「新年あけましておめでとうございます!」


f0201297_22100328.jpg


2019年!

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!
<(_ _)>


占術セミナータロットセミナー相談室の

このブログは、2009年4月から

書き始めていまして、

2019年で、祝☆10年となります!

頑張りました~♪


と言う感じでございすが。(笑)

がんばった!

と言うよりも、毎日書くことに・・・

癒されながら、助けられながら

日々過ごしてきたように思います。


書くことは、自然からの啓示を

自分自身が書きながら文章を読みながら、

受け取っていたようにも思います。


そして、このブログで照葉桜子を

知ってご縁が出来た方も多くいらっしゃり、

照葉にとっては、書くことが、

日常の自分を支えてくれて

いたのかなと思います。


人のご縁や、自然からの有りがたい

啓示に感謝であります。
<(_ _)>


いつも、新年の抱負でブログに書くのは、

今年こそは!

ブログを毎日書きます~♪

とか、言っていて、2月頃になると、

忙し過ぎて、挫折するのですが、

毎年恒例なのですが。(笑)


本年も、元旦なので、

頑張って毎日のブログを今年のスローガンに

挑戦していきたいと思います。


だんだん、知恵がついて来て。(笑)

簡単プチブログとか。

旅猫四字熟語のご紹介とか。

短い簡潔なのも書けるようになったので。


来年は、楽しく色々と

頭に浮かんだものを

書いていきたいと思います。


また、最近神道や神社や、

日本の季節のしきたりや祭り

などにとても興味があり、

神社ネタや季節節気ネタも多数に

なるかと思います。

お楽しみに~♪



またまた、「四柱推命」の

お話しでございます。


2019年は、己亥が回ります。

己は畑や田んぼの柔らかい土を

意味します。

亥は陰の雨の水を意味します。

そして蔵干には、甲と壬を持ちます。


私は年干支に亥を持っている為、

自刑となります。

チョットこれは嫌なのですが、

年のところにあるので、

自分自身の事ではなくて、

「年」にあたる六身五類に

その自刑は出る模様ですので、

なるべくどうでも良いところに

出るように、自分の大事な路線には

出ないように、色々と

工夫していきたいと思います。


ただ、亥の中の甲と壬は

私にとっては、やっと、

去年の前の年の酉以来の喜神なので、

大切に使いたいと思います。


その前に、己が待ち構えていますので、

これを何とかやり過ごさないと

で、ございますね。


たぶん、どの様なことに忌神の

作用が出るのかは、

何となく想像がつくため、

それを避けつつ、後半に来る

財の波をつかむために、

投資し、準備をして行きたいと思います。


忌む比肩が回る時は、

身になるものに財をかけるのは、

吉となります。


どうせ出ていくものであれば、

後で確実に帰ってくるものに、

投資しておくのも、散財を減らす

手立てのような気が致します。


また、やっと生きている、

亥の中の甲と年の己は干合致しますので、

これは厄介でございますね。


たぶん、その様な現象が出ると思いますが、

あまり気にしないようにしたいと思います。(笑)

所詮己が回るのは、8月までですので。


こういう時は、ボランティア活動を

しておくとよいですね。

その、忌神が用神に干合する

難を減らしてくれます。


忌神現象も、喜神現象も、

どんな出かたをするのだろう!

とワクワクするので、

結構痛い目にあっては、

「ニヤ」っとする日々ですね。


占術家は、色々な現象を体験して

知っていく事でだんだんと、

熟練していくものなのです。(笑)


去年の2018年は、一年中忌神の割には、

楽しく過ごさせていただいたのは、

周りの戊の劫財さまのお力と、

深く感謝し、本年も

どうぞよろしくお願いいたします。
<(_ _)>


甲ですと、己と干合致しますが、

戊であれば、己と方をならべて、

金・水・木からエネルギーを抜かれることを

守って下さいます。


現在は、水と木の大運なので、

戊は大変ありがたい存在であると思います。


私の命ですと冬と土用の戊は、

あまり役に立たたず、

逆に忌神となり難が出るのですが、

春の木が多く土を剋す時と、

夏の火が強く己が乾く時の

戊の山は、木の剋から己を守り、

暑い日でりの夏は、大きな山は、

己の畑に日陰を作っていただけて、

ありがたい存在となります。

ただ、壬の水を圧迫するのですが、

私は金も強いため、夏期には

用神の辛が溶けるのを

守る方が先決なので、

土が多いのは金を生むため

少しましかなと。


ただ、戊はプライドが高くて、

とても偉そうだったり、

口が悪いところがあるのが、

平地の腰の低い己からすれば、

なんなのですが。(笑)


でも山には人から畏怖される、

素晴らしい荘厳さがあり、

それが山の良さとなりますね。


己の年よりも、

戊の年の方が、私は楽だったような

気がしますね。


新年のブログなのに、

なんだか、長くなってしまいましたね。
<(_ _)>


では皆さま、

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

明日も元気にお会いいたしましょう!











[PR]
トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/30248247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2019-01-01 00:00 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー