、たぶんだいぶ

楽になる予想です。

なので、それまでに印綬的な仕事は、

すべてこなしてしまわなくては

ならないため大変です。


春周りは、乙と丙と壬を味方に。

夏周りは、辛を捨て庚を用い、
     丙と乙と壬を味方に。

秋周りは、乙と丙を捨て、
      壬と金と味方に。

冬周りは、金・水強い土田の私に
とっては一番きつい運勢です。
この時期は土が凍り、
乙は全く生えず、
丙は土と水にと辛に
くっつかれて、犠牲となり
良いとこなしですね。(大運は)
もう過ぎたので大丈夫。
今は春、晩年は夏周りなので、
逆に水の年運は、
多財にならず身旺財旺となり、
稼ぎ時と言えるでしょう。


水は私にとっては恵の川。

「癸」ぐらいでは、この膨大な山と畑を

潤すことは出来ないので、

金の水脈をしたにもつ時支の

「壬申」はとてもありがたい干支です。

この時間に生まれて良かったな。



四柱推命は、本当にその方の

現在の運勢をよく顕しています。


忌神がまわる時は、

人は悪い癖が出ます。
(´・ω・`)


本人は頭が回っていないので、
( ̄ー ̄)

変なことをしているのに気がつきません。


逆に喜神の時は、頭が冴えわたり、
(^O^)/

良い発想が浮かび、行動も冷静です。


忌神の運の方は、あまり暴走せず、
"(-""-)"
喜神の運の方に助けていただきましょう。
(*‘∀‘)

忌神が回りだすとおかしい
((+_+))

思考になりますので、

なるべく冷静な方の意見をきき、
( `ー´)ノ

その意見に従うと、開運致します。


身強の方で忌神が回る方は、

暴走して無駄に財を

剋したり(暴飲暴食や浪費)
(*´Д`)

食神に抜く(舌下事件など)
( ̄ー ̄)

しない方が無難で、

するのでしたら、

官に剋されてエネルギーを

抜く方が良いですね。


イライラしたら、
(-_-メ)

食神や傷官を使うのではなくて。

黙々と走る・歩く・泳ぐ、

淡々と寡黙に仕事をする。


食べるバランスを考える。

食べ過ぎると、

エネルギーを体に溜め為すので、

少なめにバランスよく食べて、

エネルギーを抜く。


身弱の忌神が回りエネルギーが

無くなる方は、栄養のあるものを食べる。

食神・傷官にエネルギ-を抜かれ、

やはり(舌下・集中力にかけふらふらするなど)
(*´Д`)

は良くありません。


目上や組織、友人を大切にし、
<(_ _)>

意見を聞きそのアドバイスを、

ふらふらしないで、実行する事。
((+_+))

そうすると、身弱の方は
('◇')ゞ

落ち着いてくる方が多いです。


一番悪いのは…

忌神で自分が苦しくて、

もがくあまりに…

周りへの感謝や謙虚な態度が
(-_-メ)

無くなってしまう事。
(-ω-)/


ただ、誰しも忌神が回るっと、

そうなりがちなので、

私も人の事は言えませんが・・・。
(・ω・)ノ


ただ、「自分は周りによって、

生かされている。」という、

謙虚な心を忘れないように

したいですね。


逆に、喜神が回りだした方は、
(^◇^)

今までの忌神で、喜神の運の方に、
<(_ _)>

助けてもらっていた方は、
(*‘∀‘)

今度は自分が忌神の方を助けましょう。
(*´▽`*)

それは自分身を犠牲にしても、
(>_<)❀

やり遂げなければいけませんね。(笑)
( `ー´)ノ


今日は、「四柱推命雑話」

以上です✩


明日も元気にお会いいたしましょう♪








[PR]
by sanrueru | 2016-05-20 10:48 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_08223862.jpg


みんなさま、こんにちは!

今日も良い天気~♪

外にはお花が満開❀

良い季節になりましたね。


いかがお過ごしでしょうか。

今日は午前と、午後にまたまた、

急の鑑定で東京方面へ移動です。


今日は、紫微斗数雑話です。

お題は「天馬星」について、

考えていきたいと思います。


天馬は、陽の火を主り、

流動性の星です。

別名は、駅馬であり中天星の、

遷移宮を主宮とする雑曜です。


天馬は命と身にあると、

命を臨ませるといい、

動くことや移動する事、

旅する事、生気がみなぎり

走り回る事を好みます。


旅猫のようですね。(笑)


凶の星と同宮すると、

一生損耗しながら走り回るので、

良くないです。


吉主星と同宮すれば、

その主星と吉の特徴を強め活気を与え、

外にあって発展や成功の

運を即し活躍します。


雑曜の仲間では、「天巫」との相性が良く、

収穫と良い機会を外で得る事が出来ます。


また凶星では、特に「火星・鈴星・陀羅」は

よくないく「死でいる馬を追う」と言って、

海外や遠方地での、トラブルや

損失に注意です。


「天空」と同宮は動いても成果が出なくて、

中身が無いにも関わらず、動かなくては

ならないため凶となります。


今日は「天馬」についてでした。

以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう♪





[PR]
by sanrueru | 2016-05-19 08:05 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)