「四柱推命雑話~外格と内格のボーダーの方の見分け方」


f0201297_07311834.jpg


みなさま、こんにちは☆

今日も、なんだか寒そうですね。

いかがお過ごしでしょうか。


昨日、やっと新月が来て。

これからはちょっと、

元気になるかな~♪(笑)

…の今日この頃☆


今日は、夜にある場所に、

4人で押しかける予定でおりますので、
(*^^)v

押しかけるみなさま、

押しかけられるお方…

お忙しいところ、

お邪魔を致しまして、

申し訳ございませんが。
(/・ω・)/

どうぞよろしくお願い致します。(笑)

たぶん夜の19時前後となります。
<(_ _)>


今日のお題は、

「四柱推命雑話
~外格と内格のボーダーの方の見分け方~」

です。


四柱推命の外格とは、

命式の五行がとても偏った生まれで、

尚且つその偏りが尋常ではないのに、

なんだか変わっていて元気で、

パワフルなお方を…

内格の範疇に入らない、

「外格」の生まれと

定義しています。


四柱推命はバランスが良い命を、

貴命としバランスが崩れている命と、

落命としていますが、

この外格の方々は、

偏りが激しく完璧に偏っている方が、

変わっている事が才能となり、

「貴命」となります。


ただ、外格の方の運が、

悪い時は、内格の数倍、

凶意も強くなるとも、

言えるのです。


それは、偏っている為に、

整っていた命式が、

一気に壊れるからです。


時折、外格と内格のボーダの方を

お見かけいたしますが、

その見分け方は簡単です。


外格と内格では、喜忌の

五行がほぼ反対になるため、

その方が、外格の喜忌の悪い時、

または内格で取ってみて、

喜忌の悪い時の状態を

観察いたします。


例えば、甲で火方合会局があり、

身弱か?従児格なのか?

迷った場合、今の「丁」の

この時期は格好の観察時期と言えます。


もし、日干甲の従児格であるならば、

「丁」の傷官&月運「卯」この時期は、

木・火の組み合わせとなり、

外格にとっては、

大変な喜神の時期となります。


その為、元気に溌溂と活動し

しているはずです。


でも、もしその方が、

節入りを空けて、怪我が多かったり、

元気がなかったり、

風邪を引いて高熱を出す、

などの…


日干甲の身弱洩旺の、

忌神凶現象が出ていたならば…

その方を内格と取ると、

最大の忌神の時期となります。


その為、凶現象が出ていたならば、

その方は「内格」の生まれと

位置付ける事が出来ます。


大運・流年・月運が忌に偏った時は、

先祖がとても信心深く、

人を助け陰徳の強い

豊かな家に生まれていても…

その影響力は大きいと言えます。


その為、もしそうでない

家に生まれていた場合は、

その忌凶現象の猛威は、

とても強いと言えるのでは、

ないでしょうか。


四柱推命にて、季節を、

捉えていますと…。


一寸の狂いなく、

その方の運の乱高下が、

一目でわかり…。


本当に人は、運命に導かれるままに、

右往左往する「儚い存在」なのだな。

と、言う…

ちょっと、切ない思いが致します。


今、羽振りが良い人達も、

「死」や「運命の落下」には、

逆らえませんし…。


逆に今…。

「けちょん・けちょんなボロボロの運勢」でも。(笑)


運勢が上がり、

貴人や仲間に引き立てられれば、

帝王や女王になれるかも・・・

しれません。(笑)


だた、人間は悲しいかな。

幼い頃からの、

運勢を引きづって生きて

います。


その為、子供の頃に

運が良くなくて…

その屈折した「負け癖」を、

心の中から、排除しないと、

せっつかくのビックウエーブが

来ても、乗り損なったり。


心の悪い癖が発動し、

物事を、「自分には出来ない。」と

決めつけて本当に叶えたい「夢」を

叶える為の大事なアイテムを

捨ててしまいう…

または、自分でダメにして

しまったり致します。

そうならないように、

「自分は、やれば絶対にできるんだ!」

と自信を持つ事が大切です。(笑)


そして・・・

命術を学んでいると、

そんな人間の駄目さ加減も。(笑)


冷静に観察することが出来るので、

吉運・強運の過ごし方も、

少しは上手に、なって。


壊れる運の時は・・・

「どうでも良い物を破壊」して、

「大切なもの」を

壊さないように「大事に守る」

裏技が使えるようになるので、

重宝です。(笑)


ただ、四柱推命の「喜忌が取れない」と、

その技も頓珍漢な事になりますが…。(笑)
~( ̄ー ̄)~


貴命の方だけでなく、平命や落命の

方にも是非四柱推命を学んで頂き、

少しでも、貴命に近づくように、

生きる。

(※照葉も、とても偏った命なので、
それを存分に実践しています。笑)


タロットや易の「卜」の

言葉を真摯に受け止め、

自分の進道をシッカリ判断する。


また、時には旅して、

環境を変え、自然の中に飛びみ…

本来の自然体の自分を

見つめてみる。


そして、運命を握る季節や、

大気を操る、大自然の神と、

繋がる事。


自分の「心と体」を

生み出した先祖に、

愛着を持ち、感謝する事。

(※体が弱く生まれた場合は、
先祖の生い立ちに寄り添う考え方は、
今の現状を変える為にとても、
大事なのではないかと思われます。)


それが自然に運よく生きる為の、

日本人の古くからの、

「智慧」なのではないでしょうか。


時に、旅して吉方位へ行ったり、

自然の神と繋がって、

運勢が落ちている状態から、

運勢の上がる状態になる事を、

いつも経験していると。


どんな時でも、自分が

今立っている場所が、

どんな場所か。


または、相手が立っている場所が、

どんな所で、この方はこれから、

上がるのか、下がるのかが

良く見えて来るようになります。


それは、とても私にとって、

興味深い経験となっています。


「四柱推命雑話
~外格と内格のボーダーの方の見分け方~」

以上であります。


明日も元気に!

お会いいたしましょう~♪
























[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/27678859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2017-03-29 08:42 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31