4月23日(月) 「暖かい町並み」

「暖かい町並み」


f0201297_2462112.jpg



みなさま、今晩は。

今日は、地方に来ています。

f0201297_2411699.jpg

「桜も終わり、でもまだ木は桜色で、まぶしい様な新緑の季節はまだ少し先の様です。」


昼間は、暑くて半袖でも良いぐらいの晴天。

山吹のオレンジ色の花をみて、初夏を感じましたね。

f0201297_2414018.jpg



お電話では、東京は寒い雨だったと言う事で、

やはり、照葉は晴れ女かな。(笑)


今日は「暖かい町並み」になんだかとても「ほっとする」気分ですね。

長い、歴史が育んだ文化や芸術と、現代のクールな最先端の

♎的な美が融合する町。



f0201297_2422621.jpg



「タケノコおっきい!」

おばんざいのお店が、軒を連ねていました。

店の前には、この地方で取れた野菜が、八百屋さんかと思うくらい

きれいにならべられておりました。


小さい頃。。。

「狼の子」として生まれたのに、なぜか「羊の子」と、期待され、

勘違いされて育てられた為、少し性格が歪になっていましたっけ。(笑)

そのため、芸術的な事・美しいものが大好きだったのですが、

それを上手く表現できませんでした。


静岡の大学に入り、沢山の仲間と会い、

「お前は、面白いから。(笑) おとぼけ、羊狼でもいいんだよ。」

と皆が、太陽の様に笑ってくれて。

「心」がすごく救われたのを覚えています。(笑)


それからというもの、自分を自由に表現できる様になりました。

私は、繊細な美術的な作品はきっと根気のなさと、がさつ(笑)な

性格為、無理方もしれませんが、動きがあり大ナミッツクなものが好きです。

写真も、大好きな美しい物の一つですね。

そんなに上手くないけれど・・・


これからも、自分を高めてくれる、色々な人や物に出会うのだろうな。

推命では、後2年で接木と書きましたが、

西洋占星術では、11ハウスにいる「組織と自己実現のハウスにいる、火星」から

後三年で、「古き良きもの継承のハウスにあたる8ハウスにいる、木星」に

年齢域が移動します。


西洋占星術は、四柱推命の大運のように、

「パシッ」と運命が変わる感じではないですね。

だんだんに、次の年齢域のハウスの色に染められて行く、

のんびりカメレオンの様に

ゆっくりじつくりと、色が変化していきます。


火星の年齢域では、その惑星の滞在しているハウスの影響を強く受けます。

例えば11ハウスは、同人的組織・好きな事を集団で人と平等に共有する事、

「友愛」を、生きるメインテーマと致します。

また、社会において自己の希望の実現を成し遂げる為に、

火星の全エネルギーを使って立ち向かっていくのが、火星の年齢域の人間の成長です。


次の、木星の年齢期では、人間はどんな成長をするのかというと、火星の年齢域で

努力して得て来た、まだ荒削りかもしれないアイテムをもっと成熟させ、

木星=社会の文化・教育と支援・として、もう一段高い視点から、

自分の知識や技術・愛を使っていく事が求められていきます。


8ハウスは、「生と死、生きる根源を司る冥王星」がルーラーとなります。

自分を変えるほどの、死すれすれの深い体験を通して、

自分の生をみつめ、気づきを得る星。

これは、蠍座の主星でもありますね。


8ハウスに、太陽や、ソーラーリターンや、プログレスの太陽、

年齢域の惑星が入った時、人は自己の内面の深淵を

見つめるような体験をさせられます。

そして、蛹から蝶になって飛び立つような、変容を通してカリスマ性と

揺るぎなく自己確立された、個性を身につけてい来ます。


と。。。

そろそろ寝ないと、明日も早いと。


以上。

明日も元気にお会い致しましょう~♪
[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/17461748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2012-04-24 23:30 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー