人気ブログランキング |

「紫微斗数雑話」


f0201297_20414134.jpg


みなさま、こんばんは!

今日は、朝凄い雨でしたね。

ちょっと蒸暑いカナ。

いかがお過ごしでしょうか。


先ほど新百合ヶ丘の事務所へ

帰宅して、PC作業の合間に、

ブログUpです。


本日は、「紫微斗数雑話」です。

今日は、自分の命盤で、

その年の流年の命盤宮位による、

命宮に対して有利な宮と不利な宮を、

考察して、行きたいと思います。


もし、紫微斗数にご興味がある方は、

説話社さまから出版されております、

「説話社占い選書10一生の運勢を読み解く!紫微斗数占い」

の書籍のP50に私の命盤が出ていますので、

書籍を開いて、命盤を眺めながら、

読んでいただくとわかりやすいかと思います。


今年の私の太歳は、亥の巨門(化禄)

となっています。


本年の大歳命宮は、命宮と三合宮及び

対面には吉星がやや多くどちらかと言うと、

特に後半に有利な条件がそろうと言えます。


ただ、巨門は化禄がついても、

凶星の部分がありますので、

2019年前半は、舌下・噂・

表現の難に注意ですね。


後半になりますと、南斗星の

吉星の象意が出てまりますので、

少し楽になりますカネ。


大歳命宮の十干である、己から

四化を飛ばすと、大歳父母宮の、

子の宮の文曲(化科)に化忌がつきます。


もともとは良いはずの化科に再度、

化忌がつくと、

より状態が悪くなり注意です。

ここは、不利なポイントですね。


また、己から化禄を飛ばすと、

大歳奴僕宮の武曲につきます。

ただ、辰宮の武曲は、この宮の十干は、

壬となりますので、武曲は自化忌となります。


これは自分の考察ですが、

化禄のあるところに、

化忌が飛び込んだり、

化科のあるところに、

化忌がとびこんだりいたしますと、

悪い運勢を広げて、

その宮位の作用を悪く導きます。


ただ、自化忌つく星に、

化禄がつくと、少しましになる。

ように気がしますが、みなさまは、

紫微斗数を研究されておられて、

どうお感じになりますでしょうか。


それは、六神五類の「人」を意味する

宮につくか、「自分」のところにつくかにも

寄りますが、もともと良い条件のあった、

化禄に、悪い条件の化忌でマイナスが

着くのはやはり凄く打撃になるような

徴候があると思います。


例えば、私の命盤は、財帛宮と疾厄宮が

自化禄となっているのですが、

そこに化忌が飛んだ大限や流年の時は、

財帛宮の貪狼自化禄の場合は、

占術書をたくさん買って、

散財しましたし。(笑)


疾厄宮の太陰につく自化禄は、吉方位の本にも

書きましたように、目に見えない

自然や神様からの恩恵を受けやすい生まれ

なのですが、太陰自化禄に化忌が

つく歳回りは、とてもタイミングが悪く、

ミスが多かったり、変わった方に

好かれて絡まれて・・・なかなか

その状態から抜け出せなくなるという

人災の現象が多く出ていました。(汗)


今年の武曲自化忌に太歳化禄が

飛ぶ現象は、それほど悪くなくて、

武曲自化気の現象は、

個性的な性質の奴僕として

出ているような気が致します。


逆に奴僕の立場の方々からは、

今年も大変良くしてもらえていて、

感謝でございます。
<(_ _)>


四化の動きはとても面白く、

星の象意を読むのも面白いのですが、

四化飛星の星の動きを追いかけて行く

ことも紫微斗数の判断の醍醐味ではないかな

と思える、今日この頃でございます。


今までは、長い間学びの時間のかかる、

四柱推命に夢中になっていて、

自分の占術に対する学びの花が、

咲いたのは四柱推命の方が

早かったと思います。


でも紫微斗数と言う占術は、

私の心の中に、今遅咲きの・・・

紫の花をじっくりと咲かせてくれている

ような気が致します。


今後も、四柱推命・紫微斗数・

西洋占星術の三つの占術は、

私の命理占術研究の大半を占めている

いつになっても興味が尽きることがない、

とても愛着の深い占術になると思います。



本日のブログは以上でございます。

明日も元気にお会いいたしましょう!









トラックバックURL : https://sanrueru.exblog.jp/tb/30606578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sanrueru | 2019-05-21 20:50 | タロット雑話 | Trackback | Comments(0)

(=^・^=)「旅猫」照葉桜子が色々な占術知識をご紹介・トリプルな月運・占断例研究・景色・自然・草花・神社仏閣の写真・全国への「旅猫」旅行記など。お楽しみに~!       


by sanrueru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30