「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

カテゴリ:猫の易経 21 火雷噬=( 1 )

f0201297_06173602.jpg


みなさま、おはようございます!

だんだんと秋も深まり、

寒さもまして来ましたね。


風が冷たいので、夜外にでていて、

風邪などひかないように、

あたたかいコートで

お出かけ下さいませ。


特に、ビル風の強いところを

通って会社に行かれる方は、

お気をつけ下さいね🌙
m(__)m



久々のブログです。

昔、やや大きめの講座を

始める前に、当時、

周易の初歩を勉強していて、

子猫が易をたてました。(笑)


その時の易が、

九四の火雷噬嗑でした。

火雷噬嗑の卦は、激しい易です。

ただ、何か一つの障害を、

噛み砕き、排除した場合。

金の鏃を得る、利益の

大きい爻が九四です。


その時も、「障害」を

疲労困憊しながら。(笑)


乗り越えて、たくさんの自分に

とっての「利」を得た様な気が致します。

先に。必ず困難がやってきて、

最後に、金の鏃をてにするのです。


困難に耐えうる性質や適性や、

耐久性を持つ方だけに、

易は、卦と爻の

啓示をあたえます。


火雷噬嗑の「利」は、目に見える

ものばかりではありません。


経験だったり、知識だったり、

物事の成り立ちの意味だったり、

色々な学びがありました。


離は知識や高い学問、

名誉ごとなどを示しますね。


雷は、情報や伝達や、

コミュニケーションとか。

新しくフレッシュな発想や、

創造性なども…


春に雷が鳴り雨を降らし、

種から芽を出した、

若木を育てますね。


悪くなると、ワーワーうるさい…

とか…。(笑)


最近、また紫微斗数を

深く勉強しなおしていて、

命の器と言うものを、

深く学んでいます。


まわりに感謝すること、

足ることを知ること、

おごらず、

高い位置にいるものこそ、

謙虚でいるべき事を、

易経は教えてくれます。


私は、どんな時でも下住の時の、

志ざしを忘れない為に、

ずっと続けようと思っていることが、

3つあります。


それを、一生続けていけたら、

何はなくても…

一番の幸せかな〜。

(笑)


最近、たてた易に、

またこの九四の火雷噬嗑がでて、

困難ではありますが、

こんな未熟な私ですのに…

進む道をつけていただいていると、

感じ、深く感謝であります。


今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう。












[PR]
by sanrueru | 2016-10-27 06:06 | 猫の易経 21 火雷噬= | Trackback | Comments(0)