ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

<   2014年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

6月30日(月) 「大祓」

f0201297_08450017.jpg


「大祓」

みなさま、こんばんは!

今日は夜雨も上がり、

梅雨の中休みといったところでしょうか?

いかがお過ごしでしょうか。


6月は私の空亡月にあたるので、

節入り後、今年も体調不良など

色々とゴタゴタがありました。(笑)


毎年、6月は毒出しの時期と重なる

ようで、病気や怪我、対人関係のなど。

一ヶ月は、気をつけて過ごしたいですね。


明日からは、7月が始まり心機一転

たまった体の滞り、人間関係の

わだかまりを吹き払って、

浄化和合。

新しい目標に向かって行く時期です。


今日は、6月最後の日。

神社では、人型に自分の穢れを移し、

川に流す、夏を越す「大祓」が、

行なわれます。


「大祓」は6月末と12月末に、

半年間の間に、知らず知らずに

溜め込んでしまった、

心身の穢れを祓い清めて、

ニュートラルな本来の自然の姿に戻します。


6月末は、夏越しの祓、

12月を年越しの祓とも呼ばれるそうです。


私も6月の中旬に、北にある水系の

神社に旅猫方位で旅してきました。


そして神社さんの用意してくれている、

人型を川に流して来ました。


こちらは、とても流れの綺麗な、

水の街にある神社。

神社の中にも小さな湧き水から、

小川が流れ、人型を流せる用意が

してあります。


私達占術家は、お客様のたくさんの

相談を受けます。

なので、普通の仕事の人よりは、

色々なものを、受け取りやすい。


なので、日々いつも身体のバランスを

考えながら、自分を清めながら

生活をしていかないと、

コンデションの良い鑑定は

できません。


ここ、7年ほどでその事に深く、

気がつかされる現象が多発し。(笑)

いつも、「空」の。

自然体な、澄んだ心でいること。


また、そのような状態を

柔軟に柔らかく、キープすることが、

よい仕事を続けていく上で、重要です。


いつもの、ボジションにもどれる

事も「強さ」ですね。


表面的な悪い現象は、

裏を返せば、毒出しだったり

マイナスを振るい出す現象。


それ以上、悪いものを貯めない為の

タワー的な浄化だったり

するのかもしれませんね。


7月1日からは、マイナスも払われ、

自分の力を最大限に発揮して、

真っ直ぐ歩いていけるのでは、

ないでしょうか。


今日は、以上です。

明日も元気にお会い致しましょう。


[PR]
by sanrueru | 2014-06-30 23:43 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

f0201297_10475710.jpg



「ありがとうございます!・・・そしてお知らせ。<(_ _)>」


みなさま、おはようございます!

今日も曇りですね。

雨はまた急に降るのでしょうか。
折り畳みカサが二本も、
バックに入っていてびっくり。

仕事に行く時に慌てて、
突っ込んだのでしょうね。(^-^;


でも、電車に忘れても買わなくて
済むからいいか~。
そんなことをしている為、
いつもカートが重いのだね。(笑)


昨日、今日と「旅猫倶楽部」
占術情報会報が、会員様の
ご自宅に届いたようで、
「みなさまからの届いたよ~!(^O^)/」
のメールをいただき、ありがとうございます!

この瞬間が嬉しくて。(笑)

今回、56ページもの分厚い会報を必死で
お作りしています。

私は理系の人間ですので、
あまり文章の校正は上手くありませんが、
ブログで毎日セッセと書く事を覚え、
見様見真似で、自分らしい志向の
占術情報会報を作っています。
m(__)m

会報の2012年4月第1号は、今見ると。
「薄ツ!」
24ページからのスタートでありました。

素晴らしいミトコンドリヤから、
シダ植物のくらいの進化を、
遂げて来たのではないでしょうか。(笑)

今後も、魚から動物、猿そして、
人間へと激動の発展を!・・・
期待しているのでありますが、
どうなることでしょうか。(笑)

お楽しみに~♪


そして、「お知らせ!」でございます。

秋から新しくはじまります、
師匠の福猫占術講座の
四柱推命と断易講座へのお問い合わせ、
お申し込みが、続々とメールに
寄せられております。<(_ _)>

今朝も、お一人さまお申し込みが
ございました。
ありがとうございます。(‘◇’)ゞ

みなさまで、ご一緒に学べること、
とても楽しみにしております。(^O^)/


この、時代に。
とてもありがたいことでございます!
ご縁に感謝でございます。

また、師匠の人徳、陰徳の賜物と、
ありがたい限りでございます。<(_ _)>

私もしっかり補佐をしなくては!(‘◇’)ゞ
と責任を感じている次第でございます。

福猫占術講座の秋の新講座のお知らせは、
下記まで飛んで見てみて下さいませ!

東海林秀樹の福猫占術講座 2014年 秋に学ぶ、新講座のご案内


また、秋の四柱推命と断易講座は、
生徒の皆様にしっかりと占術を覚えて
うまく使っていただきたいため、
少人数講座の企画となっております!


その為、予想では夏の終わりあたりには、
かなり人数が、多くなってしまう感じで
ございます。<(_ _)>

本場中国台湾の喜忌のはっきりした、
年単位、10年スパンで物事の未来予測が
確実にできる。

独立自営でも頼りがいがある占術、
四柱推命を学びたい方は、
福猫占術講座の受付猫??の、
照葉桜子のPCアドレスまで
お願い致します。<(_ _)>


今日は、「ありがとうございます!・・・そしてお知らせ。<(_ _)>」でございました。

以上です。


明日も元気にお会いたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-06-29 07:30 | Trackback | Comments(0)

f0201297_9572095.jpg



「鑑定占術雑話」

みなさま、こんばんは!

今日は、雨と曇りの一日でしたね。

黒のカートが、びしょびしょです。(笑)

カートちゃんにも、

レインコートが必要ですね。

長い、梅雨の真っ最中。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。


今日は、午前中横浜方面の鑑定からスタート。

午後は新百合ヶ丘で授業。

夜は東京方面でお仕事でした。


仕事で出会う、たくさんのご縁は、

私に多くの気づきを与えて下さいます。


鑑定で出会う、企業家の方々や、

経営者さまには。

その方の人生をみることを通して

生き方の知恵を、

教えていただいている気が致します。
<(_ _)>

上に立つ者の器。

高い山から、どっしりと周りを見回せる余裕。

それが無くては、人の上に立つことは

できないのだなと。

感じます。


そして、謙虚さと。

皆さん本当に、勉強家でいらっしゃる。


私は占術家なので、「観ること」が

天命だと思っています。


事業やお仕事をみる鑑定の時は、

必ず四柱推命とタロットを使います。


四柱推命では、

お客様の人生の流れをみます。


広々とした大地を、城の上から眺めるような。

くっきりした地平線の先まで見渡せる、

広大な視野を、私に与えてくれます。


タロットは、その広い人生という大地の

細かいポイントを絞り込み、

クローズアップして

よく見せてくれる、望遠鏡のよう。


なので、命と卜の両方が無くては人生の地図を、

上手くお客様にお伝えすることは、

出来ません。


その為私は、四柱推命は六壬・断易や

タロットなどの卜の占を。


紫微斗数は、奇門遁甲や周易などを併用して

鑑定をすることをおすすめしています。


占術にはそれぞれ、人間の性質と同じように

長所と短所があります。

それを、良く知ってうまく

使っていただきたいです。


私は、四柱推命の鋭さと。

タロットの繊細に立体的に、

物事の根底に流れる摂理を。

見せてくれるところが、好きかな。


私は、「霊感」はないけれど。(笑)

欲しくもないけれど。

とても、生活が不便そうなので…。
(/・ω・)/


この世の、お化けや霊はみんな

人間の脳が作り出した幻影が、

リアルにそこに存在しているように

見せているのではないかと。。。


昔から感じていましたが、

最近とくにそう思います。


この世界は私たちの脳が作り出している、

「幻想の世界」であるともいえます。


なので、祈祷や願掛けをすると、

叶いやすくなるのは自分の思考が、

物事を強く望むとそれが、

大きな障害が無い限り、

叶いやすい。


ただ、やはり発信源は自分の「脳」なので、

心の底で「自分で叶わない。」と決めていたら、

願っても無駄に終わります。

その為「自分が心の底から何を望んでいるのか。」

を知ることは、人生においてとても大切。


自分が望んでいないのに、

人がもっているから。

とか。


周りに振まわされていると、

本当のココロからの望みが、

叶いにくくなり、変なよこ道にそれて

穴にはまり、もがくことになる。(笑)


命の運勢の低い時は、

特に目が曇るし、「感」も働きづらい。


自分の心からの望みが再確認できれば、

自然の力も得やすくなる。

「神様」は自然の力やサイクルだと私は、

考えています。


卜術は、その「心からの望み」と、

それにたどり着く、「環境」を

再確認する道具と言えるのでは

ないでしょうか。


だいたい、「霊感」とか「前世」いう言葉が

私はあまり好きではない。(笑)

今この一瞬を、「必死で生きる」の

が好きだから。


それを、何かのせいにはしたくない。

すべては自分が、この「脳」が

作り出している世界。


確かにタロットは、感性を鋭くなるけれど。

よく巷で言う、

「霊感」が強くなるのとは違いますね。


「直観力と洞察力」が磨かれる

という事のような気がします。


賢い経営者様方の、商売の舵きりの「感覚」。

偉大な芸術家たちが、技術をきわめた末に

たどり着く、人間が作り出したとは思えない、

芸術作品を描く才能や「感性」、

音楽の詩や、メロディーを生みだす、

「音感」と似ている。

「感」が磨かれるだけ。


卜術を長年真剣に、学んだ占術家の先生方は、

誰でも磨かれて行く感覚ですね。


それは、断易だろうが六壬だろうが、

卜占はみんな、そうかな。


そうならないと、

鑑定では生かせませんね。

と。。。


今日は少し長く書きすぎたので、

これにて終了。(笑)


何だかまとまらない「鑑定占術雑話」でした。
(^O^)/

以上です。

明日も元気にお会いいたし
[PR]
by sanrueru | 2014-06-28 23:53 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_9262921.jpg



「タロット雑話」

みなさま、おはようございます!

今日はどんより曇っていますね。

なのに蒸し暑い。

雨かな~。

いかがお過ごしでしょうか。


昨日は、新百合で鑑定、

夜は新宿で六壬神課の個人授業を

行いました。

今回は、計画や、謀事などの

是非や推移をみる「希望占」について、

お教えいたしました。


六壬は複雑な卜の占で、

とてもよくあたります。

何かの計画を立てたい時は、

使い勝手のいい占的と技法ですね。


割合応用可能なとこが、この見方の

良いところでしょうか。



という事で、今日はタロット雑話です。

10月くらいから新しい計画があり、

私も、「希望占」をタロットで、

さっき立ててみました。


「希望占」は、六壬と同じ、

自分で進めたい計画が

上手くいくか?

を見て行きます。


この計画は前々から進めたかったのですが、

いつも、タロットで見るのにあまり良く出なくて。

節制しておりましたが、今回三択で出したところ、

良い案が出て来たので、計画遂行することに

致しましした。

秋をお楽しみに。<(_ _)>


という事で、

この進め方で良いかをケルト十字で、

リーデングしてみました。


私達、自由業の人間は選択を自分で、

して行かなくてはなりません。

その選択を間違えるとドツボにはまります。
(*´Д`)

小さい毛細血管のような選択は、

間違えて切っても少し血がでるのみで、

大したことはない。


だけど、動脈をまちがえて

切ったら、死に至るかもしれない。
(-ω-)/

動脈とは人生の自分にとって大切な仕事です。

そんな、動脈を守るための卜占は、

私達占術家にとって、

きちんと当てて行かなくては

ならない大切な相談内容ですね。


自分の仕事を的確にみられないのに、

人の仕事は見られません。


命術でしっかり今の状態をみて、

卜術で動きを決めて、

行きたいですね。


今日のカードはとても、

思い出深いカードですね。


私の占術教授の原点を築いた講座にて、

良く展示していたカードです。


このカードをみると、その講座に来て

いただいていた生徒様方のお顔が

浮かびますね。

とても懐かしいです。


という事で。。。

今日は時間がない為以上です。(^_-)-☆


明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-06-27 08:00 | タロット雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_6353823.jpg



「四柱推命雑話」

みなさま、おはようございます!

今日は少し早起きです。

昨日の夜は少し暑かったですね~。

いかがお過ごしでしょうか。


昨日は、新宿と横浜で四柱推命の

授業と鑑定でした。


四柱推命は、法則が命。

十干と十二支の法則を、

言語のように覚えて、

それを数学的な法則に従って

使っていくと謎が解ける。

なぞなぞのような占い。(笑)


なので、毎日毎日四つの干支と、

睨めっこしていると、

だんだんその謎が、

目て見て、頭で感じて、

理解できる占いです。


不思議なことに、覚えるまでは

あんなに難しいと思っていた、

なぞなぞも。

毎日見て目が慣れてくると

体に染み込むように覚えるので、

忘れる事はない。


簡単に覚えてものは、

忘れるのも早いけど、

毎日毎日、体を鍛えるように

日々努力したものは忘れない。


ただ、ときどき内格と外格のボーダーの方は、

ちょっと占い師泣かせ。(笑)


なぜだか、私のところに来て下さる鑑定や、

生徒さんの例題は、外格が多い。


なので、外格の性質の分析には

事欠きません。


なにしろ、家の中にも綺麗な外格ちゃんと、

ボーダー君が2人もいるのですから。(笑)


私の出会う外格は、従格の方が多い。

従殺格を筆頭に、従児格・従財格・従強格・・・

化気格はあまりいないかな。

やはりめずらしいけど、ちょっとの事で

変化してしまう繊細な外格。


一気格は、従旺格とイコールの外格だけど、

こちらも、綺麗な外格は少ないですね。


ボーダーの方は結構見ます。

外格の方の特徴は、

何しろ本人の変わっている所が、

社会的なその方の地位を確立し、

有利に動くという事。


普通人間変わっていれば、

社会で浮いてしまうのが、

日本社会の常のなのですが。


外格のしかも、喜神が多く回る大運を

持つ方はゆうゆうと自分らしく、

偏って生きて行くことが、

その人の社会的な発展をもたらします。


芸術家や音楽家、技術畑の

お方、経営者様方及び、

自由業と言われる職種に多いようです。

外格の化気格や、従格の殺・児・財の

三つの格は、比較的周りに

合わせることが可能で、

組織での仕事にも適しています。


従格の旺・強及び、一気格の方は、

どの方を見ても、経営者及び

自由業の方が多かったです。


一芸に秀でた天才と

言われる方に多いですかね。


まあ、外格はすべて身強の扱いと

なりますので、、マイペースです。


でも、私の回りには私も含めて、

変わった方が多いので…。(^^)


私は外格の方も、

フツーに見えてくるので、怖い。(笑)


でも、ときどき社会の一般的な方々の

グループに御呼ばれして

参加させていたたますと。

世界が違ってみえますね。それは、

私が変わっているからなのか?

私の周りに個性的な面々が

多いからなのでしょうか。

難問です。(-ω-)/


という事で、今日は、

「四柱推命雑話 外格」について

お話しいたしいたしました。


以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-06-26 05:51 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_9291333.jpg


「奇門遁甲雑話」

みなさま、おはようございます!

今日はすがすがしい朝ですね。

曇りで、何だか涼しい。

雨が降らないといいな~♪


昨日は、東京方面に四柱推命プチ講座及び、

夜は西洋占星術の授業日行ってきました。


今日のお題は「奇門遁甲雑話」です。(笑)

六壬神課は、四柱推命との相性が抜群ですが、

奇門遁甲の卜は、紫微斗数との相性が

良いような気がいたします。


二つとも、「占的」による、見方が

細かく違う事が、特徴でしょうか。

たくさんの占的の見方を少しずつ、

学ぶことが大事ですね。


占的ごとのアンチョコノートを作って、

覚えるのも有効ですね。


六壬に比べ、遁甲卜の方が使う星が

複雑なのでやや難解かもしれません。


奇門遁甲は、命・卜・移動術・呪術に使える

便利な占術です。


占術は使ってなんぼ。

卜占として、日々使用すると、

覚える率も高まりますね。


遁甲命理は、ホロスコープなみに、

細かい象意でその人物を表すので、

よく当たっている気がいたします。


次回の会報にはこちらの技術を使い、

有用に使える情報をお載せしたいと思い、

頭をひねっています。(笑)


どうやって、載せるのが皆さんに、

使いやすいかな?


旅猫方位カレンダーは、かなりわかりやすく

四字熟語で作っておりますが、

遁甲はそのまま盤を載せて、

内容はみなさまに学んでもらって、

個人個人で判断してもらうスタイルにするか?


それとも、懇切丁寧に噛み砕いて象徴の、

6字熟語を編み出そうか?(^^)v

どうしようかな~♪


こんなところに、身宮及び官禄宮の破軍&

命宮文昌化忌の創作性が使えますね。


せっかく、凶星を、

もって生まれたのだから、

大切にその良さを生かさなきゃね。(^_-)-☆


破軍は、創造性と改革&破壊の星。

創造しては壊し、創り上げては壊し。

の繰り返し。(笑)


バランスの良い破軍は、芸術家や

宗教家、経営者に多いですね。


私の場合、元々持っている、

ねちこい、文昌化忌君と、

財帛宮の貪狼自化禄&天喜ちゃんが、

無駄な破壊を嫌がるので。

(もったいないから、笑)


命宮七殺&身宮破軍の破壊性が、

継続している大事な仕事には、

あまり出ないかな。


だた、やはり揺れながらバランスを取るとこは、

凶星なのでしょうね。

と。。。


だんだん話が、奇門遁甲から離れて行くので、

もどすと。


タロットで見たところ、シンプルに盤&

6字熟語のみ載せて後は、

奇門遁甲を学んでいただいて、

皆さんに判断してもらう方が、

なんだかよさそうかな。


コテコテと飾るよりは、

吉盤をそのままで行きますかね。


という事で、10月第11号の会報もお楽しみに~♪


7月号の状況はというと。。。

本日、会員さま半分の方の印刷を終え、

これから、メール便へと

持って行きます。

地方の方は、速達でお送りいたします。

いつも、ギリギリでm(__)m。


量が多くて、印刷機がフル稼働・・・!

どうか・・・、すべての印刷が終わるまで、

壊れません様に!


我が家の印刷機の、

寿命はものすごく短いのであります。

一年もたないことが多いな~。


たくさん働かせてごめんよ~。( ;∀;)

という事で、

今日は以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-06-25 08:09 | Comments(0)

f0201297_10214948.jpg


「2014年7月第9号 旅猫倶楽部 占術情報会報 発行!」


みなさま、こんにちは!

今日は、雲が多い晴れかな。

やっと、会報の7月号の発行が終わり、

只今、印刷し今日の夜から明日の朝にかけて、

会員さんのもとへと発送いたします!


空亡月の、7月号はいつもいろいろと、

アクシデントが多い( ゚Д゚)!!

・・・(笑)のですが、今回は何とか。

大丈夫のようです。


ただ、制作がだいぶ後手後手に、

なってしまったので、次回の10月号は、

明日から、コツコツと頑張りたいと思います!


今回5月後半より、体調不良の為、

7月号に新しい技法が載せられず、

それだけが、心残りではありますが、

次回は頑張る!

の精神で行きたいと思います~♪


次号は、紫微斗数の技法をコラム連載

でお載せしていく予定です。

初回は、「紫微斗数の宮の象意」について、

細かく語ります。


また、今注目の奇門遁甲の呪術編の

占例原稿などの企画もあり、

ぜひ楽しみに、していてくださいませ。

(^^)v


もちろん、占例もできるだけ多く、

ご紹介したいと思っています。


最新のおすすめの占術書籍情報や、

日本の占術業界の動向なども。

色々とお載せできたらな。

とか思っています。


末永く、進化する「旅猫倶楽部」占術情報会報で、

在りたいですね。


人生は、船。

大海原に、高波が来ても。

揺れながら自分によいバランスをとって、

沈むことなく、進んで行く。


その為に、この先に嵐が来るのか?

それとも、晴天で楽々な航海になのか?


そんなことを、確実に見て行く便利グッズが、

占術だと言えます。


先に見える困難をすべて、

変える事は出来ないけれど、

注意してうまく回避していくことは可能です。


そして、その困難にはいかなる意味があるのか?

それを解き明かしたくて、

私達は日々努力をしているのでしょうね。

(^O^)/


少しでも、社会の皆様の役に立てる、

「旅猫倶楽部」占術情報会報でありたいです!


以上です。

明日も、元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-06-24 10:17 | 「旅猫倶楽部」占術会報 | Trackback | Comments(0)

f0201297_1292844.jpg


6月23日(月) 「西洋占星術雑話 太陽と火星」

みなさま、こんにちは!
今日は曇りでしょうか。
ちょと、蒸し暑いかな。
いかがお過ごしでしょうか。

今日は、「太陽と火星」について、
みて行きましょう。

みなさま、自分やパートナーの
社会的な発展の度合いを
西洋占星術でみる時、
太陽と火星の強さに着目して下さいね。

太陽と火星のハウスやサインと、
そしてアスペクト。

なるべく、いろんな種類のアスペクトを
併せ持っていて、
強いサインやハウスに入っていると、
働きも活発です。

逆に、☉と♂両方がノーアスペクトの場合は、
引きこもって一人で
仕事をする人になりやすく、
金銭的な豊かさは別として、
社会的な発展はやや伸びにくいようです。

夫が☉と、妻が♂のソフトアスペクトは、
妻が夫のやる気や活動力・自信や勇気・
社会的発展に向かう気持ちを、高めます。

逆に、妻の☉と、夫の♂の
ソフトアスペクトの場合は、
ハードアスペクトほどではないのですが、
夫はやや妻に威圧的となり、
権力をふるいやすいでしょう。
ただ、それでうまくゆくカップルとなります。

☉と♂のハードアスペクトは、
その角度によっても異なりますが、
かなり激しい関係となります。

こちらの相性についてはまた、
ソフトアスペクトが終わったら、
書こうかと思っていますが、
♈の月とASCは、
気まぐれなので(笑)、
気が向いたらといたします~♪

という事で、今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-06-23 07:07 | 西洋占星術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_1264865.jpg



「西洋占星術雑話 太陽と金星」

みなさま、おはようございます!
いかがお過ごしでしょうか。

今日は、太陽と金星について
お話しいたします。

金星は、太陽にとっては
愛情を傾けてくれる星。
そして、自分が庇護し育てる星です。

☉は♀がともにあると、感性が磨かれ
文化的友情・献身・忠実な心を生みます。
♀は、ひたむきに☉に寄り添う事で、
自分の感性を社会的な公的な場所に
引き出します。

この二つの星の、120度・60度・0度は、
調和的な良い相性と言えます。
夫婦や恋人、仕事の取引の
お相手にあると
バストパートナーになります。

しかし、公的な月と月及び
太陽と月の相性の方が
やや重要度は上となります。

この二つの星の相性の方々は
同じ趣味を持ち、楽しみ事も
よく似ているかもしれません。
お互いの金銭的感覚も
よく理解できる組み合わせです。

今日は、太陽と金星についてでした。

以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-06-22 07:04 | 西洋占星術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_6595731.jpg



「四柱推命雑話 通変星」

みなさま、おはようございます!
今日の朝は曇りですね。
いかがお過ごしでしょうか。

今日は、「西洋占星術雑話」が続いていまして、
命宮七殺&身宮破軍。

そして、♈の月及びASCの頭脳には。。。
ちょっと書きあきて来たので。(笑)

箸休めに、四柱推命の皆様が一般的に
よくご存じの、「通変星」ネタでも、
書きたいかなと思います。

その前に、昨日は西洋占星術で水星の頭脳について、
お話しいたしましたが、そういえば…。
「紫微斗数的な水星は、なにかな?」

なんて…事が、今頭に浮かびました。
四柱推命的な水星は、食傷と印星でしょうか。

紫微斗数の頭の切れる星として浮かぶのは、
主星の正統派頭脳は、天機星・天梁星・
太陰星と、天府あたりですね。

異端児的頭脳の持ち主は
、巨門星・廉貞星・破軍でしょうか。
破軍などは、♅と似ています。
何でも創り上げては、
壊してしまうあたりが…。(笑)
紫微星はというと、賢い方の頭脳を
うまく使う才能があります。

副星では、正統派は、やはり
文昌&文曲の双生が頭のいい筆頭!
試験運もばっちりだね~♪

化忌ついてちゃ。やっぱりだめでしょうか。(笑)
どうでもいいことに、細かくなるもんな~。

端児的な、我が業界には化忌つきの方が
とても多いですね~♪
異彩な才能を発揮して、いらっしゃっております。

そして、正統派のNO.2は、化科でしょか。

と。。。
時間がなくなってきましたので、
今日は、四柱推命の「通変星」について、
でしたね。

今回は、通変星の中でも食神・傷官の
働きに注目してみたいと思います。

日本の一般的な四柱推命においては、
食神は衣・食・住を主る星で吉星。

傷官は、正官を傷つける星という事で、
悪名高いです。

でもそれは、日干がどのような状態にあるかで
かなり変わってしまいます。

紫微斗数や西洋占星術でも、
角度や配置が良ければ
逆に凶星の方が強く頼りがいがある
威力を発揮るす様に、
四柱推命のアクの強い凶星と言われる、
通変星でも、日干にとって喜通変となれば、
自分にとってはとても
有利に働きます。

天戦地冲の年運が自分にとって喜神の時は、
冲される命式の柱の象意に従い、
その部分はゆさぶりをかけられ、
荒れ模様となりますが、
結果的に人生には有利に
働いてくれるのと、一緒です。

例えば、食神という星は確かにとても吉の星です。
それが、何の五行及び干から出ているかも、
とても大切ですね。

四柱推命はかなり複雑な占術と言えます。
九星気学や紫微斗数や西洋占星術が
文系的な占いで、暗記物。

覚えてしまいさえすれば使い方は楽なのに対し、
(※紫微斗数の飛星派は数学的でやはり、
奥義は難しいですね。)
四柱推命は数学的な頭脳を
必要とし応用能力が大事となります。

「一生勉強する。」
位の気持ちでゆっくり取り組んだ方が、
2~3年後にはとても伸びてきます。

四柱推命は色々な象意を、
全暗記してもその使い方が、
わからないとなぞかけのパズルや
推理小説様な手ごわい占術です。(笑)

なので、ゆっくり地道な努力が必要ですね。

今日は、以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-06-21 06:59 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)