「占術家の体質と鑑定スタイル」

f0201297_08263780.jpg


みなさま、こんにちは!

今日はちょっと曇りかな❀

春の花があちこちで芽を出して…

写真を撮るのが楽しみな今日この頃、

いかがお過ごしでしょうか。


今日のお題は、

「占術家の体質と鑑定スタイル」です。

占い師と名の付く仕事をし出して、

もう25年が経とうとしています。


小学生の頃から占が好きで、

いろいろな本を読んだり、

渋谷や川崎駅にある

西洋や東洋の占い師さんのところを

訪れて占ってもらったり、

本格的な師匠について、

占術を学びました。


仕事になったきっかけは、

静岡の大学を出た後、

福祉の専門学校に通っていた時、

文化祭で占い師さんをしていて、

いろいろな人の人生をお聞きし、

深くその方の中に重なるように

入って行く「鑑定」という、

作業がとても面白くて。


今の仕事をづっと続けています。

たぶんいろいろな、形の鑑定のスタイルが、

占い師さんの性格や適性にて、

選ばれていると思います。


なのでいろいろな性質を有する

占い師さんがいらっしゃいますので、

鑑定のスタイルも千差万別となります。


そして、お客様もたくさんの違った性質を

持つため、私はいろいろな鑑定スタイルが

あってよいと思っています。


私の本質が、基本的に相手の

中に深く入っていってしまう

性質が強い為、

そのような鑑定スタイルが

一番やりやすい形になりますね。


それをずっと続けていたせいか、

人の感情を受け止めるのが

自然になって来てしまいました。


その方の歩いて行くべき、

明るい道を探して…

照らし指し示す事はもちろんの事。


人のマイナスの感情を自然に受け止めて、

吸い取っしまう特殊な体質に

なってしまったように思います。(汗)


6houseに♇と♅があると、

職業病の配置と言われますが、

その通りなのかもしれませんね。(笑)


なので強い…

怒り・悲しみ・憂い・落ち込みの

感情を持った方の側に入ると、

その嵐の様な感情が、自然に

自分の中入ってきてしまいます。


そしてそれを、すぐには

抜くのが大変なのですが…


自然の中に行くことで、

すべてを放出して「ケロッ」と、

なるから不思議です。(笑)


環境の影響力が強いので、

自然の中に行くとすぐに

自然の状態に変わるので、

あまり体に悪いものが貯まらない

のかもしれません。


そして良い場所に行くと、

人よりも良い状態になれるので、

それは良い特性だと言えますね。(笑)


そして、側にいる方の性質と

自分が凄く似てきてしまう、

ことに最近気がつきまして、

穏やかなグループといると、

穏やかな性質になるし、

強い組織にいるとそのようになるし。


たぶん、自然体の自分は、

本来…のんびりしていて、

とても素朴で個性の少ない、

性質なのかもしれませんね。


四柱推命の命式や西洋占星術の

ホロスコープを読んでいると

そのようの感じます。


今年は「自然」との対話を

課題にしようかなと。


自然の物で何かを作ったり、

自然の中に写真を撮りに行ったり、

したいかな。


あと、体を鍛える事。

体を鍛えていると、

精神もなんだか…苦しいその困難に、

耐える性質がつくのか、

あまり揺るがなくなる

気が致しますね。(笑)


また、書く事は…

色々なものを発散し、

明るい希望を自分に取り入れて。


自分にとっては…

自己を癒す行為でもあり、

明るい光の中で、書いたものは、

きっと皆さまの心の中にも

光が入っていって…

みんなが癒されるのかもしれないなと。(笑)

勝手に思っています。


今も、猫が膝の上で寝ています。(笑)


いつも寄って行きたいな…

と思われるような、

「気持ちいい人」でありたいと思う。


今日この頃であります。

今日は脱線して…息抜きブログ

となりました~♪



以上。


明日も元気にお会いいたしましょか~♪













[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/27609282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2017-03-04 09:19 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー