ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

カテゴリ:占術雑話( 68 )

f0201297_09532515.jpg


みなさま、こんにちは!

今日もあたたかそうですね。

11月中旬の週末、

いかがお過ごしでしょうか。


今日は「占術雑話~原書&古典・生きる意味の二本です♪~」

です。


占術の学びはとは・・・

その原点は、すべて「古典」の中に

あるような気がしています。


昔の方の智慧でる、

「学びや技術」をいろいろな術者が、

受け継いで、技術開発し、

大事に発展させてきたのだな。

と思います。


四柱推命や紫微斗数や、

断易の古典書などを、

紐解いていると・・・

そう、感じます。


台湾の書籍や中国の書籍は、

すべて原書を何を読んで、

「自分はこう解釈する」など、

著者の「原書・古典書」に対する

研究と意見が書かれてあり、

どこかの論文のような文章も

見られます。


著者が、語学に精通されている

方だと、訳すのがとても難しいですね。(汗)

逆に、わかりやすい文章を難しくなく

書いている著者の書籍は、

訳しやすいです。(笑)


そうそう、「原書」といえば、

私は、四柱推命では、

木の官星と火の印の星が

命式になく、小さいころから今までは、

そのような高い学問の「印」あるいは、

西洋占星術でいうところの木星や、

9ハウスの分野には無頓着でした。


ただ今は・・・

35歳以降、木・火の大運が

続いてやってきているため、

そのような「原書」といわれる書籍や

海外の古典書籍や、その学びに関わる、

機会が増えていきますね。


年齢もそろそろ、♐の♃の8ハウス

入って行くので、教えること、

そして古い昔の先輩方の智慧の

書物や文献を学ぶことが、

課題になるのかもしれません。


本来、秋の戌月の月令を得た、

身強の土多の日干の調候用神は、

一番に、「甲」の陽木の正官を用い、

二番に、「丙」の陽火の印綬を用い、

三番に、「癸」の陰水の偏財を用います。


一番の「甲」は、月支の戌により、

日干の己と干合しかして土となるため、

使えません。


なので、私は大木の「甲」よりも、

草花の「乙」をよく使いまうし、

かわいい植物や花が大好きです。


そして、用神としては「丙」の

太陽の印綬が一番使いやすいところがあります。

ただ、命式の用神である「辛」と、

干合し「辛」を弱めてしまいますので、

「丙」の時期は、いろいろなバランスに、

注意です。


金が回る時期のほうが、

命式内の用神を強めるので、

自分的には、楽しい時期となります。


食神と印綬をバランスよく使えたら、

学ぶことそして、教えることには

最適となります。


難しい難解な書物を、「印綬」の頭脳で理解し、

「食神」で一般大衆にわかりやすく楽しく

伝える事が課題ですかね。


印星を持たない私には、

「印綬」的な作業に苦手な意識が

昔はありましたが、周りにたくさんの

印綬的な高い頭脳をお持ちの方々の

影響を受けて、「印綬」の「古典」の

世界をゆっつくりじっくりと学んで、

行きたいなと、今は思っています。


昔から、いつもせっかちで、

あわてん坊で、「結果」がすべてで、

すぐにしないと気が

済まなかったのですが・・・。(笑)


ここ数年は、

「山を登るような道のりの、

深い学びをじっくり研究すること」

その「経過」を楽しむことを、

教えていただきました。


みなさまに、たくさん教えていただき、

「今やっていることを楽しむ」

素敵なライフスタイルを見いだせたので、

とても安らかで幸せですかね。(笑)


今やっていることをじっくりと

楽しめたなら、結果は必ず

よいものになるに決まっています。(笑)


だから焦らないで、

楽しんで取り組むことが

大切だと思います。


「結果」を求めても、

人間の人生の結果は必ず「死」の

終わりなのですから。


急がなくても、人生の経過を楽しむ、

それが生きることなのではないかな。


そなことを感じた今日この頃です。


たくさんの気づきを与えて下さる

まわりのご縁ある方々に感謝であります。


本日の

「占術雑話~原書&古典・生きる意味の二本です♪~」


以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪







[PR]
by sanrueru | 2017-11-11 10:06 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_07024984.jpg



みなさま、おはようございます!

今日は曇りですかね。

昨日は、なんだか暑くて、

半そででも良いかなという、

良いお天気でしたね。

いかがお過ごしでしょうか。


本日のお題は、

「占術雑話:質問偏~占術の修得の期間~」

です。


最近、占術講座への質問メールなどがあり、

その質問内容をお一人お一人に、

お答えしている時間があまりないため、

ブログで一気に書いて見ていただこう!

という試みでございます。


よく、「初級の終了はどのくらいですか?」

と聞かれることが多いのですが、

基本月一回の授業で、

1年位のスパンですかね。


ただ、その期間毎日命盤を

作成し研究している方と、

月に一度しかノートを開かない方には、

相応の差がついてしまいますね。


なんでも、技術の修得は、

出来たら毎日して、それを

自分の当たり前にするくらいに、

してやっと色々なものが、

見えてくる事があります。


私は、2ハウスに♊の土星を

持っているので、

習得は人よりもとても時間がかかります。


ただ、一つを十分に習得してしまうと、

♊の特性で、他の物にも応用がきくと言う

利点がついて来ます。


ただ、一つを完全に習得するまでに、

やはり3年はかかりますかね。

そしてその習得には人の3倍は

努力が必要です。


そういったような、本人の

個々の性質と、

逆に9ハウスや3ハウスの☿や太陽、

のように、知識を吸収するために

生まれてきたような方もいるので、

そのような方は、たぶん1年かからずに、

初級を習得されることでしょう。


そのように、人の個人的な

適性や、学ぶ力と、

努力の時間がそろって、

占術は知識と技術と覚えることに

成功いたします。


また、「スムーズにあてる鑑定」を

するためには、8ハウスの人の話を聞き、

その根底を理解する「洞察力」と、

人を元気にしエネルギーを与える「力」・・・。


12ハウスの色々なものにシンクロし

その世界に入ることで、

色々な情報を知る「直観力」

そして人を「癒す力」などの

「感性」もとても役に立ちます。


ただ、もし感性が薄い場合でも、

努力をして・努力をして・・・

「運を見る職人」の様に

繰り返し、繰り返し、占うことで、

占術の的中率を上げて行くパターンの

方もいらっしゃり、その占術の

学びかは個々それどれとなります。


その為、本人の生年月日や時間を知らない場合、

「初級を学ぶのにどのくらいの時間がかかりますか?」

との質問には「う~ん。」と、

少し考えてしまいます。


私は占術は一生の学びだと思っているので、

占術初歩を学時に、あまり時間を限定して

考えたことがありませんでした。


そして、占術を仕事にするとの頭が、

あまりなくて、「好きだから」

学んできた!

という感覚が大きいですかね。


占術を楽に仕事にできる、

人もいるかもしれませんが、

ほとんどの方は、見えない

所でとても深く努力を、

されているような気がします。


そして、ほとんどの方が、

「占術が好きだから、この道を選んだ。」

という方が多いですかね。


初めから、お金を得る仕事モードでは、

何事もうまくいかない事が多いです。


それは、そこに「好きである」

という執着や感情が入らないので、

マイナスの現象があるとすぐに、

やめてしまったり、

簡単に捨ててしまったり

するからです。


「好きであるから。」困難が

あってもそのものと関わっていた

という気持ちが湧くし、

大切に大切に、自分の「誇り」の様に

思えるのが「占術の学び」なのかもしれません。


良く美しい女性は、年をとると、

その価値が薄れるような気がして、

悲しくなる方も多いかもしれませんが、

占術の学びは、「お婆さん」になるほど、

輝いてくるのがその利点です。(笑)


ただ、最近は占い師もビジュアルの

時代に入って来ていて、

やはり年相応に自分を磨くのは、

必要かなとも思いますが・・・。


しかし、占術は「職人」の「技術」の世界

だと私は思っていますので、

「技術」があればそんなに、

年齢とか容姿とか学歴とかは、

関係ない世界かな。

とも思いますね。


照葉は、化粧品を買ったりエステに行ったり、

高い洋服を買うなら、

そのお金で本を買いたい!

知識を溜め込みたい✩

知らない土地に、「旅行」にいって、

色々な土地や自然の世界のパワーに

触れていたい派なので、

ちょっと変わっているかな。(笑)


と言うか、「旅行」は、

照葉のパワーの「源」なのかもしれないと

思っています。


後、「旬の輝いている方」と、

お喋りする事なども、

お互いのパワー充電に、

繋がるのかもしれませんね。

これも「ご縁」ですね。


それは素敵な考え方を持つ、

著者の本を読むことも「その人に会う。」

事に近くて、自分の世界を変えてくれますね。


照葉は、疲れると「旅」に出ますかね。

そうすると、色々な良い考えが

浮かんで来て方向性を、

修正したり、再確認出来て

とても良いなと思っています。


占術家にとっては、

自分の運の状態を安定させ、

「良いパワー」の状態に保つことは、

とても大事なことだと思いますね。


自分の運のコントロールが出来たなら、

お客様にもたくさんの「智慧]を

アドバイスできるから✩


話がだんだん「占術の修得」

からそれてししまいましたね。
<(_ _)>


本日の占術雑話は以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪





[PR]
by sanrueru | 2017-11-04 07:08 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

「占術雑話~才能②~」

f0201297_08380204.jpg


みなさま、おはようございます。

今日は台風で、窓の外は

どんよりです。(笑)

久々のブログでございます。

いかがお過ごしでしょうか。


10月の中旬は、

止まっていられない忙しさで、

ぱたぱたしておりましたが、

10月も末に近づき、

昨日、10月の最大イベントの一つ

新規コラボ講座も無事に終わり、

ホッと一息です。


生徒さまもたくさん集まられ、

キラキラでぴゅあで美しい方、

精神性の高い方、

目的意識のはっきりした

頑張り屋さんの方。

これから、芽が膨らんで・・・

世に出る事を待って修行している方。

人生経験が深く心の豊かな方。

などなど。


色々な才能豊かで個性的な

みなさまに、お集まりいただき、

さすがマニアックなコラボ講座だなと❀


ご縁に感謝でございます。
<(_ _)>


講座内容といたしましては、

私はいつもの、実践タロットなど。

初回なので、みなさまの

自己紹介も交えながら

させていただきました。


また、占いたい内容を、

お一人さまづつ、

本日お教えしたスプレッドで

展開して解釈と判断をしていきました。


コラボの合い方のお方はというと、

かなり気合が入って

今回のコラボ分野の全体像の概論から、

素晴らしい「歴史的な年表」

まで✩

さすがでございます。
<(_ _)>


(その素晴らしい!
長い長い歴史的年表の最後が、
OO堂のお店の開店日付と
なっていたのが面白かったです。
きっと、将来もっともっと、
才能開花し有名になられて、
歴史に残る「開店日」
になるのではないかな~♪
と。確信しております。笑)


そして、ラストには、

真っ暗の空間に揺れる

いくつもの白い蝋燭の暖かい光と、

木霊する・・・

浄化の声の連唱の重なりの美しさに、

一瞬、高次元の世界に、

迷い込んだかのように、

時がとまる・・・。


専門分野のふんだんな知識と、

イベントの魅力を絶妙に生かした、

高度な内容の、

ご教授でございました!


生徒さまも興味深く、

お聞き下さっていて、

私もとても勉強になりました!

セミナーハウスでしか味わえない

有意義なコラボ講座の素敵なお時間

となりました。


ありがとうございます。

次回からの授業も、

とても楽しみですね!


ただ、一つの心残りは、

新百合ヶ丘駅の周りの交通が、

昨日のお昼頃から、本日の台風の

影響と選挙の前日投票などの

影響で麻痺いたしまして、

タクシーに乗るのに、30分以上も

お待たせしてしまったこと。
<(_ _)>


帰りのバスの時刻表が、

完全にマヒして、お早く帰れるはずが、

かなり時間がかかってしまい、

お遠くから、来て下さって

入る方々や、夜お仕事だった方など、

無事乗れて帰れたかな。

と。

とても心配しておりました。
<(_ _)>


次回はそのようなことのないように、

迅速に良い判断をして行きたいと思います。


帰りに合い方と、

「初めから、タクシー呼ぶか、

タロットきればよかったよね。」

確かに・・・。


ただ、人身事故の時は、

いかにもトラブルだとわかるけど、

今回のバスや交通の麻痺は、

非日常的なものなので、

ほんと対応にびっくりしてしまい、

人間豊かで時間に正確な

生活に慣れてしまうと、

危機管理が甘くなるなと・・・。


生徒さまたちのお時間をおあづかり

している講座主催者と致しましては、

反省しきりにて、

次回からの良い経験として

生かして行きたいと思います。
<(_ _)>


昨日、お集まりいただきました

生徒さま、本当に雨の中

ありがとうございました!


次回からも、知識と技術豊かな、

楽しい講座作りを

目指していきたいと思います。


今後とも、よろしくお願いいたします。

<(_ _)>


本日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪














[PR]
by sanrueru | 2017-10-22 08:42 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)



f0201297_10550088.jpg



みなさま、こんにちは!

久々のブログでございます。


今日は朝から雨ですね。

秋から冬に移るこの時期・・・

お茶の白い花が美しく咲いていたので、

仏壇のわきにお供えいたしました。


毎月15日は父の月命日なので、

父の好きだったものを、色々と

お供えしています。


父を見ていて、とても自由に楽しく、

また責任もしっかりと果たして

生きていた人だったので、

自分の人生を考える時に、

必ず、頭によぎる人物ですね。


私は♒の♂を持っているのですが、

父は♒の太陽と♎の月をもっていて、

月と太陽が統一されたトラインとなり、

風のエレメントでした。


紫微斗数命盤は、申の廉貞・天刑・天鉞で

少し神経質でしたが、

割と自分の目的に対しては、

俊敏で迷いのない人でしたね。


ちなみに財帛宮に紫微星・天相が入り

官禄宮で武曲(化禄)・天府と財の星と、

管理の星がバランスよく

加会していたので、財の管理が、

とてもうまい人でした。

見習いたいです。(笑)


西洋占星術の月と太陽の角度は、

人生の長い道を歩くのに、

とても重要で、月と太陽が

コンジャンクション
だったり、

トラインとかセクスタイルですと、


公的な器と私的な感情に、

矛盾が無いため

迷いも少なく感情も安定致します。


逆に、月と太陽がスクエア・オポジション

インコンジャンクトなどですと、

感情と器の間に矛盾が生じ

とても迷いやすくなります。


特に太陽と月がインコンジャンクトの場合、

月の感情でもって行動しようと

した場合必ず、太陽の器が止めに入り

どっちにも動けず、囚われて固定します。


そして、スクエアやオポジションほど、

派手でわかりやすい組み合わせではなく、

地味な調整と妥協が必要になるため、

精神的な月の機能を傷める場合があります。


特に月が、ミュータブルの宮に入っていた場合、

月を保護する調停のアスペクトが無いと、

月のサインが壊れやすくなりますね。(笑)


ただ、それによって成長すると言うのが、

インコンジャンクトよさであるのですが、

スクエア・オポジションよりも、

成長はとっても遅く試練の期間が

長い傾向があります。


スクエアは衝突して

お互いを簡潔に理解するので、

成長は早い傾向にあります。


オポジションは行ったり来たりして、

二つの要素をまんべんなく使いこなす

事でお互いを理解します。


インコンジャンクトは、やり方の違いを

討論しても、なかなかお互いに譲らないので

平行線の手痛い状態があらわれ、

二つのサインを上手く使う事が出来ません。


でもそれでは、機能的でないからと、

考え、考えて、そののちに

妥協や調整が入ります。


その譲らない状態の時、二つのサインは、

お互いに一歩も動けず、縛られて

背中合わせのまま一緒にいなくては

なら無くなる組み合わせなので、

大概は、その長い停滞の状態の時に

お互いに諦めてしまう事が多い

アスペクトであると言えます。


だた、それを諦めないで、

辛抱図よく待って、修行して

耐えて、調整したあかつきには、

他の組み合わせにはない、

二つのサインの良さを出せる

ちょっと一般的にはない

二つのサインだからこその融合が、

そこに誕生します。


自分のホロスコープに多い、

角度によって、その方の人生は、

構成されていきますね。


紫微斗数の飛星や加会などは、

西洋占星術のアスペクトと似ていて、

二つのホロスコープと、

紫微斗数命盤を比べてみると、

とても勉強になりますね。


今日は、これから少し遠い町まで

出張です。

みなさまも、今日は寒そうなので、

風邪など引かないように、

暖かくしてお出かけくださいませ。
<(_ _)>

今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪


f0201297_10553451.jpg




[PR]
by sanrueru | 2017-10-15 10:58 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

「占術雑話~才能~」

f0201297_22141455.jpg



みなさま、こんばんは!

今日は、午前中セミナーハウス、

午後は東京方面に移動~♪

でした✩

そして、先ほど帰宅にて、

ブログを書いています。


会報が終わりホッとしていて、

また、次の会報を作るま前に、

ところてん作りのような、

後ろか押される出されるように、

やらなければならない仕事が、

迫って来て、楽しいような、

ちょっとゆっくりしていたいような、

複雑な心境ですかね。


何かを作る時・・・

私は紫微斗数の命宮が、

寅の七殺・天鉞・右弼・文昌(化忌)

となっておりますので、

集中して、わりとハイテンポで

取り組むのが好きですね。


あまり、ダラダラとやっていると

飽きてしまう。(笑)


なにか、創作的な物を、

作る時もそうで、

やりだすと集中を止められるのが嫌いなので、

スタート時期が大切となります。


新しい事を、やるのは10月11月は

会報もないし、

とても良い時期だと思います。


だだ新しい講座もあって、

10月は、きっと賑やかな時期となりますね。


ところてんの、突き出し棒となる、

やはり同じ寅の命宮の

「才能豊かな」お方がとても、

頑張っておられるので、

照葉も、突き出される

「ところてん」の如く、

形を変えて、

俊敏に頑張りますかね!(笑)


ところてんは、今後の5年間で後

4つ作れたらうれしいな~♪


と思っていますが、目標が

かないますかね?


でもそれを頑張らないと、

役割が果たせないので、

頑張ります!


今日のお題は、

「占術雑話~才能~」

です。


私は、西洋占星術のホロスコープの火星が、

♒にあるため、「才能」豊かな方が、

とてもかっこよいな~♪

と思い、女性も男性も素敵だな!

と感じます。


そして、無欲でそのものに、

ひたむきに取り組む方が、

好きですかね。


照葉のお客様は、女性の方が多いのですが、

今日も、その様なかっこよい女性に

お会いしてきて、そのような方が

まわりにいて下さる事が、

とても良い刺激となり、感謝ですね。


「才能」の豊かな方は、

必ず、その才能を伸ばす時に、

社会や自分の意思とぶつかる

ところがあります。


器用に立ち回る方は、

その様な対人に器用な才能を持っていて、

逆に器用すぎる為に、兎さんの様に、

努力を怠るところがあるのかもしれません。


亀さんのように、

頑固に自分の意思をつらぬく所も、

時にはあった方が良いですかね。


昔一緒に住んでいた人は、

太陽が、♒でまったく違った、

性質と環境と世界に生きていたので、

当時の世間知らずな
(今でもそうですが…。笑)

私には、とても刺激的な人でしたね。


手先の器用な人で、こだわりが強い職人の

仕事をしていました。


西洋占星術のホロスコープ、

紫微斗数の命盤、

四柱推命の命式を見ていると、

そんな人の「才能」がよく読み取れます。


特に、ハウスや宮を使う、

西洋占星術や紫微斗数は、

その「才能」のありかが、

とても分かりやすいです。


紫微斗数は、命宮・三合宮と

対面に吉星が入っていたら、

積極的に使う事。


凶星が入っていたら、

どうでも良いところに、「凶作用」を

出す事が、自分の「才能」を生かす事

なのではないかな。

と私は思います。


例えは、先ほど述べましたように、

私の命宮は、


寅の七殺・天鉞・右弼・文昌(化忌)

となっていますので、


七殺は、将軍の星となり、

組織に使かえ、人事や権勢を

司る生まれです。


対面に紫微星と天府星と陀羅星が

入っていて、ちょっと固執的な王様や、

クールで冷静な大臣に使える

命の七殺の、社会的な役割を

持つ生まれとなります。


また、右弼の協力者さまが、

あらわれて下さる配置であります。


なので、その協力者様を

信じて、目的を同じくして

進む事が吉となります。


また、天鉞が入っていますので、

社会の目上からいただいた役割を、

感謝してきちんとこなす事が、

大切になって来ます。


そして、文昌の文章と知識を生かした、

お仕事をすることが自分の

才能を伸ばすことだと思っています。


私が毎日、色々な占術でブログを書くのも、

書くことの練習をブログでしている

のかな?とも思います。


ただ、文昌だけであるならば、

問題はないのですが、

文昌(化忌)という特殊な

星がついていますので、


その凶星作用をどこに出すかが、

課題となりますね。(笑)


今日は、一度家に帰りカバンを置いて

家の近くのコンビニまで、

荷物を出しに、

15分かけて歩いていったら、

家においたカバンの中に、

お相手の住所を忘れ、

半泣きに・・・。( ;∀;)


また15分かけて、家まで戻り、

15分かけてまたコンビニまでもどり、

30分を「損失」致しました。(汗)


・・・という無駄な事に、

出しておくと、他の事には

出ないので良いのですね~♪


どうでも良いところの記憶が、

全然ダメダメなのに、一年前に

リィーデングしたお客様の、

カードの配置は全て覚えていたり

するので不思議がられます。(笑)


紫微斗数の命盤は、

とても面白いですね。


良いところ「才能」や「欠点」を

瞬時に知ることが出来るので、

鑑定もしやすい占術ですね。


みなさまも、「命」の占いで、

ご自身の「才能」のありかを、

じっくりと深く眺めて、

ぜひ見つけてみて下さいね!


今日の、「占術雑話~才能~」

以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう!











[PR]
by sanrueru | 2017-10-09 00:34 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_14094453.jpg



みなさま、こんにちは!


今日は良いお天気ですね。



この間までの雨と、今日の


お日様で、秋の植物たちもすくすく、


育ちますね。



先日、秋に植える植物の種を買ったので、


二つのポットに


干支で見る、択日で「種まき」の日と、


西洋占星術でみる月の満ち欠けとサインで


種まきにちょうどいい日を選んで、


2つの日にちで蒔いてみようかな?



実験・実験!(笑)



本日は、


「光と闇の思い出と、


鑑定と生きる道と。(笑)」


です。(笑)



子供のころみなさんは、


どんな遊びをしましたか?



私は、小さい頃の大運が、


水の冬まわりでしたし、



「癸」の「雨水」が、用神ですので、


雨が降ると、学校から雨に濡れて、



帰るのが大好きでした。(笑)


雨が降ると、木や緑の葉っぱや、


お花が・・・


つやつやに輝いて見えて、


素敵でした。



雨の日は、必ず空き地の野原に


寄り道して、お花を摘んだり、


崖の粘土質の断層から、化石とかを、


掘ったり、そこから川のように、


溢れる雨の水で、川ごっこして遊んで、


泥だらけになってたかな。



何しろ、雪が積もったり、


水たまりがあったりすると、


入ってみたくなる。(笑)



そして、空想の自分の世界の中で、


遊んでいた。



野原のその世界の中で、


いろいろなものを感じた。



清々とした自然の五行や


4つのエレメントが


溢れている世界。



虫たちの生命力や、その場所が、


語りかけてくるような、


自然のエネルギーを感じていた。



小学校の教室の・・・


たくさんの人がいる場所が、


ほんとは苦手だったかな。(笑)



いろいろな感情が渦巻く教室。


それを、肌で感じてしまうから。(笑)



特に負の感情を感じる事が、


とても得意だったかな。



なぜかというと、負の感情は、


自然のエネルギーとは、


真逆の強い色があるからかもしれない。



光のエネルギーと、闇のエネルギーは、


世界が陰陽で出来ているから、


あたり前に日常にある。



だから、光に向かっていく物事、


闇に向かって進む物事が、


今もなんとなくわかるかな。



いつもいつも、光に向かっていくことが、


成長とは限らない。



闇に向かって突き進んでみて、


どろどろになると。(笑)



初めて・・・光の温かさが


わかるのかもしれない。



本当に信じられるものが・・・


自分にとって大切なものに


気が付くのかもしれないね。



毎日、闇と戦って、


少しでも「光のほうへを


目指して生きていきたい。」


そのための方法を、


「知りたくて。」の


出会いが、たくさんある。



私にとっての「お客様」や「生徒様」は、


そのような方が多い。



「どっちが先生かわからないよな~。」


と思えるような、精神性の高い方々が


多いなと、最近思う。(笑)



私は、お客様の「キラキラな光」を見つけて、


それをお伝えするだけかな。



本当は、占いに来る前に、


自分の中でもその答えに、


気が付かれている方が多く、


私のところへ確認にやってくるのかな。


と思ったりする。



そして、私もたくさん、たくさん、


学ばせていただいている。



子供のころから、光と闇を、


見続けている事は、


全然変わっていない。



変わっているのは、ほんの少しだけど、


闇を自分の力で光やエネルギーに


変える技術を、


学んだこと。



そして、闇は「怖いだけのもの」


ではなくて、


土星のような社会の試練や、


大事な「経験と学び」


だということを、


理解している。



これからも、


より自然で「キラキラ」なものを、


社会に発信、提供していけたら


「幸せかな」と思います。



今日は以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう!


[PR]
by sanrueru | 2017-09-25 16:01 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)



f0201297_17251596.jpg



みなさま、こんにちは。

今日は、比較的涼しいですかね。

彼岸花が咲く9月・・・

いかがお過ごしでしょうか。


土曜日の午前に、久々に

品川にある母方の祖父と祖母の

お墓に参ろうかなと思っております。


祖父は経営者で、

製造工場を営んでおりました。


とても、気性の荒い方でしたね。

でも、私にはとてもやさしかったな。


祖母はとても厳しくて、

和裁などを、少し教わりましたね。


祖父母は、羽振りの良い時代は、

たくさんの従業員を夫婦で

使っていたようですね。


祖父は明治生まれでしたが、

なんとなく時間がわかるのを、

四柱推命で調べてみましたら、

たぶん身中強位の生まれでした。


今日は、

「占術雑話~目下運と雇用運について~」

お話ししたいと思います。


目下運や雇用運が良い方はどんな方か?

優秀な目下の人縁があり、

自分の力とその目下の力とを

合わせて、2倍の稼動力でもって、

経営や事業や大きな会社を回して行く

感じの方でしょうかね。


四柱推命では、

目下は「食神と傷官」になるので、

我の日干のエネルギーを抜く存在です。


我の日干にエネルギーがないと、

その漏気(洩らす)のエネルギーによって、

身が弱り、振りまわされてしまいます。


日干が身中以上で、大運もエネルギーが

入っているか、日干が身強で、

大運にエネルギーが抜かれている方は、

目下に漏気するエネルギーを、

上手くコントロールできる為、

良い意味の親分肌になり、

才能豊かな目下がその方の下に、

多く集まります。


日干が陽干となる場合は、

陰干の場合よりも、

人を使う事に対しては

有利となります。


なぜかと言うと、

甲と庚以外の、

壬・丙・戊は、自分自身が

大きく強く、日干に力があれば、

誰の力を借りなくても、

生きて行ける生まれです。


陰干は、陽干と比べると、

規模も小さく、例えば、

丁の様に、燃料が無いとも得る事が

出来ないなど、人の力に頼る干と

なるからです。


この陰干を日干にもつ経営者さんの

場合は、助けとなる用神が日干の

すぐ横にいたりして、可愛く人に

助けていただいて、経営をスムーズに

して行く方々が多いですね。

陰干は小回りもきくので、

マメでフットワークが軽い方が多いです。



では今度は、

紫微斗数で、

「占術雑話~目下運と雇用運について~」

を考えてみましょう。


紫微斗数と西洋占星術は、

宮とハウスというアイテムがあるので、

四柱推命よりも、見たい事象(占的)に

ついて情報が絞りやすいですね。


紫微斗数では「奴僕宮」という、

宮があり、その宮の状態・・・

対面・三合宮などの星の同宮加会を

見て行きます。


そして、最後に飛星派の秘儀の「棋譜」

の形に添って、四化がどこにあるかの

確認もして見て下さいね。


通常の生年盤で、「奴僕宮」がよくても、

「棋譜」の良くない形ですと、

ほぼ良くない現象が出ているのは、

間違いありません。


「棋譜」の飛星四化の経路は、

なんだかホロスコープのアスペクトに

似ているような気が致しますね。(笑)



そして、西洋占星術での

「占術雑話~目下運と雇用運について~」


は、どうでしょうか。


これは、6ハウスの星とアスペクトと、

ハウスルーラなどを

見てみて下さいね。


また意外に、8ハウスの星に

対するアスペクトは雇用運を

左右すると言う事例が多く、

不思議ですね。


共同経営や目下を雇っていて、

レジからお金を取られたり、

金庫からの売上金の持ち逃げなどの

事例があります。


それは8ハウスの星に対するアスペクトが

悪い場合起に起きています。


またその星が活動する時期に

その問題が出てきやすいと言えます。


そして、それが目下の男性・女性

年が上の男性・女性、或いは同世代の、

人よって起こるかも、西洋占星術の

星の動きは語ってくれています。



このように、例えば自分で

事業を起こす場合は、

目下に雇っていいか

どうかの命の判断は、経営者様に

取って重要と言えますね。


今日の、

「占術雑話~目下運と雇用運について~」


以上であります。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪


PS

「旅猫倶楽部」占術情報会報2017年10月23号は、

本日、印刷やさんに無事お出しして来て、

22日金曜日の午後に、発行完成の予定です!


23日の土曜日から会員様に、

発送を開始いたします!


店舗様への納品は、23日土曜日の午後まで

には、お届けに上がる予定です。


どうぞよろしくお願いいたします!
<(_ _)>



f0201297_17264655.jpg



















[PR]
by sanrueru | 2017-09-20 17:27 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_09082993.jpg


みなさま、おはようございます!

今日は、ちょっと涼しめ?

清々しい朝ですね。


いかがお過ごしでしょうか。

そろそろ、8月も末に近づき、

「旅猫倶楽部」10月号の表を

作らなきゃな。(笑)

と言う時期に入って参りました!


それと・・・

年4回四季ごとに発行している、

「旅猫倶楽部」の吉方位カレンダーには、

照葉が自然と花と植物と猫が

大好きなため。


そのお写真をたくさん載せています。

その写真は、植物園や公園や、

家の庭や愛猫を何気なく撮った

物が多いですね。


本日は、午後から仕事な為、

朝はちょっとゆっくりなので、

また、来年の夏の時期の

植物の写真を取りに行きたいかなと、

「植物園」を検索していましたところ、

山手線の沿線のいつもの行動範囲に、

良いところがあったではありませんか!
(*‘∀‘)

行ってみたいな~♪
(^^♪


あ。

そうそう、

先日のセミナーハウスの授業の時に、

「自分のエネルギーを高める✩」

とうお話をしていました。


例えば、身強の方の場合は、

エネルギーが入りすぎてしまい、

バランスが崩れる事を、

忌むと致します。


例えば、土の身強の場合、

木で土を剋して抜く、

金で土の漏気して抜く、

土が水を剋すして抜く、

事が、土の身強の

「エネルギー高める事」に繋がります。


木で土のを剋すとは何かといいますと、

例えば、運動や仕事や、

女性の場合は異性に尽くす事で、
(身強の場合は、
必ず日干強めの抑えてくれる
異性でないと、相手を
反剋致しますので
用をなしません。
異性を反剋することで、
エネルギーを抜いている方も…。汗
時折見かけますが…。(/・ω・)/)

また、食事に置き換えて考えた場合は、

木=野菜や食物繊維やフルーツが、

日常食として必ず毎日食べて置きたい

食材となります。


そして、お休みの日とかに、 

「行っておきたい場所と、趣味」は、

と言うと、


【甲】が用神の方は、森林公園・杉の木がにょきにょき
生えているような自然の豊か場所
盆栽趣味など。
【乙】が用神の方は、公園・植物園・薔薇園・コスモス園
ハーブガーデンなどの可愛い草花が多い場所。
ガーデンニングで可愛い草花やハーブを育てる事


【庚】が用神の方は、水晶峡の探索や、
渓谷などの石がごろごろしている場所
鉄工所見学・彫金・金属の加工する芸的な趣味など
【辛】が用神の方は、キラキラな装飾品などの美術館
などを見て歩くとこ。原石の博物館
中国の石を加工する調度品などの美術館とか。
宝石や原石のパワーストーングッズを作る趣味など


【壬】が用神の方は、海に行く・水族館に行く
プールに行く、お湯ぬるめの渓谷沿いの温泉に行く
水泳の趣味やボート・サーフィン・釣りの趣味など
家の周りに池や川や海のある場所を選ぶ
【癸】が用神の方は、都心の小さなぬるめの温泉
公園の噴水や池めぐり、自然公園の小川
熱帯魚や海の生物を水槽で飼う趣味とか。

という感じかな?


この続きの土(戊・己)と火(丙・丁)の用神の、
「行っておきたい場所」は、
個人授業の時か、
秋の10月13日(第二金)
午後15:45~17:30に
月一度四ツ谷にて開講されます。
東洋書院占術研究所 主催
講座にてお話して見ようかと思います。
<(_ _)>


という事で、今度のお休みは、

どうかな?

まだ暑いかな?(笑)


やっぱ、暑いので・・・。

吉神の水を用い涼しい、

クーラーの効いた部屋で

ゴロゴロして、

アイスなどの冷たいものを

食べちゃったりするのも。


己にとっては、

壬(陽水)正財・癸(陰水)偏財

を活用するので良いかな。

ゴロゴロ楽するのは基本、

財の象意かもしれませんね。


あ。

今、大事な事に気付いてしまったゾ!(笑)


照葉は、現在「癸」の大運なんだけど、

来年は「戊戌」が来て月の干支と

同じものが年運回りますね。


これを四柱推命では、

・反言(はんごん:高木乗先生系の
四柱推命ではそう呼ばれます。
月の干支が回る事を月柱反言といいます。
反言は比肩が回る年と解釈されるので、
身弱はエネルギーが入れられて吉との解釈で、
独立運となります。)

・律音(算命学ではそう呼ばれます。基本運勢では、
命にある干支とと同じ干支が回る事を言います。
同じ音が二つなると言われ、
分岐点として歩む道が二つできる時と言われます。
社会運の月と同じ干支の回る時は、
社会運のリセット、新しいアイデアなど、
卒業と新しい出発の年とも解釈されます。
それは、周りからの影響で起きるのは「納音」の
方だそうで、「律音」は「自分の意思で決定する」
の意味があるそうです。)

・併臨(へいりん:中国の原典系の
四柱推命ではそう呼ばれます。
本来は、「大運と年運に同一干支の運を迎える事」
『増補四柱推命学事典』亀石厓風先生著 参照引用
らしいです。多分年運と大運両方に
回るとその意味をもっとも強くすると
思われます。
今回の照葉の事例は年運だけのお話ですが…。
一応年の単位で大運とタイアップして、
色々な来年の未来予知が出来ますね。(笑))

もうちょっと引用させていただくと、
「1、君子は喜慶の運で名利向上し、
目上貴人に対面の喜びとなり、
登進向栄の年となります。
2、小人は却って不吉の運で、
不善重喪の年となります。」
「これは古法の解釈で、
現代推命では、「併臨」が
喜神だと、吉になり忌神だと
凶となります。」
『増補四柱推命学事典』亀石厓風先生著
 P892参照引用
とあります。


さて、一応照葉にとっては、

「戊戌」は忌神ですが。

大運の「癸」と月干「戊」は、

干合となります。


この時期に、たくさんの優秀な

専門知識や技術をお持ちの

「戊」さまたちと、多くの

お仕事をさせていただいております。
<(_ _)>


命の横にいらっしゃいます、

「戊」に、大運の社会運に「癸」の偏財が

回り「大きな回転財」がくっ付いて来て、

自営のお仕事が上手く流れ、

回っていきます。


ただ、更にここに「戊戌」が

どうなるか?


より多くの「戊」さま達と、

年単位で協力できる運勢となります。


確かに、来年は「2つの花」を・・・

もしかすると、たくさんの優秀な知識ある

「戊」さま方のご協力で、

咲かせるとこが出来るかもしれません!


小さな平らな土の、「己」は、

大きな山の、頼りがいのある「戊」の

肩に、可愛くちょこんと大人しく、

乗っかっていようと思いますが、

忌神の「比肩」なので、

どうでしょうか?(汗)


大人しくおしとやかに、

できるといいな~♪
(*'▽')


それが出来ないと「小人」の私となり、

「不善重喪」

「小人閑居して不善をなす。」

とは、小人物(力のない人・

徳の無い人・努力しない人)

が暇を持て余すと、

とかく悪い物事に走りやすい意味。


要はエネルギーがあり余って、

身強が暴走する場合の兆候として、

引きこもり動かない、楽をする、

財お剋して無駄な破財となる

などの凶現象があります。


来年は、よりまして謙虚に

体を動かし、仕事をたくさんして、

知識を蓄え、その知識を

周りのご縁ある方の為に使い

徳を養い、社会の方の役に立つ物を、

研究開発したりなど、

( `ー´)ノ

走り回って、食神・傷官・正官・偏官

エネルギーを洩し、剋されて、

頑張りたいと思います。


来年も・・・

楽をしてはいけない事が、

よくわかりました~♪


そして、ユーモアと心の余裕と、

「優しさ」が、

最も大切になるかな。


今日は、長くなりましたね。(笑)

以上であります。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪


























[PR]
by sanrueru | 2017-08-26 08:40 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_08515665.jpg



みなさま、おはようございます!

今日は曇りですがやや涼しいですね。

いかがお過ごしでしょうか。


本日は午前、セミナーハウスで

個人授業。

午後は、やや遠くの都市まで、

出張へ行ってまいります。


本日は、昨日書きました。

「西洋占星術~愛の迷宮~」に

コメントやメールなどで、

色々な反響をいただきましたので、

今回は「占術雑話~愛の迷宮2相性~」

であります。(笑)


やはり、恋愛のご相談は、

タロットや断易・周易などの、

卜で相談にのることも多いのですが、

私は最初に必ず、お二人の生年月日を

お聞きして、「相性」をお出ししています。


西洋占星術の場合、

物理面の相性と言うよりは、

精神面の相性が良く出ますね。


ご夫婦や共同事業に

向くポイントがあり、

そのポイントの詳しいお話しも、

西洋占星術の授業などで、

なんどもお教えしていますので、

生徒さん達はよく見て下さっていますよね。

このポイントをAラインと名付けます。(笑)


こちらのAラインは、日々の生活を

するうえで自然で楽しい形の相性が

築けますので、いつも一緒。


どこへ行くのも一緒に連れていきたくなる

あるいはついて行きたくなる、

相性と言え、恋人・結婚・友人・

仕事の共同においても、

良い相性であり、とても継続性と

安定感があります。


また、恋愛のラインのポイントの

相性をBラインと呼びますね。


このBラインの相性が良くても、

こちらの私生活を共有する

継続と安定感の有るAラインの

相性が悪いと。


恋人になっても、長続きしない

可能性があります。


また、ご夫婦でもこのポイントが

ない場合は、仲良くどこかに出かける

事はあまりなく、それぞれの楽しい過ごし方を

別々に、行うライフスタイルとなります。


恋愛の恋心はある意味「幻想」や、

芸術的な美しいものを見るような感覚が

司りますので、それが「日常化」すると、

「幻想的な恋」は、

冷めてしまう傾向にあります。(笑)


そんなに人間は、長い時間は非日常に、

生きられませんからね。



その点からすると、紫微斗数や四柱推命、

最近は算命学の相性が抜群に良く、

出てくるので面白くて、

研究中であります。


算命学は、四柱推命と混ざると、

よくないといって、昔は師匠に学ぶのを

止められていましたが、

四柱推命の学びも、

一山越えるところまで、

登って来ましたので、

四柱推命とは分けて算命学も

勉強できるのでは

無いかなと思っています。


算命学は共通干支や、スクランブル干支が

などの相性が面白いですね。(笑)


私の周りにいる方は、

車騎星を中心に持つ方が多く、

最近はその影響もあり、

物事を早く進める事になれてしまい。(笑)


本当は、仕事以外はもっとのんびり、

優雅にいられないと、落ち着きがなく

だめだな~。


と最近思います。


出会いとは不思議なもので、

そのように日常生活をせっかちに

進める習慣が付くと・・・


今年は・・・。

「のんびりやりな~。」なんて、

言って下さる、バランスを取れる

感覚を養えるような。(笑)


ペンタクルスのナイトのような

性格の方に出会ったりして・・・。

一緒に仕事をする流れに、

なっていたりします。(笑)

自然の流れは不思議ですね。


紫微斗数の相性は、著作の

「説話社占い選書10 

一生の運勢を読み解く!紫微斗数占い」

の書籍の中にも書いておりますが、

現実面の相性が良く当たります。


やはり、東洋占的に見れば

財帛宮の相性は、

夫婦にとっても、恋人や友達に

とっても大事ですね。


また仕事関係の人でしたら、

遷移宮や官禄宮に化禄を

付けてくれている方とは、

スムーズに仕事が出来て、

良い相性と言えますね。


また、夫婦の相性では、

夫妻宮や子女宮の相性も、

重要だといえます。


では、そろそろ!

時間が無くなって参りましたので、


本日の「占術雑話~愛の迷宮2相性~」

以上であります。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪













[PR]
by sanrueru | 2017-08-20 08:27 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

「占術雑話」

f0201297_07265180.jpg


みなさま、おはようございます!

今日も涼しい朝で、よかったな。(笑)

本日は午前から、都心へ授業へ

行く為に、少し早起きを致しました。


そして、昨日なんだか食べ過ぎてしまい。

(自分の日干から見て、財旺相にあたる
命式を持つお方と、みんなで食事をしていると、
見境がなくなり、太る傾向にあるので、
気をつけたい!笑
逆に自分の日干から見て、官星旺相になる
方と食事をしていると、
エネルギーが抜かれるので
痩せるかもです~。お試しあれ!笑)


今日は、新百合ヶ丘駅まで、

走り歩きで行きたいかな。


本当は駅の階段を一段抜かしで、

毎日かけ上がっていると、

きっとスレンダーボディーに、

なると思うのだけど。(笑)


照葉はいつも、ヒールなので。

転ぶと危ないので、よしておきます。


前に、駅の階段を降りていて、

3~4段転げ落ち、前にいた人が、

ボストンバックで、

止めたくれていなかったら、

下まで10段ぐらい落ちていた・・・
(/・ω・)/

かも。という事があり。


このようなところにも、文昌化忌が

発動しないように、間違えて階段を

踏み外さないように気をつけています。(汗)


ただ、照葉桜子の紫微斗数疾厄宮は、

酉の太陰に自化禄が付き、禄存星まで

入っているので、小々荒い事をしていても、

どうにか生き残れています。(笑)


前も箱根の湖の

弧を描いているなだらかな階段を、

真っ直ぐに走っていていたら、

いきなり階段がなくなっていて、

体が宙に浮いて、

転びそうになったのだけれど、

なんかにふわっと抱きかかえられた、

感覚の後、どこにも怪我がなく地面に

着地していて

「・・・?」

と、なっていた事が

あったっけな。(笑)


最近は、気をつけているので

あまり転ばないようになりましたね。


転んだ時は、誰かにつかまる。(笑)


西洋占星術でも、8ハウスの先祖の守り

の場所は、♃と♆が入り、12ハウスの月と

トラインで良好ですが、6ハウスに、

♇と♅が入るため、仕事や雇用や、

体や精神の事で、

いつも突発的な驚くようなことが、

起きやすく。


しかも、♇6ハウスIn

オポジション☽12ハウスなので、

仕事を生命維持よりも、

優先にして頑張りすぎるので

限界が来ると、調子を崩しますね。(笑)


ただ、照葉は仕事があれば、

何がなくなっても、誰かが突発的に

居なくなっても、大丈夫かな。


って思うので。

仕事は自分の「命」よりも、

大事かな。(笑)



そうそう、10月第3土曜日に始まります、

実践✡タロットリーディング&オカルト倶楽部講座


(※詳しくは、「魔術堂」ホームページ の、

イベント情報およびオカルト教室ご案内か、

「2017年 10月21日新ゆりセミナーハウス講座のご案内✩ 」ブログを、

ご覧下さいませ。)


だんだんと、人数が集まって参りまして、

こちらは、講座での授業と

マンツーマン個人授業の

2パターンの受講形式が、

生徒さんの学びたい

スタイルに寄って選べるように

なっています。


みんなでワイワイ楽しく、

タロットリィーデングや

「オカルト倶楽部」したい方は、

講座の方でお待ちいたしております。


そして、プロ仕様の

タロットリィーデングを、

深く学びたい方や、

お客様の悩みを聞きながら、

タロットを見て、それに合った、

キャンドル魔術の使い方を、

自分の為や、生徒さんに教える為や、

占い師なのだけどお客様の困難を少しでも、

緩和するして前向きな気持ちに

持って行きたい方など、

実践的なキャンドル魔術を、

真剣に学びたい方は、

密かに個人授業スタイルにて、

教授しています。


人気のクラスでして、

10月第3土曜日の講座の方は、

昨日もお申し込みがあり、定員さま、

だんだん埋まって参りまして、

残りお席3~4名となっております。


ご興味のおありの方はお早目の

お申し込みをお待ちしています。


もし、講座の方が人数いっぱいになりましたら、

その後の受け付けは、

個人授業のみになるかもしれませんので、

ご了承下さいませ。
<(_ _)>


どうぞよろしくお願いいたします。


今日の占術雑話以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪










[PR]
by sanrueru | 2017-08-13 07:20 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)