「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

「西洋占星術雑話」

f0201297_09564298.jpg

みなさま、こんにちは!

今日は一日雨ですかね。


本日は、11時から

やや遠くの地方へ授業へ、

出張予定です。


なので、朝は少しのんびりかな。

始めていく街で、

今からワクワクしています。


知らない町を訪ねるのは、

とても楽しいですね。


風景や山や川そして…

花と草木。


その土地々に咲く花も、

風の香りも違っています。


その場所にある大気を感じる。

雨の日は特にそうかな。(笑)


雨の日は、びちょびちょになりながら…

花の写真を撮ります。

晴れた日とは違った顔をするから。


人もそうですかね。

困難に耐えて頑張っている人の、

横顔は素敵かな。(笑)


でも、私は被写体は花や自然が

好きなかな。


なんでかな。

人を撮るとその人の、

すべてがわかってしまう様で、

なんか怖いからかな。(笑)


職業病だね。

人を看る事を訓練し過ぎているからな…

無意識に人の写真を撮ると、

みてしまうのかもね。


胸に秘めている想い、

とか今までの苦労とか、

悲しみとか。


なんだか、人は光の記憶よりも、

黒い沁みのような強い感情の方が、

体に残るのかも知れないね。


なので、あまりストレスを体に

ため込むと病気になるよね。


なので、写真は自分の心に

たくさんの光を入れてくれるから、

自然や花を撮る。


花の美しさは、「光」そのものだから。(笑)

今日もたくさん…

雨に濡れた花達を撮って

元気をもらいました!


また、この「光」を会報に載せて、

皆様におすそ分けいたします。
<(_ _)>


と余談が長くなりましたが、

今日は「西洋占星術雑話」です。


あまり、雑談ばっかり書いていると、

飽きられちゃうからね。(笑)


あ、そうそう

今年の11月くらいに、

「西洋占星術&タロットと、

あともう一科目」を含めた、

3教科の12回講座をやりたいかな。

と思って、今企画しています。


他に、目標夏までに、

仕上げなければいけない、

2つの研究課題と創作的なお仕事が、

入っておりまして…。

それもあるし、

「ど~しようかな~。」


と思っていたら…。

昨日、ある破壊現象があり(汗)


これは「やれ!」の強制命令だな。

とか思いました。(笑)


10年前くらいに

お世話になった東洋書院さんで、

「タロットリーデング講座」を

やった時も、迷いながらだった

けど環境から固められて、

ありがたくやらせていただく、

ことになっていて、

それと今回も似ているかなと。(笑)


結局2年近くやったのかな。

あの時は、色々な種類の

タロット展示とか、

やっていて、みんなで

タロットたくさん並べて

楽しかったな~♪


と…

話が、だんだん西洋占星術雑話から

脱線していくので、

戻しましょう♪


あ、もう11時になってしまった~。
( ̄ー ̄)❀

続くは湘南ラインの中で書くかな。


今日も雑談で終わる…。
(^-^;


またのブログをお楽しみに~♪






[PR]
by sanrueru | 2016-04-28 11:00 | 西洋占星術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_19484777.jpg



みなさま、こんばんは!

今日は風が少し冷たいですかね。

いかがお過ごしでしょうか。


最近は、海外の書籍を

知人の女性と一緒に読んでいて、

たくさんの知らない言葉や表現に、

にワクワクしています。


未知の領域の言葉が、

何が書いてあるかわからない

ところから…


素敵な心に響く言葉を

たくさん見つけると、

なんだか宝探しで貴重なものを、

発掘したかのようで時間を忘れます。


それは、タロットカードを展開し、

「未来はどんな現象が、

待っているのだろう!」

「現在はどんな状態に、

なっているのだろう!」

ってワクワクしながらカードを、

裏返す時と似ています。(笑)


少し、直訳でよいので、

翻訳の勉強がしたいかな、

と思っています。

そうすれば一人でたくさんの本が、

読めるから。


飛行機は苦手だけど、

いつか一人で海外に行って、

たくさんの本を買ってきたいかな。
(笑)


もちろん本を買う時は…

天性の価値のあるものを、

かぎ分ける感と…

タロットちゃんの択一か、

サイコロ振って易を立ててみますがね。
(^_-)-☆

不思議と良い買い物ができます。


人と行くとたぶん飛行機の中で、

迷惑かけるので。(笑)

行くときは一人がいいな。


その時はもちろん、

旅猫吉方位カレンダーの、

大大吉を使いますがね。(笑)


照葉が、一人で海外に

行けたゾ!って、

人体実験でその良さが実証でき、

より会報が売れますね~♪


やらなくてはいけないことが、

たくさんあるのに、

やりたいことが、

満載で困りますね。


漢文の本と英語の本を両方、

翻訳するには…

今から勉強して、

どのぐらいかかるのだろうかな。


別に自分だけで読むので、

大体の意味がつかめればいいのです。


東洋系の…

ほぼ全ての科目の占術の本と…


西洋占星術の占例の英語の

本がたくさん読みたいのです。


今は東洋占は、

「人相」と出生時間を使う、

細かい「命術」に興味があって…

「人相」は前に少し訳して

会報に載せたので、

その続きを載せたいな。


ここ3年ほど、

お人のお世話ばかりで、

自分の勉強ができなかったな~。

なので、今年は自分の為に

たくさん勉強したいな。


ということで、

今日もだらだら~。

ブログでした。

以上です。


明日も元気に

お会いいたしましょう~♪











[PR]
by sanrueru | 2016-04-25 19:52 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_10465749.jpg
「スズランがたくさん可愛く咲きました❀」


みなさま、こんにちは!

今日は雨ですね。

いかがお過ごしでしょうか。


平日はなかなか忙しくて、

家にいられないため、

ゆっくりパソコンの前に

座っていられないです。


なので、今日は珍しく、

調べ物をしたり研究書を読んだり

自分が占術の勉強をするため、

新ゆり~Schwarze Katze Hause〜

に缶詰になっております。


会報の発行や、その他の文書の作成など、

やることが満載でなんだか焦るけど…

今日の雨と薔薇と緑を眺めていたら、

なんだかこの時間が幸せだ~。
(笑)

f0201297_10472821.jpg
「レモンバームも元気にすくすく伸びています。」


今日は、中国の歴史書などを

調べながら読んでいます。


占術の歴史を築いた仙人の

生き方をみていて、

男だったらな~。


こんな風に生きたいな。

とか、思ったり。(笑)

しております。

記憶力が鶏なみでは…ダメかな。(笑)


でも、お婆さんになったら、

隠者のように、家にいて

研究とその論文などを

書いていたいですね。


算命でみると…

照葉は中年運は「天印星」を、

持っていますので、

キラキラ✩な大人赤ちゃんキャラです。


f0201297_10482126.jpg



たくさんの人が寄って来て、

助けられる代わりに…

キラキラ✩なよいエネルギーと、

神からの啓示を、

お返しにお伝えしています。


でも、赤ちゃんは機嫌がよい時は、

キラキラ✩オオラ~。

ナノですが…


ご機嫌がわるくなると、

ぐずったり、大泣きしたり、

うるさく騒ぎ出したりと…

めんどくさくなりますね。(笑)


でも、すぐ機嫌が直り

ニコニコ☀です。


なんだか落ち着きなくて…

ドジしても「しょうがないなぁ。」と

憎まれないお得な運勢ですが…


晩年は「天庫星」が回るので、

人生ががらりと変わり、

一本気に自分の信じる道を生きる、

研究や探究の人生となる予定です。


学問や研究や技術、

家の先祖を守る落ち着いた、

可愛いおばあちゃんに

なるの計画ですが…。

どうでしょかね。(笑)


話がそれたのでもどしますが…

仙人は、生と世界の流れを超越し、

国の動きから人の人生の流れなど、

人には見えない運命の動きを

全て把握できるのかもしれません。


そうしたら人の織り成す社会の規律や

枠組みなどは、なんだか馬鹿らしく

見えるのだろうな。


自然の強大な流れに、

人はなすすべもなく流されていく。


でもその根底を流れるものを、

熟知していたならば…

宇宙の法則に精通していたならば…


目の前に起きてくること

なんてたわいのないもの

なのだろうな。

なんて思います。


朝から、PCに向かっていて、

少し飽きたので…。


今日も息抜きブログです。

「占術雑話 芸の肥やしⅡ(笑)」

以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪








[PR]
by sanrueru | 2016-04-24 10:27 | 開運呪法 | Trackback | Comments(0)

f0201297_19290469.jpg



みなさま、こんにちは🌸

今日はなんかはっきりとしない

雲行きですね。


いかがお過ごしでしょうか。

今日は午前中、横浜で仕事。


午後は、新ゆりの事務所

~Schwarze Katze Hause〜で、

タロットの授業でした。


占術は命も卜も、

変化をどう捉えるかが、

判断の決めてになります。


中医学の中には、

病気の判断・治療における

大事な言葉があります。


それは、私たちの占術判断にも、

同様ではないかと、

思えるのです。


「同病異治」

~同じ病気でも

違う治療方がある~


「因時制宜」

~時間によって病気の

抑え方が違い

そのタイミングによっての

治療法がある~


「因地制宜」

~環境や場所によっても

病気は変わっていく~


「因人制宜」

~人によっても

病気の出方は千差万別である~


この病気のところに、

人の性質や運命と入れ替えて、

同じように、

考えていくことができます。


占術判断が優れている方は、

その時その時にあった臨機応変な

角度から、判断ができる方です。


反対にマニュアルを守りすぎる方は、

応用が利かないため、

その人のその時期や、

その場所や、

その人間にあった正しい

判断ができにくい。


例えば、同じ病名でも、

中医学の判断は人によって違う。

年齢・体質・生活習慣・病気の重さ

それを無視して判断をすると、

大変なことになってしまいます。


なので、それはたくさんの、

事例の研究がその推察と判断の

ひらめきを助けてくれます。


占術技術は、

何度もそれを繰り替して、

技を習得していく、

職人技術と言えるでしょう。


紫微斗数であれば、

同じ命宮主星ごとに、

命盤をファイリングしてみましょう。


四柱推命であれば、

日干を十干ごとに10個に分け、

その10個のファイルをまた、

身強・身中・身弱

の3つに分けて、

研究してみましょう。


そうすれば、きっと、

いろいろなことがわかります。


西洋占星術は、太陽のhouseごとに、

12ファイルを作るとよいでしょう。


占術の勉強に終わりはありません。

よく、いつになればプロのなりますか?

と聞かれることがあります。


それはその人の才能と、

努力と研究と…

一番大切なことは、

命であれば、人に興味があり、

人を研究したいかどうかです。


卜であれば、未来に起きてくることが、

手に取るようにわかりたいと、

望むかどうかです。


私は対人を占い、

タワーが出ていても、

わざわざその人に会いに行きます。
(笑)

そして険悪でも、「やっぱりね。」

と納得。(笑)


でも、西洋占星術で、

星の性質に詳しいからと言って。

別にそれを悪用したりは

しませんけどね。


感情のままに、その時その時の、

気持ちのままに、

直観的に生きているので、

計算とか、策略とかは、

一番苦手とするところ。

めんどくさいし。(笑)


そのようなことは考えたことがない。

ただ、「どうしてこの方は、

こうなのかな?」

とか思ったり、だからこそ、

興味を持ったり致しますが。(笑)


「すべては、芸の肥やし。」

占術の研究が出来れば…

私にとっては、

それが一番大切なこと。


そこまでして、人を求めることも、

あまりないかな。


西洋占星術をやっている方ならば、

わかると思いますが、

月が牡羊座のゼロ度にあり、

とても単純なので。(笑)


おこっても、すぐケロッと、

忘れてしまうし。


昨日嫌いだった方も、

素敵なところを感じれば、

今日は大好きになるし。(笑)


もし執着する人があるとすれば、

それは自然が糸をつないでいる方だけ。

自分を成長させてくれる為に、

出会わせて下さった方とは、

それを学び終わるまで、

感情はどうあれ、

環境が関わっていくように、

仕組まれているらしい。(笑)


別に隠居して、陳希夷先生のように

占術の研究だけしていたいとか、

思う時もあるけれど。


それは環境が許さないみたいだし、

飛び回って動いているのが大好き

なので、閉じ込められたら、

出してくれ~!

なると思う。(笑)


人が私は好きかな。

人の中にきらりと光る、

光が好きかな。


真っ黒け~。

でも、一欠けらの

強い光があるとそれを、

何とか伸ばせないかな。

もったいないよな。

とか思うけど。


それはその方が好きで、

真っ黒けになっているのだから、

仕方ないしね。


ほんとは、全然似合って

いないのだけどね。


きっとそうしているうちは、

楽しいことなんて一つも、

無いのもわかる気がする。


自分に会わない世界にいるのだからね。

でも、それは自分で気がつかなければ、

いけない。


助けの蜘蛛の糸が垂れていても、

ぶちっと、自分で切ってしまう

方もいる。


他の魑魅魍魎に、

しがみつかれて、

重くなって…

糸が切れちゃったりして。(笑)


確かに、何年も何年も、

そうして来たのだから、

そこが居心地がよいし、

ずっそうして来た自分が、

間違っていたと思ったら、

馬鹿ッみたいだしね。(笑)


そこに、それを頑固に守りたく

なる気持ちもわかるけど。


変わらなくてはいけない時期も、

人にはあって、そこで変われないと、

一生そのままで、

いるのかもしれないね。


でもいつか、気がつく日が、

来ると思う。


近くに当たり前にいて、

守られている事は、

なかなか気がつかなかったりする。


なので少し考えてみるといい。

何が自分にとって大事なのかを。

それは人の意見ではなくて、

自分の心で。


色々な事は全て、

「芸の肥やし」

色々な事を体験して、

鑑定で出会うたくさんの

方達の事がよくわかるようになる。


悲しい事・つらい事・痛い事・

苦しい事・悔しい事…


その逆の、うれしい事・暖かい事・

感謝する事・謙虚でいる事・


上を向く事・光を失わない事…


一つ一つが経験で、

大切なこと、

一つ一つを体験させて下さる、

まわりの環境と人縁に感謝です。


「占術雑話 芸の肥やし。(笑)」

以上です。

明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪



































[PR]
by sanrueru | 2016-04-23 18:23 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

「六壬神課 恋愛占」

f0201297_17262850.jpg


みなさま、今晩は!

今日はお天気よかったですね。

いかがお過ごしでしょうか。


今日は、午前中は新宿で鑑定、

午後は北西方面で鑑定と、

断易の授業をしに、

行ってまいりました。


断易は利益の妻財や、

土地の問題父母などに、

強い他、商談や売買契約か

よくあたる卜占です。


かなり的中率が高いため、

鑑定の時には大変重宝いたします。

ただ、恋愛事などの鑑定は、

やはりタロットが一番ですかね。(笑)


電話が鳴り…。

何かと思えば、

大学時代の友人G君からでありました。


G君はもてる男なのですが…。

いかんせん優柔不断。

その為、彼女ができても、

すぐ愛想をつかされてしまう、

ちょっぴりかわいそうな、

キャラなのです。(笑)


本日も恋愛のご相談。

「ブログに載せていいからさ~。」

「見てよ。」と、こんな感じです。(笑)


まあ、大学時代に卒論や

テストの時のノートを

コピーさせてくれたりなど、

いろいろと手伝ってもらった手前、

恩義もありますので、

ブログネタにちょうど良い!

ということで、久々の六壬神課雑話

でございます。


照葉「何をまた切羽詰まっているの?」

G君「う~ん。」

G君「ちょっとね。恋愛で二人の女性の

どっちとなら…

うまくいくかなって、思ってね。」


照葉「二兎を追う者は、

一兎も得ずですよ~。(笑)」

G君「…」


照葉「どちらかを切って。まじめに、

もう一兎に向かい合った方が、

女性から見たら誠実だよね?

その方がね、好きになった

女の子から見ても、

ポイント高いと思うよ。(笑)」


G君「ごもっとも。(笑)」

G君「だからさ、

どちらの子のが良いかをね。

見てほしいのだけれどね。」


照葉「わっかりました~!」

どれどれと、昨日はタロットではなく

あえて、勉強の為に六壬で見てみました。


六壬では男性は一課となりますね。

女性は三課となります。

そこに性質から、まわりの関係性から

とても良く出るので、恋愛占や

対人関係占は、タロットなみに、

面白い占術です。

A子ちゃん&G君

巳 申 戌 丑
申 亥 丑 乙
青 太 太 騰
龍 常 陰 蛇
孫 官 財 財
  空
  亡

財 騰蛇 丑
財 太陰 戌
財 白虎 未


B子ちゃん&G君

卯 丑 申 午
丑 亥 午 乙
兄 財 官 孫
六 騰 太 天
合 蛇 常 空
    空
    亡

官 太常 申 空亡
財 太陰 戌
父 貴人 子 


照「G君、A子ちゃんには、

騰蛇だから、びくびくして本心を

見せてなくて警戒ムード。(笑)

対するA子ちゃんは、

まじめで誠実な女性だね。

太常がついているよ。

ただ、空亡しているね。

きっとあなたがはっきりしないから、

疲れちゃったかな?(笑)


現状を維持できればいいやと、

余り期待していないね。


彼女の周りの状態は、

剋合ながら支合の、

仲良しの青龍がいそう。

やり手の男友達が

多く助けられているかも

しれないね。


青龍は、恋愛占いでは

スマートでかっこよい、

仕事のできる貴公子だよね。

お相手には申し分ない男性を表すね。

これが、G君につけばよかったね~。(笑)」


「B子ちゃんには、Gくんは、

天空であまり本当の事を

言ってないか、嘘が多いか不誠実か、

妄想恋愛?

やっぱり、良いとこない

凶の十二神将がついているね。


対する、B子ちゃんは騰蛇。

GくんはB子ちゃんに信用されていないね。

まあ、天空だから仕方ないよね。

資料によると、

詐欺・精神的徒労・不誠実・嘘

婚姻は孤独になりやすい。

だそうですね。


そして、三伝の結果の末伝は、

A子ちゃんとは、未と丑の冲。

B子ちゃんとは、午と子の冲です。


未と丑は、吉凶喜悲が、

交錯し物事に時間がかかる。

子と午は思いっきり、

男女関係の争いだね。


これで、判断するに、

二人ともあまりよくないけれど、

A子ちゃんの方がまわりの人が

良くてこの子自身も、

まじめで性格がよさそう。

A子ちゃんの周りはG君を生じ

ているので、良いかな。


太常は吉の十二神将で、

騰蛇は凶の十二神将だからね。

また、末伝もA子ちゃんとは、

冲ながらも、時間がかかっても、

よさも出そうだよね。


という事で、恋愛占の

六壬の初級判断でした~。

以上です。

Gくんがんばってね~♪


明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪





[PR]
by sanrueru | 2016-04-22 23:24 | 六壬神課雑話 | Trackback | Comments(0)

「西洋占星術雑話」

f0201297_21180124.jpg



みなさま、こんばんは!

久々のブログですね。

いかがお過ごしでしょうか。


九州の地震の余震が、

早く終息致しますように、

お祈りいたしております。
<(_ _)>


最近忙しくブログが、

書けていませんね。

今日は久々に

西洋占星術雑話です。


西洋占星術での、

自分が立つステージは、

その年齢で異なります。


一生を終える時に、

すべての星の学びや経験を、

体感し色々なものを学び取る為に、

人はこの青い地球の上で、

生かされているのかもしれない…


と、自分のホロスコープを、

眺めながら思います。


今日は鑑定と授業が

新宿でありました。


ホロスコープを、

読ませていただく、

実践的な授業をしてきました。


私は7houseの太陽なので、

書籍や新聞やネットやTVではなくて、

人を見て色々なことを学ぶことが

多いような気がします。


なので、一生を通して、

色々な方に出会わせていただいて、

その方がたの人生をご一緒に、

体かんさせていただいて、

いろいろ考えながら、対応策を

立てたりしているうちに、

個人が体験できない事を、

たくさん教わっているような

気が致します。


ホロスコープを見ていて、

そのhouseに入っている星が、

ハードアスペクトを形成し…


例えば、スクエアやオポジションや

バーテックスなどの

ハードアスペクトは、

学ぶところも大きいのだけれど、

調停のアスペクトがないと、

病んだり、損なわれたりするだけに、

終わる場合もあるため、

あまりにもきついアスペクトの多い、

ハウスは、封印してもいいのかな。

とか最近思います。(笑)


封印できるのならばですが…ね。

紫微斗数も、四柱推命などの、

命術は皆そうなのですが。

なるべく損なわれている

場所ではなくて、

出来れば明るい光の方に

伸びて行く道を進んで

行きたいですよね。


例えばハードアスペクトがあって、

調停があると、

初めにきつい体験をして、

それが経験になって、

色々なものを学び、

その学んで使いこなせるようになった、

知識が豊かな収穫を生んでくれます。


ですが…

特にバーテックスとか、

ヨッドがあるけれどそれに対する

ソフトアスペクトが無い星は、

なかなか生かしずらいのかも

しれませんね。


そんな時は、その場所は、

ちょっと置いておいても良いのかも

知れませんね。


わざわざ、向かい合って、

星同士の間に傷をたくさんつけて

悪化させるよりは、

とりあえずその問題は

損なわれている状態で抱えつつ

保留にし、自分がやりやすい課題や、

発展しやすい個所を伸ばすのも、

一つの方法かもしれませんね。


昔、海外の西洋占星術を訳した、

例題をたくさんやっていただいていた、

教室に出入りしていた頃に、

教えていただいた事が、

最近とても良く当たっているなと、

思います。(笑)


また太陽houseの傾向なども、

よく出ていますね。


西半球に太陽があるの方は、

周りの影響を、

良くも悪くも受ける為、

あまり自分に悪影響を与える

物事や、人にはなるべく、

近寄らない方が良いようです。


そして、逆に自分に良い影響を

与える物事や人を積極的に、

探してその良い影響を受けるように、

すると、自分の運勢も上がります。


自分に良いか悪いかは、

人により違いますね。


でもそれが現象として現れている

時は特にそうなのかもしれませんね。
(笑)


ホロスコープでは、

自分の苦手な物事や、

人がよくわかりますね。


今日は以上です。


またのブログをお楽しみに~♪



















[PR]
by sanrueru | 2016-04-21 21:15 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)

「久しぶりの思いで。」

f0201297_02073109.jpg

みなさま、こんばんは!

昨日は北風ぴーぷー

寒い一日でしたね。


先日ちょっと風邪気味で少し、

体調を崩しましたが、

よく食べているお陰で(笑)

回復も早くて助かります~♪


先日、あるお方と懐かしい、

お話をしていました。


西洋占星術の師匠であった、

潮島先生のお話しでした。


ただ、何を勘違いしていたのか・・・。

多分、教わりに行っていたのは、

23歳の大学をでて、専門学校に

行っている頃でしたので、

うん十年前の記憶ですから。


家が建っていたのが、

坂の道の中腹であったことを

よく覚えていましたが、

駅の名前はうる憶えだったので、

私の母方の実家のあった菊名駅と

勘違いしておりました。(笑)


でも先ほどふと思い出していて、

あ~そういえば、日吉駅…

いや綱島駅?だったかな。

とか考えていて。(笑)


記憶とはあいまいなものだな。

と、苦笑い。


まあ、私はそんなに長く

西洋占星術の師匠に

ついていたわけではなく、

基礎をお習いした後は、

全て実践と、そのホロスコープの

本人の性質や未来が自分の

西洋占星術の教科書であり、

答でしたね。


ただ、潮島先生に西洋占星術を

習っていた時の印象的な、

鑑定でのお言葉は、

「太陽の入るハウスの重要性」

でしたね。


なので、今でも私の

西洋占星術の鑑定では、

太陽の入るハウスから読むのが、

通例となっています。


太陽の入るハウスの特徴は、

その人の人生をよく

顕していると言えます。


アングルに入る方の

ホロスコープはとても活動的で、

先駆者である事を好みます。

ただ、やや飽きっぽく、

新し物の好き。(笑)


サクシデントの方は

頑固に一つの事を

続けて行きますので、

よく出れば安定します。


悪く出ると、良くない癖や、

合わない人にでも執着しやすい

のかもしれませんね。


キャデントの方は、

柔軟性がとてもあり、

人に合わせるのが

うまい方が多いです。


ただ、柔軟過ぎてどっちなの?

と、誤解されやすい

性質があります。(笑)


ちなみに私のホロスコープの

太陽のハウスは、

7ハウスなのでアングルに入ります。


そして、サインは

水と火と風が強く、

地のサインはなく、

ゆいつ、MCの♑のみのポイントなので

あまり落ち着きはない!

ですね。

(自分で言うかな…。笑)


そして、仕事は早めに

やってしまいたい

せっかちさん。


なので、「4月末まで」

と言われていても。


明日までにやってしまおう。

とか思っていると、

この時間であります。(笑)


でも、ダラダラすると、

飽きるので、やる気のある時に、

ダーとやるのが好きかな。(笑)

明日も、少し朝寝坊かな。

ということで、もう寝ま~す!

おやすみなさいませ。
<(_ _)>


今日は以上です。


明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪











[PR]
by sanrueru | 2016-04-13 02:48 | 西洋占星術雑話 | Trackback | Comments(0)



f0201297_00355720.jpg



みなさま、こんばんは!

今日は暖かい日で、

コートは、もういらなかったですね。


今日は、旅猫して桜と海と…

海星(ヒトデ)に(笑)

会いに行ってきました!


f0201297_00393606.jpg

海に行ったら、ヒトデ君がたくさん!

砂浜や岩場に打ち上げられていて、

珍しかったです。★★★


今日は、四柱推命雑話です。

日干支・月・時間で見る用神を、

考えていきたいと思います。


今日は、

「癸日干・午月・卯時の生まれ」の

方の用神を学んでみたいと思います。


まず、癸の性質は、

壬と違い水源がないと生きていけない、

小さな陰水です。


雨の水や、水溜まりのような、

規模の小さい水の形と、

言えますね。


午月は、真夏の太陽が、

照りつける暑い季節です。


その為、

小さな癸は干上がりかねません。


日干の癸の卯時は、必ず時干は、

乙となり乙卯の木の専旺干支です。


熱い太陽の季節に根の強い草花が

生えていて、雨が多く降れば、

アマゾンのように生き生きとした、

生態系ができるのですが…。


もし、外格となり従生財格となれば、

これ以上水・金はいらないです。


内格ならば、第一に旺火を

反剋して抑える、

庚・辛を喜びます。


基本的にいくら火を抑える事を、

急を要すといっても、

水VS火の激突は避けたいのです。


なので一番目に重要なのは金が、

この命式にあることです。


また、第二には壬・癸の

水が必要となります。


このように、水に水源があって、

枯渇することがなければ、

夏の太陽に草木が青々茂り、

豊かな風景となり高命となります。


それこそ、熱帯雨林の豊かな

緑の大地となり、その方の人生も、

繁栄することでしょう。


もし、内格で水・金がない場合は、

木は枯れて大地は砂漠と化し、

火炎土乾的な慢性病を持ちやすく、

身弱で活動力乏しい、

生まれとなります。


その場合、仕事運・財運・

夫運・妻運・子供運が凶となり。


逆に目上運・同僚と組織運・友人運や、

社会運が吉となる生まれです。


以上です。



明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪


f0201297_01034687.jpg










[PR]
by sanrueru | 2016-04-10 23:59 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「ちょっとした幸せ。」



f0201297_00542246.jpg


みなさま、こんばんは!

ただいま帰宅です。


今日は、意外と暖かかったかな。

いかがお過ごしでしょうか。


最近は、ちょっとした

日々の出来事に、

楽しさや、幸せ感じます。


昨年はとても忙しく、

花などゆっくり眺めている

暇がないほどで、

睡眠時間を何とか確保して、

日々のお役目や仕事をこなすので、

精一杯な年でしたが…


今年はとてもゆったりと、

日々過ごせることが、

幸せですかね。


朝は必ず家の神棚2つと、

セミナーハウスの神棚と仏壇に、

お水とお酒をお供えし榊の水をかえ、

祝詞とお経をあげることが日課です。(笑)


これをやらないと気持ちが

しゃんとしない。


そして、

ここ10年位で日課となった、

花の写真を撮るのがとても楽しい。




f0201297_00560741.jpg




自然の中にいると、

とてもよいエネルギーを

もらえます。


都会の人ごみにいると、

とても自分のエネルギーが

悪くなる気がする。(笑)


白い壁が排気ガスで、

真っ黒になっていくかのよう…


f0201297_00580679.jpg



でも、自然の中にいると、

その真っ黒がゆっくりととれて、

また真っ白ピカピカに再生される☆

気がする。(笑)


ここ3~4年ほど、忙しくて、

心や体の再生やリフレッシュが、

上手くできていなかったかな。


猫や動物も「自然」だよ。

と言っていた、

整体の先生がいたけれど。

ほんとにそうで。



f0201297_00585235.jpg



最近なんで、家に3匹も

白猫がご縁あって、

来てくれたのだろう?

と思う。


帰って来て

ニャゴ、ニャゴ玄関まで

迎えに来てくれると、

何とも言えず可愛くて癒される。

ほんとに生きた自然だな~。(笑)


花だったり、草だったり、

森の空気だったり。

猫だったり。


「ちょっとした幸せ」と、

ゆっくり向き合える、

今年は、ほんとうに幸せ。


子供の頃はいつも一人や友達と、

林や野原にいたような気がする。


小学校から帰ってきて、

家の部屋にいた記憶がない。(笑)


いつも野原の花や虫や木の実で、

遊んでいたかな。


野原の段差の粘土質の、

地層が見えるとこで、

化石堀りとかていたかな。


ハマグリぐらいの貝の化石とか…

手のひらぐらいのうす巻貝の化石とか。

発掘していた。(笑)


そして、シロツメクサで、

花冠とかつくていた。


なんだか懐かしいですね。

ふと思い出しました。(笑)


今年はこの自然に癒されて、

豊かな感性を磨いて、

書くことに集中したいな。


疲れすぎると…

会報の吉方位表を作成する事で、

精一杯で、ゆっくり原稿を、

書くところまでいけない。


それでは「生きている」

という気がしない。(笑)


表現することは、

食神や傷官を用神とする者の使命。


せっかく丙の印綬もまわって、

よい条件がそろうのだから。

今この時を大事に使いたい。


食神は人に言葉で表現することも、

その象となるため、

生徒さんに、占術初歩を

お教えして回るのも、とても楽しい。


今日もタロットの新しい生徒様の、

ところに行ってまいりました。


知らない駅に降りるのは、楽しいね。


風景も景色もその街の色や香りも、

すべてが新鮮。


まったく別の世界に来たかのよう。

今までかかわってきた世界や人が、

かすんで見えて。


新しいゲートをくぐって、

違った自分に会える気がする。(笑)


特にエネルギーが強い街は、

歩いているだけで、

とてもよい活気をいただける。


ここは良い土地なんだな~。

とか。(笑)


歩いていると照葉は猫なので…

何だか…そんなことを、

ふと感じる。


猫は…

良い場所や、

エネルギーのある建物、

運の良い人は…

なんだかよくわかる気がする。(笑)


「ちょっとした幸せ。」

以上です。


今日はとりとめない…

日々のブログでありました~。(笑)


明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪



























[PR]
by sanrueru | 2016-04-09 23:59 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)




f0201297_00455079.jpg



みなさま、こんばんは❀

久々のブログです。

今日はなんだか寒いですね。

いかがお過ごしでしょうか。


午前中桜の似合う式があり、

そちらに出席して来ました。


先日までの雨模様とは打って変わって、

お天気で桜もきれいで、

良い一日となりましたね。


ただ、忙しくって晴れの日の桜が、

ゆっくり撮れなくて残念!


午後と夜は鑑定と授業で、

断易を横浜方面に、

教えに行って参りました。


断易は、良く当たる卜で、

私も大好きな占術の一つです。


やや初歩の方は四柱推命と一緒で、

覚えるまで専門用語など、

難しいところもありますが、

覚えてしまえば、こんなに、

結果に自信が持てる占術は、

ないのかな。


とか思っています。

今は、タロット・断易が、

よく使う卜かな。


沢山の占術を学んでいても。

最終的に、よく使う占術は、

その方の性格によって、

かなり絞られてきます。


ただ、色々な占術を学ぶことは、

1つの占術を極める為にも、

とてもよい勉強となり…


私もタロットでの鑑定の

的中率を上げる為に、

断易や周易などの東洋卜の学びから、

沢山の良い影響を受けました。


人を見る時はほとんどタロットですが、

自分を見る時は色々な卜を併用し、

学んでいます。


最近の個人授業は、

タロット・四柱推命・

断易・紫微斗数の順で、

多いですかね。


今まで事務所と言うものを

もったことがなかったのですが…

4月から。


新ゆり~Schwarze Katze Hause〜

『シュヴァルツ・カッツェ・ハウゼ』

占術セミナーハウス及び鑑定事務所が、

起動し始めました。


現在は、鑑定や個人授業や講座を、

こちらでしているのですが、

やはり喫茶店でやるよりも、

机が広いのでやりやすい~♪


飲み物やお菓子をお出しできるのも。

和みますしね。


こんなことならば、早くこうすれば

よかったな。(笑)

とか思いました。





f0201297_09054013.jpg




また、何しろ花が大好きなので…

良い香りの生花やハーブや緑に、

囲まれた時間は…

とても穏やかでいいですね。


蝋燭にヒーリング系の

落ち着きのある香りをつけ、

灯しながら…


暖かい黄色い光の中での、

授業や鑑定はとても集中できます。


また疲れて

お悩みをお話ししにやって来る、

お客様もご一緒に癒されて、

元気になって帰られるように思います。


この空間が…

最近の私の楽しみの一つですね。


いつもバタバタと電車で移動が

多いくて、殺伐としているので。(笑)


これからご近所の方はなるべく、

シュヴァルツ・カッツェを

使いたいですね。


以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪











































[PR]
by sanrueru | 2016-04-06 23:59 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)