「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

f0201297_20480029.jpg


みなさま、こんにちは!

今日は、涼しい秋風の吹く、

気持ちの良い午前中でしたね。

いかがお過ごしでしょうか。


先日、会報を月箱さんに、

納品予定でしたが…。

バタバタしていたら、

うっかり、営業時間を

過ぎてしまい、昨日の夜⭐️

郵送にて納品いたしました。
m(__)m

本日の夕方には、着く予定でして、

明日には、お店に並んでいるのでは

ないかと思います。

f0201297_20192965.jpg

今回はの納品の部数は少なめなため、

売り切れたらごめんなさい。

宜しくお願いします!


また、古本屋さんでの仕入れは、

あまり、お眼鏡にかなう、

安くて学びの深い良書の古書が

見つからなかったため、

今回は、古書籍の納品は、

先送りと致しました。
m(__)m


また魔術堂さまには、昨日より

入荷販売とのTweetがあり、

無事お送りできたこと、

安心いたしました。


魔術堂さまのサイトの方にも、

さっそく「旅猫倶楽部」

2015年10月15号の

目次と表紙をおのせいただいています。

有り難うございました!


さすが!

魔術堂さま、仕事が早い!
(笑)

感謝でございます🌸


「旅猫倶楽部」は、このように、

会員さま、原稿をお載せいただく

先生がた、店舗に快く、

置いて下さる店主さま方。


たくさんのみなさまの

ご協力で作られています。

有り難うございます!


話は、今日の本題の

「開運術&占術雑話」にかわります。

お昼休みに、新宿のうどん屋さんから、

ブログUPでお時間が押しています。(笑)


どんどん行きますね🌸

最近うどんにハマっています。

うどんのような炭水化物の

食品は、四柱推命では土の

五行の食べ物。


しかも、

身強に、サイド比劫が回ると、

太りやすいのです。(笑)


先日もTwitterに、

「ぽっちゃりしますよ。(⌒▽⌒)」と

コメントを下さった、

命知らずなお方がいましたが…(笑)
(−_−#)


前半の、強力な編官に剋され、

痩せ細ったので、

ちょうどよいのですよ。
(笑)

今年の照葉の運勢は、

四柱推命では忌神の空亡年、

天剋地冲の2015年後半で

ございまして…

何が起きてもおかしくない、

妖怪さまオンバレードのような、

凶運なため。(笑)


後半になり色々と、

ビックリアクシデントが

起きてきますが…。


なんとか、無事に会報を

継続発行させていただけるのも、

吉方位への旅猫が、開運に

導いてくれているお陰かな?(笑)

と、感謝であります。
^_^


開運術は、きちんと四柱推命のような、

命の占術で、自分を知り

的確に使ってこそ、

実りも大きいものです。


また、開運術には自分に合った

ものと、そうでないものがあります。


私自身には、奇門遁甲よりも旅猫方位術。

折符より呪符&香りの方が、

効果が高いように思います。


他の人は、逆に、

奇門遁甲呪術・折符にて、

絶大なる効果を出している方も、

たくさん見受けます。


どちらがあっているかは、

その効果を検証すれば、

よくわかるのですが…。


卜占、私はタロットの択一で

どの開運術がその方にあっているかを、

見極めます。


開運術との相性は、

命術で見るその方の、性質や

利点、弱点などで、

決まってくるような気が致します。


2015年後半の目標は、

いかに凶運を開運術により、

吉運に変えるか🌸

これは、なかなか楽しい挑戦で

ございます!


占術家は、凶運で転んでも、

ただでは起きないのであります。(笑)


特に、財帛宮=貪狼自化禄の照葉は、

大きく転ぶと、その倍に吉運が

訪れるので、転ぶとその時は、

痛い(T ^ T)けど〜。


その後の吉運の倍返しを、

楽しみにしています。
…( ̄▽ ̄)…


今日は以上です。(笑)

明日も元気にお会い致しましょう!











[PR]
by sanrueru | 2015-09-30 12:24 | Trackback | Comments(0)


f0201297_16020094.jpg

みなさま、こんにちは!

昨日、本日と「旅猫倶楽部」の

会員さま方から「届いたよ!」

メールをいただきました。

有り難うございました!


また、さっそく2016年度

会報更新のお手続きが、

「完了致しました!」

の継続会員さまからの

ご連絡など…


長年「旅猫倶楽部」を愛読下さい、

有り難うございます。

感謝でございます!

今後とも、

末長く宜しくお願い致します。
m(__)m


只今出先なため自宅に帰りましたら

返信のメールをさせていただきます。
m(__)m


PCメールの受信が携帯から確認

できるのですが、

送信がうまく入らない場合があり、

重要なメールは自宅のパソコンから

お送りしています。


返信、お待たせしすみません。

宜しくお願い致します。


「旅猫倶楽部」2015年10月第15号は、

一冊ごとの販売をしていただいて

います。


「魔術堂さま」には、

多分、今日あたり郵送納品が

届いているのではないかと

思われます。


「月箱さま」には、

明日、直接お店に行きまして、

納品予定でございます。


月箱様には、照葉桜子お勧めの、

東洋の占術秘伝書古書と、

西洋書籍古書を置かせて

いただいています。


お目が高い方に、密かに、

買っていただいているようで、

有り難うございます!


占術書籍、ぜひ学びのお役にたてて

可愛がってあげて下さいませ。


今日は明日納品するための、

占術古書を探しに、

古書店にこれから

行ってまいります。


月箱さまの、照葉桜子の販売箱の

納品は内容は、

明日以降の、ブログにUP予定で

ございます。

お楽しみに〜🎶


今日は、以上です。


明日も元気にお会い致しましょう!





[PR]
by sanrueru | 2015-09-28 15:52 | Trackback | Comments(0)

f0201297_13541716.jpg


f0201297_14062121.jpg


f0201297_14022645.jpg


「薔薇は、蕾から花が開いて行くに従い、絶妙な色の移り変わりを私達に見せてくれる。人の心や、一生に起きてくる現象もその変化を通して熟成完成されていくものなのではないかな。

だから…失敗は成功のもと。たくさん失敗すれば、その分たくさん成功し、だんだんと山の頂上が見えてくる。失敗を恐れて山に登る挑戦をやめてしまうことが一番悲しいかな。薔薇の移り変わりの世界を眺めながら…そう思う。」


みなさま、こんにちは!

今日は地方へ、

仕事も兼ねた旅猫をしています。


最近お気に入りの、

ネリの星空を聴きながら、

電車に揺られて…(笑)


この歌を聴くと、

自分の中に溜まっていた

何かが昇華されていく

気がする。(笑)


先日、昨日と。

池袋や新宿にて、

タロット、西洋占星術などを

お教えして来ました。


西洋占星術では、かなり細かい

個人の心のくせなどかわかるので、

友達同士の事、

家族や夫婦・恋人の心理を

より深く理解する為に、

優れた占術と言えます。


西洋占星術とタロットを

両方みてみると、

多角的な視点から、

立体的に個人を把握出来るため、

とても興味深い事象が

よみとれます。


とくに、愛情の問題は金星と火星

などを中心にみます。


季節が🍁秋へと変わるこの時期は、

なぜだが…

鑑定は恋愛占が多いですね。
(・◇・)/~~~


春よりも、秋の方が…

ロマンチックな恋愛の、

実る季節なので

ありましょうか…
^_−☆


タロットや西洋占星術での

鑑定は、東洋占より、

細かな機微がわかりますね。


先日の授業では♒︎・♌︎の金星.火星

などについて

お話をいたしました。


私も、火星が♒︎なので、

その世界はよく理解出来ます。


金星が♒︎の女性は、愛情の視点が

サインとしては最後の方になる為、

考え方も広く形にこだわる事なく、

個性的と言えます。


それは、幅広く多数の異性や、

同性にも向けられる愛情。


その為、対象がなかなか、

一人の小さな世界には向きづらい。


本人には、悪気はないのだけれど、

結果や現実におこる現象として、

なかなか1対1で向かあう、

スタイルの結婚という、

枠にははまりズラいと

言えるでしょう。


それば、♊︎や♎︎の風のサインの

金星・火星全般に言えることかも

しれませんね。


逆に、水のサインは感情を通して、

地のサインは物質と生活を通して、

1対1で向かい合うサインです。


活動・固定・柔軟のスタイルで

想いを形にしていきます。


火のサインはよくも悪くも、

自分の為の他者となる。


自分が…

相手と一緒に、

精神的、社会的、知的に

向上し得る相手しか選ばない。


なので、火のサインの金星・火星の

お相手を持つ方は、あまり

のんびりできないのですよ。(笑)


いつも、キラキラ✨と、

自分が向上し続けなくては、

飽きられてしまうかも、

しれませんね〜。(クス。)


金星は、

女性では、その与える愛情。

火星は、

横にいて欲しいと望む異性と、

愛情表現。


また金星は、

男性にとっては、美しいと

感じる異性と、好む愛情表現。

火星は、所得能力とエネルギー

そして男性らしい奪う愛情。


あなたの世界に光を灯した、

心に残る人は…

どのような、

表現の感情を持っているのでしょうか。


また、どのような表現を愛を好むのでしょうか。


金星・火星は、

そのサインに心の形や感情を

表現できると言えます。


例えば、火星が♒︎、

金星が♏︎の女性ならば。


多様で個性的な複数の

異性及び同性に向けられる、

広く深い支配的な友愛。

となるでしょう。(笑)


冥王星の…

ウランやプルトニウムの

ような大きな影響は、

相手の性質に科学変化を与え、

よくも悪くも、変化を即します。


また、火星が♈︎で、

金星が♊︎の男性ならば。


複数の異性と紳士的な

知的交流を望む、

好奇心大勢なやんちゃな男性。

となるでしょうか…(笑)


そして、火星が♍︎で金星が♓︎の

男性であるならば、

守ってあげたいタイプの

可愛らしい女性を、

まめにエスコートしてくれる

優しいナイトになることでしょう。


誠実な愛を求めるなら、

火星が地の落ち着いた方を

選ぶとよいでしょう。


そのつくる座相にもよりますが…

火星が風や火の男性よりも、

金星が風や火の女性の方が、

家庭に落ち着きにくいと言えます。


また、とくに金星のサイン

として不利な、

♈︎・♒︎・♌︎・♏︎は、その傾向が

一層強くなります。


人の性質はとても面白い。

ホロスコープから、人物像を

よみとり噛み砕いて

お伝えする時の、

お客様や生徒さん達の

瞳には、キラキラ🌟と、

興味深い輝きがみえて、

私はこの瞬間が

一番好きかな。(笑)


星の言葉を人にお伝えするのは、

天と人とを結ぶ通訳のよう。


そして、物事の根底に流れる、

摂理を知ることが、本当に、

飽きずに面白い。


飽きっぽい、照葉が

占術家を25年以上も

永く続けて行けるのは、

この人に対する興味からかな。



今日は西洋占星術雑話でした。

以上です。


次回の西洋占星術雑話では、

せっかく秋なので(笑)、

恋愛と金星・火星の座相について、

お話ししてみたいと思います。


明日も元気にお会いいたしましょう!











[PR]
by sanrueru | 2015-09-26 14:10 | Trackback | Comments(0)


f0201297_17125344.jpg


みんなさま、こんにちは!

久々のブログでございます。

秋風の涼しいシルバーウイーク、

いかがお過ごしでしょうか。


秋の季節変わりは、いつも新しい

物事がはじまり、

新しい出会などもあり、

ドキドキの季節であります。(笑)


西洋占星術での、私の一年の切り替えは、

10月末になるため…

9月は毎年古いものが終わり、

10月からの新しい目標の為の、

準備期間となり、心は…

なんだか、ワサワサとしています。
(*‘∀‘)


本日「旅猫倶楽部」

2015年10月第15号を、

無事発行いたしました!
(・ω・)ノ


現在ほぼ半分の部数の印刷が終わり、

後は、封筒に詰めてシルバーウイーク空けの

24日(木)の朝に郵便局より、

全国の会員様の元へと郵送いたします。
m(__)m


多分、6日もあれば9月末日には、

遠い西日本や東日本の会員様にも、

届く予定であります。

どうぞよろしくお願い致します。


秋より、新規会員様も入られて、

一層賑やかな「旅猫倶楽部」と、

なっております。


ただ、いつもは住所を、

シール印刷していましたが

今回住所印刷が、うまくいかず…。(泣)


照葉の手書きて一つづ、丁寧に?

皆様のご住所をお書きしていて、

それに、一日ほどかかってしまい。(汗)

かなり膨大に、時間をロスしたので…
(/・ω・)/


2016年1月号は、もうちょっと、

早めに印刷したいかなと、

思います。(笑)

f0201297_17072608.jpg

今回10月号は、薔薇の花達に、

表紙を飾ってもらいました!


毎年、四季折々に会報に載せる、

花の写真を撮るのが楽しみですね。


これで、やっと。

ブログがゆっくり書けるかな~♪


では、これからまた移動~♪

です。(笑)


以上であります。

明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪

f0201297_17100732.jpg


[PR]
by sanrueru | 2015-09-22 17:00 | 「旅猫倶楽部」占術会報 | Trackback | Comments(0)


f0201297_12201939.jpg

f0201297_12195979.jpg
「秋の花や果物が、お庭に色づいてきましたね。早く秋バラが咲かないかな〜♫」


みなさま、こんにちは!

秋の風が涼しい今日この頃、

いかがお過ごしてしょうか?


会報がだんだんと、出来上がり、

あとは旅猫カレンダーの

表のみとなりました。


ただ…

この表が何度も何度も、見直すので…

手間がかかります。(笑)


でも、楽しみにして下さって

いる生徒さま。

購読会員の皆様、

一生懸命原稿を書いて下さる、

先生方。m(__)m


照葉が忙しくなってしまい、

一人でななかなか手が回らない為、

会報作りを手伝って下さっている、

生徒さんや、知人の方々、

専門家の方々。


みなさまに感謝して、コツコツと

一生懸命作らせてもらっています。


社会での役割があるのは、

ありがたいなと思います。


よく、仕事を占うと、

水風井の九五や、上六がでます。


今でこそ、水道が発達し、

家庭まてお水を届けて

もらえておりますが…


昔は、井戸まで水を汲みに

行くのが、一日の始めのお仕事

でありました。


オアシスもそうですが、

水があるところには、

自然と、人が集まり、

市場なとの物やお金の

流通の中心となります。


風水などでも、その土地の水と風の

動きでその場所が繁栄するか、

衰退するかが決まります。


井戸のような水辺は、

たくさんの人に、便利に

使われてその社会的な

役目を果たす。



清らかな水がいつもかわらず、

懇々と湧き出すから、

みんなに喜んで使ってもらえ、

また、井戸の周りの修理や、

井戸の価値が高まる。


いつも鮮度の高い水=高い占術知識を、

みなさまにお届け出来る、

旅猫倶楽部で在りたいな。

と思う今日この頃です。


また、色々な個性を、

一つの「正しい占術を学ぶ道」に

まとめ、会報と言う形で、

社会に発信出来たら嬉しいですね。


社会には色々な人がいます。

旅猫倶楽部にも、色々な個性の

猫たちがいます。


でも、だからこそ面白い。

私が紫微斗数が好きなのは、

個性豊かな星が多いから。


私は吉星と言われる星よりも、

凶星と言われる星の方が、

時と場合によっては、凄い力を

発揮するのではないかな。

と思っています。


それを取り仕切る、紫微や

天府の組織力が良ければ、

凶星も知恵と技術の高い、

頼りになるお助け、騎士さまに変わる。


井戸に集まるみなさまに感謝して、

いつも綺麗な尽きることのない、

水をみなさまにお届けしたいです。


そして、いつも変わらず、

同じところに不動にあって、

便利な、占術家でありたいです。
(笑)


そうそう!

話しは変わりますが。

昨日、四柱推命の自分の命式を

みていて、感じた事があります。


「喜忌は動く」

命式においてのバランスは、

大運と年運の回る季節によって、

細かくかわります。


例えは、土多な私は、

基本土の比肩、刧財は忌神

ですが、辛が用神なので、

激しく強い火が周りに

現れる夏の周りは。


金を溶けないように守る、

湿った土や、乾いた戊の山でさえも、

日影をつくり、暑い夏の大気から、

己=我と、辛=用神を

守ってくれます。


また、強い木が回れば、

仕事のハードさを補い、

私の代わりとなり、

溢れる仕事を手分けして、

やってくれる頼りになる、

比肩・刧財となります。


水の回りの冬は、

土同士で太陽を奪いあうため、

土の比肩・刧財は忌む。


金の回りの秋は、金を

増やしすぎてしまう為、

土の比肩・刧財は忌む。


土の回りの土用は、

もちろん、土だらけになるため、

土の比肩・刧財は忌む。


となります。

火の回る夏まわりは、

周り横並びの方々と協力して、

お仕事をすることが増え、

私の横は…


自分のチビちゃんの己に対し、

戊の山のお兄ちゃん、

お姉ちゃんのような力のある

方々が多いため、この時期、

とても助けられています。

感謝でございます!


その努力の結果が、

来年の空亡明けの、

2月以降。


丙の印綬の時期に、

でてくるのではないかと、

今から楽しみです。


さてと、またコツコツと、

表とにらめっこがんばりますかね。


旅猫倶楽部、2015年10月第15号は、

9月の末日までに、ご自宅にお届け

いたします。


お楽しみに〜♫


今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう〜♫






[PR]
by sanrueru | 2015-09-13 12:19 | Trackback | Comments(0)

f0201297_1210843.jpg



みなさま、こんにちは!

久々のブログです。


9月に入ってバタバタの毎日、

いかがお過ごしでしょうか。

昨日の雨、大変でしたね。

異常気象が続きます。

川のお近くの方々は、

さぞかし大変だったことと思います。

<(_ _)>


このように、自分では予測不可能な、

災害のおきやすい時代は、

命と卜そして、開運術をきちんと、

使いこなして自分を守っていきたいですね。


命で、自分の年運を知り、

タロットや卜で大運や年単位での

災害運を看ることは、

とても有効な判断となります。


私もおお雨の日の帰りの電車の選択は、

真剣にタロットを手の中で、

展開していました。(-ω-)/


自分の事を看る時は、余計はずせませんね。

四柱推命では空亡忌む神の年なので、

真剣です。


そうそう、今日は読書感想文!

という事で、新書の四柱推命書を、

手に入れたので、早速読んでみました!


今日も、お得意の自分ネタの命式雑話を

交えながら、読書感想文を真面目に書いて

行きたいと思いますね。(笑)


修訂「四柱推命」加藤普品著 東洋書院出版

の写真の書籍の読んだ初めの感想は、

「四柱推命技術がぎっしりの、お宝な本だ…!」

でした。(笑)


きっと元の、

加藤普品先生の深い四柱推命知識が、

とても生き生きと伝わり、

天才的な編集の技と、

出版社のセンスの良い本作りの

技術が生きている大変な、

良書であると思いました。


初歩の基礎知識もわかりやすく作られ、

四柱推命を全く知らない方にも、

読みやすいかと思われます。


また、私が個人的に、

とても気に入ったのは、

外格について、細かい占例を入れながら、

分かりやすく解説してあって、

このように外格を細かく扱っている本は、

なかなかないですね。


そして、私は四柱推命を

中国や台湾の一般的な四柱推命、

韋千里先生や呉俊民先生、

日本の阿部泰山先生の書籍に学びました。


なので、シンブルな扶抑と調候の、

四柱推命が好きでした。


そのため、「格」という、

月支を用神に関する技法には、

自分の命が陰日生まれの、

月支劫財ということもあり、

格に入らない命がある事が、

あまり納得がいきませんでした。


しかし、この加藤普品先生の

「四柱推命」を読み「正格」の

技法説明にとても、

納得が行きました。


私の場合、日干が陰干の身強の為、

月支の劫財は忌神となり月支は、

格にはなりません。

年の天干にある、

辛の食神を格とします。


また、この辛は月支の戌・

日支の丑・地支の申に

強く通根し強いです。


また、時の天干壬とも相性が良く、

土が多くても、埋まることなく、

その輝きを失いません。


加藤普品先生の「四柱推命」には、

「格の條件と効用」の事が詳しく書かれており、

例えば、私の土金の「食神」は、

「能文多才、歌舞音曲を好むが、利に敏い面があり、

水の財を喜ぶ。」とあります。
(※「四柱推命」加藤普品著より引用)


また、「格の機能と効用」の欄には、

「身強にして食神が旺じる名は、財をみるを喜び、

これは子は孫を生じるといい、子孫繁栄し、

老年の豊隆を主る」とのことです。
(※修訂「四柱推命」加藤普品著より引用)


ただ…

私は、晩年には夏周りが来まして、

偏印が回る時期となり、

「火の偏印に逢えば、文書の失敗あるいは火災に注意。」
(※修訂「四柱推命」加藤普品著より引用)

とありました。


確かに、昨年からの火の年運は、

なかなかブログが書けなかったな~。


でも、そんな時は食神より鋭い、

「時支」に埋まっている、

傷官を上手く使おうと思います。


辛は火の弱く水を好むので、

水・金・土の大運・年運には「辛の食神」は、

有効でありますが、

火・木の大運では、

火と木に強い「庚の傷官」を

使います。


土多の私は、食神・傷官ともに、

喜神なんのでどちらとも活用可能ですが、

本来の命式が、土多の水・金しかない、

田んぼのような命なので、

木と火がないと、庚はさびるるし、

水を含んだ日干=己とは、

相性がよくありません。


でも、土がからからに乾き、

春・夏で木が生えやすい、

木・火周りの時期は、

辛は焦げて役に立たず、

逆に強く有能な、庚の目下や子供に

すべてをお任せするのが、

良いのかもしれませんね。


「土金の傷官は、育秀といい、

自己をよく恃すること高く、

教化徳育の才能が豊か。

水を見れば、事業に才能をふるい、

土が厚ければ木の官星と、

盗む金が多ければ、

火の印星を喜びます。」とあります。
(※修訂「四柱推命」加藤普品著より引用)

ただ…

「身が強く傷官が用となる命は、

本来官を傷つけるので、

他に随従するとこを嫌い、

自立精神が旺盛にして、

その経論大才は、

よく風雲に乗って大発しますが、

ややもすると手段を選ばず

自己の所信を強行し、

人を見下して強烈な皮肉を飛ばす

性質があります。

もし命式中に財星があれば、

その剛強鋭利の気を化し、

円満な人格が形成せれて、

自然富貴となります。」
(※修訂「四柱推命」加藤普品著より引用)


財星があるため、よかったのですが…

「強烈な皮肉?」には気をつけたいですね。(笑)


特に、男性に対し辛口かもしれませんね。

女性にはとても優しい方かな。
(*´▽`*)

女性は、可愛いので~♪


という事で「四柱推命」

興味深く読ませていただきました!


この本「お宝だ…!」と感じた意味を

お伝え出来たでしょうか。


加藤普品先生の四柱推命の

深い学びや知識、

東洋書院さんの本作りの高い技術と、

編集者の才能に脱帽でありました!


ぜひ、「四柱推命」加藤普品著を読んで、

四柱推命の奥義を知り、

自分の良いところ、

仕事や人生に於いて使えるとこと、

逆に使ってもうまく使えない所など。


そして、自分に有用に動いてもらえる、

六親五類などを知って、

人生にぜひ、役立てていって

ほしいと思います。


修訂「四柱推命」加藤普品著は、

下記のリンクより、

東洋書院さんのホームページに

飛べますので、

是非、購入し読んで下さいませ。↓

東洋書院 ホームページ


ネットが不得意な方は、

東洋書院の電話へ 03-3353-7579へ。
(こちらが正しい番号です!間違えないように!おかけ下さいませ。<(_ _)>)

※土日はお休みらしく、
出来ましたらお電話は、
平日の10時~12時及び、
13時~18時の間ですと
つながりやすいかと思います!


以上。

またの「読書感想文!」を

お楽しみに~♪


明日も元気にお会いいたしましょう~
[PR]
by sanrueru | 2015-09-12 14:23 | 読書感想文 | Trackback | Comments(0)

f0201297_115995.jpg

絵と素材提供:四季の素材 十五夜さま 
f0201297_7312898.jpg




みなさま、こんばんは!

夜中の雨ですね。

昨日は一日しとしと降っていましたね。

今日のお天気はどんなかな?


本日は夜遅く帰り、

明日も早いため寝なくては、

いけないのですが…


もう、数時間しかないため。

ちょっと、ヤケクソで。(笑)

ブログでも書いてしまえ~♪
( `ー´)ノ

と言う勢いです。(笑)


睡眠時間が、極度に減ると

それに比例して、

ちょっとハイテンションに

なるのかな?


このところ連日の為。

そろそろ、明日はどこかで

仮眠をとらないと。

やばいぞ〰。


と言っても、だいたい

電車の中でなのですがね。

隣の方が、迷惑そうです。(笑)


9月は、やや妖怪大行進の月のようで。

毎年、3月・6月・9月・12月は、

数か月の穢れが溜まり、

仕事や、人間関係のごたごたが、

出やすい月となりますので、

気をつけたいですね。


ここで、少しガス抜きをしておくと、

いろいろなものがクリアになって、

汚れが溜まらないように、

毎日お掃除するかのように、

快調となります。


ただ、日頃から…

いろいろなものをため込んでいる方は

ご注意を!


問題が、下水管が破裂したように、

ドロドロが…

吹き出してくる恐れが~!
(/・ω・)/


そんな時は、ぼろ雑巾を詰めて、

応急処置です。(笑)


心をいつも、聖水の湧き水の如く

クリアに保てていれば、

一時的に水がよどんで、

濁っても、美しい湧き水の

滾々と尽きない流れは、

数分で、ドロドロ(笑)を

洗い流してくれることでしょう。


そのような状態で、9月を

乗り切りたいですね。(笑)


みなさま、お気づきになられましたでしょうか。

何故だか、この不穏な3月・6月・9月・12月は、

会報の発行月の前の月となり・・

いつも、ぎりぎりに発行している


照葉は、PCのデータが飛んだり。

PC壊れたり・・・。

忙し過ぎて、照葉の頭のPCが、

壊れたり(-_-メ)…。


色々と大変な月を乗り越え、

今までに、第14号。

何とか無事発行して、

来ましたね。(笑)


2015年の9月は何が起こるのかな?

楽しみであります~♪ 
( ̄▽ ̄)

さて、1か月頑張らないと。


乗り越えた時の、

フィニッシュのうれしさが、

タマラナクテ。


日や努力の日々であります。


昨日久しぶりに行った、

お寺。


大きい塔を眺めながら…

あの時こんな思いで、

ここに来たな~。

とか…


今とはまた全然違った数年前の自分。

時間がたっても、なにも変わらず、

この塔は立っている。

自分も自分の周りも、人も、

変わるけど、変わらないものが

ある。


変わらないものがあるという安心。


そして、これはきっと、

私の生まれる前からずっと…

そして、死んでからもずっと…

きっとここにある。


大きな時の流れのような気がするけど、

この塔から見たら一瞬なのかな。


大きなものを見つめると、

人は小さな悩みなんか、

どうでもよくなる。(笑)


自然に会いに行くのは、

そんな大事な意味が、

あるような気が致します。


私が、「旅猫倶楽部」を

頑固な職人のように、

手作りで真面目に作って

いるのは、たくさんの人に、

自然と言う大きな世界に、

会いに行ってほしいから。


そして、生きて行くヒントを、

たくさんもらって来てね。


と思う。

自分もそうだったから。


そう、ここにも真っ白い自然が、

3匹寝ている。

猫も、私も大自然の一部だね。


動物はとても潔く、

美しい。


美しい自然達と暮らせる幸せ。

ありがたいなと感謝です。


さて、頭のねじが飛ぶので…

2時間ほどねるかな。(笑)


では、とりとめのないブログ

終了であります。


お休みなさいませ!


明日も元気にお会いいたしましょう~♪
[PR]
by sanrueru | 2015-09-04 01:11 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

9月1日(火)「幸せ」

f0201297_22075133.jpg



みなさま、こんばんは!

久々のブログであります。


たぶん9月も、忙しく。

ブログ、中々書けないかもです。
m(__)m


今日はなんか楽しい事があり、

仕事中に、

ニコニコ(⌒▽⌒)ニコニコ

していたら…

みんなに、気持ち悪がられて

おりました。(笑)



頑張っている方に、お仕事で

成果がでて来た兆しがみえ、

自分の事のように嬉しかったです。(笑)


自分が自然体でいて才能を伸ばし、

本性に合った役割を持つ事。


人生の幸せとは…

そんなところにあるような

気が致します。


女としての幸せ。

男としての幸せ。


色々あるけれど、

その人に合った形でなくては、

なんだか、窮屈ですよね。


自然のサイクルは不思議なもので。

その人に合った幸せを与える、

気がします。


ただ、不器用でも自分らしく

生きている人、限定で。(笑)


不自然や、人の真似をしたり、

自分らしくない道を

歩いていると、

いつまで経っても、

才能開花という、

ゴールにはつけない。


雨の日も、風の日も…

嵐の日だって、自分の弱さと

向かい合いなから、我が道を

周りを振り返えらずに、

まっすぐに歩く。


長い長い、自分だけの道。


苦労の甲斐は必ずあって、

自分の良さが伸びて広がる。


才能の花が「ひまわり」のように、

大輪の花を咲かせる方もいるし。


紫陽花のように、たくさんの

マルチな能力を、器用に咲かせる

方もいる。


あなたは、何の花になるのかな?


そんな、不器用だけど、

純粋な生き方をされている、

方をみていて、

私も色々な事に気がつき、

勉強になった一日でした。


本当に、よかったね〜♬


今日は、以上です。

明日も、元気にお会い

致しましょう!
(^o^)/




[PR]
by sanrueru | 2015-09-01 22:05 | Trackback | Comments(0)