「西洋占星術雑話」

f0201297_12520317.jpg



みなさま、こんにちは!

今日は曇りですが蒸暑いですね。

午後とセミナーハウスで授業で、

夜から東京方面に移動~♪


最近どんどん夜が遅くなって来て、

昨日も寝たのが4時でした~。

24時間働きますか?

状態ですね~。

なんだか…

まだ、眠いな。

今日は「西洋占星術雑話」です。


西洋占星術には、

ディグニティ(Dignities)と言って、

星の格式あるいは、

品位という考え方があります。


これは、古典占星術の方がよく使い、

どちらかというと西洋占星術の「解釈」の

部分で占星術の書籍のほとんどの本に、

この考え方は書かれております。


ただ、現代の西洋占星術の実践の「判断」の

分野では、ほぼ見ている方は少ないです。


それは、東洋書院から出版されている、

「占星学メソッド」

を書かれた、

大橋雅宏先生も書籍の中で、

書かれておられました。


大橋先生は、西洋占星術の師匠が同じ、

同門の兄弟子さまでございます。

「占星術メソッド」はとてもわかりやすく、

読みやすい、

とても良く整理された書籍です。


そして、きちんとご自身で、

実践されて、知識だけではない

技術の検証もキチンとされていらした、

先生だなという事が文章から、

とてもよくわかります。(笑)


上級の…

「珍しいタロット展示とホロスコープ判断と
タロットリィーデング&実践魔術講座」


が立ち上がったら、

ぜひ、上級の教科書として

使いたいですね。
(^_-)-☆



ディグニティ(Dignities)は、

「覚えるの苦手です✩」
(*´Д`)

という方の声も✩(笑)

良く聞かれます。


紫微斗数の四化表の様ですね~。(笑)


私も、親から譲り受けた頭脳が、

バリバリの理数系なもので。(笑)


親は二人とも、神大の化学専攻&

登山部でございました。(笑)


母親は数学と化学の先生だったし、

父は化学人で東芝で人工衛星の

部品の企画、作成、販売を、

すべてやっていました。


語学の不得意な父は、

ドイツやフランスや

アメリカなどの海外に、

部品の営業に行くのが大変

だったようで…

良くぼやいていましたっけ。(笑)
(。-`ω-)


頭が文系よりだったのは、

私の兄だけでしたね。(笑)


なので、何かを覚える時は、

いくつかの「法則」にしたがって

覚える方が、覚えやすですね。


「忘れない」という事を、

「記憶力が悪い人」が考えた時に、

障害に対する柔軟なよい適用は、

そのような「工夫」なのではないかと、

私は思うのです。(笑)


ディグニティ(Dignities)も、

そのように覚えれば、

きっとみんなどんな頭脳の方でも、

覚えられるはず?(笑)


①盛(本来の座・ディグニティー≪Dignity≫
あるいは、ルーラーシップ≪Rulership≫)

②興(高揚の座・エグザルテーション≪Exaltation≫)

③敗(放浪の座or障害の座・デトリメント≪Detriment≫)

④哀(転落の座or下降の座・フォール≪Fall≫)


①の「盛」の本来のサインに星が入る場合は、
一番理想的な自然な形でそのサインと星の、
エネルギーを発揮できます。
(*‘∀‘)

②「興」はその星が一番元気で、
ちょっとルンルン~♪とご機嫌な、
魅力的な星の状態を示します。
(^。^)y-.。o○

③「敗」は、盛野本来の座と正反対の
場所にあるサインにはいる星となるため、
180度的な、ふらふらと迷いやすく、
無駄も多くエネルギーが
余り上手く使えません。
(>_<)❀

④「哀」は、その星がお疲れモードで、
本来の良さが発揮できず、
逆にダメダメな「嫌な癖」を強力に
発揮している困ったちゃん状態の
星の格式となります。
((+_+))
  ↓
≪その場合は、クールに、
放置しておくと、
自然に、元のよい状態に戻ります。
※取扱説明書(笑)なんのだ~。≫


①盛の本来の座の180反対が、

③敗の障害の座となります。

②興の高揚の座の180度反対が、

④哀の転落の座となります。

その為、まず①盛の本来の星のサインを覚える、

そして、次にその正反対の②敗の障害の座を覚える。

②の興が一番覚えにくいのですが、

それを覚えられたら、

④の哀を覚えるのが、一番覚えやすいです。


ただ、ホロスコープの判断的には、

重要度は全体が100パーセントと、

したなたば、格式の判断の割合は、

5パーセント切るため、

それ以外の「判断」に大切な部分を、

おぼえてから、余裕があったらで、

良いのではないかと私は思いますね。(笑)


というとこで…

頭が疲れたところで。

今日の西洋占星術雑話は。

終了です~。


照葉の講座はこのようなめんどくさい、

考え方や技法を一切省いた、

「判断」に大切な部分を、

完結に明瞭に凝縮してお教えしようとする、

占術学園としては、とても不利益な。(笑)


(※なんでかって言うと…

わかりやすくて、

すぐ覚えてしまい

ご卒業も早いので。笑)


生徒さん達にはとっても、

手厚いサービスの、

講座となっております!


沢山の西洋占星術講座にて、

頭の中にモリモリの知識を

たくさん詰め込まれて、

良い判断が出来無くなっている、

みなさま。


ぜひ、8月開講の、

「珍しいタロット展示とホロスコープ判断と
タロットリィーデング&実践魔術講座」


にいらして、頭の中の無駄な知識を、

整理整頓し、そぎ落とし、

本当に実践で使える、

占術のみを使えるように

なって下さいませ。(笑)


知識をふんだんに頭に、

詰めることは、とても大事なことです。


ただ、良い判断をするためには、

使わなくてよいものも、

多いのが西洋占星術です。


様々な占術学園の各講座で、

占術知識をたくさん学んだ方は、

とても良く開墾された、

肥沃な土となっています。


なので、そこに花や野菜の種を植え、

せっかく耕した畑を、

より生産的な畑にして見ませんか?


それを、利益度外視で(笑)

応援するのが、

新ゆり~Schwarze Katze Hause〜
セミナーハウス
『シュヴァルツ・カッツェ・ハウゼ』
講座です。


たくさんの皆様が、実践的に

占術をお使いになり、

シャープでかっこよい鑑定が

出来るようになられることを、

私もワクワクしながら、

見守っております✩


今日は以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう~♪





[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/25477515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2016-07-23 09:49 | 断易雑話 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31