「四柱推命雑話」

f0201297_12084348.jpg



みなさま、こんにちは🌸

今日も良い天気🌟

緑がキラキラに光って

いますね。

いかが、お過ごしでしょうか。


今日は午後から移動なので…

PC作業にもちょっとくたびれて、

息抜きブログであります。(笑)


今日は「四柱推命雑話」

です。


想像力や企画力、そして

表現となるアーティストの

才能とは四柱推命でみた場合、

どの通変星や五行にあると

言えるでしょうか。


通変星では、お馴染みの

食神と傷官が、アートな

視点や表現を示すと言えます。


食神の好みの素材や表現は、

自然のものや、明るいもの、

一般大衆にうける、人間らしい

穏やかな物を好む傾向があります。


その為、食神の用神に持つ、

命式の方の作る作品は、

光や暖かさが溢れる作品が

多く、パステルカラー

だったりなど明るい色彩を好む

傾向があります。


逆に、傷官のアートな感覚

はどのようなものでしょうか。


それは、あまり一般的ではない、

個性的で過激な一面を表す事が

多いです。


食神が輝く方が、

人生の「幸福色」に

視点を持つとしたら、

傷官の強い、または命式中の

用神となる方は、

人生の「悲しみや憂い」

または、「欲望」や

深い感情…

色で言えば、原色の

黒や赤やワインレッドなどに

惹かれるのかもしれませんね。


例えば、日干が土の場合、

金が食傷となり、

日干が陽の場合は、

庚が食神となり、

日干が陰の場合は、

辛が食神となります。


また、日干が陽の場合、

辛が傷官になり、

日干が陰の場合は、

庚が傷官になります。


ここで扶抑と調候の考え方を入れて

用神を設定する場合、

土の日干で、

木火が強い、あるいは

春と、夏月生まれで、

そこそこ日干に力があり、

命式中止に庚がある場合、

庚の星が陽神となりますね。


土の陽干の場合は、食神を

喜びますので、ポップで

明るい作品が多く民衆に

人気が出ます。


土の陰干の場合は、傷官を

喜びますので、マニアックな方に

熱狂的なファンを持つ

個性的な芸術家さんに、

なられる事でしょう。


庚は、木と火を喜ぶ干と

なりますからね。


自分の好みや、まわりに行け入れ

られる適性や才能を知ると、

その活かし方も、上手くなり、

自分の道も広々と見えて

来ますよね。



四柱推命は、

そんな自分の社会的な立場や、

成功に続く「道」を私たちに、

教えてくれるのではないでしょうか。


今日の「四柱推命雑話」以上です。

明日も元気にお会いいたしましょう。




[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/27882475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2017-06-10 12:06 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31