「占術雑話~自然と植物と、来年の年運と・・・~」

f0201297_09082993.jpg


みなさま、おはようございます!

今日は、ちょっと涼しめ?

清々しい朝ですね。


いかがお過ごしでしょうか。

そろそろ、8月も末に近づき、

「旅猫倶楽部」10月号の表を

作らなきゃな。(笑)

と言う時期に入って参りました!


それと・・・

年4回四季ごとに発行している、

「旅猫倶楽部」の吉方位カレンダーには、

照葉が自然と花と植物と猫が

大好きなため。


そのお写真をたくさん載せています。

その写真は、植物園や公園や、

家の庭や愛猫を何気なく撮った

物が多いですね。


本日は、午後から仕事な為、

朝はちょっとゆっくりなので、

また、来年の夏の時期の

植物の写真を取りに行きたいかなと、

「植物園」を検索していましたところ、

山手線の沿線のいつもの行動範囲に、

良いところがあったではありませんか!
(*‘∀‘)

行ってみたいな~♪
(^^♪


あ。

そうそう、

先日のセミナーハウスの授業の時に、

「自分のエネルギーを高める✩」

とうお話をしていました。


例えば、身強の方の場合は、

エネルギーが入りすぎてしまい、

バランスが崩れる事を、

忌むと致します。


例えば、土の身強の場合、

木で土を剋して抜く、

金で土の漏気して抜く、

土が水を剋すして抜く、

事が、土の身強の

「エネルギー高める事」に繋がります。


木で土のを剋すとは何かといいますと、

例えば、運動や仕事や、

女性の場合は異性に尽くす事で、
(身強の場合は、
必ず日干強めの抑えてくれる
異性でないと、相手を
反剋致しますので
用をなしません。
異性を反剋することで、
エネルギーを抜いている方も…。汗
時折見かけますが…。(/・ω・)/)

また、食事に置き換えて考えた場合は、

木=野菜や食物繊維やフルーツが、

日常食として必ず毎日食べて置きたい

食材となります。


そして、お休みの日とかに、 

「行っておきたい場所と、趣味」は、

と言うと、


【甲】が用神の方は、森林公園・杉の木がにょきにょき
生えているような自然の豊か場所
盆栽趣味など。
【乙】が用神の方は、公園・植物園・薔薇園・コスモス園
ハーブガーデンなどの可愛い草花が多い場所。
ガーデンニングで可愛い草花やハーブを育てる事


【庚】が用神の方は、水晶峡の探索や、
渓谷などの石がごろごろしている場所
鉄工所見学・彫金・金属の加工する芸的な趣味など
【辛】が用神の方は、キラキラな装飾品などの美術館
などを見て歩くとこ。原石の博物館
中国の石を加工する調度品などの美術館とか。
宝石や原石のパワーストーングッズを作る趣味など


【壬】が用神の方は、海に行く・水族館に行く
プールに行く、お湯ぬるめの渓谷沿いの温泉に行く
水泳の趣味やボート・サーフィン・釣りの趣味など
家の周りに池や川や海のある場所を選ぶ
【癸】が用神の方は、都心の小さなぬるめの温泉
公園の噴水や池めぐり、自然公園の小川
熱帯魚や海の生物を水槽で飼う趣味とか。

という感じかな?


この続きの土(戊・己)と火(丙・丁)の用神の、
「行っておきたい場所」は、
個人授業の時か、
秋の10月13日(第二金)
午後15:45~17:30に
月一度四ツ谷にて開講されます。
東洋書院占術研究所 主催
講座にてお話して見ようかと思います。
<(_ _)>


という事で、今度のお休みは、

どうかな?

まだ暑いかな?(笑)


やっぱ、暑いので・・・。

吉神の水を用い涼しい、

クーラーの効いた部屋で

ゴロゴロして、

アイスなどの冷たいものを

食べちゃったりするのも。


己にとっては、

壬(陽水)正財・癸(陰水)偏財

を活用するので良いかな。

ゴロゴロ楽するのは基本、

財の象意かもしれませんね。


あ。

今、大事な事に気付いてしまったゾ!(笑)


照葉は、現在「癸」の大運なんだけど、

来年は「戊戌」が来て月の干支と

同じものが年運回りますね。


これを四柱推命では、

・反言(はんごん:高木乗先生系の
四柱推命ではそう呼ばれます。
月の干支が回る事を月柱反言といいます。
反言は比肩が回る年と解釈されるので、
身弱はエネルギーが入れられて吉との解釈で、
独立運となります。)

・律音(算命学ではそう呼ばれます。基本運勢では、
命にある干支とと同じ干支が回る事を言います。
同じ音が二つなると言われ、
分岐点として歩む道が二つできる時と言われます。
社会運の月と同じ干支の回る時は、
社会運のリセット、新しいアイデアなど、
卒業と新しい出発の年とも解釈されます。
それは、周りからの影響で起きるのは「納音」の
方だそうで、「律音」は「自分の意思で決定する」
の意味があるそうです。)

・併臨(へいりん:中国の原典系の
四柱推命ではそう呼ばれます。
本来は、「大運と年運に同一干支の運を迎える事」
『増補四柱推命学事典』亀石厓風先生著 参照引用
らしいです。多分年運と大運両方に
回るとその意味をもっとも強くすると
思われます。
今回の照葉の事例は年運だけのお話ですが…。
一応年の単位で大運とタイアップして、
色々な来年の未来予知が出来ますね。(笑))

もうちょっと引用させていただくと、
「1、君子は喜慶の運で名利向上し、
目上貴人に対面の喜びとなり、
登進向栄の年となります。
2、小人は却って不吉の運で、
不善重喪の年となります。」
「これは古法の解釈で、
現代推命では、「併臨」が
喜神だと、吉になり忌神だと
凶となります。」
『増補四柱推命学事典』亀石厓風先生著
 P892参照引用
とあります。


さて、一応照葉にとっては、

「戊戌」は忌神ですが。

大運の「癸」と月干「戊」は、

干合となります。


この時期に、たくさんの優秀な

専門知識や技術をお持ちの

「戊」さまたちと、多くの

お仕事をさせていただいております。
<(_ _)>


命の横にいらっしゃいます、

「戊」に、大運の社会運に「癸」の偏財が

回り「大きな回転財」がくっ付いて来て、

自営のお仕事が上手く流れ、

回っていきます。


ただ、更にここに「戊戌」が

どうなるか?


より多くの「戊」さま達と、

年単位で協力できる運勢となります。


確かに、来年は「2つの花」を・・・

もしかすると、たくさんの優秀な知識ある

「戊」さま方のご協力で、

咲かせるとこが出来るかもしれません!


小さな平らな土の、「己」は、

大きな山の、頼りがいのある「戊」の

肩に、可愛くちょこんと大人しく、

乗っかっていようと思いますが、

忌神の「比肩」なので、

どうでしょうか?(汗)


大人しくおしとやかに、

できるといいな~♪
(*'▽')


それが出来ないと「小人」の私となり、

「不善重喪」

「小人閑居して不善をなす。」

とは、小人物(力のない人・

徳の無い人・努力しない人)

が暇を持て余すと、

とかく悪い物事に走りやすい意味。


要はエネルギーがあり余って、

身強が暴走する場合の兆候として、

引きこもり動かない、楽をする、

財お剋して無駄な破財となる

などの凶現象があります。


来年は、よりまして謙虚に

体を動かし、仕事をたくさんして、

知識を蓄え、その知識を

周りのご縁ある方の為に使い

徳を養い、社会の方の役に立つ物を、

研究開発したりなど、

( `ー´)ノ

走り回って、食神・傷官・正官・偏官

エネルギーを洩し、剋されて、

頑張りたいと思います。


来年も・・・

楽をしてはいけない事が、

よくわかりました~♪


そして、ユーモアと心の余裕と、

「優しさ」が、

最も大切になるかな。


今日は、長くなりましたね。(笑)

以上であります。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪


























[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/28097480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2017-08-26 08:40 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31