「四柱推命な月運~3018年12月甲子月 日干=甲生まれ①~」


                           

f0201297_11345973.jpg


みなさま、こんにちは。

もう12月も中旬に差し迫り、

速い物でもう今年もあと一ヶ月を

切りましたね。


忙しい師走の時期を

いかがお過ごしでしょうか。


11月末からかなり忙しくなってしまい、

ブログ全然書けていませんでしたね。

これからは、また移動の合間に少しずつ、

いろいろな占術の月運などを

書いていきたいと思います。
<(_ _)>



本日は、

「四柱推命な月運

~3018年12月甲子月 日干=甲生まれ①~」

であります。


エッセンスシリーズ①四柱推命 

東洋書院さまから出版致しました、

四柱推命の教科書の、

113ページから120ページに、

身弱・身中・身強の見分け方が

出ておりますので、

参考にしていただければと思います。


今日は、日干が甲の生まれの、

身強の方の12月の運勢について

お話ししていきたいと思います。


12月に日干甲の身強の方が、

気をつけたい事は、

組織に入っている方の場合は、

12月前半は、同僚やライバル社の問題が

出やすく、また浪費の傾向にあり

注意が必要でございます。


ただ、もともと買わなくては

ならなかった、大きな買い物は

この時期にすることになる

可能性が高く、例えば、

PCが壊れたとか。

携帯が古くなったとか、

などであるならば、

無駄なものではなくて、

いつかわ買わなければなら無いものの

買い替えは、可と言えます。


どうしても、運勢の悪い時は

何かにひずみが出るものなので、

どうせお金を出さなくては

なら無いことならば、

財の損失の時期に、厄払いとして

お金を出すのは、賢いやり方かもしれません。


ただ、買うものを変なものを

買わないようにと、

ぜひ卜占の腕を鍛えて、

自分に合った品質の良い物を、

買って下さいませね。


運勢が凶の時は、

まがい物を買いやすく注意が必要です。

ただ、気をつけていれば、

大丈夫なので、

「悪い時期だから

何もしない。」

という考え方はナンセンスで、

悪い時期こそ、お金を消費して

難を吉に変える方法も

ありかと言えますね。


日干の甲の方は、12月前半は、

比肩の星が回るので、

独立や転職をしたくなりやすいのですが、

これも前々から計画を綿密にたてて

考えていたことならば

吉となりますすが、

行き当たりばったりの

衝動的な行動であるならば、

控えて吉となります。


後半も身強の甲日干は、

凶の運となりますので、

名誉事の損失や会社や組織での

地位の下落、会社からの指示ミスの

不注意により、本人もマイナスが

生じやすいので、12月後半は、

まわりの環境に対して、

柔軟に俊敏に対応できると

よいかと思われます。


新しい出会い運や愛情運は、

本人に余裕がないため、

吉とはなり難いと言えます。


女性であれば、はやくて

2019年の1月20日~25日

位に出会い運の高まる時期が訪れます。


男性であれば、

2019年の1月25日~31日

位が出会い運の高まる時期となります。


例えば離婚したかったり、

腐れ縁を切りたい場合は、

大運が今後、吉であるならば、

12月の自分が強まる時期は、

日干甲の身強の方に取って、

再スタートに良い時期となります。



本日の、

「四柱推命な月運

~3018年12月甲子月 日干=甲生まれ①~」

以上であります。


明日も元気にお会いいたしましょう!





















[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/30209338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2018-12-09 09:34 | 四柱推命雑話 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー