「四柱推命雑話」

f0201297_21434727.jpeg



みなさま、こんばんは!

新宿授業での帰りの小田急の中より

UPでございます。


今回は「四柱推命雑話」です。

四柱推命と言う、占術は。

噛めば噛むほど、味が出る占術で。


占術の奥義を知るためには、

やはり鑑定や授業で、

沢山の命式を見て、目を肥やす事が、

一番の上達の早道となります。


その中で、その方が命式と、

大運と年運の中を、どう生きていて

どんな現象に出会い、何をなし

どんな結果がでたのか。


もし、四柱推命を知らなければ、

全てが、干支と五行と、

大運で回る干支、年運で回る干支の

全ての傾向が、顕著にその方の周りと、

内面と肉体に現れて来ます。


気が強くなる時期、気が弱くなる時期、

周りとのバランスが保てる時期、

それが壊れる時期。


全てが、その方の生年月日と、

生まれ時間と場所の時差を

差し引きした、

命式に現れてきます。


確かに、運の悪い時期は、

色々と、今までにない現象が

起きて来たりいたします。


でも、それは命式や大運や流年を

みると全てが、その干支と五行の

意味として現れているので、

面白いなあと。


痛い目に合う事よりも、

その現象が命式に当てはまって

いると言う現象の方に、

ワクワクしてしまうのは、

占術オタクの照葉だけでしょうか?
(笑)


天沢履の六三でも。(汗)

奥伝を知りたいので。

命をかけて、それを追求していくのは、

きっと、中国の戦国時代の占者と

似ているのかもしれませんね。

どうぞ、お手柔らかに〜。
m(._.)m(笑)

 
そのように、四柱推命は

私にとってとても特別な占いで、

ず〜と、学んでいても飽きる事を

知りませんね。


また、来年の4月くらいにできたら。

新百合ヶ丘のセミナーハウスで

四柱推命の初歩クラスを少人数で

立ち上げたいかな。


このような、素晴らしい占術を

一人でも多くの方に、お伝えしたい。


多分、一番教えていて頭フル回転だけど、

楽しいのは四柱推命かな。


命式の全てが、未来に現れた時の

興奮は多分、占術家でないと

わからない感覚だと思いますね。


四柱推命を教えするのは、

仕事なんだけど、使命みないな

感覚があるのかなと思います。


そして、誰かが言っていたけど。(笑)

優越感とか、そんな甘いものではなくて。


何も持っていなかった、

飽きっぽい私が…

唯一。

きつい山登りを、泣きながら

馬鹿みたいに、一生懸命登って来て…


自分の力で掴み取った、

誇りと自信をくれた

初めての学びの道だったからだと、

思っています。


それ以外ので、ここまでの

勇気とファイトをくれた

物事は、今までなかったかな。


なので、出来たらずーっと

先になるかもしれませんが、

もう一冊だけ、四柱推命の書籍を

死ぬまでに、本にまとめられたら、

本望ですね。


なんて、事を思いながら

電車に揺られている

今日この頃であります。


明日も、元気にお会いいたしましょう!

[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/30124530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2018-10-24 21:40 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31