ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

8月29日(金)「処暑」

f0201297_0435212.jpg



「処暑」

みなさま、こんばんは!

久々のブログです。


今日のお題は「処暑」です。


私達は昔から、太陽や月のめぐりを、

季節の流れを知る為の、

手がかりとして生活の中に、

利用してきました。


地球が太陽の周りを、

一周回るのが一年とする、

太陽暦。

月の満ち欠けを、

利用する太陰暦。


今日は、旧暦の二十四節季や、

季節の「今」についてみて、

行こうと思います。


今日は、「処暑」

そして、中国で気候を表す

記号や文字としてつくられた、

七十二候では、

「天地始粛」(天地始めて粛し)


だんだんと、夏の暑さが収まってきて、

虫の声が聞こえる時期ですね。


立春からは、二百十日目。

台風や気候の変化がある時期です。


果物では、梨やブドウが美味しい時期。

魚は、蛸・太刀魚・梭魚が美味しい季節。


お花は、桔梗が素敵ですね。

私は、桔梗の何とも言えない、

紫が好きかな。

「桔梗色」というのですよね。


万葉集に出てくる、「朝顔」は、

この桔梗の事をさすのではないかと、

言われています。


花言葉は、「誠実・清楚・変わらぬ心」です。



今日は、「処暑」にちなんだ、

季節の食べものや花にふれてみました。


以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-08-29 23:59 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

f0201297_7453022.jpg


f0201297_7492027.jpg
f0201297_7495452.jpg



「イングリッシュローズ」


みなさま、おはようございます!

今日の朝は涼しいですね。

いかがお過ごしでしょうか。


今日のお題は、

「イングリッシュローズ」

です。(笑)


自然の草花は、とても素朴に

日々を生きる。


悲しいでもない。

嬉しいでもない。

清楚に淡々と咲く。


その花の本性である、

この世で愛でられる、

役割を果たすかのように。


感情が無い分、楽なのだけど(笑)

台風や、大雨にも負けず、

年に4回も花を咲かせる、

薔薇は強いね。


たぶん植物の中で一番、

薔薇の強さが好きかな。


(棘があるって、手袋の上からでも、

皮膚を刺しぬくくらい、

すごーく!!扱いづらいヤツだけど《笑》。


咲いた時の美しさは、

その形といい、色といい、

ダマスクの豊満な香りといい、

こんなにも人の視覚に訴える、

感動を与える花はないと思う。)


意外と高ーい肥料をたっぷりやらないと、

育たない印象がありますが、

そんなことはない。


私は、栄養たっぷりの普段の食材から

作った特製肥料をやっていますが、

その方が安上がりで良く咲くね。(笑)


仕事が忙しすぎで、放りっぱなしの

我が家の過酷な環境の

庭でもよく咲いてくれます。

(ごめんにゃ~。)


好きな植物は、

①薔薇
②桜
③百合

かな。。。


また、だんだんと

秋に近づいてまいりましたので、

久々の「薔薇図鑑」です。


9月~11月初旬の、秋バラの季節。

また、「薔薇図鑑」とか、植物ネタ。

森林旅猫ネタ。とか、

増えると思いますので、

自然や植物の好きな方は、

お楽しみに~♪


そでもない方は、

ぜひ植物を好きになって下さいね。

自然=植物をみていると、

たくさん学ぶことがあります。


「イングリッシュローズ」とは、

オ―ルドローズと呼ばれる、

原種の薔薇と、

他のいく種類もの薔薇たちを、

組み合わせ、改良を重ね、

英国のディビッド・オースティン氏が

生み出した薔薇。


オールドロースのたおやかで、

繊細な魅力と強い香りの優れた性質。

そこに、モダン・ハイブリット・ティ

及び、フロリバンダとの交配による

四季咲きの性質を、混ぜ合わせ、

強く香りのよい、美しいバラを

作り上げたそうです。


(※デイビット・オースティン。バラのハンドブック参照)


その中でも、大き目なカップ咲きの

バラが好きです。



今日の写真の薔薇は、

作出、1990年David Austin イギリス

「ブラザー・カドフィール」

私がこの家に来た時に、

植えたので、

今年の秋でもう14年もの。


2~3日前から、

今年3回目の小さくなった、

可愛らしいバラが、咲きだしました。


このバラの魅力は、

何しろ、大カップで重なりが多い、

牡丹や芍薬を思わせるくらいの、

花の大きさとボリュームがあります。


色は、クリアpink。

強い立木性の薔薇で、

フロリバンダと同じく、

年に4回も花をつけます。


やはり春の薔薇は、一番大きいかな。


今日は、以上です。


又の、「薔薇図鑑」をお楽しみに~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-08-26 07:04 | 薔薇図鑑 | Trackback | Comments(0)

f0201297_73561.jpg


「占術雑話」


みなさま、おはようございます!

今日は、比較的風が涼しいですね。


昨日は、横浜方面に鑑定と四柱推命の

個人授業でした。


夜は、四ツ谷へ三毛猫占術学園、

福猫占術講座の補佐に行って

まいりました。


四柱推命は、占術の中でもトップクラスの

的中率を誇る占いです。


喜忌さえきちんととれれば、

お坊さんや神主さん、魔術師さん、

祈祷師さん、新宗教の教祖さん、

信仰心が篤い方以外は、

ほぼ外れません。(笑)


四柱推命は、命の分野の占いです。

ようは、「命のたどる道」を

教えてくれます。


開運術およびオカルトは、中国では

占術とは別の呪法の分野です。


なので、そちらの知識にて運命を、

自分の希望に沿うように変えると、

もともとの「命の道」である、

四柱推命命式も、

少しずつ、じりじりと自分の

願う方向へ変化させることが

できるようです。


ただ、怖いことに

その開運術・呪法・信仰・オカルトを、

間違った方向に使うと、

逆に「命の運」が、

それほど悪くなくても、

「なんでこんな不幸が続くの?」

という結果になったりいたしますので、

「呪法の分野」は、

使用方法を慎重にしたいですね。


私たち占術家は、

命・卜・相の占術を使い、

その方をみるのが仕事。


悪いことは、ぜひ自分の力で未来を、

変えていってもらいたいですね。


占術は自分の現状をきちんと見据えて、

今以上に向上するための、上へ上へ

昇るための道具。


確かに、当たることも大事ですが、

悪いことはなるべく避け、

悪い現象をはずしていく。

ことも大切。


特にタロットは必ず、「障害」と

「アドバイス」を見ますので、

それを把握してしっかり守っていれば、

現状の未来が変わり、

よくなることがあります。


「知る」ことも、

一つの開運法と言えますね。


悪い現象が見えていたのに、

「大丈夫でありましった~。」

の報告は、本当によかったね!

とほっと胸をなでおろす瞬間ですね。(笑)


ただもう一つ気がかりなことは、

時に無理して、

タロットの結果と違う未来を強引に

押し進めている場合。

(※特にお仕事関係で。)


時にそのひずみが、溜まり、

悪い時期に一気に噴き出すことが

ありますので、物事によっては、

注意が必要です。


「卜」のしめす未来への掲示は、

細かい未来を違う方向へ

変えることは出きても、

かえってその為に、

未来が歪むこともあります。


それが自分に出ればいいけれど、

時折周りに被害を与える方もいます。


その為にも、まわりや家族の

「命の道」を見ることはとても大事。


私は、四柱推命では、この時期には

このようなことがおきます。


また、この時期までは我慢です。

ときちんとお伝えします。


悪い現象を、人を脅すように、

厳しくお伝えする方もいますが、

私は「言霊」という、作用を考慮して、

なるべく明るい未来になれるように、

お伝えしていきます。


一番悪い例は、

マイナスの現象だけ言って、

対応策を何も言わない占者さま。


これは、いくら本当のことを、

真面目にお伝えしていても、

お客様は困ってしまわれる。


「天の機密を漏らす」私たち占術家は、

お伝えする「言葉」が大事。


自分の許容以上の事は、

手を出しては、いけない。


それは、自然の摂理という神に

お任せする、謙虚さが必要。


私たち人間は、ちっぽけな存在。

なので、「自分一人で解決できる」という、

おごった気持ちを持つと、自然という神

に「命の道」を吸いとられることもある。


自分の今できることを、一生懸命

「お客様のことを真に思い」お伝えする。


自分の技術発展だけを思い、

鑑定していると、

お客様を傷つけることになる。


その傷はいずれ、

占者の命に降りかかる。


だから、私たちは自然(神)と、

人間をつなぐ謙虚な「巫女」で、

なければならないと思う。


ありがたく、その使命を全力で果たす。


それが、「天から愛される資質」となり、

「命を輝かせ」、健康に豊かに生きる、

秘訣ではないでしょうか。


今日は、以上です。

明日も元気に、お会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-08-23 06:09 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_1121646.jpg



 「タロット雑話」


みなさま、おはようございます!

今日は、蒸し暑いですね。

いかがお過ごしでしょうか。


昨日は、午前と午後新宿で鑑定と授業。

夜は東京駅まで、西洋占星術を、

お教えしに行ってきました。


西洋占星術の授業の時に、

Nの♂と♀のSquareのアスペクトは、

悲恋になりやすい。

というお話をしていました。


もうすぐ秋ですね。

秋、「旅猫倶楽部」10月第11号は、

「断易新義」の出版を記念した、

断易事例2つの掲載と合わせて、

恋愛占「悲恋」特集でございます。

また、今回は私の友人のホロスコープに、

火星と金星のSquareを持つ女性の、

六壬神課「恋愛占」のやはり・・・

「悲恋」の占例も、

書いていく予定です。


秋だから、ちょっとロマンチックで

良いかなと思います。

お楽しみに~♪


今日のタロットのお写真は、

その六壬神課の事例になって下さった、

私の友人Jさんのタロットリーデング事例です。


彼女は、経営者さん。

華やかな容姿をもつ、

モテモテの40代。


なのですが、性格が・・・

白虎のようなお方なタメ。


今まで、幾人もの男性が・・・材木のように、

彼女の切れあじの良い鋭い刀によって、

すぱすぱッと。

切られてしまうのでございます。(泣)


男性から、お声がかかるたびに、

「照葉さん、みて~!」

と電話がかかってきます。


大学時代からの友人な為、

お友達価格&研究事例の焼き魚にしていいか?

とい条件つきで見てあげています。


ただ、いつもタロットに「悲恋」の匂いが…。


今回は、サービスでタロットと、

六壬神課で見てみました。

(六壬の占例は「旅猫倶楽部」10月第11号を、

お楽しみに~♪)


今回のお相手は、とても性格の良い

渋谷に会社を構える社長様~。


ぜひ、私としてはお二人に

うまくいってほしかったのですが・・・。


彼女の方の気持ちに、

エンペラーが、出ていてはだめですね~。


ただよくこの女性のご性格を表しているので、

二人で、よく当たっている~。

と、笑っていました。


行動もマジシャン。

内面は、ハングマン。


照:「恋愛する気がありますか?」

Jさん「う~ん。本当いうとめんどくさい。
私に、テンポを合わせてくれれば、
いいけどね。(^_-)-☆」

照:「某有名大学&雑誌からも会社に
取材が来る様な方なのだから、
プライドも高いでしょうし、無理でしょ。(笑)」

(その辺は六壬の例題にもよく出ておりました。)

照:「たぶん、またお友達がいいとこかな。」
「いつものことながら、相手はチャリオット逆と、
法皇逆でふりまわされておりますね。」
「でも、行動にでたスターは期待感はありそうです。」

照:「でも、ラバーズが障害ってどうよ?」
「アドバイスはハイプリ。」
「最終予想、サン逆だから、お友達かな。」
「お互いの仕事にも有利になりそうだしね。」

Jさん:「そっか、よかった。やっぱりね~。」
「ちょっと、気が重かったんだ~。」
「このままほっといてもよい?」

照:「ダメです。ちゃんとお誘いがあったのでしょ。」
「お返事しましょうね。(笑)」

Jさん「ハーイ。」


という事で、いつもこれだもんね。

何人、このようなお相手をみただろう。

ご愁傷様です。(ToT)/


やはり、Jさんは、エンペラーの通り

自信たっぷりのさばさばした、

男っぽい経営者さん。

いつも、男が二人な感じになっちゃって、

うまくいかいよね~。
(-ω-)/


でも、懲りない明るさが彼女らしさなんだよね。

「自分らしく、生きる事」は、

後悔しながら、人に合わせて生きるより、

大切なんじゃないかなと思う、

今日この頃であります。


以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-08-20 07:18 | タロット雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_21192163.jpg

「そろそろ夏も後半、四柱推命ではもう8月は秋の香り。
夏の忘れ物をみつけたよ。」

「私は、秋のはじめの香りが好き。季節が変わるよ~。
て知らせる風の匂いや虫の声が聞こえてくると、
なんか新しいことが始まる予感がして、ドキドキするね。(笑)」


「いろいろな職業」

みなさま、こんばんは!

今日も暑いですね。

いかがお過ごしでしょうか。


だんだんと、またまた

会報の発行月が迫って来ている

8月後半ですね。


こんな時に、大事なメガネを紛失し…。(泣)

なんかの天罰か?
(*´Д`)

とか・・・。


笑いながら、ちょっと字がぼやける中、

ブログを書いています。(^_^)v

いま目によい、ブルーベリージュースを、

たくさん飲んでいるので、いっそのこと、

可愛い顔(^_-)-☆が、隠れてしまうから、

メガネやめてしまえ~。


とかって、思うけど…。


生徒さんが、先生…。

命式よみ間違うから、

「ちゃんとメガネかけようね~。」

と言われる始末でございます。(笑)


本当、太陽化忌の大運&年運は嫌よネ。

今日は久々の、自虐ネタでございます~。

なんのこっちゃ。


ただ、今日もなんか

嬉しいことがあったから、

まっいっかなッ。


今日のお題は、「いろいろな職業」です。

私達、占術家は毎日色々な方に会う。

そしていろいろな職業の方とお話しさせてもらう。


まだまだ、日本には私の知らない業界がたくさんある。

名前は知っていても、業務内容や仕事の内容などは

よく知らないことも多い。


人をみさせていただく立場として、

色々な職種の方とお会いするのは、

とても勉強になる。


私の仕事はやや特殊なので、

他の業種の方から見ると、どうかな~。


珍しくて興味を持ってくれる方もいれば、

(/・ω・)/ひかれる事もあるカナ。(笑)


いつも、占術業界のみなさまと、

お話させていただくことが多い。


なので、他の業界の方とお話しすると、

新鮮でとても興味深いですね。


でも、やはりどの業界でも、ある程度名を売って、

最前線で仕事をされている方は、

自分のポリシーを、きちんと持っている。


「人からの信頼と、とことん仕事を突き詰める、

真剣さと根気。」という、共通性がある。


今後も、いろいろな方と

お会いできたらうれしいですね。


今日は、なんだかまとまらないブログです~。

メガネが、ないせいにしてしまおう!(笑)

以上であります。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-08-18 21:00 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)



f0201297_00582428.jpg
「断易新義」 龍羽ワタナベ・東海林秀樹・幹元佑奈共著 東洋書院出版 



「祝!断易新義」


みなさま、こんばんは!

今日も、暑かったですね〜。

お盆のラッシュも終わり、

学生さんは、これから溜まった

宿題をがんばるのかなッ。(笑)


今日は、午前新宿で授業、

午後は師匠の福猫占術講座の

補佐に、三丁目のルノアールに

行ってまいりました〜。


そこの奇門遁甲クラスにお越しいただいております。

私の愛する姉弟子。
(※私はけして、レズはないが…。(*^^)v笑)


幹元佑奈先生から、師匠と

台湾の龍羽先生と三人で協同出版

された、「断易新義」の書籍を

いただきました!


ありがとうございます!
m(__)m

読んで「びっくり!」のこの本は、

断易の初級者から、

研究家さんまでが、

とてもわかりやすく、しかも、

オタクも納得の高度な台湾の秘伝

の内容でした。


「照葉〜。本当か?」

「チョットいつもの事ながら、

オーバーなんじゃないの〜。」

と、疑っているそこのあなた!

嘘だと思うなら、買って読んで見て

下さいませ〜♬


「断易ってどんな占いだ?」と

思っている、そこの貴方も。(笑)


買って読んだ者だけが得をする!
^_−☆


多分、今まで読んだ断易書の

中で一番わかりやすい本でした。


今後は、断易の個人教授を

する際は、ぜひ教科書に使わせてい

ただきたいと思います!


はじめて、断易を学ぶ方にも、

この書籍でしたら

わかりやすいですね〜♬


前回、旅猫倶楽部の占例を書いて

いただいた、沢井龍醒先生は、

「自分が断易を学ぶ初めの頃、

こんな教科書が欲しかった!」と、

絶賛でございました。(笑)


今回この「断易新義」の出版を

記念して
「旅猫倶楽部占術情報会報」

では、断易の例題をお二人の

凄腕の占者の方々に書いて

いただきました〜♬


また、バックナンバーの会報では、

幹元佑奈先生の占例も多数、

載せてございます!


バックナンバーも、会員様価格で

おわけしておりますので、

ご希望の方は、PCメールまで

お申し込み下さいませ〜♬


また、幹元佑奈先生は、

紫微斗数・四柱推命そして、

断易をご一緒に学んだ同期の

お姉様。


私が四柱推命を挫折しそうになった

時も、覚え方のコツなどたくさん

教えていただきました。

ありがとうございました。
m(__)m


そして、努力家の佑奈先生は、

照葉では飽きてしまって到底

無理な細かい作業を根気よく

されていらっしゃいました。


その努力が書籍という、

形になり、たくさんの断易ファンの

方々に読んでいただけること、

本当におめでとうございます!


今後のご発展を

心より、お祈りしています!


また、佑奈先生のホームページは、

師匠直伝の四柱推命の技の占例が

たくさん載っていてとても勉強に

なります!

みなさま、ぜひ遊びに行って

下さいませね。

宜しくお願いいたします。
幹元佑奈先生 ホームページ

以上でございます。


今日はなんだか良い日だったな~♪
(^^♪

明日も、元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-08-16 23:56 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_20020981.jpg



「命と卜のコンビネーション!」

みなさま、こんばんは!

帰宅途中のブルーラインの中から、

UPです。

今日の午前中は、父の月命日で、

近所の曹洞宗のお寺まで、

お墓参りに行って来ました。


私の父方の祖祖父は、上野のお寺に

眠っています。

上野には、仕事などで

良く行きますね。

夕方から夜は、横浜方面で授業でした。


命と卜のコンビネーションは、

やはり鑑定ではとても大切。


多分、卜の方が少し多めに使うかな。

選択を命だけでみすぎるのも、

卜でしかみないのも、

結果はやや危険。


はずす可能性が上がる。

的中率を上げ安全に、確実な

答えを出すためには、

二つの視点で、相談内容を

同時にみて推理する。


鑑定力は、やはりこの推断する力。

迷わず、ハッキリ答えを出す自信に

あると言えます。


それは、どんな仕事でも

そうですが、

沢山経験を積んだ。

という、自負。


沢山失敗して、

痛い目にあった!( ̄▽ ̄)

印象的な経験の積み重ねから、

でてくる感覚かな。


統計とはまた違う、感覚と智慧の

技かな。(笑)


自分の事をたくさん見て、

失敗して(T ^ T)。

たくさん学ぶ。


占術の勉強と実践は、

本当に楽しい。


特に卜は、何が出るか、

ワクワクする。


その象徴から、色々な

今、現状に現れていないことが、

わかる。


占術は、安定した形で

わかりやすい未来を

私たちに教えてくれます。


そんなに、気持ち良くない結果も、

多いけど、それが私達の生きている

現実。


智慧を使う事を私達に

教えてくれる。

占術を真面目に勉強したら、

本当だれでも「賢者」になれちゃう。

(笑)

私達は、面白い世界に生きているね。
^_−☆


今日は、以上です。

明日も、元気に

お会い致しましょう〜♬






[PR]
by sanrueru | 2014-08-15 20:45 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_23022687.jpg



「家々の守り神の不思議」

みなさま、こんばんは!

旧盆ですね。

家は、新盆でもう終わりましたが、

子供の頃、よく母の実家で

ナスやキュウリに割り箸を差して、

ご先祖様が乗る、

牛や馬を作りましたね。


母の実家は、祖父が会社を経営していた

ためか、仏様や神様を信心深く、

毎日お祈り、お祀りしていました。


子供の頃遊びに行った実家の庭には、

社があって、家の神様を祀っていました。


今の家にも、小さな神棚を自分で作り、

母の実家にいらした神様が、

いつのまにやら…。

私もなぜか、ご縁がついてしまい、

お祀りすることとなりました。


代々の家の守り神のご縁は、

不思議ですね。


先日、ちょっと浮気心をおこし、

心惹かれた火伏せの神様を

お台所に祀ろうかと、

神棚をつくるポードと金具とネジを

ホームセンターに買いに行った

時のことであります。


少し大きめなボードを買おうかと、

ボードを選んでいる内になんだか、

みんなで気持ち悪くなり〜。
(; ̄ェ ̄)

(室内が暑かったせいにしたのだけど…。)


でも、なんとかボードを選んで買って、

家に帰ると、ボードの真ん中に

大きなヒビが入っていて、

〜( ̄▽ ̄)〜

「コレじゃ使い物にならないよ〜。」

「おかしいな〜。買う時はヒビは、

入ってなかったのにな〜。」
(⌒-⌒; )

てな事になり、きっと。


代々の家の守り神が、

「我の神棚より、大きなのを

作るでない!」( *`ω´)!と…。

やっぱりね。

止められるような気はしてたのだけどね。

(なら、やるな〜!( ̄(工) ̄))


という、嘘のような

本当の話しでございます。


やはり、何事もあっちこっちは、

いけないのでありますね〜。(笑)

反省〜。m(._.)m


「家々の守り神の不思議」
以上です。


明日も元気にお会い致しましょう〜♬




[PR]
by sanrueru | 2014-08-14 22:57 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

f0201297_10105475.jpg



「西洋占星術雑話」


みなさま、おはようございます!

今日も朝から、セミの声で

暑いのだろーなーと…。(笑)


昨日は、涼しくて良かったですね。

夜中寒くて、窓を閉めました~。


昨日は、午前中はまたお料理をして、

(※昨日は、「手作りコロッケ」を作った!

又の「季節のレシピ&占術雑話」を

お楽しみに~♪)

3匹の白猫がたくさん汚しでくれるので、

家じゅうお掃除した。


セカンドハウスの廊下も、

ハナ婆さんが外から帰って、

足跡がペタペタとついていて(/・ω・)/

ふきふきしてまいりました。


午後は、うちの天使を連れてプール!

丙&辛の干合のように、お魚さんと化し。(笑)


夜は、東京駅に西洋占星術の個人教授に

行ってきました。


今日は、「西洋占星術」雑話です。

西洋占星術は、占術の中では

最も歴史の古い占術の一つです。


その歴史の中で、たくさんの技法が

時代ときめく占星術家によって、

生み出されてきました。


ただ、すべての技法が鑑定に

使えるのかというと、

やや判断をあいまいにする技法もあり、

鑑定で使う場合は、選ぶ技法の選択が

一番の課題となります。


判断をぼやけさせる技法は一切、

切り捨てて、確信をつく判断材料だけを

チョイスし、鑑定に用いることが、

西洋占星術でも東洋占なみの、

鋭い的中率を出すコツなのではないかと、

私は思います。


それは、たくさんの方々を見てきて、

よくあたったと思える技法ふるいわけ、

それを研磨する。


そして、時間だけではなく毎日様々な

方のホロスコープとその人間を見つめることかな。

以上です。

今日は「西洋占星術雑話」でした~!


明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2014-08-13 10:00 | 西洋占星術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_23443349.jpg




「照葉桜子🌸季節のレシピ〜&占術雑話」

みなさま、おはようございます!

昨日は、台風の後のよいお天気でしたね!

いかがお過ごしでしたか。

昨日は、午後から横浜方面に
出かけて、夜遅くなる予定。

そのため、午前中に久々に
麻婆豆腐を作りました〜。


f0201297_09452958.jpg



最近、と言ってもここ十年位、
忙し過ぎてせっかくの喜ぶ
食神ちゃんのお料理の腕が、
振るえない!(泣)

なるべく午前中に、
お料理出来て夜温めて食べられる
ようなレシピを考えて作ろうかな。

と…。
企んでおります。(笑)

ついでに、ブログと占術ネタに
使ってしまおう!

という、画期的な企画であります。

身宮午の破軍が企む事なので、
損耗の性質により、すぐに
企画倒れになるかもしれず〜。
ならないで継続するかもしれず〜。
それは今後のお楽しみ〜♬


今日は何しろ、
「麻婆豆腐」です。(笑)

そして、占術雑話は
「紫微斗数」です。

「麻婆豆腐」を例えば、
紫微斗数の星に例えると
どうなるか?

「麻婆豆腐」は、辛いから、
火の食べ物かな。

まず、紫微斗数の火の五行的な
星はどれかな?

ハーイ!

本を見ないで答えられる人は、
PCと、スマホの前で手をあげよう!✋(笑)


三合派の方はよく使うから、
手が上がっているかな〜。

総合派も、やや使いますね。

飛星派の方は、四化飛星の方が
大事なのでそちらを先に
覚えましたよね。

そして、星の五行は、三合派とやや配置が
異なりますね。
また、飛星派は使う星の数が少なく、
ほぼ主星をメインでつかいます。

例えば、だんだんよみ方が高度になると、
タロット78枚で細かくみるより、
22枚の象徴や配置をフル回転させ、
白黒はっきりみよう!という感じなのが、
飛星派ですかね。

まず、火の五行の代表的な主星は、
・太陽 陽火
・廉貞 陰火
くらいかな。

雑曜は、たくさんあるね。
・火星
・天馬
・天刑



etc…。

と言うことで長くなりそうなので。
占術雑話は、これくらいにして。

今日は何しろ、
「麻婆豆腐」が主役!(笑)

「麻婆豆腐」
のレシピと作り方に
行きますかね〜。
^_−☆

照葉の料理はなんだって、
シンブル。

自然の素材の味を大切にしたい。
かなと思っています。

美しいなくても、素朴で
体によい物を作ってあげたいですよね。

見た目は、「コレ…。」
でも、食べたら笑顔で、
「おかわり〜♬」
な〜んていう、お料理が理想です。

紫微斗数の七殺はいつも、
自分の理想を高く設定して、
生きて行く星だそうですね!

では、前置きが長くなりましたが、
まいりましょう!


麻婆豆腐の材料(照葉流)

豆腐 1丁(350g)
ひき肉(合挽きがオススメ)130g
(お肉は多めが美味しい!)
しょうが とにんにく 少一欠片
ごま油 大さじ1
長ねぎ 1/2本
豆板醤小さじ1/2〜2/3
(水でもどした赤唐辛子でもよい)
ごま油 少々
片栗粉大さじ1/2

・合わせ調味料
味噌 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1と1/2
酒 大さじ1
赤味噌小さじ1/2
片栗粉 大さじ1と1/2
水 1/3

作り方

①合わせ調味料は、ボールに
入れよく混ぜておく。

②赤唐辛子は、ぬるま湯でもどし
小口切りにする。

③ショウガ、ニンニク、
長ネギはみじん切り。

④豆腐を切らないまま、
たっぷりのお湯で5分位ゆでる。
こうすると崩れにくい。

⑤片栗粉を小鉢に水大さじ2で溶く。

⑥フライパンを火にかけ、
暑くしてあらゴマ油をいれる。
ショウガ・ニンニクを入れて
軽く炒める。
赤唐辛子は水を切りここで
入れる。あるいは、豆板醤を入れる。

⑦香りがたってきたら、
みじん切りにした長ねぎを入れ
焦げないように強火で炒める。

⑧肉を入れて強火で手早く、
他の材料と混ぜる。

⑨肉の色が変わったら、
直ぐに手でちぎって、
中華鍋に入れる。
(肉は炒め過ぎると固くなるので、
注意!)

⑩全体を豆腐を崩さない様に
混ぜ、強火で煮立たせる。

⑩①水溶き片栗粉を全体に
入れ、よく混ぜる。
強火でないとトロミがなくなる
まで焦げない様に強火で調理!

以上で夏に食欲がわく、
「麻婆豆腐」の出来上がり〜♬

麻婆豆腐丼にしても美味しいよね。

さあ、みんな「麻婆豆腐」が
食べたくなったかな〜♬

今日は、以上です。

明日も元気に、
お会い致しましょう!


[PR]
by sanrueru | 2014-08-12 07:41 | 「旅猫倶楽部」占術会報 | Trackback | Comments(0)