「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室


f0201297_8384723.gif


①西洋占星術11月の占い


f0201297_20513417.jpg11月おひつじ座さん (3月21日~4月20日の間に生まれた方)
平穏な安定した月です。少し気持ちが滅入りやすい事もありますが、全体的に落ち着ける時期です。新しい事が大好きなおひつじ座さんにとっては、少し退屈な時期かもしれませんね。
 
仕事運 ★★★★   愛情運 ❤❤❤   金運 ☆☆☆   対人関係運 ☀☀☀
 
精神面   (*^_^*) 平和 ~ やや滅入りやすい ((+_+))


f0201297_2214061.jpg11月おうし座さん (4月21日~5月21日生まれ)
生活のリズムがやや崩れやすい暗示です。体調面を少し気にかけて、健康的な生活を心がけましょう。対人関係は、柔軟性が大切にな時期ですね。笑顔がラッキーアイテムですよ。

仕事運 ★★   愛情運 ❤❤   金運 ☆☆☆   対人関係運 ☀
 
精神面   ((+_+)) 不調


f0201297_22165765.jpg11月ふたご座さん (5月22日~6月21日生まれ)
いつもは、フットワークが軽く好奇心旺盛なふたご座さんですが、今月はじっくり型に大変身!一つの物事に集中して取り組める時期となるでしょう。対人関係がスムーズにいく時期です。

仕事運 ★★★   愛情運 ❤❤   金運 ☆☆☆   対人関係運 ☀☀☀☀
 
精神面   (*^_^*) まずます好調


f0201297_22175489.jpg11月かに座さん (6月22日~7月22日生まれ)
好調期です。魅力運や人気運がアップします。仕事での対人関係や人脈につきがあります。友達から、気になっていた事の最新情報が聞けそうです。楽しい時期となりそうですね。

仕事運 ★★★★   愛情運 ❤❤❤❤   金運 ☆☆☆   対人関係運 ☀☀☀☀
 
精神面   (*^_^*) ゆったり好調


f0201297_22192571.jpg11月しし座さん (7月23日~8月22日生まれ)
物事が見連れて空回りしそうな時期です。こんな時、意地になって柔軟性を見失うと余計者がとが悪化します。気おつけましょう。私的な空間で自分をリフレッシュして下さいね。ライムやレモンなどの柑橘系のアロマオイルがラッキーアイテムです。

仕事運 ★★   愛情運 ❤❤   金運 ☆☆☆   対人関係運 ☀☀
 
精神面   ((+_+)) イライラ不調


f0201297_22201919.jpg11月おとめ座さん (8月23日~9月23日生まれ)
知的好奇心が、湧いて来る時期です。今年は、重たい星を頭の上に乗っけているおとめ座さんですが、今月は、やっとほっとできる時期に来ています。今までのような葛藤やプレッシャーが薄らぎ、やる気が出てきそうです。

仕事運 ★★★★   愛情運 ❤❤❤   金運 ☆☆☆   対人関係運 ☀☀☀
 
精神面   (*^_^*) まずまず好調


f0201297_2392133.gif



☀照のブログ

本当に、久々のブログとなってしましました。

今、新型インフルエンザがおおはやりですよね。

周りでも、バタバタと感染しています。

でも、今年の新型ウイルスは、新型なだけにタミフルが良く効くようですね。

皆さんも気を付けてくださいね。


秋が深まってきましたね。

もうすぐ、しんしんと空気の冷たく張った、冬がやってきます。

今の季節の楽しみは、紅葉と温泉でしょうか。

そうそう、この間、始めてレトロな二眼レフカメラを使ってみました。

出来上がりが楽しみです。

二眼レフカメラは、箱のような作りになっていて、

上からのぞくと前の風景が逆に移ります。

とるのはピントや距離は、手動なのでやや難しいです。

良い写真が撮れたらご覧に入れますね。

12月に秩父に合コンのイベントに行く予定です。

どんなカップルができるのか楽しみです。



f0201297_2381889.gif

[PR]
by sanrueru | 2009-10-24 08:36 | Trackback | Comments(0)

f0201297_1841261.gif


①西洋占星術 10月の占い

10月おとめ座さん
少し控えめなかわいらしい、おとめ座さんの魅力と人気運が上昇しています。もてる時期ですよ。ただ、自分で自分の心にストップお掛けてしまいがちです。10月は、積極的に行きましょう。

10月てんびん座さん
全体的に好調な時期です。人間関係の輪が広がっていきます。目標を決めて集中しましょう。必ず、良い結果が得られるはずですよ。

10月さそり座さん
今年の夏は、辛かったさそり座さん。秋になってやっと運気やや安定してきたようです。仕事で人に声を掛けてもらえることも多いです。10月から11月は、計画を立てて新しい事にチャレンジしてみましょう。

10月いて座さん
アクシデントや予想外の出来事に遭遇しそう。出たとこ勝負の得意ないて座さんですが、10月は、やや慎重に行きたいところです。恋愛など、移り気な事をしているとひどい目にないそう。気おつけましょう。

10月やぎ座さん
少しじれったかったり、身動きを取りにくい時期になります。計画が思い通りにいかないとイライラしてしましそう。でも焦りは禁物ですよ。12月になるまでは、我慢の子です。ゆったり構えることが大切な時期ですよ。

10月みずがめ座さん
対人関係に難があります。頑固さがに引き金となり、せっかくのチャンスをつぶしてしましそう。気おつけてくださいね。誤解は、早めにといておきましょう。

10月うお座さん
「骨折り損のくたびれ儲け。」という言葉が背中に覆いかぶさってくるような時期です。いつもは、やさしいうお座さんですが、今月は、自分の都合を第一に考えましょう。人にしてあげた事が、仇になりやすい時期です。



f0201297_18395544.gif



②☀照のブログ

10月11日と12日に、都内の公園のイベントに参加してきました。

たくさんのお客様に来て頂き、楽しいく有意義なイベントとなりました。

また、四柱推命のシャープな的中率を身を持って実感できる良い機会でもありました。

また、西洋占星術やタロットは、人の精神面をリアルに表現していて、

お客様と二人で思わず会話が一瞬止まってしまうほど

鳥肌が立つ瞬間がありました。

2日間で、30人あまりのお客様や協力して下さる方々との出会いがあり、

その人達の一人々の人生と重なり合う瞬間の、不思議さを実感致しました。

最近は、じっくり時間を掛けた鑑定や、講座や個人授業に追われ、

1日に十数人のお客様を一気に鑑定する機会があまり無く、

占い師を始めた頃の新鮮な気持ちがよみがえり、

たくさんの人達から、良いエネルギーをもらった気がします。

ただ、野外の公園は風が強く、タロットカードが飛んでしまい、

あわてて追いかけるというアクシデントなどもあって、

外で占いをしている先輩占い師さん達のご苦労が良く分かりました。

でも、これにめげずに、月に2回ぐらいは野外のイベントに参加し、

講座のPRと占い技術の向上に努めたいと思います。


f0201297_1953539.gif

[PR]
by sanrueru | 2009-10-12 18:36 | Trackback | Comments(0)

①西洋占星術毎月の占い

10月おうし座さん
やや頑固になりやすい時期です。人間関係に気をつけましょう。知性は、逆に冴えていきます。学習能力の上がる時期です。テスト勉強・習い事の技術習得は、スムーズに進みます。

10月ふたご座さん
落ち着いた運気となるでしょう。活動力が上がります。特に10月前半は、好調です。後半、仕事や会合など仕事を増やし過ぎると、ばててしまいそうです。休みをきちんと取って、能率よく働きましょう。

10月かに座さん
愛情運が好調期です。家族での、旅行やお出かけを企画しましょう。恋人がいない方は出会いのチャンスです。恋人のいる方は、お弁当を作って行楽に行くなど、手作りのものを活用しましょう。彼との愛が深まりますよ。

10月しし座さん
イベントなど色々な誘われる事が多く忙しそうです。後半、やや低迷運です。夏の疲れがどっと出てきてしまいそう。睡眠不足に注意です。


f0201297_16263331.gif


②☀照のブログ 「四柱推命の種類について」

ここのところ忙しく、すごく久しぶりのブログとなってしましました。今日は、「四柱推命」についてお話ししようと思います。

現在、日本にある四柱推命には二つの種類(流派)に大きく分けられます。

四柱推命は、日本に江戸時代に渡ってきたと言われています。
1815年さが先の儒学者医師であった、桜田虎門という方が、中国で当時使われていた、
「淵海子平」(徐子平 著 /親子三代にわたって、同じペンネームで、
中国の推命書を書いたと言われています。)を和訳して庶民に伝えました。

この「淵海子平」から発展した四柱推命が、いま日本で主流となっている、神殺(天徳貴人・羊刀など)や通変星(比肩・劫財・・。)格局法を用いる、江戸時代から日本、特に関東方面で発展してきた四柱推命です。

「淵海子平」(えんかいしへい)は、中国の宋の時代(1100年頃)に徐子平によって書かれていますが、その後の明の時代(1370年頃)に、「滴天髄」(てきてんずい)という本が、劉伯温という人によって書かれています。

「滴天髄」には、日の干を我(自分・本人)とし、月の支をそれを取り巻く季節として、自分や周りの状況を推察する四柱推命の高度な上級の本です。今台湾や中国の家々に伝わっている四柱推命は、この本に深く影響を受け発展したものです。

それを、和訳したのが戦前戦後に活躍した京都の阿部泰山という有名な推命家です。その為、京都や大阪では、占いと言えば四柱推命以外にに知らないと言われるくらい推命学が普及しました。

私は、四柱推命を本格的に習った初ての師匠が、この「滴天髄」や阿部泰山系の調候法や扶抑法を用いた四柱推命を使っていて、その奥の深い人生の解読法に触れ、感銘を受けました。

もともとは、西洋系の占いが肌に合っているのですが、シンプルで素朴な占術なのに、驚くべきシャープな的中率を持つ四柱推命の魅力にはまり、現在に至ります。

中国の漢民族のあみだした、陰陽・五行・調候(季節)・扶抑(バランス)はすばらしいですね。

ただ複雑でやや難解な所があるのでみなさんが挫折しやすいのが残念です。

関東でも、この調候や扶抑があり、きちんと大運や忌喜のある四柱推命を使いこなせる占い師さん達が増えることを祈っています。

四柱推命の普及のため、来年の2010年1月14日の第3水曜日に、月2回の四柱推命講座を三鷹で開講する事に致しました。(※詳しくは、メモの講座案内をご覧ください。)こちらでは、難しく難解だと言われる四柱推命を「やさしく丁寧に学ぶ」という趣旨のクラスです。

四柱推命は、自分でも「一生勉強だなぁ。」と思っている位、魅力的で奥の深い占術です。

f0201297_1626637.gif
[PR]
by sanrueru | 2009-10-02 08:03 | Trackback | Comments(0)