ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

「断易の世爻と応爻」


f0201297_13163166.jpg
❀素材提供❀
四季の素材 十五夜さま




みなさま、こんにちは!

自宅でPC作業に従事していると、

だんだん飽きてくるので、

筆休めに…

またまたブログです。(笑)


今回は、「断易雑話」です。

最近、「卜」はタロット・周易そして、

断易を立てていますね。


世爻を自分とし、

相手を応爻とし、お互いの

関係を見る場合、世爻を応爻が、

剋している場合は、

少し危険ですかね。(笑)

こちらが剋されるのですから。


逆に自分の世爻が相手の応爻を、

剋している場合は、ごめんなさい。(汗)

仲良くしましょうね~♪

と言う感じ。


これは、恋愛の断易占いにも使えます。

今まで、六合卦だったのが、

六冲卦に変わっていたら、

分離の意味がありますね。


ただ、六冲卦だからと言って、

すぐ分離するわけではなくて、

今はその様な状態と言う、

現状が出ているので、

それをお客様に、丁寧にご説明を

致します。


断易はシャープな占いだけに、

言葉のフォローがとても大切ですね。


特に対人面を見る場合は、

タロットや周易よりも、

良い悪いがハッキリでるので、

現実的に物件売れるか?や、

売り上げいかに?や、

病気占などには、とても有利で

良く当たる占いです。


ただ、情緒の絡む問題には、

やや「ズバッ」と出すぎる為に。

どうお伝えするかが、

占術家の腕の見せ所ですかね。


著と筆休め~♪

('◇')ゞ

以上です❤


しっとりした美しい満月は、

いいですね。


次回は、月・太陰・陰・女性・母親・

大地の意味を持つ、

照葉の、一番苦手なところの、

「猫の易経~坤為地六二~」を

書いていきたいと思います✩

雌午のように、後ろからついていくのが、

良いらしいのですね。


人の先に立っちゃ、

いけないのであります。


前の人がゆっくり歩いていたら、

私も待ちながらゆっくり、


相手が早かったら、

私もツバメのように、

速度を合わせて、あくまでも、

後ろからついていく、

「待ち」の一番苦手な

ところが、表現されていて、

とても勉強になりますね。


タロットカードだと、

何のカードのイメージだろな。

やっぱ私にとっては、

「吊るし人」かな。(笑)

月はやっぱり「女教皇」だよね~。


動けなくてもそれを受け入れて、

微笑んでいる、それを楽しむ、

心の余裕と言うか。

…なのだろうな。

勉強になりますね。


ガチャガチャしないで、

ゆったりと、しっとりと、

「マテ」「ワン!」出来るように~。(汗)

気まぐれ猫…だからなかな~♪


宿曜では、「婁宿」なので、

本質は狗なのねん。

でも、あんまり「きゃんきゃん」

吠える狗は、婁宿的には、

ダメらしいね。(汗)


最近、周易をよくたてるかな。

私は鑑定では、ほぼタロット

以外は使わないのですが…

「卜」を極めると、その判断が、

全てにおいてレベルアップするので、

不思議ですね。



明日も元気にお会いいたしましょう~♪


f0201297_13170228.jpg
❀素材提供❀
四季の素材 十五夜さま




[PR]
by sanrueru | 2016-10-29 13:46 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)


みなさま、おはようございます✩

今日はすがすがしい朝ですね。

いかがお過ごしでしょうか。


昨日はとっても太陽☀燦々の、

良いお天気で。

ものすごく、

日焼けしそうな勢いでしたね。


最近、日焼けはしてはいけない、

事がよくわかり日傘をさしています。


プチ講座や個人授業では、

色々な方の事務所に

お伺いしているのですが、

美容系のお仕事をされている、

生徒さまたちは、

いつお会いしても、とても美しい~♪


その生徒さまが方に、

ネイル綺麗に見せる為には…

「照葉先生、こんなに手を焼いては…

ピンク系が、可愛くなくなるから、

だめなのですよ~。」

と言われていて。(笑)

(移動~♪が多いため、

夏はとても黒くなります…。)


確かに・・・。

静岡の海洋学部育ちの照葉は、

海で日焼けするのが好きだったけど、

女子としてはあり得ないらしい。(笑)


確かに、色が白くて…

ピンクマニキュアは、

可愛いね~♪

と思いました。


でも、昨日すでに真黒。(うっ)

今日も暑そうだな~。


そして今日は、

「占術雑話~体の体質~」

です。


照葉は土多の秋の土用、

月令を得た、金・水強い身強、

用神は年の天干に輝く、

「辛の食神」です。

食神が輝いているので、

衣・食・住には、

あまり困ったことがなく、

ありがたいなと思います。


ただ、印と官が無いので、

組織運・目上運・名誉運は、

子供の頃は…

あまりよく無かったかな。


用神「辛」は、

月支の戌と、日支の丑、

時支の申に、強く通根し、

年支の亥に磨かれて、

ピカピカです。


「辛」は火に弱く、

今年の前半丙と干合し、

用神が無力となり、

この時は、日干己の性質に

ならって、年運にまわった、

太陽の「丙の印綬」を用神として、

使います。


ただ、印は「調候」では

己の用神となりますが、

「扶抑」では、やや忌なため、

現象としてやや凶となります。


いつも、使い慣れている、

「辛」が失われ、

「丙」を使うことに、

戸惑うからです。(笑)


また、命式中のどれかの五行が、

酷く剋される時は、その五行の

持つ体の部位や体質、人・モノなどに、

その影響が出ます。


まず「辛の食神」が倒れると、

言葉の災い・表現の問題・

衣・食・住の

バランスが悪くなる、

(全然食べられなくなったり、

食べ過ぎたりする。)


雇用者との意見の相違。

目下や子供の問題。

顔から上の病気・熱性の病気・

乾性の病気などが現れます。


また「丙の印綬」の吉作用は、

印の分野の名誉事や、

高い学問研究対する発展。


成り行きで、久々に

やや大人数の講座が

立ち上がったのも、

この「丙」の効力ですね。


会報などは、どちらかといえば、

「食神・傷官」の

表現の分野になりますね。


「丙の印綬」は、

名誉・目上の件の発展や、

助力があります。


また、もし命式中に、

木の用神がある、日干己の、

方は太陽が木を育てる為、

組織での昇進・仕事運の向上・

吉のパートナー運も

表します。


今日は、

「体の体質」に関して、

書きたくて、その分けは・・・。


昨日、久々に行った、

新百合ヶ丘のカフェOBで、

お人と打ち合わせしていました。


お腹が、すいていたので、

思わずいつもは、

体が乾きやすくなるため、

お菓子以外は小麦をたくさん、

食べないようにしていたのですが、


うっかり沢山食べてしまい。

しかも、タバスコもかけてしまい…


その時は何でもなくて、

お相手に、

「小麦アレルギーではないよね。」

とかって言われていたのに。(泣)


朝起きてみると、顔に発疹が少し出て、

「かゆかゆ~。」に。


でも、すぐに治るのですがね。

中華の天心や肉まんや餃子などの、

小麦は大丈夫なのに、

パンとかピザの小麦は、

ダメダメなことが多く、

「なんだろね~。」

と言っています。


それも、子供の頃の、

水の冬周りの大運の時は、

まったくと言っていいほど、

そういうことはなくて、

大人になって、


木の体運になってからの現象で、

とくに火の強い年運に起こる、

「体の体質の変化」で。

とても面白いな~。


と自分を観察しています。(笑)

「辛」が火に焼かれる場合、

水がそれを守護してくれます。


「辛」が用神の命で、

水がない方は、火が回ると、

その凶現象が大きく出てしまいます。


逆に、「辛」用神の方で、

命式中に「壬や癸」などの水が

あり、しかも強い地支に通根

している場合は、凶現象は

少し出るだけですみます。


ただ、「辛」には水。

「庚」には木と火が

相性が良いので、

私の命式中の地支の、

「壬申」はとてもありがたい、

干支です。

お母さん子の時間い生んでくれて、

ありがとうね。(笑)


今年はプールや温泉が、

「火と土多の乾き」からの、

私の避難場所ですね。(笑)


あと、体を冷やす食べ物、

「ゴーヤちゃんぷる」は、

沖縄の暑い地方の食べ物なので、

体を冷やす、食材が満載です。


薬膳では、

「ゴーヤ」は五性は、

「寒」となり体の熱を取る食材

と思っています。


「人参」の五性は「平」となり

脾臓の機能を高めると言われています。


そして私は「茄子」が好きなので、

いれます。

「茄子」の五性は「冷(涼)」となり、

やはり体を冷やします。


「豚肉」はゆいつ、肉の中は、

体を冷やす効果があります。


「卵」は「平」とふつう。

「豆腐」は「冷(涼)」です。


なので、最近毎日、

朝はフライパンを振っています。(笑)

今日も、これから作ります~。


そして、デザートは西瓜とか、

フルーツやゼリーとか。

フルーツジュースも

からだに、潤いが戻りますね。(笑)


砂糖はエネルギーがありすぎて、

土多の土を増やすため、

炭水化物と共に、

私はあまりとってはいけない

食品ですね。

「ケーキ」や西洋系のお菓子は、

バター(えねるぎーになりNG)
クリーム(やはり油なのでNG)
スポンジ(小麦なのでNG)
砂糖(いうでもなくNG)

で、あまり食べないのですが。


和お菓子は、小豆は「平」で

利尿作用があり、

私の体には良くて、

あともち米もお米なので、

大丈夫なので食べてますね。


最近大好きになった、

中国茶のお菓子の、

花巻や肉まんとか、

水餃子もたくさん食べても、

大丈夫なので不思議ですね。(笑)


今日午前は渋谷へ移動~♪

午後は地方へ出張です。

では行って参ります✩


明日も元気にお会いいたしましょう~♪














[PR]
by sanrueru | 2016-07-31 07:06 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)

「西洋占星術雑話」

f0201297_12520317.jpg



みなさま、こんにちは!

今日は曇りですが蒸暑いですね。

午後とセミナーハウスで授業で、

夜から東京方面に移動~♪


最近どんどん夜が遅くなって来て、

昨日も寝たのが4時でした~。

24時間働きますか?

状態ですね~。

なんだか…

まだ、眠いな。

今日は「西洋占星術雑話」です。


西洋占星術には、

ディグニティ(Dignities)と言って、

星の格式あるいは、

品位という考え方があります。


これは、古典占星術の方がよく使い、

どちらかというと西洋占星術の「解釈」の

部分で占星術の書籍のほとんどの本に、

この考え方は書かれております。


ただ、現代の西洋占星術の実践の「判断」の

分野では、ほぼ見ている方は少ないです。


それは、東洋書院から出版されている、

「占星学メソッド」

を書かれた、

大橋雅宏先生も書籍の中で、

書かれておられました。


大橋先生は、西洋占星術の師匠が同じ、

同門の兄弟子さまでございます。

「占星術メソッド」はとてもわかりやすく、

読みやすい、

とても良く整理された書籍です。


そして、きちんとご自身で、

実践されて、知識だけではない

技術の検証もキチンとされていらした、

先生だなという事が文章から、

とてもよくわかります。(笑)


上級の…

「珍しいタロット展示とホロスコープ判断と
タロットリィーデング&実践魔術講座」


が立ち上がったら、

ぜひ、上級の教科書として

使いたいですね。
(^_-)-☆



ディグニティ(Dignities)は、

「覚えるの苦手です✩」
(*´Д`)

という方の声も✩(笑)

良く聞かれます。


紫微斗数の四化表の様ですね~。(笑)


私も、親から譲り受けた頭脳が、

バリバリの理数系なもので。(笑)


親は二人とも、神大の化学専攻&

登山部でございました。(笑)


母親は数学と化学の先生だったし、

父は化学人で東芝で人工衛星の

部品の企画、作成、販売を、

すべてやっていました。


語学の不得意な父は、

ドイツやフランスや

アメリカなどの海外に、

部品の営業に行くのが大変

だったようで…

良くぼやいていましたっけ。(笑)
(。-`ω-)


頭が文系よりだったのは、

私の兄だけでしたね。(笑)


なので、何かを覚える時は、

いくつかの「法則」にしたがって

覚える方が、覚えやすですね。


「忘れない」という事を、

「記憶力が悪い人」が考えた時に、

障害に対する柔軟なよい適用は、

そのような「工夫」なのではないかと、

私は思うのです。(笑)


ディグニティ(Dignities)も、

そのように覚えれば、

きっとみんなどんな頭脳の方でも、

覚えられるはず?(笑)


①盛(本来の座・ディグニティー≪Dignity≫
あるいは、ルーラーシップ≪Rulership≫)

②興(高揚の座・エグザルテーション≪Exaltation≫)

③敗(放浪の座or障害の座・デトリメント≪Detriment≫)

④哀(転落の座or下降の座・フォール≪Fall≫)


①の「盛」の本来のサインに星が入る場合は、
一番理想的な自然な形でそのサインと星の、
エネルギーを発揮できます。
(*‘∀‘)

②「興」はその星が一番元気で、
ちょっとルンルン~♪とご機嫌な、
魅力的な星の状態を示します。
(^。^)y-.。o○

③「敗」は、盛野本来の座と正反対の
場所にあるサインにはいる星となるため、
180度的な、ふらふらと迷いやすく、
無駄も多くエネルギーが
余り上手く使えません。
(>_<)❀

④「哀」は、その星がお疲れモードで、
本来の良さが発揮できず、
逆にダメダメな「嫌な癖」を強力に
発揮している困ったちゃん状態の
星の格式となります。
((+_+))
  ↓
≪その場合は、クールに、
放置しておくと、
自然に、元のよい状態に戻ります。
※取扱説明書(笑)なんのだ~。≫


①盛の本来の座の180反対が、

③敗の障害の座となります。

②興の高揚の座の180度反対が、

④哀の転落の座となります。

その為、まず①盛の本来の星のサインを覚える、

そして、次にその正反対の②敗の障害の座を覚える。

②の興が一番覚えにくいのですが、

それを覚えられたら、

④の哀を覚えるのが、一番覚えやすいです。


ただ、ホロスコープの判断的には、

重要度は全体が100パーセントと、

したなたば、格式の判断の割合は、

5パーセント切るため、

それ以外の「判断」に大切な部分を、

おぼえてから、余裕があったらで、

良いのではないかと私は思いますね。(笑)


というとこで…

頭が疲れたところで。

今日の西洋占星術雑話は。

終了です~。


照葉の講座はこのようなめんどくさい、

考え方や技法を一切省いた、

「判断」に大切な部分を、

完結に明瞭に凝縮してお教えしようとする、

占術学園としては、とても不利益な。(笑)


(※なんでかって言うと…

わかりやすくて、

すぐ覚えてしまい

ご卒業も早いので。笑)


生徒さん達にはとっても、

手厚いサービスの、

講座となっております!


沢山の西洋占星術講座にて、

頭の中にモリモリの知識を

たくさん詰め込まれて、

良い判断が出来無くなっている、

みなさま。


ぜひ、8月開講の、

「珍しいタロット展示とホロスコープ判断と
タロットリィーデング&実践魔術講座」


にいらして、頭の中の無駄な知識を、

整理整頓し、そぎ落とし、

本当に実践で使える、

占術のみを使えるように

なって下さいませ。(笑)


知識をふんだんに頭に、

詰めることは、とても大事なことです。


ただ、良い判断をするためには、

使わなくてよいものも、

多いのが西洋占星術です。


様々な占術学園の各講座で、

占術知識をたくさん学んだ方は、

とても良く開墾された、

肥沃な土となっています。


なので、そこに花や野菜の種を植え、

せっかく耕した畑を、

より生産的な畑にして見ませんか?


それを、利益度外視で(笑)

応援するのが、

新ゆり~Schwarze Katze Hause〜
セミナーハウス
『シュヴァルツ・カッツェ・ハウゼ』
講座です。


たくさんの皆様が、実践的に

占術をお使いになり、

シャープでかっこよい鑑定が

出来るようになられることを、

私もワクワクしながら、

見守っております✩


今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪





[PR]
by sanrueru | 2016-07-23 09:49 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_01252264.jpg


みなさま、こんばんは!

今日は、晴れのち曇りでしたね。

いかがお過ごしでしょうか。


今日は、午前中は…

Schwarze Katze Hause

セミナーハウスにて、

タロットの授業。


午後は、横浜方面に

四柱推命と断易の授業。


夜は新ゆり駅にて、

鑑定でありました。


バタバタとしていた一日でした。


今日の心に残った出来事は、

断易を初めて学ぶ生徒さま達に、

断易で「自分の頭の上のお天気予報」

を占って、納甲するところまでの

宿題をお出ししていたら。


とても頑張られて、

一生懸命、納甲されていた

ノートを見せていただき、

とても感動いたしました✩
(*´▽`*)


いつも思うのですが、

私は占術初歩をお教えして、

それが少しづつ、

出来るようになられるのを

見るのがとてもうれしいです。


それは、たぶん自分が、

幼い頃、学ぶ事がとても下手で。(笑)


結構悲しい思いを

たくさんしていました。


なので、みなさまが、

頑張って知識を身につける、

過程を見ていると、小さい頃の

自分の姿がよぎって、

とてもほほえましく、

あたたかい、気持ちに

なるのだと思います。


なんでも、初めて学ぶ時は、

勉強の仕方がわから無い、

事が多いです。


断易という占は、

初歩の方には納甲が命。


納甲を間違えると、

全て判断を間違うこととなるので、

基礎は慎重になんども、

粘り強くお教えしています。


「お天気占」は、

用神が細かくわかれている為、

その用神の動爻や月建と日晨からの、

強弱を見極めるため、

判断はやや高度になります。


しかし、

毎日たてることが出来るので、

良い練習となります。


自分の一日を占より、

手軽で緊張感もさほどないため、

楽しくできますね。


また、天気は日筮と違い、

判断の答がはっきり致しますので、

特に初歩の方には、

あたり、はずれがすぐにわかり、

断易の的中率も理解しやすく、

良い例題となります。


私も初歩の頃はお天気占、

良くたてましたね。(笑)


断易を学んでいるみなさま、

ぜひやってみて下さいね。


私は一日の中でも、

東京とか神奈川とか、

長距離を移動致します。


なので、あくまでもこの断易の

お天気占は、

「自分の頭上の天気予報」

なのですが、その移動の時の

天気もよくわかり便利ですね。


あ、でも鑑定では、

お天気占と失せ物だけの、

お客様はお断りしています。(笑)


なぜかと言うと、特に、

失せ物はタロットでみる場合、

「絶対に出てきません!」

という結果もあります。


そういう結果が出た場合、

ほんとに懸命に探しても、

出て来ないので、

そのような結果になった場合、

それだけでお金をいただくのは、

申し訳ないので、していないのです。(笑)

命・卜の鑑定のついでに見る事は、

しています。


失せ物をタロットや断易の授業でする時は、

生徒さん本人にタロットをきって

いただいて私が判断しています。


その為、生徒さんによっては、

あたり、はずれがある場合があります。


タロットを心から真剣に信頼し、

「真実をお教え下さい。」

と願っている方のタロットは、

とてもよくあたりますし、

逆に、信頼が足りない方には、

「タロットが迷っているような

結果」になってしまう、

場合があるので不思議ですね。


お天気占は、基本、

「人の頭の上の天気」は、

どうしてだか…

統計を取ってみたのですが、

あてづらく、自分の頭の上の方が、

当たりやすいですね。


なので、お天気占のみの、

鑑定を依頼した方には、

「断易をお教えするので、

自分で見てね。」(^_-)-☆

といいますね。


そんな依頼は、

今までにはありませんがね。(笑)


話は変わりますが…

印刷機を最近新しく、

購入したのですが…


傾斜宮の震宮ア付きの、

私はたいてい新しい機械とは、

なじむまで相性が悪く、

いつも最初は、格闘しています!(笑)


だた、ちょっと悲しいことが・・・。

印刷のインクジェットの具合か、

写真は美しく色がハッキリでるのですが、

複雑な色合いの画像が…

美しい「緑色」が鮮明に出ません。(泣)


すみません。

たぶん複雑な配色をプリンターが

読み取れないのかな。(汗)

ちょっと悔しいけど~。


ここだけ、技術者のプリンターで

印刷して貼り付けるかな。

とか。(笑)


う~ん。

3時間格闘中。(笑)

もちょっと頑張ってみる~。


今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪






[PR]
by sanrueru | 2016-06-14 23:59 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)

「西洋占星術雑話」

f0201297_21180124.jpg



みなさま、こんばんは!

久々のブログですね。

いかがお過ごしでしょうか。


九州の地震の余震が、

早く終息致しますように、

お祈りいたしております。
<(_ _)>


最近忙しくブログが、

書けていませんね。

今日は久々に

西洋占星術雑話です。


西洋占星術での、

自分が立つステージは、

その年齢で異なります。


一生を終える時に、

すべての星の学びや経験を、

体感し色々なものを学び取る為に、

人はこの青い地球の上で、

生かされているのかもしれない…


と、自分のホロスコープを、

眺めながら思います。


今日は鑑定と授業が

新宿でありました。


ホロスコープを、

読ませていただく、

実践的な授業をしてきました。


私は7houseの太陽なので、

書籍や新聞やネットやTVではなくて、

人を見て色々なことを学ぶことが

多いような気がします。


なので、一生を通して、

色々な方に出会わせていただいて、

その方がたの人生をご一緒に、

体かんさせていただいて、

いろいろ考えながら、対応策を

立てたりしているうちに、

個人が体験できない事を、

たくさん教わっているような

気が致します。


ホロスコープを見ていて、

そのhouseに入っている星が、

ハードアスペクトを形成し…


例えば、スクエアやオポジションや

バーテックスなどの

ハードアスペクトは、

学ぶところも大きいのだけれど、

調停のアスペクトがないと、

病んだり、損なわれたりするだけに、

終わる場合もあるため、

あまりにもきついアスペクトの多い、

ハウスは、封印してもいいのかな。

とか最近思います。(笑)


封印できるのならばですが…ね。

紫微斗数も、四柱推命などの、

命術は皆そうなのですが。

なるべく損なわれている

場所ではなくて、

出来れば明るい光の方に

伸びて行く道を進んで

行きたいですよね。


例えばハードアスペクトがあって、

調停があると、

初めにきつい体験をして、

それが経験になって、

色々なものを学び、

その学んで使いこなせるようになった、

知識が豊かな収穫を生んでくれます。


ですが…

特にバーテックスとか、

ヨッドがあるけれどそれに対する

ソフトアスペクトが無い星は、

なかなか生かしずらいのかも

しれませんね。


そんな時は、その場所は、

ちょっと置いておいても良いのかも

知れませんね。


わざわざ、向かい合って、

星同士の間に傷をたくさんつけて

悪化させるよりは、

とりあえずその問題は

損なわれている状態で抱えつつ

保留にし、自分がやりやすい課題や、

発展しやすい個所を伸ばすのも、

一つの方法かもしれませんね。


昔、海外の西洋占星術を訳した、

例題をたくさんやっていただいていた、

教室に出入りしていた頃に、

教えていただいた事が、

最近とても良く当たっているなと、

思います。(笑)


また太陽houseの傾向なども、

よく出ていますね。


西半球に太陽があるの方は、

周りの影響を、

良くも悪くも受ける為、

あまり自分に悪影響を与える

物事や、人にはなるべく、

近寄らない方が良いようです。


そして、逆に自分に良い影響を

与える物事や人を積極的に、

探してその良い影響を受けるように、

すると、自分の運勢も上がります。


自分に良いか悪いかは、

人により違いますね。


でもそれが現象として現れている

時は特にそうなのかもしれませんね。
(笑)


ホロスコープでは、

自分の苦手な物事や、

人がよくわかりますね。


今日は以上です。


またのブログをお楽しみに~♪



















[PR]
by sanrueru | 2016-04-21 21:15 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)


f0201297_12382710.jpg

f0201297_11142822.jpg

「断易占断事例:参考文献 『断易新義』台湾断易の秘伝書です。初歩の方から奥義までこれ一冊で独習できます。出版社:東洋書院 Aのつくネット書店では、値段がかなり高くなっていますので、直接出版社に問い合わせると、正規の値段で買えます。」


みなさま、こんにちは!

昨日・今日と、少し寒いですね。

いかがお過ごしでしょうか。


今、小田線で新宿へ向かって

いる電車の中であります。


今日は久々の、断易事例です。


最近、私的や友人の題材も、

タロット・周易で見ることが多いです。

断易もまた、少しづつ、

ブログネタで書こうかなと。
(^_-)-☆


せっかく、占術家の先生方が、

ネタ本にして、生徒に見せず、

隠しバイブルにしていると

いう噂の書籍が手元にあるので…

参考文献として、活用しなくては!


占術書籍の価値は、読んだ回数ではなく、

どのぐらい事例を見て、本を辞典の

ようにして、大事なところを調べる。


その見た回数と、調べた回数に、

価値があるのではないかと、

私は思います。(笑)


自慢ではありませんが…

私は占術書籍を端から端まで、

続けて読んだことがない。(笑)


書いた方に怒られそうですが。

占ってみて、わからないとこを

辞書のように引く。


私は卜で占う回数が、

一日に少ない時で5例、

多い時で20例以上はあるため、

その内容を引いて読んでいるうちに、

ほとんどのページをめくり、

覚えてしまいます。


卜占ようのB6の占断ノートは、

漢民族を祖先に持つ方々の真似をして、

小さく節約して書いても、

半月もちません。
(−_−;)

(昔四柱推命クラスに、海外の方がいて、

さすが、とても合理的な方で色々と、

勉強になることを教えていただきました!)


なので、私が持っている、

卜の本は、生徒さん達は、

よく知っていますが、

ボロボロになっております。
(⌒-⌒; )


某六壬神課の本は、今は絶版で6万!

こんなに値上がりするなら、

ボロボロにせず、大切に

使えばよかった。(T ^ T)

(ちなみに、断易入門は3冊めです。笑)


「断易新義」はまだ、

この通り、綺麗なので少し、

読み込みますかね。^_−☆


昔は良く、教室に占例を引っ提げて、

行って。(笑)


ダメ出しされて、青ざめたり…。
(T ^ T)

していたが、今は西洋占術家の

繊細さからはほど遠くなり…。(笑)
(^-^;


気がつくと…。

(/・ω・)/

漢民族の思考回路バリバリの、

東洋思想の脳みそと行動様式に、

なっていることに、最近気がつき…。
^_^


この間、愕然と致しました。\( ゚Д゚)/


よかったのか。

悪かったのか?(笑)


それはそうと、今日は、

「断易雑話」の占例です。


友人から、昨夜ブログup用に、

いただいた占例です。

ご本人がたてています。


内容&占的は、

「ブラック企業、無事トラブルなく

やめられるか?」


今の時代、少しでも仕事内容がよく、

給料もより多い方が良い。


そこで、転職先を探し、

良いところが見つかったので、

仕事を辞めたいが、大丈夫か?

というご相談です。


用神は、本人がたてていますので、

世=本人の状況・応=相手の会社・官鬼=トラブル

とおいています。


いかがでしょうか。


月建:辰 日晨:甲寅 空亡:子丑

本卦:天水訟 →動爻4爻(世爻)
    ↓
之卦:風水渙

となりました。


用神は、4爻の世爻午の兄弟(騰蛇)です。

月建から休となり弱く、

日晨からは生じられ、強い。


動いて、未の子孫となり、

進神となり、漏気に化す。

官鬼の仇神動き強く、忌神の子孫多現。(3つ)

これだけ見ても、

全然、余裕ですんなり辞められそう。(笑)

本人が、兄弟(騰蛇)で、

びくびくと焦っているだけの様です。


会社側の応からも、生じられている。

なので、問題はなく願いは、

叶うだろう。


トラブルの用神=官鬼は、

3爻の午の兄弟飛神の下に、

伏神する亥の官鬼


月建から死となり弱く、

日晨からは合となるが、

飛神午の兄弟は、

日晨がら生じられ強く、

伏神を生じないため、

亥官鬼用神は、弱すぎで堤抜できず。


極め付け、本人を表す、

午の兄弟は、動爻となり初爻の寅、

上爻の戌と三合となりさらに、

強烈に強くなっている。


官鬼の亥は熱さで、

干上がるでしょうね。(笑)
^_^


…ただ、世爻に兄弟ついて、

強いのはちょっと気になる。


辞めちゃって、あとの就職は

あるのかな?
Σ(・□・;)


友人の紹介で、

働きやすく、お金も倍のお仕事を、

先にちゃっかり見つけているようです…
( ̄^ ̄)ゞ


あっ。

兄弟が強いのは、

「貧乏神」の強さではなく。(笑)

あなたの「人脈」の強さだったのね。
(^_-)-☆


友人の今後の収入の断易は、

世爻に妻財ついて、

程よく強く原神が動いて、

用神を生じておりました。
(/・ω・)/


さすがです…
( ̄▽ ̄)


やっぱり、命の大運喜神&大限吉星の

方はこんな時代でも運がよい!


うらやましい限りでございます。(笑)


こんだけ、吉凶がはっきりしているから、

細かい「神煞」は今回は見ないでいいかな。


翌日の報告で、

会社はすんなりあっけないほど楽に、

辞めれたそうです。

めでたし、めでたし!


一件落着でございます。


今日は以上です。


またの、断易雑話~事例占断編~を、

お楽しみに~♪

[PR]
by sanrueru | 2015-04-09 15:04 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)



f0201297_00582428.jpg
「断易新義」 龍羽ワタナベ・東海林秀樹・幹元佑奈共著 東洋書院出版 



「祝!断易新義」


みなさま、こんばんは!

今日も、暑かったですね〜。

お盆のラッシュも終わり、

学生さんは、これから溜まった

宿題をがんばるのかなッ。(笑)


今日は、午前新宿で授業、

午後は師匠の福猫占術講座の

補佐に、三丁目のルノアールに

行ってまいりました〜。


そこの奇門遁甲クラスにお越しいただいております。

私の愛する姉弟子。
(※私はけして、レズはないが…。(*^^)v笑)


幹元佑奈先生から、師匠と

台湾の龍羽先生と三人で協同出版

された、「断易新義」の書籍を

いただきました!


ありがとうございます!
m(__)m

読んで「びっくり!」のこの本は、

断易の初級者から、

研究家さんまでが、

とてもわかりやすく、しかも、

オタクも納得の高度な台湾の秘伝

の内容でした。


「照葉〜。本当か?」

「チョットいつもの事ながら、

オーバーなんじゃないの〜。」

と、疑っているそこのあなた!

嘘だと思うなら、買って読んで見て

下さいませ〜♬


「断易ってどんな占いだ?」と

思っている、そこの貴方も。(笑)


買って読んだ者だけが得をする!
^_−☆


多分、今まで読んだ断易書の

中で一番わかりやすい本でした。


今後は、断易の個人教授を

する際は、ぜひ教科書に使わせてい

ただきたいと思います!


はじめて、断易を学ぶ方にも、

この書籍でしたら

わかりやすいですね〜♬


前回、旅猫倶楽部の占例を書いて

いただいた、沢井龍醒先生は、

「自分が断易を学ぶ初めの頃、

こんな教科書が欲しかった!」と、

絶賛でございました。(笑)


今回この「断易新義」の出版を

記念して
「旅猫倶楽部占術情報会報」

では、断易の例題をお二人の

凄腕の占者の方々に書いて

いただきました〜♬


また、バックナンバーの会報では、

幹元佑奈先生の占例も多数、

載せてございます!


バックナンバーも、会員様価格で

おわけしておりますので、

ご希望の方は、PCメールまで

お申し込み下さいませ〜♬


また、幹元佑奈先生は、

紫微斗数・四柱推命そして、

断易をご一緒に学んだ同期の

お姉様。


私が四柱推命を挫折しそうになった

時も、覚え方のコツなどたくさん

教えていただきました。

ありがとうございました。
m(__)m


そして、努力家の佑奈先生は、

照葉では飽きてしまって到底

無理な細かい作業を根気よく

されていらっしゃいました。


その努力が書籍という、

形になり、たくさんの断易ファンの

方々に読んでいただけること、

本当におめでとうございます!


今後のご発展を

心より、お祈りしています!


また、佑奈先生のホームページは、

師匠直伝の四柱推命の技の占例が

たくさん載っていてとても勉強に

なります!

みなさま、ぜひ遊びに行って

下さいませね。

宜しくお願いいたします。
幹元佑奈先生 ホームページ

以上でございます。


今日はなんだか良い日だったな~♪
(^^♪

明日も、元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-08-16 23:56 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_1215557.jpg
 
「昨日は夕方、四ツ谷の雨上がりの空に大きな虹を見た!なんか、良いことがありそうな夏本番!であります~♪」


「新盆と、断易 官鬼占」

みなさま、おはようございます。

今日も、深夜の掲載であります。

ちょっと眠いです~。


今日もまたまた、断易雑話です。


私は、前にも書きましたように、

基本的には、人間は亡くなったらすぐ、

その魂は自然の中に吸収されて、

「新しい人生」に生まれ変わるので、

はないかと思っています。


なので、死は終わりではなく、

何かの「始まり」だと、

勝手に思っています。


今は、夏だから、

怖い話も、涼しくていいかなッ。

今日のお題は、照葉には珍しく。

ちょっぴり、オッカナイお話です。(笑)


実は占術の仕事をするようになってから、

写真に時々、ちょっと変わったものが

写ります。(笑)


私はあまり気にしていないのですが、

その様な話が好きな、友人が周りに

たくさんいて。

(占い師は基本的に神秘家さんが多い。)


なぜだか、「おお!これは・・・!( ゚Д゚)」とかって、

大騒ぎをするため、「そうなのか?」

とかって思う程度なのです。(笑)


周りの方々も、たくさんそのような

怪しげなものを寄せつけるのが好きそうな、

面々なので、その様になっても、

不思議ではないのですが・・・。(^-^;


そんな時は、「断易の官鬼占。」

これで、「障り」がないかをみます。


断易や周易・六壬・日盤には、

昔から「霊崇占」言う、

目に見えない物の「障り」をみる

技法があります。



なんだか、夏の夜に素晴らしく、

ジャスト・タイミング~な、お話ですね。


清々しい朝に書くと、

不評をかいそうなお話なので。(笑)

丑蜜時に、ちょっと眠いけど・・・

書いています。

(朝見た方はごめんなさい・・・)


今回の問題の写真は、昨日に

撮ったものです。

この写真の正体を調べるべく、

断易の「官鬼占」を立ててみました。


「お化け」や、得体のしれない「怪奇現象」。

また、「神様」自体は官鬼用神。

その「神様のご利益」あるかは、

子孫用神です。


早速、今日の昼休みに喫茶店で、

サイコロをポロン・ポロンと振ってみると…。

 ⇩ こんなんでた!

f0201297_1223692.jpg


と・・・今回は、みなさまにわかるように、

見やすい字で書いてみる。(笑)


月健未 日晨癸未 空亡申酉

地来復の六合卦から、山沢損に変わる。


・用神の官鬼が多現して3つ出てきています。

「確かにいるね~」

・自分を世爻とすると、内卦の2爻に
 官鬼がついています。

・化爻に寅と卯の官鬼の二つ。

だた、2爻の官鬼も化出した官鬼も、

月健からも「囚」となり、

日晨からは、「墓」となる。

弱いので大丈夫。


ただ、化して進神でやや強さをますが、

官鬼の六神は、青龍で性質はよさげ。

世爻の子に十干禄の吉象。

応爻の丑に羊神の凶象。



ただ、霊崇占で、六合卦はちょと嫌だよね。

「くっつく。」だものね。

でも、六冲卦よりは全然よい。


また、官鬼の忌神の子孫も、

世爻に味方して動いています。

ただ、空亡なので救いが神の「子孫」も、

今は、活動停止。


「酉の子孫」は月健と日晨から、「相」となり強く、

日晨からは「生じ」られていて強い。

=有用の空亡です。

「応期」が来れば「出空」致します。

「応期」は、空亡明けの19日か25日。


まとめると。


まず、六合卦にて2爻の動爻、

寅の官鬼が日晨に「墓」になるところから。


たぶん、ご先祖さんが新盆近いので、

六合卦(くっつく)で、お家にお帰りになる前兆。

日晨から「墓」は、お盆明けには、お墓に帰られる。


お盆は本当は、1日から始まっているそうです。

1日は、釜蓋朔日と言って、

地獄の釜の蓋が開く日であるそうで、

この日は、「何が出てくるか。( ゚Д゚)」

わからないから・・・

川や海には近づかない方が

よいと言われています。


ちょっと、夜中なので、

よけい怖いです~。(泣)


実家は母方の流儀で、いつも新盆。

7月13日に「迎え火」

7月16日くらいに「送り火」を行います。


ただ、「送り火」は16日~24日の間に

することが多いらしく、

子孫が旺盛に動き出す応期の

19日の「冲日」と、25日の「値日」の数字に、

ぴったりと一致します。

出空の応期の遅くても25日には、

この現象も収まるでしょう。


確かに、毎年この新盆の頃は、

亡くなった家族の夢をみたりと、

毎年何か「お知らせ」があるような気がします。


基本的に私は、「霊魂はあるのだろうか?」

の人なのですが、お世話になった人や、

可愛がってくれた人たちは、

亡くなってからもその方々の「生」の記憶は

いつまでも、「感謝や暖かい思い。」と共に、

心の中に刻まれています。


今日は、お盆に使う「麻幹」を

花屋さんで買いました。



今日はちょっといつもと違う、

神秘話になりましたね。

(^O^)/

以上でございます。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-07-12 02:22 | 断易雑話 | Comments(0)

f0201297_22253573.jpg


「断易雑話 お天気占」

皆さま、こんばんは!

今日はまたまた、お天気
下り坂で有りまして、
週末の台風はどうなんで
有りましょうか。

日本には、来ないで下さい〜。
と、言っても無理か。。。

最近、ブログをiPhone5sくん
で書いています。

移動中ほぼ、ネットで情報収集
していますので、パケット
したい放題の7Gでも
たりなくなり、
操作がおもくなる〜。

上限を超えると
規制がかかるらしい。(泣)

通話&パケット込み込みの、
パックに変えて、10G。

Twitter&ブログを毎日すると、
足りるかな〜。(笑)


ということで。

今日のお題は、
「断易雑話 お天気占」
です。

久々の断易ネタです。

断易はわりと、四柱推命と
似ていて推命や算命を学んだ
方には、使いやすい占術です。

ただ、やはり占いを学ぶのが
初めての方には、やや高度に
なりますかね。

思いっきり、数学の方程式の
様な占いな為、間違えない様に、
計算しないと当たりません。

でも、当たった時の的中率は、
素晴らしい!

私は、お天気占については、
断易が一番あたると思う。

そこで、今日は明日木曜日の
照葉の頭の上の天気を
予想したいとおもいます。

また、天気が荒れ模様に
なりそうにでていたら、
危険が無いかの
「自分の身の安全はいかに?」
の災害占もしてみます。

この様な、白黒系の
占的には、断易が一番!

そうそう。
忘れもしない、3・11の日。
私は、四ツ谷の師匠の断易
講座の一番後ろの席で、
お客様対応がかりを
しておりました。

断易講座のしかも、初日。
大地震でゆれながら、
師匠が「クラスの全員が、
怪我なく無事帰れるか?」
をたてておりました。
(; ̄ェ ̄)

後ろの壁際は、
壁に亀裂が入り、
揺れも中央より強く。
怖かったです〜。

世爻に卯の兄弟つき、
官鬼弱かったのを今でも
良く覚えています。

それで、みなさま安心されて、
なんとか揺れる中、
授業を最後まで行う事が
出来ました。

その日は、夕方5時半に
授業が終わり、
夜の10時半まで
四ツ谷〜下北沢を歩いて帰り。
やっと電車が動いて。
夜遅く無事家に帰る事が
できました。

断易は、この何が起こるか
わからない時代に、
安全な道を私たちに教えて
くれます。

なので私は、あれ以来、
外出する時は、必ず
サイコロ、小さい
納甲表&卜占ノート。
と、22枚タロットを必ず
バックに入れています。

困った時の卜占グッズです。

・電車が止まった時は、
タロット。

・地震が来た時は、断易。

・道に迷った時。
暗い道を一人で歩く時は、
周易をたてて指示を仰ぎ。

身の安全をはかります。
(笑)

断易は、地震や災害、
台風、竜巻、噴火など。
良く予知してくれる、
頼れる占術です。

ぜひ、愛占家さまが
たくさん増え少しでも
安全に暮らせるように、
古の賢人の知恵を、
現代に便利に使って
いただきたいと、
思っています。

運勢が悪い時は、自分の勘や、
行動の選択も狂うことが多い。

そんな時に、断易は偶然に
得た象だけではなく、
月と日の干支を使う為、
計算式さえとければ、
正しい結果をはじきだす、
有能で安定感のある
占術ですね。


では、
明日木曜日のお天気占い。
いってみましょう〜。

↓こんなん。でた!

月建=未
日晨=辛巳
空亡=申酉
雷水解 不変爻

判断
風と悪天候の用神、
合起暗動するも、
月建と日晨から弱く。
しかも空亡している。
朝方3時〜5時ぐらいに、
少し風が強めかな。

雨の用神も伏神、
先ほどの風と悪天候の
神が原神となるが、
弱いため雨も朝方と、
深夜かな。

嵐や台風の場合。
不変爻は意外と動きが弱い。

また、外卦に台風の
用神がゆっくり動く。

内卦の世爻の自分には
まだまだ遠い。

まあ。

これだと明日、
照葉の通る道上には、
交通が止まったり、
立ち往生はなさそうかな。

ちょっと、安心。


以上です。

明日も元気に
お会い致しましょう〜♬
f0201297_2225152.jpg

[PR]
by sanrueru | 2014-07-09 22:21 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_18544435.jpg


「断易&四柱推命 雑話」


みなさま、こんにちは!

今日は穏やかに晴れましたね。

いかがお過ごしでしょうか。


だんだんと第10号の7月会報が、

出来上がってまいりました。

今回の表紙は、南国の真っ赤な花で決まりました。


ただ、部数が多く印刷にお時間がかかりそうで、

地方の方からお送りいたしますが、

発行月、毎回お決まりの、

今回も月末ギリギリのお届けになることを、

お許しくださいませ。<(_ _)>


今回も、興味深い占例が満載でございます。

秋の10月号以後もう少し、占例を

増やしていきたいかなと思っております。


私の中では、コラムなども含めて、

10科目くらいを達成していきたいのが

夢でありますが、いかがでしょうか。


作製時間が、日々の鑑定や授業の

仕事量と、天秤に掛りますので、

どうなるでしょうか。

お楽しみに~♪


なかなか、占術の多数科目の占例が

載っている雑誌は、少ないものです。

昔は、断易なども占例集がたくさん出ていて

私なども、それを何度も読んで、

よい勉強になりました。


なので、実践家さんたちの占例は、

私達占術家の宝ですね。

特に、占術を学び始めて3~4年の時期は、

本当に真面目に占例と向かい合います。


私達はライターではないので、なかなか表現力は

荒削りとはなりますが、占断の仕方のコツは

つぼを抑えていますね。


なるべくたくさんの占術教科を、

わかりやすい内容に校正し、

お載せできたらなと。


大自然からの啓示を受けて作り出した、

猫なこの会報。(笑)


末永ーく、猫のようにマイペースで続けられたらな。

と思いっています。


猫は疲れたら、一日寝てたり。。。(笑)

でも、獲物を狙った時はすごい集中力で、

ジャンプしたり、大暴れ~。


やっぱり、人間も猫や自然の動物のように、

メリハリやバランスが大事かな。

とか、このところ思います。??


今日は、久々の「断易&四柱推命」雑話です。


今年に入っての、土&火まわりの体の不調も

何とかバランスが取れてきた感じでしょうかね。


少し前、空亡年の空亡月に入ってすぐ、

仕事の忙しさと、食生活の乱れ・

睡眠不足からの疲労が長期にわたった為か、

体のバランスが悪くなり。


揚げ物類や油が入っている食品や

ご飯・パンなどの主食をたくさん食べると、

発疹が出てしまい、ほとんど食べられ

なくなってしまいました。(泣)


一時期は、野菜と果物ばっかりで、

体がウサギ??さんに

なったかと思いました。(笑)


大学の頃やはり、こんな症状が出ていましたね。

その時も独り暮らしで、アルバイトと勉強を

たくさん抱えたせいで、食が乱れておりました。


からあげ弁当で蕁麻疹がひどくなったり・・・。


オールナイトで仕事して、早朝大学の卒論で

マグロの養殖の餌にするプランクトンを取りに

漁港に行ったら、眠気で網を落としてしまい。


潜ってとったら、漁港の汚れた油のせいで体中に、

発疹ができまくったことがありました・・・

ちょっと気持ち悪かった。(泣)


油とお酒は、私の天敵だったことを、

思い出しました。(笑)


今回も、食生活の大切さを痛感させられましたね。


体を動かしてるのは、口から入る食べ物なのね~。

と、当たり前のことにすごく気がつかされました。


四柱推命ではそれが、ばっちり五行に

でていて、とても良い勉強になりました。


今は、体に入ると火→土の効果が出る食品を、

少しにしているので、快調であります。

不思議と、体を冷やす食品の魚や野菜や果物を、

たくさん食べていると調子いいかな。


ご飯(米)も、たくさん食べると、

エネルギーになり過ぎて

体をほてらすので、少しにしています。


そういえば、この間生徒さんからいただいた<(_ _)>

メンチカツは、グレープフルーツ&お豆腐と

セットで食べたら、

全然大丈夫だったので不思議です!

食べ合わせって大切ですね。


そして私にとって、火の十干と十二支が

回る年は、なぜだか10~12年に一度の

痩期であります。


9・10年前の丙と丁が回った年も、やはりその時は、

仕事がハードだったため、かなりの痩期でしたね。

火が回ると、水が減るからかな?


それとも夏の季節になって、田んぼのたくさんの土に、

稲がたくさん生えすぎて、育てる事や刈り取ることに、

大わらわで痩せてしまうのか。。。(笑)


答は、倒食が起きるからでした。(^_-)-☆

食の神が倒されるので、食べられなくなる?

そしたら、火に強い庚の刀、傷官を磨くかな。(笑)

キャラ変更が必要になりますね〜。

??猫から虎へ…。?

そういえば、六壬推命は末伝、

白虎だっけ。(笑)

根のある強い壬が時柱にあるので、

火を水で消火して、

辛を守る方が楽ですかね。

それで、体を冷やすのね〜。

壬があって、良かったな。


もう少しで辛の宝石を真っ黒焦げにする

とこでした。

危ない、危ない。(; ̄ェ ̄)


そうそう、クスリ・病院・治療院を選ぶときは、

断易という占いがとても有効に出てきます。


特に、空亡年や空亡月は病院にいっても、

誤診とか起きやすく、印星が忌神の方は

医者運がいまいちなのでより注意です。


そんな時は、断易の子孫を用神にして

お医者様の分占を致します。


お医者様のたくさんある時代は、

何処に行こうか、迷うものです。

そんな時は、子孫の状態がよい所を

選ぶといいと思います。


何だか、今年は異様に病気とクスリ・食べ物や

お医者様様のネタが多いよね。


いつも、元気元気だと労わってもらえないので、

たまには、病弱~。(≧▽≦)

な、状態もいいのでしょうね。(笑)


忌神の年は、自虐ネタが絶えません。(笑)

それも、良い人生の勉強ですね。


嫌な事や障害から学ぶことは、

とても大きい。


今日は、以上です。


明日も元気に!お会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-06-16 23:10 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)