「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

<   2015年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

f0201297_11081306.jpg

f0201297_11275960.jpg
「久々の雪で、午前の仕事を終え、
家に帰る時、自然林の丘を
そのまま整備した、
近所の公園へよりました。
自分だけの足跡、ワンちゃんの可愛い
足跡があり、小さい冬を満喫いたしました。(笑)
家の天使たちも、ほっぺと手を真っ赤にして
雪で遊んで来たらしい。」
f0201297_11353700.jpg
「リンゴが、お帰りニャ〜♬
と迎えてくれました。🐱」



みなさま、こんにちは!

寒い日が続きますね。

いかかがお過ごしでしょうか。


今日のお題は

「雪&命の器を変化させる方法」

です。


昨日は雪がすごかったです。

うっすらと、つもり綺麗でした。


夜遅くに雪の足元の悪い中、

講座におこしいただき、

有り難うございました。


みなさまの例題や質問は

とてもためになり、

私にとっても、学びの深い、

有意義なお時間となりました。


四柱推命や紫微斗数なとの、

命の占いは、その人の一生の

運勢をみて行く術ですが、

もしその命の器が、あまり

芳しくない状態にある場合、

それを少しでも改善する方法が、

東洋では「開運法」とか。

言われています。


まず、命をみて。

短いスパンの現状を卜でみる。


そして、卜でもって自分や

お客様に合った開運法を

探します。


命の状態は人それぞれ違うので、

やはり、合う開運法も人により

異なるように、思われます。


最近、運命の不思議にふれ、

命、卜、相、とともに、

西洋・東洋の「命の器を変化させる

方法」や、個々に合った使い方も、

深く研究して行きたいと思う、

今日この頃であります。


今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう。

[PR]
by sanrueru | 2015-01-31 10:52 | Trackback | Comments(0)

みなさま、こんばんは!

今日は、地方出張と、

夜は横浜にてタロットと四柱推命の

授業でした。


今は、帰りのブルーラインからの

ブログUPでございます。


最近の占術セミナータロット相談室

及び、福猫占術講座、

個人授業での、人気科目は、

「紫微斗数と四柱推命」の

二つの命術が鎬を削って、

熱戦を繰り広げております。(笑)


どちらも、命の占いとしては、

甲乙つけずらい、強者でございます。


私も、この二つをお教えする時は、

かなり気合いが入ります。(笑)


特に将来、真剣に独立自営で

占術家を目指す方には、責任重大なので、

ちょっと厳しい事も、お伝えしていますが、

ご容赦に願います。m(__)m


その後に続く、人気科目はと

言いますと、私の教授の場合は、

タロットと西洋占星術

ですかね。


後、地味に根強い人気は、

九星気学とつづきます。


本来の九星の方位以外の、

命.卜の優れた技術をお教えすると、

みなさまの目からウロコが落ちるように、

驚かれ、とても興味深く学んで

いただけるので、

私は九星気学を教えるのも、

楽しみの一つであります。


占術は、人とおなじで。

良いところや欠点なと、

様々な特徴があります。


それを理解して、上手く生活の中に

取り入れていただけると、

嬉しいかなと思います。


今日は以上です。


明日も元気に、

お会いいたしましょう。





[PR]
by sanrueru | 2015-01-28 21:33 | Trackback | Comments(0)

f0201297_781460.jpg



「お知らせ!」


みなさま、おはようございます。

個人授業や、主催講座へのたくさんの

お問い合わせ、ありがとうございます!

良い占術の学びになれば幸いです。

今後とも、よろしくお願い致しまします。
<(_ _)>


また、「旅猫倶楽部」が2月の初めより、

新しいお店に、お邪魔することとなりました!


店舗置きにての一部売り2店舗目となります。

有り難うございます。


また、そちらにて楽しい…ちょっと不思議な…。

イベントなども、ご一緒にできたら良いな~♪

と思っています。

よろしくお願い致します!


そのご案内は2月の初め頃に致しますので、

またの「お知らせ」お楽しみに~♪


今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪
  
[PR]
by sanrueru | 2015-01-27 07:08 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

f0201297_794414.jpg




みなさま、こんにちは!

今日も、北風ピーピー

寒いですね。


横浜方面で仕事を終へ、

新宿へ向かう、駅のホームで、

ブルプルしながらのUPです。
( ̄^ ̄)ゞ


今日は、タロットリーディング集

のリーディング事例をみなさまに、

お送りいたします。


このお話は、私の親しい

友人Bさんの事例です。


私は、業界外の友人が

みてほしい〜♬

と言われた時は、無料で

良いので事例にさせてね。
^_−☆

と。

遊び心でみてあげます。(笑)

業界の友人には、
「…自分でみようね。」
ψ(`∇´)ψ

と、ちょっと辛口。(笑)


Bさんは、転職したばかり、

その日は、会社の人間関係を

みてほしいとのことでした。


照葉:「普通に今後の流れをみればいい?」
Bさん:「う〜ん。ちょっと気になる人がいるのだよね。」

と、口ごもるBさん。

こんな時は、何かあるなと。

すぐピンときます。(笑)


その気になる会社の方は、

g氏、会社の上司だそうですが、

彼女よりはいくつか年下の方。


照葉:「何が気になるの?」

Bさん:「ちょっとね。行動が挙動不審?(笑)」

照葉:(笑)「面白いね。見てみよう。」

とタロットリーディングに入った

わけであります。

彼の気持ちに出たカードは、

行動=チャリオット逆

表面=サン

内面=カップナイト

最終結果=デビル

照葉:「デビル?…なんか、未来の二人の関係がきになるね。今の時点は彼の方が対応に対し焦りがあったり、忙しいのかな。でも、貴方には友好的で親切にしたいよね」

Bさん:「そうなんだよね。沢山の人の上に立つ人なので、忙しいそう。色々な方に支持を出さないといけない立場で、慣れていないのか、自分に余裕がなくアップアップな感じ?(笑)」

照葉:「それで挙動不審?(笑)」

Bさん:「それもあるのだけどね。
上手く言えないのだけど、会社の方との会議の時に、いつも私のとった行動について、私にだけわかるようにコメントを色々入れてくるの。気のせいかな?」

照葉:「カップナイトは、とても優しく面倒見がよいよね。たた、公的なことと、私的な感情の仕切りが出来ない人が多いかな。きっと、新人さんだから、面倒を見てあげたいのかな?」

Bさん:「そっかな〜♬」

と言って、その日のリーディングは

終わりました。


そして、しばらくして。

彼女が混乱しながら、

電話をかけてくる

結果となるのですが( ̄Д ̄)ノ…。


この最終結果の「デビル👿」

のカードが、

よく表していたのでした…。
ψ(`∇´)ψ


この続きは、

またのタロットリーディング集

「対人関係占〜デビル…。

〜その心は…。」no.2 にて、

お楽しみ下さいませ!


明日も、元気にお会い致しましょう!










[PR]
by sanrueru | 2015-01-26 15:23 | Trackback | Comments(0)

f0201297_711394.jpg


みなさま、こんにちは!

風邪もだんだんとよくなり、

今日は、午前中横浜方面のへ、

午後は新宿にて鑑定。

夜はまた横浜方面にて、

お仕事でした〜♬


その帰りの電車からのUPでこざいます。


今日は、紫微斗数雑談〜破軍〜no.3です。



〜破軍〜

破軍は、殺・破・狼、の中に有り、

もっとも強い強烈な変化を

なす星。


破軍の星の系列は、命を守る事を

担当し、人の人生において、

大きな波風や革変をおこす。


しかし、その心の中は非常に

落ちつき冷静である。

まるで、台風や竜巻の目のよう。


破軍は、矛盾や二面性をもつ星。

だから、周りから見るとわかり

ズラい人の様に思える。


ただ、そこがとても魅力的な星

とも言える。


破軍の革命は、いい加減にはじめる

わけではなく、全てをコントロールしている。

また、はじめる前はとても慎重に、

目標にたどり着けるかを考える。


そして、目標に達すると、

オモチャの積み木の城を壊す様に、

放棄することもある。


新しく、なしたものを継続し、

守って行くことは、あまり得意ではない。


もし、破軍が化忌と同じ宮に入れば、

その人は一生において、変革と

何かを創りあげることを止める

事ができない。


あえて、その苦しい運命の成果を

受け止めるしかない。


ゆえに、破壊力と改革性が非常に

つよくなる。


破軍の破壊力は、同宮する星と、

加会する星の系列。

どの宮にいるかできまる。


破軍が破壊的になる配置では、

非常に多く動きすぎる事、

また気が落ち着かず、

気がすっと乱れた状態にある。


そうした場合、破軍は良質の改革に

シッバイする。


なんでも、途中で投げ出してしまう。


状態の良い破軍はこの様な事はない。

落ち着いた、一定の速度で冷静に

動く事ができる。


回りが乱れていて、自分の心は、

静寂を保つ時、破軍の改革も、

人生も成功し、先駆者となるだろう。


破軍が大限や年運に回る時、

今いた状態から、新しく

何かをなしたくなる。


ただ、これは本人の命宮の状態によっても、

かなり異なるが、気を変えたりあまりに、

多く落ち着かないで動くと失敗しやすい。


破軍の破壊性が強くでてしまう。

それは、破軍の破壊力は非常に

大きいからである。


このことから、わかるのは、

破軍は優れた星であるが、

戦いを持って、束縛をされない

性質があるといえる。


その破壊力のコントロールが重要となる。


古典が、例える事によると、

「破軍は破壊王であり、殷の時代の

乱暴な王様、紂王に例えられる。

非常に相手を疲弊させ、消耗させる

性質をもつ。」と言われている。


破軍の人に与える影響力は、

とても大きい。


強いカリスマ性があり、

人は破軍のエネルギーに

引きこまれ、目がはなせない。


破軍に出会うと、本人も回りも、

必ず変化を余儀なくされる。


それが、良い変化となり発展を

もたらすか。

または、破壊的な終末を迎えるかは、

その巨大なエネルギーをどう、

建設的に使えるか、

まわりがそれを受け入れるかに、

かかっている。


それは「天地がひるがえり、変わって

行く事」に似ている。


破軍と化忌は、同じく優れていて、

確実である。

「悪い事と、良いことは、門がなく、

自分で招き入れるものだ。」


破軍の人生は、この吉凶禍福をもっとも

よく描写しているといえる。


以上……今日はとても、とても、

長くなりました…。(笑)

「紫微斗数雑談〜破軍〜」no.3

以上です。

この続きは、

「紫微斗数雑談〜破軍〜」no.4

でお楽しみに〜♬

いつまで、続くのかな。

珍しく、飽きっぽい照葉が、

連続雑話しております。(笑)


明日も元気にお会い致しましょう〜♬















[PR]
by sanrueru | 2015-01-25 13:13 | タロット 解釈 | Trackback | Comments(0)

f0201297_7132625.jpg



みなさま、こんばんは!

今日は、風邪をひきまして、

夜は少し休息です。(笑)


働き過ぎかな。

バランスを取ることは、

心にも体にも大切な事ですね。


今日は、タロット雑談です。

「〜ソード3〜」は、タロットの

小アルカナの中でも、バランスがうまく

取れていないカード。


3の持つ安定が逆に、損なわれた、

不安と悲しみ、大きな傷後を残すカード。


初めて出会い、お互いに引かれあって

いるのに。

コミュニケーションが、

うまく取れなかったり、と傷つけ合う。


そんな、切ない感情的な傷を表す

カードでもあります。


カードは昔ながらの象徴を暗記する

事も大切ですが、お客様の

ご相談に出たカードと、その現象から、

自分のカードを探して行くことも、

とても大切です。


書籍にのっている象徴の意味は、

その書籍を書いた方が捉えた、

カードの象徴である事が多い。


自分の感覚とおなじならは、

その意味を用いて行くと、

自分のカードにも上手く適応できる。


ただ、自分と感覚が違うならば、

判断もややずれたものになってします。


なので、初めの初歩の段階では、

カードの大雑把な意味を、書籍で

学び、慣れて来たら、

たくさんリーディングして、

その出たカードと、起こった現象を

照らし合わせる。


そして、自分なりにカードの意味を、

自分にあった様に修正する。


タロットカードの判断は、もっと、

自由でよいと私は思います。


今日は、〜ソード3〜だったけど。

余談で終わってしまった。(笑)


またの、「タロット雑談」を、

お楽しみに〜お

[PR]
by sanrueru | 2015-01-24 23:18 | Trackback | Comments(0)

f0201297_7142394.jpg



みなさま、こんばんは!

今日は、日中は横浜方面、

夜は四ツ谷でお仕事で有りました。


お天気崩れがちな日が続けきますね。

いかがお過ごしでしょうか。


最近、色の綺麗な細身の

Gパンにハマっています。


淡い藤色。

熟れたプラムの赤紫

柘榴の様な茶色がかった、赤。

ターコイズの深い翠。


私は、

「ハッ」と、する色に惹かれる。

前に、西洋占星術大家M先生に、

「蠍座は、生命力のある

生き生きしたものが

すきだね。

12サインでいちばん、生きることに貪欲で、

タフて耐久性がある星だよ。^_−☆」


と言われたことを、思い出した。

確かに…。


「生々しい食品が、好きな人がいる。」

…。

生肉は食べないが…。

新鮮な、旬の野菜や。

果物が好き。


花屋さんで買った、花より。

庭の生き生きした、

花を切って飾ると、

元気になる。(笑)


生命力を吸いとるのかな〜。


最近は、アサイーに凝っていて。

あれは、常用するとタバコの様に、

常用性・中毒性がでてくるのだろうか?


毎日食べないと、最近元気が出ない。
ψ(`∇´)ψ

そんなわけないか。(笑)

(なんでも、すぐハマるけど、

わりと本物以外のものは、

試しても興味を失い。

ホイ。することが多いかな。)


…余談が長すぎるぞ!

( ̄^ ̄)ゞ

と苦情が来そうなので、

ソロソロ、本題に入りますかね。
^_−☆


「紫微斗数雑話~破軍~no.2〜」

破軍は非常にエネルギーを消耗する

生き方をする。

なんでかと言うと、大変瞬発力が

大きな星だからてしょうか。


ライオンが鹿を狩る様に、

何事も全てにおいて、全力を持って、

行う。


そして、この性質は非常に緊張が

必要であり、過分に動力を投入し、

物事を行うので、消耗も大きい。


ある時は、感情を殺し血も涙もない、

とても冷酷になる時がある。


それは、一つの事に全力で向き合う、

そして物事に、入れ込みやすいく、

なんでもたくさん事、気持ち、

エネルギーを、つぎ込みやすい。


人は、破軍を情を持って物事が動かせない

方だと思う。


バランスの良い位置にいる、

破軍の精神は、激しい事をなして

いる最中でも、とても落ち着いており、

静かで冷静である。


命宮にある破軍は、天府に内面を守られて

おり、破軍の運勢がいかに大きく、

変革される事があっても、その命は

安定し守られる。


「紫微斗数雑談〜破軍〜no.2」

今日は以上です。

続きは、「紫微斗数雑談〜破軍〜no.3」を

お楽しみに!












[PR]
by sanrueru | 2015-01-23 23:44 | Trackback | Comments(0)

f0201297_716191.jpg



みなさま、こんばんは!

今日・明日は、雪か?

と言われていたけれど、

どうでしょうか。


今日のお題は、~破軍~です。
紫微斗数は、大きく分けると

3つぐらいの流派があります。

(三合派と飛星派では星の五行の

扱いがやや異なるので注意です。)


今回は、三合派の破軍のイメージを

タラタラと好きに書いていこうかなと。


初級で三合派を学び、

中級は飛星派と三合派を

ミックスし、

良いとこどりをしてみる。

上級で飛星派の棋譜や、

四化を自由に飛ばす、

ハイクラスの判断を学ぶのが、

照葉のお勧めの紫微斗数の

学び方です。(笑)


やはり、カメとウサギでは

ないけれど。

1〜10までキチンと学んで、

いらない技術や不要なものを、

自分で削り落とし、

占術技術をレベルUP

させて行く。


遠回りするカメの方が、

最終的に熟練した技法と、

判断のコツを良い形に成熟させ、

自分の中に浸透させていける

のではないではないでしょうか。


🐢カメは、玄武ですもんね。(笑)


🐰ウサギちゃんは、ヒラヒラと

華やかに楽できるけど、やはり底が

浅くなりやすいので、注意であります。


長い間、占術界にいられる主の

ような大家の先生方はみな、

その道を通って来ていらっしゃる。

だから、底が深くなにがあっても、

ゆるがない。

そう有りたいと思います。


話しが、横道にそれたので、

戻しますね。(笑)


〜破軍〜

破軍は、紫微斗数の主星の中でも、

一際異彩を放つ、優れた才気豊かな星。

気を変化させ、消耗をうみ。

生命を掛けて、物事を創り上げる。


それは、鮭が困難をものともせず、

激しい勢いで、川を溯り、

命をかけ生命の光を

子孫に受け継ぎ、残すかのよう。


創造という、目的の達成の為ならば、

自分の疲弊や死も恐れない激しい、

ラストスバートをかける星として、

知られている。


改革、変化と、創造、開始を表す。

この星の外側は、強く剛である。

内側は柔らかく、ナイーブな面を持つ。


難を持って、物事を把握する。

古代の古典によると、

「破軍の性質を理解するのは、

非常に難しい。」ようだ。

この意味が、なんとなく

わかる気がする。(笑)


その〜破軍〜の理解しズラい、

気質については、

「〜破軍〜no.2」にて紐解いて

行きたいと思います。


今日は、以上です。

明日も元気に、お会い致しましょう!




























[PR]
by sanrueru | 2015-01-22 23:55 | 紫微斗数雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_22563542.jpg



「タロット雑話〜コイン3〜」

〜3の異なる専門技術の団結が、向上と高い目標への到達を生む。それは一人では成し遂げられない高みへと、人間を発展させる3の現実的な融合の形である〜

みなさま、こんばんは!

今日は、寒い雨ですね。

いかがお過ごしでしょうか。


ダウンの上に、暖かいショールを

かけての外出です。^_−☆

もちろん、足元はブーツです。

今日は、雨の中課外授業でした。(笑)


今日のお題は、

「タロット雑話〜コイン3〜」です。

人は一人一人、性格や頭脳、

優れた技術の適性も、

違いがあります。


その違いは、本当はとても

素晴らしいこと。

人が全て同じ、顔や、

頭脳をもつクローンの様だったら、

怖いし、人類はすぐに

滅んでいたのかもしれません。
(笑)

なぜって、体質がみな

同じであったなら。

人類の敵である、

ところの細菌やウイルス、

病気など、など。

厳しい自然環境に、耐久性が

そなわらず、絶滅していたでしょう。


また、人の知恵は、

違う人間が出会う事で、

より刺激を受け、新しい

斬新な発想や気づきが生まれます。


その知恵が、厳しい自然を

生き抜くヒントをくれる

こととなります。


「コイン3」も、一人では

生きられない、

人間の弱さや儚さと、

それとは逆に、

団結し、

融合した時の人の変容や強さ。

無限に広がる可能性。


達成、成功に向かう粘強い過程を

示している様なきがします。


また、

コミュニケーションの大切さ。

いかに、自分を開いて、相手を

受け入れるか。

または、相手に自分の良さを、

理解していただくこと。

一つの目標に向かい、

3つの方向性を揃え、団結する。


などの、「コイン3」は、

仕事を進めるにあたって、

私達達になくてはならない、

学びの過程を教えてくれています。


何か、大きなものを

成し遂げるためには、

人の協力は、絶対条件ですね。

「コイン3」の協力は、

発展的な明るく前向きな和合と

いえます。


「3」のカードの4つのスートは、

その前向きなカードが多い

のですが、「ソード3」だけは、

自分をうまく開く事が出来ず、

停滞したり、離れたり、傷ついたり

するマイナスの関係性を示して

います。


タロットにポジティブな意味だけ

ではなく、ネガティブな意味が

半分ぐらいあるのは、

「生きる」ために、知恵を磨く、

開墾的あるいは革命的な刺激を、

必要とするからではないかと

私は思います。


繊細な色彩をもつ薔薇や、

春の桜や、秋の「ハッ」と

させるような紅葉の真紅は、

冬の厳しい寒さによって、

自然な深い色の美しいさが、

際立つのです。


花や葉は、自然の厳しい

寒さに磨かれなければ、

そのような色にはなれません。


私達人も、同じなのでは、

ないでしょうか。

今日の「タロット雑話」は、

以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう!












[PR]
by sanrueru | 2015-01-21 22:45 | Trackback | Comments(0)

f0201297_22535684.jpg



みなさま、こんばんは!

朝と夜は冷えますね。

でも、今日は意外と暖かい方かな。

いかがお過ごしでしょうか?


今日のお題は、紫微斗数

占術雑話です。

個人授業でも、講座でも、

紫微斗数は人気科目ですね。


特に20代、30代の

若い方に人気があります。

星のイメージが個性的で、

現代の若い方の感覚に

合うのかもしれませんね。


初級の方の紫微斗数の授業では、

星の象徴と、12宮の意味合いの

教授に長めに時間を使います。

なぜかと言うと、鑑定の際に、

お客様の悩みに答える為には、

豊富なボキャブラリーが

必要となります。


その為に、沢山の語彙を頭の、

貯水池に溜めておく

必要があります。

日常におこる現象や人との関係、

自分や相手の気持ち、

未来に起きてくる現実の事柄は、

千差万別にして、繊細で細かい

表現で表される事が多いです。


人の性格一つとっても、

同じ人はいないように、

同じ言葉では、その立体的な

象徴は表す事ができません。


表そうとすると、日本語の

下手な外国人のようになります。
(笑)


なので、滑らかにざまざまで、

絶妙な表現を使い、判断を

お話ししすることは、

この複雑な世の中に対応して、

生きている方々をみていく、

現代の占術にとって、

大切なのではないでしょうか。


昔の書物から学ぶ、古語訳も、

とても興味深く、たくさんの事を

気づかせてくれて、

本当にワクワクする作業ですが。


国の最先端をリードする世代に

合わせた、占術の在り方や、

時代に求められている、

占術家としての技法の研究も

大切な事だと私は思います。


なぜかと言うと、偉大な占術の

基礎を創り上げた、方々も

時代の大きな波の中を

生き抜く為に、

この賢い道具である

「人生や未来を、看る術」を

あみだしたのですから。


古い良きものも、時代に

合っていなければ、

海の波に打ち消され、

飲み込まれて行く、

砂の城のようにもろく崩れて

いってしまう。


占術の先輩がたからいただいた、

古き巧妙な技法を

自分の心の中に刻み、

新しい時代にあったものを、

引き出して、後輩のみなさまに、

受け継いで行くのも、

今を生きる私達の役割なのでは、

ないかと思います。


明日も、元気にお会いいたしましょう!







[PR]
by sanrueru | 2015-01-20 18:00 | Trackback | Comments(0)