「占術雑話~自然と共に生きる~」

f0201297_08030587.jpg

みなさま、おはようございます!

今日は、良い天気ですね~♪

週末の穏やかなる日曜日を、

いかがお過ごしでしょうか。


「丙」の印綬や「丁」の偏印が回る、

大運・年運・月運は・・

照葉にとっては、なんだか、

文章を書きたくなる時期のようで、

色々な言葉や文字が、心・感情・思考から

泉のように湧きだしてまいります。(笑)


逆に、「辛」の食神や、「庚」の傷官が回る時期は、

人と会ってお客様に情報をお伝えするなど、

しゃべることだったり、目下を育てたり。

いろいろな技術を実践的に

使って仕事をしたり、

物事を新しく想像し生み出すすることに

欲求が強まります。


そして食神・傷官が回る時は私の場合、

文章を書くエネルギーを、実際の人と

お会いして鑑定したり・物を初歩の先生として

お教えしたりに用いることが

多いような気がします。


なので、文書を書きたいという気持ちよりは、

何か新しいものを創造したい!

と言う気持ちの方が膨らみます。(笑)


印星の時期は、脈々と流れる伝統を、

社会に伝えるという作業が多くあり、

食傷の時期は、新しいものの発見発明や

具体的な技術や目下の育成に

ご縁が得る時期と言えます。


自分に合った時期に、あった物事を

して行くと、それは運命の不思議に、

導かれて、自分の本当の希望や理想の形へと

変化を遂げます。


なので、人間にはいろいろな時期があり、

色々と進のに不安になることもありますが、

やってきた事には全て、たくさん失敗しても

無駄な事は一つもなく。

その経過を経たから、現在や未来が

出来上がって行くのだと私は思います。


なのでよく・・・賢くて

無駄を嫌い、楽に一直線に、

ゴールだけ目指そうとする方も

多いのですが・・・。


そのようなやり方ですと、

とても不自然になり、

逆に迷路のような人生地図の

ゴールに着くのが運命的には、

遅くなってしまう場合が多い気が致します。


自然体で、雨や嵐の時期は、

「仕方ないな・・・。」って。

雨に濡れて。(笑)


風の強い時期は、それに翻弄されながらでも、

一つの事を一心に見つめ生きてきた人は、

ある日、時機が到来した時に花の蕾が見事に

開花致します。


そして、そうやって苦しい下隅を経て

開花した花は、次から次へと新しい花の花芽が

生えて来て・・・


運命が与えるの富貴の運勢の、

尽きることがありません。

福沢諭吉の詩の様ですね。(笑)


もし、無駄を嫌い、楽に一直線に、

ゴールだけ目指し、

自分はあまり苦労することなく、

人の力のみに頼り成功した場合に、

咲いた花は尽きて枯れるのも

早いと言えます。


そして、その場合は一度落ちたら、

なかなか上がれないのが特性と

なります。


運命の不思議は、その運命に

自然体にしたがっているかどうかが、

大事ではないかな。

と。


様々な占術を長く学び、

沢山のお客様や生徒さんを

見させていただいて感じることでございます。


自然の流れと占術は、寄り添って

歩いているような所があり。


その自然の流れを、見極めるのが

私達占術家なのではないかなと、

思います。


いつまでも、俊敏な野生の山猫のように。(笑)

自然体で生きて行きたいですね~。


本日の「占術雑話」以上であります。


明日も元気にお会いいたしましょう~♪









[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/29706470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2018-04-08 08:32 | 占術雑話 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30