「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

カテゴリ:六壬神課雑話( 4 )

「六壬神課と言う占い」

f0201297_05542546.jpg


みなさま、おはようございます。

今日も寒そうですね!

いかがお過ごしでしょうか。

毎日、毎日、時間が飛ぶように、

過ぎて行きますね。


も少し、占術の書籍なども、

ゆっくり読みたいかな。

と思う、今日この頃です。


最近の個人教授などの

お問い合わせは、

やはり人気は…

①タロット
②西洋占星術

その次は、

②紫微斗数

そして、最近のブームなのかな

④六壬神課

の占術の授業や講座に対する

お問い合わせが多くなりつつ

あります。


六壬神課は、その見たい瞬間に、

月・日・時間の十二支と、

十干から、月将・寄宮・貴人を

出して、地盤・天盤を、作成し、

四課三伝を算出いたします。


そして、「占的」を比較的、

ざっくりと設定して、

物事の推移の全体の流れなどを、

深く読み取っていく「卜」の

分野の占術です。


「卜」中では、

広範囲や長いスパンを網羅

出来、物ごとも情景が浮かぶ

ほどリアルに判断出来るのも、

六壬神課の特徴でしょうか。


阿部泰山先生が四柱推命と

ともに用いて、素晴らしい

的中率であったと言われ、

安倍晴明が、式神として

用いていたのが、六壬神課に

でてくる十二神将だと言われて

います。


判断の中でも、私は十二神将の

個性豊かな、事象が好きですかね。


占的に呼応する用神のような

役割をになう、部分があり、

判断基準に深く配色を施す

ためには、無くてはならない、

パーツだと言えますね。


5月より、三毛猫占術学園にて、

六壬神課の初級クラスが、

立ち上がります。


なかなか、六壬神課を

基礎から、お教えしている

学園やクラスは日本でも

少ないので、とでも貴重な

講座のスタートとなります。


三毛猫占術学園の

福猫占術講座でも、

久々の六壬神課初級ですね。

6年ぶり?

くらいの立ち上げでしょうか。


またまたどんな占的が

飛び出すか楽しみですね!


古くからある神の叡智を

伝える幻となりつつある、

占術を現代の日本の社会に

伝え残していけることは、

とでも大事な役割となり、

みなさまにたくさんの占術を

学び、また後輩に伝え、

残して行っていただきたいな

と思います。


ご興味があるお方は、

「東海林秀樹の福猫占術講座」

ブログの5月スタート!

六壬神課初級講座のご案内を

ご覧くださいませ!


本日は以上です。


明日も元気に、

お会いたしましょう!


[PR]
by sanrueru | 2017-02-03 05:54 | 六壬神課雑話 | Trackback | Comments(0)

「四柱推命雑話」

f0201297_02104394.jpg


みなさま、こんばんは!

だんだん、寒くなって参りますね。

秋が深まる季節いかが、

お過ごしでしょうか。


今日は、久々の四柱推命雑話です。

2013年巳年から、回っていた、

火の流年も今年前半の丙を

最後に後半から、金・水の年運に、

移り変わりますね。


今年の後半9月を過ぎて、

色々と変化があった方も、

いらっしゃるのでは、

ないでしょうか。


今までは、木・火の喜神や、

用神の方が元気だった年運です。


これからは、水・金が喜神だったり、

用神だったりする方の繁栄する、

季節がやって参りましたね。


私は、やや寒い土多の生まれなので、

用神の辛と干合して、

用神を無力にする「丙」

以外の火は、印星となり、

命式には印星はないため、

火の流年は…

名誉や地位や組織に関する、

良いことも起こりやすく、

吉・凶混濁で、平運くらい

だったかな。


火の運は金を抑え、木を育てる為、

組織運は火の大運や年運の方が、

良いと言えますね。


私の最大の忌神は、

本来「土」オンリーかな。


土は多すぎるので、

もういらないかな。


ただ、この強い土命に吸い寄せられてか、

まわりにはここ2~3年、土のやや身弱の

方とのご縁がとても多く、

不思議ですね。


やや身弱の土の方は、

喜神は私とは逆で、

土と火が喜神となり、

火の燃料になる木も、

平やや強となり、

吉ではないかな。


なので、そのような方は今までは、

とても元気な運勢でしたが、

申の後半からは、

特に水・金が強い身弱の土の方は、

運勢が弱くなります。


運勢が弱くなると土は対外、

フットワークが重くなりますね。


もし、やや身弱でも、

命式中に木・火が強い方は、

水・金強い土の方よりも、

まだまだ動けますね。


だた、木が用神のやや身弱の土に、

強い金が回るとどうなるでしょうか。

用神の木が金に切られるため、

命式中に水がないのであれば、

結構「痛い」状態がやって来ます。


土にとっては木は、

組織の仕事運です。

それが切られてしまうのですから、

いたいです。


そんな時はどうするか。

木を捨て金に随うか、

水のお金を損失しても、

木に潤いを与えて、

金の被害から守っていくか、

どちらかの選択しかないですね。


そんな時は、水が強い方について、

木を守るか。

火が強い方について、

金を抑えるかという考え方も、

有りますね。


金・水強い方の土のやや身弱の方は、

もちろん、火が強い方に付くのが

良いですね。


後半の申に元気なのは、

金水バランス良くあり、

金の技術が水のお金を生む、

土の強い方か。


土が強く火も強いぼうぼうと、

熱くで水が少ない生まれの方は、

性質的に潤いが生じ、

知的にキラリと知性が光ることでしょう!


照葉は、やっと生えだした、

小さな…小さな、

木の芽を水を使って、

金から守るのに必死です。(笑)


水がほどよくある土の命は、

金が来ても木が切られないで、

金→水→木と生じてくれるので、

ありがたいですね。


なんだか、まわりを見渡すと、

金・水忌むの方が多いので、

いままで、火が回っていた時に、

助けていただいた御恩を、

金・水が回っているうちに、

自分のできることで、

返したいなと思っています。


ほんとに、水・金回ると、

だんだんと心が潤ってきますね。


金があり火が強い命は、

(特に辛があり火が強くて焼かれている人)

見ていると、

イライラする短気になる方が

多いですね。


本来水の中でキラキラしていたい、

美しい宝石の辛が、火にあぶられると、

もともとの神経質さが、

倍増して悪いところが、

たくさん出てしまいますね。

なので、このような方が、

イライラしたら、水分をいっぱい

取りましょうね。


逆に、庚は火の丁と甲で磨くのがよく、

庚用神の方は火と木を恐れません。


ただ、土の方は、やはり金の用神は、

庚か辛のどちらかに偏りますね。

天干によい状態で出ている

日干にとって…

一番有用な動きをする干が

用神なので探してみると良いでしょう。


と、ここまで書いたら、

だんだんトロトロ~と、

眠くなって来ました。


では、そろそろ寝ますね~。

おやすみなさいませ。
<(_ _)>


今日は、なんだかまとまらない…

ブログです。(笑)

今日は以上です。


明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪


[PR]
by sanrueru | 2016-10-15 02:19 | 六壬神課雑話 | Trackback | Comments(0)

「占術雑話」

f0201297_22333705.jpg


みなさま、こんばんは!

今日は少し過ごしやすかったかな。

7月の夏の夜✩

いかがお過ごしでしょうか。


今日は、午前・午後と田園都市で移動で、

東京方面で仕事でした。


本日は早めの帰宅にて、

夜は家にてPC作業です。


占術の特に、命術といわれる、

西洋占星術や四柱推命、

紫微斗数などの星の象意を、

どの様に皆様にお伝えしたら、

よく理解していただけるのだろう。


そんなことを考えながら、

一日を過ごしでいます。


わから無くなると、タロットや、

周易をたてます。


アドバイスをもらいたい時は、

タロットや周易がよいアドバイザーに、

なっていただけます。


「ズバリ、利益があるか?」

とか、「試験受かるか?」

などの占的には、

断易や六壬神課が有利となります。


今日も、①ブログ風の照葉風に

柔らかく楽しく書いたり、

お教えした方が、

興味を持ってご理解いただけるかな。

とか。


いやいや、やっぱり②固い方が・・・。

とか。(笑)


易をたてると。

①は、山沢損六五
②は、風水渙初六
③方針は、沢天夬九五?(笑)

面白いですね。

やはり照葉風で、

「夬」なので、わかりやすく。

が、一番よいでしょう。


ついでに、ある新しい、

仕事に於ける立場を見てみましたが。

やだな。

「観」の六二です~。


まあ、初六よりいいですかね。

目先に満足していたら、

ダメですね。

も、ちょっと学ばないとな。


お相手が、立派な九五なので。

私は、またまた花を、

持たせる役割ですかね。
(笑)


照葉桜子の名前の人格は、

36画ですからね。

何でも人に譲るのですね。


自分はわきに控えていて、

人にスポットライトを当てるのが、

メインの仕事です。


「照」も天照の照らす、

ですものね。(笑)


主役は「太陽」ではなくて、

それに照らされて育つ、

万物と生き物たち。


でも、お相手の九五は、

君位にいるのですから、

周りから仰ぎ見られていますよね。(笑)


なので、恥ずかしい言動は、

慎み、品格のある振る舞いが、

大事な様ですね~。(笑)


今日は、「占術雑話」だったのですが、

周易占例になってしまった。


あくまでも、「小猫」がたてた、

周易なので、八分目くらいに、

捉えて下さいませ。(笑)


結果は、「雷山小過 六五」

君位にあり有利。

上九と六四が助けてくれます。

協力とまわりと、

ご一緒に行動します。

「小過」なので小さく成功。(笑)


方針は、「天水訟 六三」

穏やかにやること。

人と争わない。

脇道にそれず、

今までしてきたことをする。

仕掛けられても、相手にしない。(笑)


易やタロットは、何て頼りになる、

賢いアドバイザ―である事でしょうか。


自分で「卜」が出来たら、

占い師はいらないね。(笑)


タロットのやさしい「絵」とその示す、

水の流れのような「叡智」が好き。


前は苦手でしたが…。

今は少し、大人になったので。(笑)


易経の厳しくて、無駄のない。

自分で考える…

「智慧」即す、言葉が好き。


「卜」は楽しい。

いつも遊んでもらっているかのよう。(笑)

今日は、ちょっと息抜きブログです。


明日からまた忙しいな~。

夏を頑張って✩超えていかねば。(笑)


今日は以上です。


明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪









[PR]
by sanrueru | 2016-07-06 22:33 | 六壬神課雑話

「六壬神課 恋愛占」

f0201297_17262850.jpg


みなさま、今晩は!

今日はお天気よかったですね。

いかがお過ごしでしょうか。


今日は、午前中は新宿で鑑定、

午後は北西方面で鑑定と、

断易の授業をしに、

行ってまいりました。


断易は利益の妻財や、

土地の問題父母などに、

強い他、商談や売買契約か

よくあたる卜占です。


かなり的中率が高いため、

鑑定の時には大変重宝いたします。

ただ、恋愛事などの鑑定は、

やはりタロットが一番ですかね。(笑)


電話が鳴り…。

何かと思えば、

大学時代の友人G君からでありました。


G君はもてる男なのですが…。

いかんせん優柔不断。

その為、彼女ができても、

すぐ愛想をつかされてしまう、

ちょっぴりかわいそうな、

キャラなのです。(笑)


本日も恋愛のご相談。

「ブログに載せていいからさ~。」

「見てよ。」と、こんな感じです。(笑)


まあ、大学時代に卒論や

テストの時のノートを

コピーさせてくれたりなど、

いろいろと手伝ってもらった手前、

恩義もありますので、

ブログネタにちょうど良い!

ということで、久々の六壬神課雑話

でございます。


照葉「何をまた切羽詰まっているの?」

G君「う~ん。」

G君「ちょっとね。恋愛で二人の女性の

どっちとなら…

うまくいくかなって、思ってね。」


照葉「二兎を追う者は、

一兎も得ずですよ~。(笑)」

G君「…」


照葉「どちらかを切って。まじめに、

もう一兎に向かい合った方が、

女性から見たら誠実だよね?

その方がね、好きになった

女の子から見ても、

ポイント高いと思うよ。(笑)」


G君「ごもっとも。(笑)」

G君「だからさ、

どちらの子のが良いかをね。

見てほしいのだけれどね。」


照葉「わっかりました~!」

どれどれと、昨日はタロットではなく

あえて、勉強の為に六壬で見てみました。


六壬では男性は一課となりますね。

女性は三課となります。

そこに性質から、まわりの関係性から

とても良く出るので、恋愛占や

対人関係占は、タロットなみに、

面白い占術です。

A子ちゃん&G君

巳 申 戌 丑
申 亥 丑 乙
青 太 太 騰
龍 常 陰 蛇
孫 官 財 財
  空
  亡

財 騰蛇 丑
財 太陰 戌
財 白虎 未


B子ちゃん&G君

卯 丑 申 午
丑 亥 午 乙
兄 財 官 孫
六 騰 太 天
合 蛇 常 空
    空
    亡

官 太常 申 空亡
財 太陰 戌
父 貴人 子 


照「G君、A子ちゃんには、

騰蛇だから、びくびくして本心を

見せてなくて警戒ムード。(笑)

対するA子ちゃんは、

まじめで誠実な女性だね。

太常がついているよ。

ただ、空亡しているね。

きっとあなたがはっきりしないから、

疲れちゃったかな?(笑)


現状を維持できればいいやと、

余り期待していないね。


彼女の周りの状態は、

剋合ながら支合の、

仲良しの青龍がいそう。

やり手の男友達が

多く助けられているかも

しれないね。


青龍は、恋愛占いでは

スマートでかっこよい、

仕事のできる貴公子だよね。

お相手には申し分ない男性を表すね。

これが、G君につけばよかったね~。(笑)」


「B子ちゃんには、Gくんは、

天空であまり本当の事を

言ってないか、嘘が多いか不誠実か、

妄想恋愛?

やっぱり、良いとこない

凶の十二神将がついているね。


対する、B子ちゃんは騰蛇。

GくんはB子ちゃんに信用されていないね。

まあ、天空だから仕方ないよね。

資料によると、

詐欺・精神的徒労・不誠実・嘘

婚姻は孤独になりやすい。

だそうですね。


そして、三伝の結果の末伝は、

A子ちゃんとは、未と丑の冲。

B子ちゃんとは、午と子の冲です。


未と丑は、吉凶喜悲が、

交錯し物事に時間がかかる。

子と午は思いっきり、

男女関係の争いだね。


これで、判断するに、

二人ともあまりよくないけれど、

A子ちゃんの方がまわりの人が

良くてこの子自身も、

まじめで性格がよさそう。

A子ちゃんの周りはG君を生じ

ているので、良いかな。


太常は吉の十二神将で、

騰蛇は凶の十二神将だからね。

また、末伝もA子ちゃんとは、

冲ながらも、時間がかかっても、

よさも出そうだよね。


という事で、恋愛占の

六壬の初級判断でした~。

以上です。

Gくんがんばってね~♪


明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪





[PR]
by sanrueru | 2016-04-22 23:24 | 六壬神課雑話 | Trackback | Comments(0)