ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

<   2013年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

f0201297_754283.jpg

「紫陽花が咲く樹木…?この季節に綺麗に咲いている・・・? と。。。思いきや。大手鞠の花でした♪」

f0201297_7544263.jpg

   「こっちが、可愛い❤ 小手鞠の花」



「人間の成長について」

みなさまおはようございます!

今日はくもりかな。

これから東京方面に、仕事に行ってまいります。


今日は、「人間の成長について」というお題です。

私は人に占術をお教えするお仕事や、

自分も相手も、何らかの「気づきを得る」事を目的とした

鑑定業の仕事をしています。


子供の頃からの人間の成長には、色々な段階や形があります。

例えば、

子供の頃「自分には何が向いているかわからない。」という感じで、

色々な習い事や、経験をして行く形の人。

この方を 経験形成型の人間としましょうね。


そして、子供の頃から何らかの才能があり、それを大人になるまでずっと

続けていく才能開花型の人間がいます。


どちらの形の人も、最終的に目的の仕事や、社会的な役割へとたどり着く

事を目標とするのですが、たどる道は経験形成型と才能開花型では、

異なるのかもしれませんね。


もし、経験形成型の子供をお持ちのお母さん達は、

たくさんの経験をその子にさせてあげて下さいね。

成長の過程では、とにかく寄り道が多い。(笑)

なので、「この子は本当が何がやりたいのだろう?」

「何にむいているのだろう?」と不安になるかもしれませんが、

その子のする経験には、無駄な事は一つも無いのです。


必ず大きくなってから、その経験が統合され仕事の能力へと

繋がっていきます。

でも、ややこのタイプは遅咲きかな。


そして、才能開花型のお子さん。

この様な才能溢れる性質のお子さんを持ったお母さんは、

気をつけてほしい事があります。


才能開花型の人間は、生まれながらにとっても偏っています。(笑)

多分、一つの事が秀でている為に、

その事しか子供の頃からしないかもしれません。


なので、現代の社会に合った才能がある子供であるならば、

将来的に仕事で有望となりやすい資質を持っています。


でも、その才能が現代の社会の波に乗りにくい能力だった場合、

その子は、将来大人になって悩む事になってしまうかもしれません。


また才能開花型の人は、応用とつぶしがきかない為に、

今やっている事しか出来ない偏った性質となります。


なので、親達がその子供の性質を良く知って

賢く導いてあげなくてはいけないですね。


また、若くして才能が開花する為に、挫折に弱い所もあります。

苦労して、自分には何が向いているのかわからなくて、

なんて経験が子供の頃に無い為、大人になってから障害にぶつかると、

打たれ弱いのです。


子供の頃はなるべく苦労するのがいいかな。

と。。。

色々な方々とお会いして、私は個人的に思うのです。


それは、肉体的な苦労・経済的な苦労・精神的な苦労。

色々ですが、障害を乗り越えた子は賢く強く育ちます。

自分で障害を克服するために努力する、謙虚な人になります。


f0201297_852176.jpg



様々な美しさを持つ花のように、

自分のポジティブな性質を開花させた、

素敵な人に育ってほしいですね。


以上。


明日も元気にお会い致しましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2013-04-30 07:54 | Trackback | Comments(0)

f0201297_22203579.jpg

           「黄色のモッツコウバラが咲いた~♪」


「運勢の呼吸」

みなさま、今晩は。

今日は、暖かい日でしたね。

いかがお過ごしでありましょうか。

バタバタとしていて、久しぶりのブログですね。(笑)


早いもので、もうすぐ5月です~。

毎日色々な方のお悩みや、ご相談にのり、深い話をお聞きしています。

生きる事は、迷う事でもあるのかなと思うほど、

たくさんの選択肢がある世界の中で。

私達の生きる、道に光を当ててくれるものは、何でしょうか?


暗い、何本にも分かれた道を、目もよく見えず歩いていると、

とても危険ですよね。

しかも、先にに何が隠れているかわからないし。

そして、不安になる…。


f0201297_22303120.jpg



そんな時、占術は私達の歩く道を照らす、ランプとでもいいましょか。

先に何があるのだろう?

今は、どの道を選べばいいのだろう?


すべて、クリヤにしてくれます。

でも、本当は自分の「心の目」のクモリもちゃんと、取っておかないと。

占術の見方を、間違える時もあります。


それは、どんなクモリなのでしょうか。

「執着」だったり、「欲だったり」のくもり、「悲しみ」「憂い」。

そして、色々な物を抱え込み、運勢が上手く呼吸で出来なくなっています。

そんな時、本当のシンプルな自分にもどってみませんか?



f0201297_2228351.jpg



f0201297_22242663.jpg




ときどき、そんなに運勢悪くないのに、

どうしてこの方はこうなってしまっているのだろう?

と感じる時がよくあります。


こんなに運勢が悪そうなのに、

この方は本当にに「こやか」に幸せそうに生きていらっしゃる。


この差はどこにあるのかな。

と考えていました。


それは、「どうなるの?」とい受け身ではなく。

「自分は、どうしたい?」という行動と意志に、

かかっている様な気が致します。



f0201297_22341223.jpg




「運勢は、いつも呼吸している」

いらない空気をいっぱい吐き出して、良い空気をいっぱい吸い込めば、

少しでも、シンプルな本当の自分に合った人や物がの周りに集まって来る。

呼吸の仕方が悪くって、たくさんの物を抱え込んで

無駄な物まで手放せないでいたり、

自分に合わない、悪い空気をすっていたりすると、

命の運勢以上に、重い運命をひきうけてしまいやすい様です。



f0201297_22194232.jpg




「自分に出来る事・出来ないもの。」


ちゃんとわかっていれば、いらないものまで食べたりしない。(笑)

自分には、何があったら幸せなのだろう。

素直に自分と向き合ってみましょう~♪



f0201297_22444331.jpg





以上。

明日も元気にお会い致しましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2013-04-28 22:48 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

ある日の、昼下がり。。。

f0201297_021771.jpg


「おらおら~!ここを、だれの縄張りだと思ってるねん!」



f0201297_023372.jpg


「近所の旅猫と、井戸端会議ですねん。堪忍してや~。(笑)」



f0201297_032749.jpg


「殺気ッ。後ろからワン子登場! 解散~ん 逃げ猫。(笑)」



「今日のタロット講座」

みなさま、こんばんは!

ここのところ、寒かったのと「春だ~♪」っと薄着で飛び回っていた所。。。

不覚にも、春風邪をひいてしまいましたね。(笑)


春は、己の土多相の畑に、たくさんの新芽が生えてまいります。

それを一生懸命水やりをし、大きく立派なナスやトマトがなってくれるように、

お世話するのが照葉の役目であります。


でも、社会で自分の役割がある事は嬉しい事ですね。

本当に、照葉の多土を使って下さる。

辛のピカピカ光る原石の様な美しい、

お客様がたや、生徒さま方に感謝です。

何も使われなかった、冬の畑の大運をしっかりと耐えたからこその、

華やかな春でございます。(笑)


四柱雑話はおいておいて…。


今日は午前中、なかなかお話しできなかった、

古くからのお客さま方と、

お電話鑑定にて、お話しさせていただきました。

本当にお待たせいたしまして、すみません。m(__)m


午後は、新百合ヶ丘OBにて、タロットの個人授業。

夜は、タロット講座でございました。


でも、私はやっぱり教えるのが好きかな。(笑)


タロットは、午後「運命の輪」の解説。

夜の講座では。。。


「小アルカナのカードの中で、これわからないぞ?と思う、カードはありますか?」

と、生徒さんに聞いてみると。。。

「ワンドの10!」というお答えが帰って来たので、

「ワンドの10」の解説をしていた所、

それでは物足りなくなり、

ワンド1~ワンドのキングまでの解説を

1時間近くかけて、お話し致しました。


小アルカナは、日常の日々の出来事の解釈なので

人間の感情や、行動や葛藤が描かれていて、

ユ~モラスでお話ししていて楽しいですね。(笑)


ソードの解説は、結構シビヤなのですが・・・。

カップと、ワンドは面白いね。


タロット実践は、ケルト十字で現状を把握し、

二者択一で、どちらがいいかみて行く、

鑑定技術をお教えいたしました。


二者択一は、白黒はっきり出る時と、

逆に2つとも余り結果が良くない事もあります。


これを、どう読むかがみそですね。

楽しい授業となりました。


早く風邪を治さなくっちゃ~♪

では、お休みなさいませ。


P.S

K.I さま、T.Wさま、M.kさま S.Aさま、4月期 「旅猫倶楽部」新会員に、

入会いただきありがとうございました!

10月からは、今以上の占術ハイレベルな分厚い会報内容になる事を、

強行企画(笑)しておりますので、ぜひ楽しみにしていて下さいね。 

今後とも、末永くよろしくお願い致します!



では、明日も元気にお会い致しましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2013-04-24 00:01 | Trackback | Comments(0)

f0201297_9212932.jpg



「紫微斗数 飛星派 研究講座についてのお知らせ」


みなさま、こんにちは!

この所、多方面の占術に関する様々種類の仕事をしていまして、

ブログ更新が、なかなか進みませんね。(笑)


占術を学ぶと占い師だけではなく、様々な種類の業種に

自分の適性を活かせるようなるのは、

占術を学ぶ方々の特権だと、私は思います。


紫微斗数・四柱推命など、東洋の過酷な時代を生き抜くために

あみ出された占術を、経営者の皆様にはぜひ学んでいただきたいですね。

従業員さま方との適性や、今後の事業の方針や進め方なども、

的確にわかりますので、大きな道を決める為の迷いが無くなります。

事業は、今引いて良いのか攻めてよいのか、よくわかっていないと

失敗してしまいますね。


今秋からの、色々な新しい企画を色々立ち上げる準備に追われています。

勿論、自分の事は失敗したくないので、

紫微盤と、命式・ホロスコープ&タロットとにらめっこであります。(笑)

みなさま、お楽しみに~♪



明るく健康に、生きた行くためには・・・

①「何があっても、後方は見ないで少しでも前へと、上を見て前進する事。」

(※1分前の事は、私にとってはもう過去でございます。鶏か・・・笑)


②「日常に起って来る現象や象意から何かを学び、ひらめきを得る。それを事業に活かす事。」

(日常起きる嫌な出来事にも、深い意味がある事をみなさまご存知でしょうか?)


③「失敗してもただでは起きない!」

(マイナスを、プラスに変える努力をする。)


④「人との信頼関係は、トライン(合)では無く、スクエア(沖)の時を経てこそ築かれる。」

(社長に厳しい指摘をしてくれる人こそ、本当に信じて良い人材だ!)


⑤「自分だけが豊かになるのではなく、社会に利益還元&奉仕しよう!」

(世の中の財を含めたすべては、循環している事を忘れないようにしよう。)


この5つが私、七殺の照葉の生訓でございます。(笑)


秋からの企画の一つ、「紫微斗数 飛星派 研究講座」の

受講希望者様からの、メッセージをたくさんいただいております。


「紫微斗数を少し本で読んで知っているけれど、

上級クラスだからついていけるかなぁ…。」

とか。

「はじめて、紫微斗数を学ぶけれど!この講座にど~しても入りたい!」

などなど。


色々なご要望があります。


初めての方には、レベルの高いクラスなので、

紫微斗数初級の方は出来ましたら、

東海林秀樹先生又は、照葉桜子の個人授業を

お受けになってから、ご受講下さいませ。


(※回数は、月1~2回少なくても90分授業で、

7~8回以上を真剣に学んでいただきます。

そうしますと、最短で技術アップ致します。

料金はお問い合わせくださいませ。

東海林秀樹先生への紫微斗数個人授業のお問い合わせ・申し込みは、

080-4467-3173まで、お願致します。)


もちろん、他の紫微斗数講座家との併用受講も大歓迎でございます。

こちらの、、「紫微斗数 飛星派 研究講座」では、

飛星派の技術にこだわった、東海林先生の技術指導が主体のクラスとなります。


いままで、学んだ紫微斗数の技術に、さらに高レベルな技法を取り入れる為に

とても良い勉強となるクラスです。


紫微斗数は、初めは地盤で星の基礎をしっかり学び、

その星の意味合いを活かしたうえで天盤の使い方を学ぶ

そして、後天運を見る人盤を学ぶ。


このスタイルを一つ一つクリアしていくと、総合判断に長けた、

占者となって行かれると思います。


とくに、基礎となる星の象意は大切ですね。

この基礎判断があってこそ、天盤・人盤の解釈が生きて来ます。


秋からの、、「紫微斗数 飛星派 研究講座」。

私も、みなさまとご一緒に学べる事をとても楽しみにしております~♪


以上。

明日も元気にお会い致しましょう。
[PR]
by sanrueru | 2013-04-23 08:43 | Trackback | Comments(0)

「四柱推 日干雑話 身強陽干の忌神について」

みなさま、こんばんは!

今日は、寒い雨ですね。

いかがお過ごしでありましょうか?


今日は、四柱推命日干雑話をお話し致します。

題目は、「身強陽干の忌神について」です。


日干が、陽干の方は、日干=甲・丙・戊・庚・壬の5名様。(笑)

そして、この5つの陽干が日干で、しかも身強の方の忌神はなにか?

その忌神が、大運・年運・月運に回って来た時の何が起こると思います?


例えば、特に陽干は陰干よりも力が強いので、

身強型のエネルギーが強い方は、自分と同じ五行と、

自分を生じる五行が回って来た時は、要注意です!


今日は、自分と同じ五行が回って来た時の、悪い作用について

お話し致しましょう~♪


日干が陽干の方で、しかも身強の方が、自分と同じ五行が回ると

それは陰陽によって、陰と陽は劫財という変通星が出てきて、

陽と陽・陰と陰など同じ五行はの場合は、比肩が出て来ます。


例えは、

身強の甲は、巨大な樹木ですが乙の年運が回って来た時、

何が起こると思いますか?

乙はツルの植物を示すので、弟分の同僚・兄弟に絡まれる。(笑)

そして、身動きが取れず損失を被ります。

まだ、同じ甲の比肩の方が、近くに立っていても嫌ではありますが、

絡みつかれる事は無いでしょう。


でも、己を天干に持っている方は注意です。

自分と同じ地位や力を持つ、他の男性が出てきて自分の恋人や

財産や利益を、むしり取って行くかもしれません。(泣)



例えば、

壬についてはどうでしょう。

確か、去年は壬の年ですね。

前半の2月から8月に、同じ地位や力量の男性と

仕事において争って利益を損失する様な事があったはずですね。


なので、これも忌神です。

特に壬は、大きな川や海を表します。

海が2つ、あるいは川が2つあったら、どうなしますか

回りを巻き込んで大洪水となるでしょう。

これは、忌神に決まっていますね。


では、身強の壬にとって癸は何を表すでしょう?

壬が、大きな川なのに対し、癸は池やお風呂や雨などの少しの水が、

たまっている場所を表します。

壬にとっては弟分。

撮るに足らない存在と思うでしょ。

そうですね。


ただの、身強の壬ならば・・・。

でも、身強の壬で戊がある方はどうでしょう。


身強の川の生まれで秋や冬の季節は、川が暴走致します。

そんな、海や川を抑えるのが、堤防の役割をする戊ですね。

そして、強い山や堤防を表す戊は良く、壬を抑えてくれて

天干にあれば用神と言えますね。


その大事な堤防は、壬の年きっと川を良く守護してくれたことでしょう。

荒れた川が二つあっても、日本海の様な冬の海が2つあっても、

戊は、コンクリート(笑)

多くの水は、山の横や頭の上を渦巻きながら通り過ぎるけれども、

山はけして動きません。

そして、びくともしません。


でも、癸が来たらどうでしょう。

癸と戊はくっ付きあい、癸は戊を弱めます。

雨水が、岩に少しづつしみ込んで大岩を崩してしまう様に。

癸は、回りの水が多い戊にとっては、厄介な存在かもしれませんね。


そう、戊のある壬の身強は今年、男性であれば若いライバルに注意です。

いままで、必死で築いた戊の土の堅い手がたい仕事を

奪われたり壊されない様にして下さいね。

絶対に、「癸」的存在が彼方の周りに現れるから。


そしたら、とても注意です。

また、女性であれば可愛い年下の女性に、彼を取られてしまうかもしれませんよ。

ご注意あれ!


特に自営をしている方は、忌む劫財が回るとお金の損失を招きます。

変な妄想や(笑)欲をだして、実入りの悪い仕事を引き受けないようにしなくては

なりませんね。


特に、自分より少し小さい(若い)同僚や、

ライバル的な存在の方との仕事は危険ですね。

世の賢い奥様方、四柱推命で旦那様の仕事運をチャックしてみて下さいね。


きっと、良きアドバイザーになれるはず!


以上。

次の「四柱推命 日干雑話」をお楽しみに~♪
[PR]
by sanrueru | 2013-04-20 23:09 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_9415358.jpg

「昨日の帰りは、アクアラインからの夜景が絶景でした。この様な、とても素敵な景色を見ると、旅猫は旅ごころが疼くのでした。(笑) 6月からは、また地方巡業授業の旅が始まる予定。楽しい写真をいっぱい撮って来ますね~♪」


「西洋占星術の相性」

みなさまおはようございます!

今日は良いお天気ですね。

昨日は、地方都市まで西洋占星術をお教えしに行ってまいりました。


西洋占星術の相性は、お互いの引力や魅力・一緒にいて心地いいか。

等を教えてくれます。


接点の少ない二人でも、ご縁が強い星同士がくっついていると

何故かわらないけど?。

ずっと一緒にいるカップルを私は多く見てまいりました。(笑)

逆に、べったりといつもラブラブなカップルは、

やっぱり星同士の接点が多いですよね。


7月号の「旅猫倶楽部」占術情報会報では、相性の見方などを

西洋占星術とタロットの占例などで見て行きたいと思います。


7月号の占術科目は、I占星術占例・紫微斗数占例2つ・

周易占例・断易占例・手相解釈・

・九星気学同会法日運占例・気学傾斜法判断事例・

タロット(ラバーズスプレッド)リィーデング事例・

西洋占星術(相性の見方)の占例・周易の解釈(径・伝)・

四柱推命テストの答え・旅猫日記等の9~10科目です。


春から初夏は、恋の季節❤(笑)

タロットと西洋占星術で新しい出会いを見つけましょう!

そして旅猫日記は、女子の見方!恋に効く神社特集です。


お楽しみに~♪
[PR]
by sanrueru | 2013-04-18 09:34 | タロット 解釈 | Trackback | Comments(0)

「午後の四柱推命講座」

みなさま、今晩は!

今日は、午後から四柱推命と西洋占星術の講座でした。

四柱推命は例題を、二つ解説致しました。


命式と大運を細かく解説しながら、色々なお話しを致しました。

講座に来ていただいている生徒さんが、

算命学を学ばれているお方で、

「四柱推命を学んでも、悪い運を開運出来ないと思われて、

開運の考え方がたくさん入っている算命学に、

移られる方が多い。」とお聞き致しました。


そうですね。

確かに、四柱推命はその人の一生の運勢を、

見てきたかのように、ずばずば当ててしまうので、

ちょっと怖い占いかもしれません。


私も、色々なお客さま方や友人・家族をみていますと、

病気や、死といった厳しい現実も、

悲しいかな、四柱推命は良く当たります。


でも、私はそこが好きかな。

だって、現実の人生はそういう厳しいものだと私は思うのです。

大自然は、そうですよね。

冬になって、よく雪山で遭難するニュースを見ます。

これは、人間の過信が起こした事故。


冬の山は危険だよ。

そして、冬の海はもっと危険だよ。(笑)

そんな、当り前でそして現代の方々が忘れかけている、

生きる厳しさを教えてくれるのが、四柱推命なのだと思います。


算命学や九星気学・道教と縁の深い紫微斗数もそうですが、

命の占術中に開運術が一緒にセットのなっている

占術も多くあります。


それも、機能性が良くてとても良い占術だと思います。

占術はその種類によって、一人ひとりの人間のように利点と欠点を併せ持ちます。


私は命理占の中では、西洋占星術や四柱推命の様な

人の運命をまじりっけなくズバリ見て行く占術が好きかな。

紫微斗数も、使い方により四柱推命と互角のシャープな

切れ味の技を見せてくれます。


そして、開運は気学や遁甲等の方位術や、

風水などの良い気を取り入れる開運術。

先祖供養及び、神様の分野にお任せする。


今後の、研究の課題はそのようなシャープな命理占を

極めることと、中国の歴史に興味があるかな。


四柱推命や紫微斗数の様な、的中率の高い占いを

長い年月をかけて育んできた時代。


それは、とても過酷な時代だったのだと思います。

でも、その中に周易やタロットの象意の様な、

人類の原型的な思想や、行動パターンなどが伺え、

とても興味深いです。


そして、タロットなどの卜の占いを長く追及してきて、人の目線や志と言った、

目的意識によって運命はほんの少しであるけれど、

変えられるのだと私は思うようになりました。

そして、自分の現在の立ち位置を知る事。

自分が陥りやすい行動パターンを知ってそれを修正する事は

とても大切です。


なぜ、自分は悪い状況になっているのかを

詳しく見ないで開運しても、本当の開運には至らず、

必ず違ったどこかに穴があいて、大事な物を失う事になります。


自分がどう生きたいのか、どう生きたら幸せと感じまた機能的なのか。

そのヒントをくれるのが、四柱推命や西洋占星術及び、

紫微斗数なのだと私は思います。


人生は限りがあります。

その中を、厳しい季節の中を耐えて強く咲く、美しい花々や樹木のように

自然体で生きるにはどうしたら良いか。

これからの課題ですね。


以上。


明日も元気にお会い致しましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2013-04-16 23:46 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「トリプルな❤月運 5 月」 N0.2 牡牛&日干=辛&二黒土星


「西洋占星術 5 月の月運」 2013年5 月1 日~31日まで



f0201297_9212165.jpg
おうし座さん運勢 (4月21日~5月21日生まれ)
牡牛座初旬=4月21日~4月30日までの生まれの方
牡牛座中旬=5月01日~5月10日までの生まれの方
牡牛座末旬=5月11日~5月21日までの生まれの方


5月牡牛座初旬の方は、自分の役割やポジション・責任の重い地位に就きやすい時期です。そして、エネルギーは強いため自分でも、「出来るぞ! かんばれそう!」と、気持ちは前向きです。ただ、周りの状態がやや自分の進む方向とは向かい風となりやすいので、やりたい事はゆっくりじっくりしか進んで行かない事を、覚悟しておいて下さいね。ストレスを貯めてしまっている方は、芸術的な美に触れること。自然の風や空気をゆっくり、吸い込むように腹式呼吸をしてみましょう♪


5月牡牛座中旬の方は、自己主張や目的意識が高まり、自分らしい生き方を手さぐりで探し出すスタートの時期となっています。大きな目標を立ててそれに向かう意欲が旺盛です。ただ、こういう時は物事のやりすぎに注意したいですね。特に、依存的で不健康な習慣や食べすぎなど。ストレスによって悪化することも・・・。注意が必要です。また、事業やお店などのご商売の方は経費削減して、合理的に物事を進めていきましょう。


5月牡牛座末旬の方は、男性は前半に新しい出会いや愛情に関する運勢が好調です。また、他人から有用な生活用品や、プラスな賢い情報をいただくことも多いでしょう。女性は、後半に恋のチャンスがやってきそうです。また、魅力運もアップして、自分に合ったおしゃれなど、見つけられそうでうです。仕事では、人間的なあなたの魅力に、技術やお客様商売の方は人気運が上がり楽しくお仕事が出来そうです。



✿       ✿       ✿       ✿       ✿       ✿        ✿



「四柱推命 5月の月運」  丁巳 2013年5月5日~6月5日まで

f0201297_9264810.jpg


✿辛の日干

・日干=辛 身強型
比劫の強い身旺さんは、酉がある方以外はまずまずの運勢です。仕事が忙しくなりそうですね。印星の強い身強方のタイプは、目上の問題が出てきて、ちょっと息苦しいかな。仕事でのトラブルは、優秀な目下の方に協力を頼んでみてはいかがでしょう。良い交流がはかれ対人関係も円滑に流れていきそうです。


・日干=辛 身中型
前半は、夏生まれと、春生まれはやや運気停滞気味。冬生まれは、まずまずでしょう。後半は酉がある方は、仕事での同僚の協力が仰げそうです。午がある方は仕事でのトラブル、女性は旦那さまや彼氏関係の障害が出やすいです。フリーの方は前半後半ともに出会いのチャンスなのですが、年上よりは年下や同い年の人との方が気が合いそうです。


・日干=辛 身弱型
酉がある人と水が多相している方・冬月生まれ以外の身弱の辛は、5月はやや苦しい運勢です。持病を持っている方は、やや症状がだらだらと続きそうです。また、春の風や花粉症・肺の病に注意です。良質の飲料水と、ラカンカ実・かりん・ハスの実などが喉や肺に良いようです。仕事は忙しい割に、進みが悪かったり余計な仕事を背をわされたりしやすいです。こんな時は、物事を整理して冷静に考えたいですね。




✿       ✿       ✿       ✿       ✿       ✿        ✿


「九星気学 5月の月運」 2013年5月5日~6月5日まで


f0201297_92133.jpg
✿二黒土星 
(昭和10・19・28・37・46・55年 平成1・10・19年生まれ)
5月の二黒さんは、組織の問題や目下・資産運営・後継者の問題に注意が必要な時です。今年は、決められた物事を地道にコツコツと進めるのがよい年です。行動・仕事・学び・私生活すべて穏やかに、無理のないように過ごして行きたいですね。そうしていれば、その努力は来年に向かって目標の達成へとあなたを導いてくれるはずです。もし、5月に急激な変化など無理をしてしまうと、貯蓄の問題など悪い変化が起きてきて、あなたの運勢をマイナスに引っ張って行ってしまいます。気をつけたいですね。目線を高く。目標を決めてブレる事無く、自分の出来る事や役割を、確実にこなしていきましょう。




以上。


明日も、元気にお会いいたしましょう!
[PR]
by sanrueru | 2013-04-15 23:58 | トリプルな❤月運 | Trackback | Comments(0)

「水泳!」

みなさま、こんばんは!

今日は、風が強い日でしたね。

いかがお過ごしでありましょうか。


最近、健康志向になっていまして。(笑)

時間がある時に、小学生の時からやっていた水泳を

またまた日常の生活の中に復活させております。


私は四柱推命では、戌月・身強の己のなので、

命式中の年干にある、辛の食神が用神となり

強い土のエネルギーを抜いてくれています。


なので、ブログを書くのは私にとって「表現」=食神となるので、

長く続けていても、全然苦にならないのかな。

「食神」は、庶民的な星なので「傷官」の様な

芸術的な表現は出来ないけれど、

なるべくみなさまに分かりやすいように、占術に親しみを持ってもらいたいと思い

ブログを書いたり、会報を作ったり、講座で教えたりしています。


その為、大運に火が回るとその大事な辛が溶けるので、

それを守ってくれる水は、私にとって大切なのです。

無意識に、自分の体にいい物を人は好きになる。

でも注意していないと、悪いものにも引きつけられてしまします。(笑)


水の冬回りの大運だった幼い頃は、良く水関係の象意の運動に

ご縁がありましたが、15年前木が回り出してから

余りご縁が無くなっていましたね。


なので、また水泳を健康の為に日課にしようかな。

と思っています。


体の弱い方は、運動なんて…!

と言う人もいるけれど、自分に合った形で無理なく運動する事は、

日常生活に無くてはならない良い刺激だと私は思います。

今年は、癸巳ですね。


喜神がまわったら、その象意の物事をすると開運に繋がります。

逆に、自分にとって忌神が身が回った年の五行は、使いたくなるのですが

わざと使わない様にしなくてはなりませんね。


それは、いつも自分の命式をきちんと眺めて、

「今自分は、どんな状態にいるのだろう?」

と、冷静に客観的に、観察していたいですね。


でも、なかなか忌神の時は冷静になれないのが、

困った現象なのですが・・・。(笑)


でも、そんな時だからこそ、自分の命式や命盤を

穴のあくほど見つめて、良い方向性を

ぜひ見つけてみて下さいね。


以上。


明日も元気にお会い致しましょう~♪


以上。
[PR]
by sanrueru | 2013-04-14 23:12 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

「タロット択一スプレッド&失せ物占」


皆様、おはようございます!

昨日は、暖かい日でしたね。

いかがお過ごしでありましょうか。


昨日は、新百合丘のカフェOBでタロットの授業でした。

タロットは、現状を見ることも大切ですが、

未来にどんな道を選んだらいいか、など。

「二者択一」に、とても便利な占いです。


例えば、病院に行きたいけれど何処の病院がいいだろうか?

習い事をしたいけれど、どの先生と相性が良くて

技術が上達するだろうか?


など、的確に最良の選択を私達に教えてくれます。

やみくもに不安な中、人生の選択をするのではなく

なるべく自分に合った物をチョイスしたいですね。


人生には、選択がいっぱい!

卜占の占例は、日常にたくさん転がっていますね。(笑)


この間やった、家族のタロット失せ物占は、

こんな感じでありました。


<タロット失せ物占 1>

占的:お財布がなくなったが出てくるか?

スプレッド:馬蹄型スプレッド


過去:運命の輪 逆

現状:節制 逆

近い未来:ジャスティス 逆

アドバイス:月&悪魔

本人の状態(家族):力 逆

周囲の状態:法王 逆

最終予想:恋人の逆



<タロット失せ物占 2>

占的:ゲームソフトがなくなったが出てくるか?

スプレッド:馬蹄型スプレッド


過去:太陽 逆

現状:エンペラー

近い未来:恋人たち

アドバイス:審判&正義

本人の状態(家族)

周りの状態:魔術師

最終予想:女帝


まず、<1の失せ物占>のスプレッドを見た瞬間。

「あ~。ちゃんと探さないと出てこないな。」と思いました。

多分布団や、物に覆われた中に入っている。

ギュッととつぶさせた感じではなく、周りに余裕はあるものの中にある感じかな・・・。

という判断。


「後、ほかの人がとっていったかな?」

家族だからそんな事するはずがないけどな…。

「布団」という言葉に反応して家族が二階を見に行った。

そして、もう一人の家族がいらない財布と勘違いして、

布団の上に落っこちていた財布を、

物入れにしまったのでした…。


確かに選択ミス&法王の逆は良いヒントになりました。

きっとこのまま、放置していたら当分みつからなかったね。(笑)


<失せ物2>は、黙っていてもすぐに出て来ると判断。

三者択一をして、多分外にある模様。

次の日、家族の友達のお母さんが「忘れてたよ。」と

持ってきてくれました。

めでたし、めでたし。(笑)


失せ物は、簡単に見つかるか。

なかなか出てこないかの判断が、難しい占的ですね。

良い勉強となりました。


以上。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2013-04-11 07:00 | タロット 解釈 | Trackback | Comments(0)