ブログトップ

占術セミナータロット相談室  照葉桜子 占い情報 占い教室

「花が結ぶご縁」

f0201297_09433642.jpg

みなさま、こんにちは!

今日は、曇りだけれど

蒸し暑いですね。

いかがお過ごしでしょうか🌸


f0201297_09425224.jpg

東洋書院さまから、師匠と瀬名先生と、

3人で出版いたしました。


エッセンスシリーズ①四柱推命が、

先日からAmazonに画像が載り、

より購入しやすい形と、

なりました!

ありがとうございます!


ただ、現在Amazonですと

お届けが少しお日にちがかかる

ようなので、お急ぎの方は、

東洋書院さまに直接か、

鴨書店さまに、

ご注文していただけますと、

お届けが早く、おすすめでございます。


書籍の売れ行きも、

出版してすぐより良い動きで、

順調に流れているようで…

ホッと一息でございます。
m(_ _)m


先日も、四柱推命をグループで

お教えしている生徒様が、

みなさま教科書として、

ご購入いただきまして、

授業も大変やりやすく、

私自身もとても、大満足な

書籍となっております。


いちばんは、桜の花と

大好きな藤色に癒されて、

厳しい命式を解説していても、

色と可愛い花の形に、心が、

とても和みますね🌸


この本は、私にとって一生の

宝物です。
╰(*´︶`*)╯♡

出版に、ご協力していだいた

方々にとても感謝しています。

ありがとうございます!


そして、読んで下さいます。

生徒さまやお客様や…

お顔はわからないけれど、

ネットや書店で、この桜の花の

美しいいさまに惹かれて、

書籍を手にとっていただきました、

お客様、ありがとうございます!


とてもシンプルにしっかりと

作りました、初歩の方向けの

四柱推命書…

「花が結ぶご縁」にて、

占術を愛する方々の技術向上の、

助けとなり、人生の困難を乗り越える

キラキラした「先人の叡智」に触れて…


みなさまの、心と知恵を活性化させる

エネルギーとなれば、

こんなに嬉しいことはありません。


ありがとうございます。

暑いので…

みなさま 夏バテしないように、

お体ご慈愛くださいませ。


今日は、

以上であります。


明日も、元気にお会いいたしましょう!




[PR]
by sanrueru | 2017-07-29 10:05 | Trackback | Comments(0)

f0201297_01165595.jpg


みなさま、こんばんは。

昨日も暑かったですね。

この暑さで・・・。去年の夏は、

毎日、毎日原稿をノルマに

随って書いていて、

必死だったな。


と、懐かしいな。

とか、思い返す2017年の真夏です。(笑)


いかがお過ごしでしょうか。

今日も、のんびり息抜きブログです。


最近まで、ものすごく忙しく。

仕事や生きる事に必死で。

ずっと忘れていた事が、

たくさんあったな。

と、昨日思い出しました。(笑)


そして、10年前から今まで、

「凄く一生懸命だったな。」

今でも、毎日一生懸命だけど。(笑)

あの時ほど、先の事を何も考えないで、

利益も一切考えないで、

ひたすら一生懸命だった事は、

なかったかもしれないな。


そして、良く思い返してみたら、

とても幸せな10年だったな~。

「なんで、忘れてしまっていたのだろうか。」
(笑)


新しい知識を、吸収するたびに、

とっても嬉しくて誇らしくて、

わくわく、ドキドキした。


昨日、測字の本と観相の海外の書籍を

台湾の方にいただき、一緒に読んでいて、

楽しかった。(笑)


本は、その本を書いた方の、

考え方や生き方がたくさん詰まっていて、

とても勉強になります。


占術の知識だけではなくて、

その著者の生き様がすべて言葉に

現れてくる。


「測字」は、

真っ白い紙に書く前は、

何もそこには現れないが、

一つの文字を書くと、

その文字から、沢山の

世界がつながって来て、

色々な事がわかると言う。


台湾生まれの方なのに、

ソロモン王を崇拝し、

ペンネームにチベットの密宗の

門家の、ニックネームを、

著者名に入れている。(笑)


そして、3ページ以上。

ペンネームの解説に使っている・・・。
(笑)


書籍や映画や画像や文章をみて、

感じることや思うことは、

すべて自分の「今」につながっている。


それは、「測字」や「観相」などの、

相占と、瞬間を見る占術の卜占に、

繋がって来る気がする。


ここ数日で、色々なものを見させられて、

たくさんの「今」すべきことと、

今後10年「目標」にすべきことを

学んだような気がします。


命と卜を25年以上学んできましたが、

相術は、魅力を感じながらも、

深く学ぶ気にならなかったのは、

自分に合った師匠や、

書籍に出会わなかったからかな。


「測字」と「観相」は、

相術の技術をもっと突っ込んで、

気に入った書籍から学びたいな。


そして、漢字の成り立ちとか、

深く学びたいなと思う今日この頃。


そして、もう一つ体やリズムや

声や動きを使った表現と、

創造的な物を作る表現が、

やはり子供の頃は、苦手でした。(笑)


今では、その「表現」が、

自分の「心」を自由に解放する楽しみに、

変わって行くのを感じています。


心が自由でいないと、

自由な表現が出来いけれど、

ここ10年でその閉ざされ、

閉じ込められてきた心が、

自由に解放されたような気がします。


いつも縛られていた「心」だったので、

いきなり大きな「衝撃」によって、

解放されたからその事に慣れていなくて、

大変だったけれど、やっと今年になって、

大夫馴染んでできたように

思います。(笑)


「衝撃」は、色々なものを壊すけど、

それが引き金になり、

多くの物を「学ぶ・悟る」

チャンスでもある。


「平和」も良いけど「衝撃」も、

時には必要だなと思います。


そして、もう一つ。

今日感じた「言葉」を最後に、

書いて整理して、みなさまとご一緒に、

心に刻んで行きたいと思います。


➀いつも陽気な、楽しい気持ちでいる事。
②すべて成り行きまかせで、運まかせ。
自分を信じる余裕を持つ事。
③色々な細かい日々の出来事を、
気にしないで平常心で生きて行く事。


この3つが出来れば、もっと幸せで、

もっと運が上がって、四柱推命や、

紫微斗数で運が下がっていても、

その影響をそんなにうけなくて、

すむような、生き方が、

出来るような気がします。


今日の

「ここ10年を振り返って、思う事。」

以上であります。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪














[PR]
by sanrueru | 2017-07-25 01:11 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)


f0201297_17003173.jpg
「三女のご挨拶猫のク~ニャン。よろしくニャン。」



みなさま、こんにちは!


今日も暑いですね!


このように暑い時期は、


冷たいものをたくさん飲みたくなるのですが、


逆に氷入りの冷たいものは、体に水分が


吸収しずらくなるので、


氷抜きのお茶がおすすめです。



そろそろ、熱い中国茶と、


岩茶坊のプルンとした水菓子と、


庭に熱くて伸びているだろう、


トラにゃんが、恋しくなる季節ですね。(笑)


みなさま、いかがお過ごしでしょうか。



本日は、秋に開講予定の師匠の、


気学講座2つのご案内です。



三毛猫占術学園でも、師匠の四番掛け講座は、


よく当たると人気であります!



ぜひご興味がおありの方は、


受講してみてくださいませ。


どうぞよろしくお願いいたします!




東洋書院占術研究所 主催

東海林秀樹先生による「気学奥義傾斜法」講座  

さらなる奥義を目指す実占家に

東海林秀樹先生が傾斜法を伝授します!!

“傾斜法”とは気学命理ともいわれています。巷間では人の生月の盤の中に生まれた年の九星(本命星)を調べその宮を傾斜宮とも命宮ともいい、様々な人生傾向や性格などを考察していく占術と思われています。それはそれで正しいのですが更に高度な段階になると、父母との関係、財産の問題、夫婦間の善し悪し、子供との吉凶、適職、健康、その他かなりの部分まで微細に判断することが可能です。

また、一般ではその年の吉凶、流月の吉凶など単に同会法などで鑑ているようですが、さらに踏み込んだ傾斜宮を活用した的確な行運鑑定法なども公開する予定です。傾斜法の理論的解説もさせて頂きます。

初心者の方は小社発行の『気学占い方入門』をある程度読まれることをお薦めいたします。

講師プロフィール

東海林 秀樹(しょうじ ひでき)

東京・赤坂に生まれる。阿部泰山先生高弟の故伊藤泰苑先生に、「推命学」の手ほどきを受ける。

「気学傾斜鑑定法」を富久純光先生、本書による独特な運勢鑑定法の「九星日盤鑑定法」を、市川市に在住されておられた故斎藤擁道先生の指導を受ける。

その他の占術を研鑽しながら、台湾と日本の間を幾度となく往来し、貴重な資料を渉猟。著書『紫微斗数占法要義』『吉象万年暦(共著)』『孔明神卦(共著)』『九星日盤鑑定 四盤掛け秘法』(東洋書院刊)ほか多数。現在、占い鑑定及び個人教授「占星堂」を営む。

 ●日  時 平成291027日(金曜日)より 全15回 
       午後
1300分〜1445分 

        原則として第4金曜日となります。

 ●講習場所 日本写真会館3階会議室 東京都新宿区四谷1─ 7 
       TEL
0333512463

  (1階セブンイレブン、三栄通り入って30メートル左側) 

  JR「四ッ谷駅」四ッ谷口 徒歩3分 地下鉄丸ノ内線1番出口 徒歩5分

   地下鉄南北線2番出口 徒歩3分 

          

 ●講義料 月1回 一回7000円(入会金などは一切ございません)  

 ●持物   筆記用具・万年暦は各自ご持参してください。

       指定教本「気学傾斜法入門」

 ●申込先  東洋書院占術研究所 東京都新宿区本塩町21(広瀬ビル)

       TEL 03-3353-7579 FAX 03-3358-7458 
       Eメール toyosho@db4.so-net.ne.jp


東洋書院占術研究所 主催

東海林秀樹先生による「九星日盤鑑定」講習 四盤掛講座

過去、現在、未来…立体的に現象を当てはめ、その解決法を易卦に変換して判断する〝易卦転換法〟を伝授いたします!

「九星日盤鑑定法」は希有な占法として、江戸時代から昭和初期まで連綿と続いて来ましたが、戦後この占法を活用する術士の方が少なくなって来たのが現実です。月清円先生、斎藤擁道先生、角山素天先生、その他先人の方々がこの占法を活用されており、諸先生の末席を汚しながら手ほどきを受けてまいりました。今回は私なりに実占で培ってきた占法を鑑定で活用しやすい形でお教えしていきたいと思います。補足として日盤鑑定独特の霊崇占や吉方位の取り方にも触れさせて頂きます。

講師プロフィール

東海林 秀樹(しょうじ ひでき)

東京・赤坂に生まれる。阿部泰山先生高弟の故伊藤泰苑先生に、「推命学」の手ほどきを受ける。

「気学傾斜鑑定法」を富久純光先生、本書による独特な運勢鑑定法の「九星日盤鑑定法」を、市川市に在住されておられた故斎藤擁道先生の指導を受ける。

その他の占術を研鑽しながら、台湾と日本の間を幾度となく往来し、貴重な資料を渉猟。著書『紫微斗数占法要義』『吉象万年暦(共著)』『孔明神卦(共著)』『九星日盤鑑定 四盤掛け秘法』(東洋書院刊)ほか多数。現在、占い鑑定及び個人教授「占星堂」を営む。

 ●日  時 平成291027日(金曜日)より 全15回 
       午後
1545分〜1730分 

       原則として第4金曜日となります。

 ●講習場所 日本写真会館3階会議室 東京都新宿区四谷1─ 7 
       TEL
0333512463

  (1階セブンイレブン、三栄通り入って30メートル左側) 

   JR「四ッ谷駅」四ッ谷口 徒歩3分 地下鉄丸ノ内線1番出口 徒歩5分

   地下鉄南北線2番出口 徒歩3分 

          

 ●講義料 月1回 一回7000円(入会金などは一切ございません)  

 ●持物   筆記用具・万年暦は各自ご持参してください。

        指定教本「九星日盤鑑定四盤掛け秘法」

 ●申込先 東洋書院占術研究所 東京都新宿区本塩町21(広瀬ビル)

       TEL 03-3353-7579 FAX 03-3358-7458 
       Eメール toyosho@db4.so-net.ne.jp



今日は、以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♬



[PR]
by sanrueru | 2017-07-24 17:01 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_08522932.jpg


みなさま、こんにちは!

毎日暑いですね。

いかがお過ごしでしょうか。


今日のお題は、

「旅猫倶楽部の吉方位カレンダー活用」

でございます。


照葉桜子の四柱推命命式も、

紫微斗数命盤も、かなり

偏りが多く、決して高命とは

言えないのですよね。


でも、何とか周りのたくさんの

「力」や「叡智」や「高徳」

のある方々の・・・

良き「人縁」のお陰様で。
<(_ _)>


生かされておりますのは、

この、吉方位取りで自然の

中に行って悪い時期や、

悪い作用が出た時に、

それを何とか乗り切って、

来たからかなと思います。


開運術には、「攻めの剣」と、

「守りの盾」があるように思います。


私は自分をよくするための

アイテムは、剣よりも、

盾の方が好きで、「なんか出たら守る」

とか、「悪くなったら改善する」

方が、穏やかで好きですね。


今の時期は、四柱推命で

見ると年の「丁」と、

月の「丁未」が重なり、

火と土が忌神の方には、

結構大変ですね。
( ;∀;)


分かります。(笑)

私も、そのまま火と土が忌神なので、

ただ、火がない私の、

水・金が多い秋の土多の、

陰土には、やはり太陽など、

温めてくれる火は必要ですね。


でも「丁」は直火で、

用神の辛を焼いて、忌土を

増やすので去年の「丙」の方が、

よいかな?(笑)

ただ、「印星」の象意が、

とても活性化して来るので、

「火」のない私にとっては、

「火」の回る時期は貴重だと言えます。


「火」が忌の方には、

今は忌の時期になり、そんな時は

「旅猫倶楽部の吉方位カレンダー活用」

が役に立ちます!


占術家は転んでも、ただで

起きてはいけませんよ~♪


何かをつかみ取り、手ごたえ

を得て進んで行くのがベストです。


その積み重ねが、未来の自分の

「夢」をかなえる「経験と技術と力」

になるからです。
( `ー´)ノ

なので、私は今月は、

なるべく吉方位カレンダーを

用い、近くの温泉に入っています。


もし、火忌神で今なんだか、

精神や頭脳の調子がいつのと違うぞ?
((+_+))

と思っているそこのあなた!

ぜひ、

「旅猫倶楽部の吉方位カレンダー活用」を

用いて、少し有休でもとって、

ゆっくりとして
_(_^_)_

大吉や大大吉の回る、

北や北西にある温泉に

行ってきて下さいね❀


きっと、頭も心も休まるハズですよ!
(*´▽`*)

忌神の時期こそ、自分が学んだ

開運法を生かすチャンスですよ!


ただただ、我慢して耐えているのは

もったいないですよ!

是非いろいろ試して下さいませ❀


照葉も、こんな時は

チャリオットのような戦闘モード
(。-`ω-)

リズムになりやすいのですが・・・。
(笑)

温泉に行くととても、穏やか~な
(*´▽`*)

リズムになってこられるので、

自然の喜神の水は、私にとって

ありがたい五行だなと。

感謝であります。
<(_ _)>


「旅猫倶楽部の吉方位カレンダー活用」

以上です。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪





[PR]
by sanrueru | 2017-07-21 09:04 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

「四柱推命雑話」

f0201297_12491884.jpg



みなさま、こんにちは🌸

毎日暑いですね。

もうすぐ、梅雨も明けそうな

今日この頃、

いかがお過ごしでしょうか。


本日は、「四柱推命雑話」です。

昨日、東洋書院さまから、

エッセンスシリーズ①四柱推命

という、前々からブログでも

 お話ししていました、

3人の共著にて、

書かせていただきました、

四柱推命の初歩の書籍が出版

され、今私の手元に

やってまいりました。

ありがとうございます。
m(_ _)m


まだ、書店にはならんでいませんが、

東洋書院さまに直接お電話か、

メールにてご注文が可能です。


土日は、会社が休みですし、

月曜日はの祭日なので、

火曜日頃にお電話されると、

スムーズに手に入れる事が  

可能であります。
m(_ _)m


表紙も、中身の表紙も、

美しいピンクのしだれ桜の

絵となり、中身の表紙も、

赤紫にやはり、しだれ桜の

白い透かし入りでございます。


f0201297_12500097.jpg


昨日も女性の方にお見せ

いたしましたら、

「美しいデザインです。」と、

お褒めにあづかり、東洋書院さまの

長い間の本作りにかける情熱と、

努力の賜物だなと、

とても感謝致しております。


そして、中身の東海林秀樹先生の

四柱推命の講師マニアルは、

四柱推命を学ぶものにとって  

かけがえのない財産になると

思います。


特に、巻末についています。

調候用神表は、みやすくて、

判断も的確に出来るので、

便利であります。


ぜひ、占術が初めての方にも、

おすすめの、四柱推命初歩の 

書籍となります。

是非、読んでみて下さいませ。


高い技術の占術や、よき人縁に

感謝でございます。
m(_ _)m


どうぞよろしくお願い致します。


今日は以上です。



[PR]
by sanrueru | 2017-07-15 12:48 | Trackback | Comments(0)


f0201297_10061923.jpg

     
  「緑の苔と、木の子に癒される・・・梅雨の中休み。(笑)」



みなさま、こんにちは!

涼しい風が窓から入って来て、

三匹の猫達も涼しそうに、

お昼寝しています。


のどかな真夏の午前いかが、

お過ごしでしょうか。


今日は、「西洋占星術雑話」です。

今回は12ハウスについての

お話をしたいと思います。


なぜに12ハウスかと言うと、

今週の土曜日は、

新ゆりセミナーハウスでの、

魔術&西洋・タロット講座の、

12回目の最終回講座となります。


毎回、西洋占星術のプリントを、

毎月作っては、生徒さんに、

お配りしていて本日の午前は、

「12ハウス・♓・♆」の

資料を、現在作製中であります。


このプリントは、

個人の初級の西洋占星術の

生徒さんにもお配りしていて

みなさま、楽しみに12枚を

集めて下さっています。


今日は、1枚のプリントに、

この12ハウス・♓・♆とのところを

書いていて、このたくさんの

情報量なので。(笑)


スペースがあまりなくて、

12ハウスの太陽と、

補足を少々付けたのですが、

なんだか書き足りなくなり。


物足りなくなったので。(笑)

ブログに続きを書こうかな?

とか。


いつもの息抜きブログであります。
(笑)


「太陽」は、プリントに

書いたので、今日のブログは、

「12ハウスの月」を、

書いてみたいと思います。


またまた~♪

中途半端なのが・・・

息抜きブログの良いところです。(笑)


12ハウスは、どんなハウスかと

申しますと、

「隠された叡智の部屋」

なのではないかな?

と私は思います。


集団無意識と言う世界が、

意識の世界にはあり、

そこにはいろいろな方が、生きて

死んで、生きて、死んで。

を繰り返す中で、溜まって行った、

無意識の人が生きる為の、

膨大な知識が眠っています。


その無意識の世界が12ハウスです。

また、12ハウスの精神世界は、

星の配置によっては、

その膨大なる無意識の

世界に飲み込まれ

てしまいやすいので、

何の星が入るかと、

そのアスペクトがとても、

重要となります。


12ハウスに星を多く持ったり、

このハウスの影響力の強い方は、

この「隠された叡智」からの

良い影響を受けて、

例えば、女優や俳優の様に、

様々な人格を演じる事が、

自然体で出来る方です。


人が生きることについての、

あらゆる情報が詰っているハウス

なので、(9ハウスも知識ですが、

こちらは数字的・言語的な知識です。

12ハウスの叡智は、例えば神社に

祈っていて良い啓示を受ける。

様なビジョンや、

インスピレーション的として

伝わる知識を言います。)

そこからのアスペクトがよい場合は、

商売への良い感覚や、

高い芸術性の強い作品を

作るインスピレーションを、

いただいたり。


書籍を書くにも、これを書いたら、

みなさんが喜んでくれるかな。

とかの良い啓示をいただけます。


こちらは良い12ハウスの

配置の場合の吉なる

効果と言えますね。


月は、私達の感情を示します。

それが12ハウスにあるとどうなるか?

感情が、12ハウスからの影響を

受けやすくなります。


その為、集団無意識の世界の繋がりや

他人の感情と、自分の感情の「境」が、

ほぼありません。


良い点としては、他人の感情が

手に取るようにわかるし、

本人も気づいていないような、

その方の状態の良い悪いも、

よくわかり、しかも、

その影響を強く受けます。


自分の感情に「敏感」な方と、

自分の感情に「鈍感」な方がいて、

鈍感な方は、心の奥底にある感情と、

全く正反対の感情を自分が認識している

と言うケースもあります。


「本当の感情」が表面に

出てきているとは

限ら無いところがありますね。


なので、12ハウスの月は、

その様な潜在意識の感情でさえ、

鋭いアンテナの様に、

キャッチしてしまいますので、

月に対するアスペクトによっては、

やや生きづらい配置カナ。


また、水星や金星などの繊細な

星が、12ハウスに入る場合も、

そのように鋭敏な反応が、

出やすい配置です。


肉体を表す太陽が入る場合は、

意外と打たれ強い方が多く、

奉仕的で優しい気質です。


ただ、やはりアスペクトが悪いと、

独特な世界に生きる、

変わった人となります。(笑)


逆に、太陽や特に火星は、

エネルギ-が強く、


吉の配置の場合は、

12ハウスの世界の

「叡智やエネルギー」を

上手くすれば、自分の為に

自由に使える方となりますので、

日常や他人をコントロールする事に、

長けた方となります。


アスペクトがよい場合、

精神力の強さとなるために、

肉体的なパワーは、やや

弱く儚げな傾向があります。


話が横道に広がりすぎて

来ましたので、元に戻しますね。
(笑)


「12ハウスに入る月」は、

さきほど申しましたように、

他人=自分の感情や雰囲気に、

「境」がなくシンクロ致しますので、

その影響力や、集団無意識からの、

(特に季節的な変化が多い時期とか。)

波のような影響力に、

巻き込まれやすくなります。


質量の大きな無意識の波が、

やって来る時期は、

周りの感情も右往左往しますので、

色々な沢山の感情も入り乱れて、

「境」をもたない12ハウスの

繊細な月の「感情」の中に

乱入して来ます。(笑)



ですので、その瞬間は

海の波に溺れるように、

「自分の本当の気持ち。」を保つ

のがなかなか大変になります。
(笑)


ただ、一瞬の短い時間の

出来事ですけれどね。


そんな時は、

その巨大な波が去るまで、

音楽や色や香りや、

火や水や自然の山や森や、

木や草や、川や海の中など。

または、

自然体で生きている、

のんびり穏やかな人や、

猫のようなのんびりとした

自然の動物の横に

避難していると。


変な波の濁った水を飲みこんで、

調子が悪くなる事も、

少なくなりますね。(笑)


12ハウスの月の方の、

少年・少女期はそのように、

「学校」という「無意識の波」の

渦巻いている空間に長く

いるとその「繊細な感情」が

やられやすくなりますので、

なるべく育てる過程で、

自然の中にたくさん

連れていってあげると

大人になっても、

そんな鋭敏な自分の、

「感情」の整え方も自然に学ぶので、

よいかと思います。


自然は、偉大ですね。

バランスの悪いものを、

自然の中に入れると、

不思議と良いバランスを、

取り戻しますね。


私達の生きているこの世界は、

10ハウス「社会」や

9ハウス「知識」そして、

2ハウスと8ハウス「経済」

11ハウス「希望&コミニュティ」

などが頂点となって、

取り仕切る世界なのですが。


人が、疲れると12ハウスに

帰りたくなるのは、

12ハウス自体が、

とても自然なハウスで、

又は、自分たちの生まれる前の、

魂の住んでいた

ハウスだからなのかも

しれませんね。


今日は、なんだか不思議な

「西洋占星術雑話」となりました。

以上です。


明日も元気に

お会いいたしましょう~♪












[PR]
by sanrueru | 2017-07-12 10:01 | 西洋占星術雑話 | Trackback | Comments(0)

f0201297_10191063.jpg



みなさま、こんにちは、

今日は穏やかに晴れましたね☀️


風も気持ちよく入って来る、

美しい音を聞きながら、

セミナーハウスで英語の本を

読んでいます。


横では、鍋がグツグツと

音を立てて沸騰しています。

冷房入れないと汗だくですね💦
(笑)


今日は、四柱推命雑話です。

今回は、四柱推命の「大運」に

ついてお話ししたいと思います。


大運とは人間における、

自分を取り囲む、環境と季節を

示します。


例えば、日干が乙ならば、

6月のせつ入り以後に生まれた方は、

午の月になり真夏の生まれとなります。

暑い夏生まれなので、水がたくさん

欲しい生まれとなります。


そこに、冬の水回りの大運が

来たならば、潤いの水が

その方の環境におとづれて、

周りの恩恵にあずかる

時期となります。


逆に、乙の日干の方の大運が

夏のまわりに来たらどうでしょう?


もともと、火をたくさん命に

持っている生まれだとしたら、

その乙のお花は、水分が蒸発して、

体を痛めることとなるか、

目下にひどい目にあうか、

お金となる土を焼き、

破財となる事でしょう。


例えば、大運の切り替えは、

劇的な環境の変化を体験し、

変わらざるおえなのが、

接木運と言う、大運の季節の

切り替えの前後3年づつの

時期となります。


そして、大運は強制的な

切り替えとなりますので、

例えば地球が温暖な気候から、

氷河期に入るような激変が

おこりますので、それが起こった

場合は今までの環境になれ、

「穏やかにすごせていたのに…。」と

思っていても、もう過去には戻れず、

それが賑やかで、うるさくて、

変化の多い、めんどくさい環境

だったとしても、それを受け入れ、

その環境の中で、人は生きていくしか

なくなります。

それは、あなたを取りまく、

季節や環境の大変なのですから、

星丸ごと変化しているような

ものなのですからね。(笑)


星の運行を止められる方なら

別ですがね。(笑)


人間同士の関係でさえも、

うまくコントロールしづらい

私達には難しいかな?(笑)


また大運の変化は、

喜神のよい変化もあるし、

忌神の悪い変化もあります。

そして、接木運の3年が過ぎる

頃にはその環境になれて来て、

だいぶ過ごしやすく

なっている事でしょう。


さあ、あなたの「大運」は、

今何処にいるのかな?


ぜひ、7月15日に東洋書院さまから

出版されます。

『エッセンスシリーズ①

「四柱推命」』の書籍にて、

確認してみて下さいね。


こちらの書籍は、初めて

四柱推命を学ぶ方にもわかりやすい

作りとなっていますので、

「大運」の出し方も、

楽々に、よくわかる事でしょう!


また、調候法の表もお付け

していますので、バランスのよい

身中の喜忌が微妙に取りづらい、

命の方も、ある程度形を

うまく定める事ができるように

なっていますので、ぜひ

読んでみて下さいませ!


そして、「大運」を知り、

自分の人生の指標として、

ぜひ有利にご活用下さいませ。


今日は、以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう!










[PR]
by sanrueru | 2017-07-08 10:20 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

「タロット雑話」

f0201297_10115015.jpg


みなさま、こんにちは!

本日は曇りかな?

なので、少し過ごしやすい

気候ですかね。

いかがお過ごしでしょうか。


本日は、新宿方面に移動する、

電車の中からupでございます。


最近、夏休みを利用して、

タロットや四柱推命の個人授業を

集中的に受けたい社会人の方が多く、

7月8月と個人授業の日程がかなり

詰まってきてしまい、

お問い合わせの日時が

上手く取れない事もあり、

すみません。
m(__)m


午後や夜の授業のご予約は

早い者順となりますので、

大変すみませんが、

1ヶ月前くらいの、

お早めのご予約ですと、

融通がききやすくなっております。


午前中の新ゆりセミナーハウス

での授業はまだ比較的空きが

あり大丈夫でございます。
m(__)m

ご案内まで🌸


今日は、「タロット雑話」です。

今年後半のホロスコープリーディングを

昨日生徒さんの例題がないということで、

練習にみていただきました。


時折、私が例題になって、

見ていただいたスプレッドが

みなさまが、かなりよく当てて

下さり、照葉の生徒さん達は、

みんな凄腕でございまして、

びっくりいたします!
(╹◡╹)


ホロスコープの1ハウスの目標の

所に出たカードが、「ペンタクルス6」

でした。


このカードは、6という安定した

数と、ペンタクルスの物資の

エレメントとの結合で、

表すならば、西洋占星術の

木星の年齢域を意味する

ようなカードてはないかと、

照葉は判断いたします。


社会によって蓄積いただいたものを、

社会のその知識や技術を必要と

している方にお渡ししていく

木星の年齢域は、今まで火星の

年齢でエネルギッシュに活動し

身につけたものを社会に

放出する。


そして、自分も精神や

物質や立場や知識の満足得る事。


私は、小さい頃から飽きっぽい

性格で色々な習い事をたくさんして

来て、あまりつづかなかったけど。


今は、その色々な知識が

全て統合されて、融合されて来て、

良い形で使えています。

環境と人縁に感謝であります。


なので、私は色々な事を

小さい頃から人から学んだので、

それを今、学びたい方々に

わかりやすくお伝えして行ったり、

「それ」が必要な方々に、

最高の品質でもってご提供

出来れば、こんなに嬉しい

事はありませんね。


そのために、後半は色々と

頑張ります〜🎶


本日の「タロット雑話」

以上です。



明日も元気にお会いいたしましょう!



[PR]
by sanrueru | 2017-07-07 10:01 | Trackback | Comments(0)

「紫微斗数雑話」

f0201297_11434963.jpg

ジギタリス❀薄紫なピンク色が好き💕」




みなさま、こんにちは!

今日比較的風が涼しくて、

過ごしやすいですかね。

いかがお過ごしでしょうか。


今日も、午後からセミナーハウスで

授業です。


昨日の「腰から首・・・。」の

タロットは、とても良く出ていて、

午前中に温泉に行ったら、

不思議に「ケロッと」良くなって、

今日は快調です!

よいリーディング例が手に入り、

良かったです。(笑)



今日は、紫微斗数の

「禄存星」についてお話して、

見ようかと思います。


禄存星は、財帛宮を主り、

吉の主星が同宮すれば、

衣食住に困らず、財を増やす智慧に

恵まれ、財禄の状態を固定する

性質を持ちます。


ただし、もし煞星に会えば、

孤独となり、一人孤立する、

運命となります。


特に、主星が入らず、

単独で入宮する場合は、

吉星とはならず、逆に桃花星

となったりなど、財を浪費したり、

禄存の吉の部分を上手く引き出して

くれる相手を見つけられなくて、

ケチになるか、

逆にうかつになるったり、

財を使う事を楽しみ過ぎで、

流失が多くなる星と

言えるでしょう。


また禄存星は、

その禄存星の入る宮を

挟むように両脇の宮は、

必ず、擎羊星と陀羅星の

凶の双星が陣取る配置となります。


例えば、命宮に禄存星が

入った場合、父母宮に擎羊星が、

兄弟宮には陀羅星が入る

事となります。


その為、この方の周りには嫌でも、

激烈な性質の人々が集まり、

ゴタゴタが絶えない環境に

生まれる宿命となります。


本人も、その影響を、

小さい頃から受ける為、

是非やめんどくさい事に、

巻き込まれたり。


また、まわりを逆にその「渦」に

撒きこんだりなど、

「財の誘引」の裏側には、

背信・裏切り・内通などの

危険と隣り合わせだとも・・・。


角度を変えてみた場合、

そのようにも見える、

個性的な星が「禄存星」

と言う特徴の多い副星

なのではないでしょうか。


ただ、禄存星は小さい頃から

その様な環境に普通に

暮らしておりますので、

そのような普通ではない

環境に対しても精神的にタフで、

どの様な周りの状態に於いても、

自分に有利に対人を保つ智慧を持ち

その「渦」を「利」に

変える性質を持つが故に、

財には一生困らない

(※財帛に化忌や六凶星が
絡まなければですが。)

運命を持ちます。


また、財帛宮や田宅宮に、

禄存を持つ場合、命宮にある

禄存星と違い、ゴタゴタに関しては

少ない傾向にあり、特に財を意味する

太陰星や武曲星とのセットは、

良い組み合わせで、

太陰は女性を通して、

財の誘引が楽にできる運命となり、

武曲星はそのクールで計画的で

勤勉な性質が無駄のない財の誘引を

産み、貯蓄を増大する傾向があります。


紫微斗数の原書を読むと、

紫微斗数は、中国の戦国時代を

へて生まれた占術なので、

かなり過激な言葉が書いてあり、

「ひ~!」

となりますが、

それが良く当たっているので、

とても興味深い占術ですね。


話は変わりますが、

今、私が研究しております。


なぜだか不思議な運命に

引き寄せられ、

偶然の糸に導かれるままに、

出会ってしまった。


興味深い「卜」の道具も、

紫微斗数と似ていて、

出てくる「言葉」がかなり、

「辛口」なので、面白いですね。


こんなに「辛口」なのに

リアルに良く状況を示している、

「卜」は面白いな。(笑)

とか。思いつつ占例集めに、

強制的に。(汗)

いそしむ、今日この頃でございます。
(/・ω・)/


人間は一度「辛口」に慣れてしまうと、

その刺激がたまら無くなるのかな?

とか。(笑)


話を紫微斗数に戻しますますと、

紫微斗数を占術技術として

選ぶ方でその後、

飽きたりして手放してしまう方は、

少なくずっと夢中で研究されていく

方々が多いですね。


紫微斗数や宿命的な出会いをした

「卜」の道具の「辛口」とは、

まったく違った。


「甘口」の・・・

清らかな森の木陰にひっそりと咲く

穏やかなすみれの花のように、

私を和ましてくれる、

きれいな色と香りと、

美しい音を叶でるような

創造とartな融合があるからこそ、

何とか癒されて生きて行ける?(笑)


これは、ホロスコープの180度を

支える、120度と60度の調停からなる、

ミスティックレクタングルの

なせる技なのでしょうかね。


ホロスコープの複合座相は、

強制的で宿命的な運命を、

運んでまいりますね。

と思う今日この頃であります。


支えて下さる方々との

出会いとご縁に感謝であります。

<(_ _)>


明日も元気にお会いいたしましょう~♪


[PR]
by sanrueru | 2017-07-05 11:52 | 紫微斗数雑話 | Trackback | Comments(0)

「腰から首・・・。」

f0201297_06242121.jpg
               
 「空飛ぶペンギン❀」



みなさま、おはようございます。

昨日は暑かったですね!

今日も、蒸すのかな?

お天気不安定な今日この頃、

いかがお過ごしでしょうか。


ここ数日、かなり重い荷物を、

たくさん持ち歩いていたら、

介護職時代に痛めている、

腰と首に、その荷重がかかり、
( ;∀;)

今日起きたら、やや軽い

ぎっくり首状態に・・・。
(*´Д`)


腰と脊髄と首の連結が、

おかしなことになっており。

毎度の事ですが。(汗)


朝から「病占」スプレットを、

展開しておりました~♪


体の調子の悪いのは、嫌ですが、

タロット占例には絶好の、

チャンスで。
(*‘∀‘)

治るかとか、どの方法を

取ればよいかの二者択一

には、最高の「占的」となります。(笑)
(^。^)y


占術家は転んでも、

喜んでそれを「占例」

にしてしまい、実践経験を

積ませていただいている

のであります!
('◇')ゞ


タロットと西洋占星術を若い頃

習っていた実践家の女性の先生がいて、

その方とはドラゴンヘッドon太陽

の相性で、低価格で、

いろいろ終えて下さり。


その時に「占術家は、痛い目に合ったら、

ニンマリしなくてはダメなのよ。(笑)」

という素敵な~♪

お言葉をいただきました🌟
(笑)

タロットの展開では、このまま

ほって置いても大丈夫の様ですが、

一応二者択一で、「温泉!温泉!」

と出ていましたので、

本日の仕事は夕方と夜なので、

午前中からゆっくり、

久々の温泉に行って参ります!
(*^^)v


確かに腰は、私にとって、

弱い体の部位となり、


四柱推命では、

土と火が忌神なので、

内蔵や骨と皮と筋肉の

難にやすい体質です。


特に、運動不足になると、

それが顕著に出てきますね。


また紫微斗数では、「艮」の位置に

生年化忌がありますので、

おもいっきり、

腰・関節・背中・腸・骨折

などを司りますね。


そして、西洋占星術では、

6houseが♍と♎にあり、

♇と♅が入っておりますので、

突発的な腰のや骨の障害などにも

あいやすく注意です。


今月は、四柱推命では、

丁・未と忌む忌むが

重なり、しかも空亡。

やっと、6月が終わったのに、

一難去って、また一難。(笑)


火は印星となり、私にとっては、

智慧や名誉や良い面もある

五行ですが、未の土は、

日支と冲となり、

あまり良いところがないかな。


土であれば、木を含む辰や

金を含む戌の方が、まだ

良いような気がします。

日支に影響を与える、

丑と未は嫌ですね。


日支は体には悪く出ますね。

あ。

そうそう、出会いの無い方は、

日支と支合または、

冲する十二支の時は、

出会いのチャンスなので、
(*‘∀‘)

有効利用して下さいね。


という事で。

本日は以上です。


明日には腰と首が、

治っているといいな~♪(笑)


明日も元気に、

お会いいたしましょう~♪










[PR]
by sanrueru | 2017-07-04 06:05 | 「旅猫日記」 | Trackback | Comments(0)